Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/12/26
Update

韓国映画『暗数殺人』『未成年』あらすじ。キャストと監督をキム・ユンソクが務めた2作品の公開情報!

  • Writer :
  • 大塚まき

『チェイサー』『1987、ある闘いの真実』の名優 キム・ユンソク。
主演作品&監督作品が2ヶ月連続公開。

この度、名優キム・ユンソク主演で贈る英題『Dark Figure of Crime』が邦題『暗数殺人』として、またキム・ユンソク監督作『Another Child』が邦題『未成年』として邦題および公開が決定しました。


(c)2018 SHOWBOX AND FILM295 / BLOSSOM PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

2008年の『チェイサー』、2010年の『哀しき獣』、2014年の『海にかかる霧』、2017年の『1987年、ある闘いの真実』など数多くの傑作で主演を務め、多くの映画賞を受賞してきた名優キム・ユンソク

そんな韓国映画界きっての演技派俳優である彼が主演を務めた傑作クライム・サスペンス『暗数殺人』が2020年4月3日に、そして初監督作品『未成年』が6月5日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋にてにて劇場公開されます。

映画『暗数殺人』について

本作でキム・ユンソク演じる刑事はある日、別件で収監されていた男から「実は全部で7人を殺害した」との告白を受けます。

刑事は男の言葉を信じて捜査を続けるが、実際に白骨化した遺体を発見し…。果たして残る死体は存在するのか!?

本作でユンソクとW主演を果たし、殺人犯役で息詰まる攻防を演じるのは、TVドラマ「宮(クン)〜Love in Palace」で大ブレイクを果たし、近年も『アシュラ』、『神と共に』シリーズ、『工作 黒金星と呼ばれた男』などへの出演が続き、日本でも高い人気を誇るチュ・ジフン

本作は実際の連続殺人事件をモチーフに描き、韓国興行収入ランキング初登場第2位ながら2週目には1位に浮上、ロングランヒットとなり観客動員400万を記録しました。

また青龍映画賞や韓国映画批評家協会賞で脚本賞を受賞するなど、観客・批評家の双方から高い評価を獲得した話題作となります。

映画『暗数殺人』の作品情報

【日本公開】
2020年(韓国映画)

【原題】
암수살인

【監督】
キム・テギュン

【脚本】
キム・テギュン、クァク・キョンテク

【キャスト】
キム・ユンソク、チュ・ジフン、チン・ソンギュ

【作品概要】
韓国興行収入ランキング公開2週目で1位を記録。

観客動員400万人突破の大ヒットとなった作品です。

映画『暗数殺人』のあらすじ

「7人だ。俺が殺したのは全部で7人。」

キム・ヒョンミン刑事(キム・ユンソク)は、恋人を殺害し逮捕されたカン・テオ(チュ・ジフン)から突然の告白を受けます。

しかし、テオの証言のほかに一切証拠はありません。

そもそも彼は、何故自らそのような告白を始めたのか?

警察内部でもテオの自白をまともに相手をする者がいない中、ヒョンミンは直感的にテオの言葉が真実であると確信。

上層部の反対を押し切り捜査を進めていきます。

そしてついに、テオの証言どおり白骨化した死体が発見されますが、テオは突然「俺は死体を運んだだけだ」と今までの証言をくつがえします。

「どういうことだ!?」テオの言葉に翻弄されてゆくヒョンミン。

果たして残る死体は存在するのか?テオの目的は一体?

映画『未成年』について


(c)2019 SHOWBOX AND REDPETER FILM ALL RIGHTS RESERVED.

90年代は演劇界を中心に活躍してきたキム・ユンソクが、初監督作品として手掛けたのは同名の舞台を原作とした切なくも優しい少女たちの物語

父が同級生の母親と不倫関係にあることを知った少女とその同級生を主人公に、少女たちの成長を大胆かつ繊細に描き、韓国映画界最高峰の栄誉である青龍映画賞で新人監督賞と新人女優賞の2部門にノミネートしました。

自身の受賞は逃したものの、新人女優賞を獲得。

本作ではユンソクは監督のほか、主人公の父役で出演しています。

映画『未成年』の作品情報

【日本公開】
2020年(韓国映画)

【原題】
미성년

【監督】
キム・ユンソク

【キャスト】
ヨム・ジョンア、キム・ソジン、キム・ヘジュン、パク・セジン、キム・ユンソク

【作品概要】
キム・ユンソクが監督としてもその手腕を発揮した作品です。

切なくも優しいカミング・オブ・エイジ・ストーリー。

映画『未成年』のあらすじ

女子高生のジュリは偶然父が浮気していることを知ってしまいます。

しかも相手は問題児として知られる同級生ユナの母ミヒでした。

ジュリはユナに不倫を止めるよう忠告するが、ユナは母がジュリの父の子を妊娠していることを告げます。

突然知らされた事実に戸惑い傷つくジュリ。ですがそんな中、ある事件が起こり…。

まとめ

参考:配給会社クロックワークスのツイッター

賞レースと、興行収入ランキングを席巻したキム・ユンソクの2作品が2020年春上映されます。

キム・ユンソク圧巻の演技力に注目の連続殺人犯VS刑事の息詰まる攻防『暗数殺人』

高い評価を獲得した初キム・ユンソク監督作『未成年』

名優キム・ユンソクの主演作品と監督作品をどうぞ劇場でお楽しみください。

映画『暗数殺人』は、2020年4月3日(金)より シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか 全国ロードショー

映画『未成年』は、2020年6月5日(金)より シネマート新宿、シネマート心斎橋にてロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『今宵、212号室で』あらすじ/キャスト/公開日。マストロヤンニがカンヌで最優秀演技賞を受賞のラブ・ストーリー!

クリストフ・オノレ監督が描くフレンチラブストーリー。 第72回カンヌ国際映画祭ある視点部門最優秀演技賞(キアラ・マストロヤンニ)を受賞したフランス映画「Chambre 212(英語題:On a Mag …

新作映画ニュース

映画『中村壱太郎×尾上右近 ART歌舞伎 花のこゝろ』演目あらすじ/キャスト/公開日/上映館。モード界との融合で新たな映像体験を

歌舞伎界の若きプリンス中村壱太郎&尾上右近が贈る、新たな”歌舞伎”の映像体験。 歌舞伎界の若きプリンス中村壱太郎&尾上右近がコロナ禍における新たな歌舞伎とし …

新作映画ニュース

《動画で見る瀧内公美インタビュー》女性が#MeTooやセクハラを描く意味を考えた作品【映画『蒲田前奏曲』】

YouTube動画で見る瀧内公美インタビュー取材 中川龍太郎、穐山茉由、安川有果、渡辺紘文という4人の監督による連作スタイルの長編映画『蒲田前奏曲』。今回は、第3番安川有果監督「行き止まりの人々」をご …

新作映画ニュース

映画『旅愁(2020)』キャスト/上映館。10月公開の日本を舞台にした中国人男女のラブストーリーとは?

今泉力哉監督も絶賛。中国×日本が融合した、新たな才能。 “異国の地・日本で巡り合う男ふたり、そこに現れる女ひとり−” SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019国際コンペティション部門にてワールドプレミ …

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャストのコフィ役は奥田瑛二。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学