Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2022/03/30
Update

『パイナップル・ツアーズ 』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。 デジタルリマスター版で中江裕司監督らのオキナワ映画をリバイバル決定!

  • Writer :
  • 星野しげみ

オキナワ・ルネッサンスに火をつけた『パイナップル・ツアーズ』がデジタルリマスター版で蘇る!

2022年は、沖縄本土復帰50年! 

節目の年に、1992年に劇場公開され、新しい時代のオキナワ映画として話題を呼んだ『パイナップル・ツアーズ』がデジタルリマスター版として30 年振りに復活しました。

『パイナップル・ツアーズ デジタルリマスター版』は、2022年5月7日(土)~桜坂劇場、5月14日(土)からシアター・イメージフォーラム ほか全国順次公開!

映画公開より一足早く予告編も解禁となり、3つのストーリーから成るオムニバス映画として、それぞれの監督からのコメントも到着しました。

またデジタルリマスター版公開について応援を募集するクラウドファンディングも開始されています。

スポンサーリンク

映画『パイナップル・ツアーズ デジタルリマスター版』について

沖縄ブームの火付け役となった『島唄』や『ちゅらさん』(2001)に先がけて、1992年の劇場公開されるやいなや、新時代のオキナワ映画として話題を呼んだ『パイナップル・ツアーズ』。

このたび、当時の感動もそのままに、デジタルリマスター版として30 年振りに復活します。

本作は、『ナビィの恋』(1999)『盆唄』(2019)の中江裕司監督をはじめ、真喜屋力、當間早志という当時20代の監督たちが作り上げた3つの物語から成っています。

音楽は照屋林賢+りんけんバンド、出演はNHKテレビドラマ「連続テレビ小説」シリーズの『ちゅらさん』(2001)に出演した平良とみや、沖縄芸能を代表するエンターテイナー・照屋林助といった沖縄現地の役者たちも結集しました。

監督たちからのコメント

真喜屋力(エピソード1『麗子おばさん』監督)
この映画が作られた時代は、復帰闘争が一段落した後に成長した僕らのような世代が成人し、発言権を持ち始めた時代でした。それによって「沖縄ってこういうところだ」というウチナーンチュの心持ちの再定義が行われた時代でした。そんな時代の熱気みたいなものが、この映画には映り込んでいると思っています。その時から30 年。今の観客にどういう風に観られることになるのか?嬉しさと共に、興味が湧いてきます。

中江裕司(エピソード2『春子とヒデヨシ』監督)
『パイナップルツアーズ』という映画は、伊是名島(映画の中では具良間島)に撮らせていただきました。伊是名島の風土にお願いをし、沖縄の歌手や芸能人に頼って出来た映画です。照屋林助さんをはじめ、ウチナーンチュ(沖縄人)の先輩たちに、たくさんの大切なことを教えていただきました。私の頭の中よりも、実際の映画は面白くなることを知り「他力本願」を胆に刻みました。私は、今も生きて映画を作っています。島と皆さんへ、イッペーニフェーデービタン(本当にありがとうございました)。

當間早志(エピソード3『爆弾小僧』監督)
’80 年代の若者の多くは、ウチナーグチを正しく話せない、三線できない、カチャーシー踊れない…そんな卑屈な感情から「沖縄」を避けたりダサく感じたりしていましたが、’89〜’90 年頃から自らの世代にも独特の文化があることに気づき、県内の若者から「沖縄ブーム」が起こりました。この映画はその勢いにのって作ることができたと思います。
ただし自分は、本土の方々が沖縄に抱く癒やしのイメージにちょっと違和感があり、沖縄を利用して一儲けを企む者、それに乗せられて浮かれるウチナーンチュ、敢えて乗っかってずる賢く立ち回るウチナーンチュらを揶揄するつもりで、“踊る阿呆に見る阿呆”的なバカ映画として撮ったのが『爆弾小僧』です。

スポンサーリンク

映画『パイナップル・ツアーズ デジタルリマスター版』の作品情報

【公開】
2022年(日本映画)

