Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/08/21
Update

映画『ベル・カント とらわれのアリア』あらすじ。キャストに渡辺謙とジュリアンムーアを迎え実話を基に感動のドラマを描く

  • Writer :
  • 石井夏子

日米豪華キャスト共演!

Amazon ベスト・ブック・オブ・ザ・イヤーに輝くベストセラー小説を、日米豪華キャストで映画化した話題作『ベル・カント とらわれのアリア』。

(c)2017 BC Pictures LLC All rights reserved.

映画『ベル・カント とらわれのアリア』が2019年11月15日(金)TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開することが決定しました。

あわせて、ポスタービジュアルが解禁となりましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ベル・カント とらわれのアリア』について

1996年にペルーで起きた日本大使公邸占拠事件からヒントを得て、テロリストと人質の予期せぬ交流を描いた作家アン・パチェットの小説「ベル・カント」を映画化したのが本作『ベル・カント とらわれのアリア』です。

世界的なオペラ歌手のロクサーヌ・コスに扮するのが、ジュリアン・ムーア。女性が解放される中、著名人であるために人質としてとらわれるも毅然とふるまうコスを情感豊かに演じました。

崇拝するコスを守ると共に、独自の美学を貫く実業家のホソカワを演じた渡辺謙は、これまでの人生のバックグラウンドをも感じさせる、厚みのある演技で魅了します。

ホソカワの通訳を務めるゲンに加瀬亮。聡明で沈着冷静な男が、テロリストの一人に英語を教えるうちに心を通わせていく姿を繊細に演じました。

ほかにも『ブリッジ・オブ・スパイ』のセバスチャン・コッホや『ヒトラーと戦った22日間』のクリストファー・ランバートらベテラン俳優が物語に深みをもたらしました。

さらに、ジュリアン・ムーア演じるオペラ歌手の吹き替えを、当代随一と言われるオペラ歌手、ルネ・フレミングが担当しています。

監督は、脚本も手掛けた『アバウト・ア・ボーイ』でアカデミー賞脚色賞にノミネートされたポール・ワイツ

ポール・ワイツは、「私にとっての鍵は、脚本をジュリアン・ムーアに送り、彼女に私と一緒にこの映画を作りたいと思ってもらうことだった」とキャスティングを振り返りました。

さらに「渡辺謙には素晴らしいユーモアのセンスがあり、物腰に気品がある。この映画のほとんどで、彼から目が離せないだろう」と高く評価しています。

映画『ベル・カント とらわれのアリア』のポスタービジュアル

(c)2017 BC Pictures LLC All rights reserved.

今回あわせて解禁となったポスタービジュアルには、オペラ歌手ロクサーヌ、実業家のホソカワ、さらに通訳ゲンが並び、「彼らの運命は、その女神のような歌声に託された―。」というコピーが配されました。

危機的状況の中、ロクサーヌの歌声がテロリストと人質たちにどんな影響を与えたのか

ロクサーヌがつないだ絆の向かう先に、期待が高まります。

スポンサーリンク

映画『ベル・カント とらわれのアリア』の作品情報

(c)2017 BC Pictures LLC All rights reserved.

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
BEL CANTO

【原作】
アン・パチェット作/山本やよい訳『ベル・カント』(早川書房より10月下旬刊行予定)

【監督】
ポール・ワイツ

【字幕翻訳】
風間綾平

【キャスト】
ジュリアン・ムーア、渡辺謙、セバスチャン・コッホ、クリストファー・ランバート、加瀬亮

【作品概要】
『アリスのままで』(2014)でアカデミー賞主演女優賞を獲得し、ハリウッドを代表する女優となったジュリアン・ムーアがオペラ歌手役に。

同賞にノミネートされた『ラストサムライ』(2003)以来国際的に活躍し、ミュージカル『王様と私』でトニー賞にノミネートされた渡辺謙が、彼女を愛する実業家を演じます。

また、マーティン・スコセッシら名匠に愛される実力派俳優、加瀬亮も出演。演じるために生まれてきた3人が本作で共演します

監督は、脚本も手掛けた『アバウト・ア・ボーイ』(2002)でアカデミー賞脚色賞にノミネートされたポール・ワイツです。

映画『ベル・カント とらわれのアリア』のあらすじ

(c)2017 BC Pictures LLC All rights reserved.

実業家のホソカワは通訳のゲンと共に招かれた、南米某国の副大統領邸でのパーティーを心待ちにしていました。

ホソカワの会社の工場誘致を目論む主催者が、彼が愛してやまないソプラノ歌手のロクサーヌ・コスのサロンコンサートを企画したんです。

現地の名士や各国の大使も集まり、女神のようなロクサーヌの歌声が流れたその時、突然テロリストたちがなだれ込み副大統領邸を占拠。

収監中の同志の解放を求める彼らは、赤十字のメスネルを介して政府と交渉するが平行線が続きます。

そんな中、ロクサーヌの歌をきっかけに、貧しく教育など受けられるはずもなかったテロリストたちと、教養に溢れた人質たちの間に、親子や師弟のような交流が生まれ始めます。

しかし、かりそめの楽園に終わりの時が近づいていました。

スポンサーリンク

まとめ

(c)2017 BC Pictures LLC All rights reserved.

テロリストと人質。なぜ、正反対の立場の彼らが心を通わせたのか?

人の心を救うのは“力”ではなく、美しい芸術や温かな交流だと教えてくれる感動の人間ドラマがついに日本公開となります。

映画『ベル・カント とらわれのアリア』は2019年11月15日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショーです!

関連記事

新作映画ニュース

【映画グッズプレゼント】『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』の直記ペンを5名様に

カンザス~NY間1,600 kmを直線ネットワークでつなぐ実話プロジェクトが映画化! 0.001秒に一生を懸けた男たちの物語。 アメリカンドリームを掴むために0.001秒の短縮に一生を懸けた熱き男たち …

新作映画ニュース

映画『はぐれアイドル地獄変』あらすじ/キャスト/上映館。実写化で橋本梨菜が芸能界の闇と戦う!

なにわのブラックダイヤモンド橋本梨菜初主演映画! 「漫画ゴラクスペシャル」(日本文芸社)で連載中のセクシーコメディ『はぐれアイドル 地獄変』の映画化が決定しました。 (C)「はぐれアイドル地獄変」(C …

新作映画ニュース

ドニーイェンの映画『イップ・マン完結』インタビュー動画紹介!新公開日は7月3日と決定

主演ドニー・イェン、ウィルソン・イップ監督のインタビュー含む貴重なメイキング映像解禁。 ドニー・イェンが詠春拳の達人イップ・マンを演じる“イップ・マン”シリーズ最新作にして完結版となる『イップ・マン …

新作映画ニュース

松井玲奈映画主演『幕が下りたら会いましょう』あらすじ/キャスト/上映劇場発表!筧美和子も姉妹役で出演ほか、しゅはまはるみ、日高七海、江野沢愛美も製作発表会に登壇

2021年11月公開の映画『幕が下りたら会いましょう』製作発表会レポート! 映画単独初主演となる松井玲奈ほか、筧美和子、しゅはまはるみらが出演する、映画『幕が下りたら会いましょう』が、2021年11月 …

新作映画ニュース

映画『狂武蔵』あらすじ/キャスト/公開日。山﨑賢人と坂口拓の侍アクションが劇場上映決定!

77分ワンカット・ワンシーンの衝撃。 幻のアクション映画が9年の時を経て、ついに完成。 アクション映画『RE:BORN』で主演し、常に日本のアクションシーンを牽引し続ける坂口拓。 (C)2020 CR …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学