【監督・原案・編集:】
真喜屋力、中江裕司、當間早志

【撮影】
一之瀬正史

【音楽】
照屋林賢+りんけんバンド

【キャスト】
兼島麗子、新良幸人、富田めぐみ、利重剛、宮城祐子、照屋林助、津波信一、仲宗根あいの、洞口依子、藤木勇人、平良とみ

映画『パイナップル・ツアーズ デジタルリマスター版』のあらすじ

日本のはるか南に存在する沖縄の離島・具良間島(ぐらましま)。そこには、第二次世界大戦中にアメリカ軍が落とした不発弾が眠っています。

エピソード1:『麗子おばさん』 監督:真喜屋力

オペラ歌手の麗子は原因不明の病で声が出なくなりました。娘と共に島に里帰りし、霊能者“ユタ”に見てもらいますが、その原因は意外なものでした。果たして麗子はその歌声を取り戻せるのでしょうか。

エピソード2:『春子とヒデヨシ』 監督:中江裕司

具良間島に居ついているヤマトンチュの青年は、島の娘と懇意になります。子宝に恵まれた2人は、島の人々の策略もあってとんとん拍子で結婚へと流れ込むのですが、青年は島から逃げようと試みます。

エピソード3:『爆弾小僧』 監督:當間早志

ホテル建築を進めたいリゾート開発会社は、島に埋まっているという不発弾に1億円の懸賞金をかけました。「爆弾小僧」なるパンクバンドを組んでいる島のはぐれ者2人は、一獲千金を目論みますが果たして……。

スポンサーリンク

まとめ

新しいオキナワがこれから始まる! 

そんな予感を抱かせ、旋風を巻き起こしたオキナワン・ネオ・コミカル劇映画『パイナップル・ツアーズ』(1992)が、デジタルリマスター版で30年振りに復活しました。

2022年に本土復帰50 周年を迎える沖縄ですが、いまだに米軍基地や環境、貧困の問題ばかりが注目されています。

そんな中でも、観れば明るい気持ちになるのは、真喜屋力、中江裕司、當間早志という3人の若き監督たちが作り上げた『パイナップル・ツアーズ』

作品全編にみなぎる力強い明るさとともに、溢れんばかりの沖縄愛に目を奪われることでしょう。

デジタルリマスター版公開について応援を募集するクラウドファンディングも開始! 4月28日(木)まで募集中です。

詳細はコチラ
https://motion-gallery.net/projects/pineappletours/



関連記事

新作映画ニュース

ドニーイェンの映画『イップ・マン完結』インタビュー動画紹介!新公開日は7月3日と決定

主演ドニー・イェン、ウィルソン・イップ監督のインタビュー含む貴重なメイキング映像解禁。 ドニー・イェンが詠春拳の達人イップ・マンを演じる“イップ・マン”シリーズ最新作にして完結版となる『イップ・マン …

新作映画ニュース

映画『決戦は日曜日』キャストの内田慈(ちか)は田中菜々役!演技力の評価とプロフィール

映画『決戦は日曜日』は2022年1月7日(金)ロードショー 『東京ウィンドオーケストラ』など新感覚コメディ映画を手がける坂下雄一郎監督による、窪田正孝・宮沢りえ主演の『決戦は日曜日』が、2022年1月 …

新作映画ニュース

休日は家で動画フル無料配信で映画見る!おすすめ洋画邦画をU-NEXTで鑑賞する方法

この連休は「映画」を自宅で見るか?劇場で見るか? 大学で映画制作の教鞭をとるベテラン映画監督Tさんに会ったおり、最近の学生たちの“映画鑑賞の初体験”を聞くと、動画配信が映画への興味のきっかけだという若 …

新作映画ニュース

映画『多日想果(タピオカ)』あらすじ。台湾オーガニックカフェ【atea茶舗】お店情報も

台湾と日本のかけ橋を目指す。 俳優の大門嵩が監督・プロ―デュース・出演を務めた短編映画『多日想果(タピオカ)』が、現在上映会に向けたクラウドファンディングを行っています。 台湾の魅力が詰まった本作につ …

新作映画ニュース

オンライン映画館でビー・ガン新作『凱里ブルース』配信!おすすめ動画が見られるリビングルームシアター開設

『凱里ブルース』『ロングデイズ・ジャーニー』『黒四角』などを上映。 ビー・ガン監督と奥原浩志監督からビデオメッセージも到着。 2020年4月18日より東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで公開を予 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学