Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

今週おすすめ映画!上映される最新の洋画邦画の人気ランキング【2018/8/3より公開】

  • Writer :
  • かりごめあき

今週8月3日(金)より、劇場公開されるオススメの新作映画を、恒例の映画ライターさんイチオシまとめ!

「映画鑑賞するのに失敗したくない!」

「おすすめの動画配信サイトで何を見たらいいの?」などのお悩みをズバッと解決いたします。

年間200本以上の映画を鑑賞する映画ライターさんが、あなたのために新作映画を厳選チョイス!

さあ、あなたはどの映画をご覧になりたいですか?

【8月3日】金曜日より公開の新作映画
映画ライターのオススメ作品はコレ⁈

若松れんのおすすめ洋画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

映画『ミッション:インポッシブル フォールアウト』は、8月3日(金)より公開!

トム・クルーズ主演のシリーズ第6弾で、これまで以上に最難関のミッションに挑むイーサン・ハント。

そのためにトム・クルーズはヘリコプターの操縦免許も取得したといいます。

また、トムが負傷を負ったあのビルに飛び移る映像もあり!

トムは一体どこまでクオリティを上げていくのでしょう…。

▼本作品の詳細な内容なコチラ

【8月4日】土曜日より公開の新作映画
映画ライターのオススメ作品はコレ⁈

マルコのおすすめ洋画『2重螺旋(らせん)の恋人』

フランソワ・オゾン監督の『2重螺旋(らせん)の恋人』は、8月4日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開

オゾン監督はセクシャル・マイノリティの立場から、同性愛や出産などをモチーフにした死生観を描いた作風が特徴的だと知られています。

一方でオゾン監督の確実な演出力は、フランス人ならではのコミカルさ、あるいはスリラー作品の名手の一面もあり、『スイミング・プール』や『危険なプロット』は、オゾン作品の出来に留まらず、映画としても秀作でした。

そんなオゾン監督が、アメリカの女性作家ジョイス・キャロル・オーツの短編小説を大胆に翻案、4年の構想期間を経て放つ、極上の心理サスペンス!

▼本作品の詳細な内容なコチラ

富士野のおすすめ洋画『7号室』

韓国映画『7号室』は、8月4日(土)より、シネマート新宿ほか全国順次ロードショー。

韓国の男性アイドルグループ「EXO」のメンバーD.O.と『JSA』『高地戦』などで知られる名優シン・ハギュンが共演。

監督・脚本は長編監督2作目となるイ・ヨンスン。

第21回プチョン国際ファンタスティック映画祭のオープニング作品に選ばれ、前売り券3,000席がわずか30分で完売するなど韓国では公開前から大きな注目を集めた作品です。

▼本作品の詳細な内容なコチラ

富士野のおすすめ洋画『バンクシーを盗んだ男』

映画『バンクシーを盗んだ男』は、8月4日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほかロードショー。

正体不明のグラフィックアーティスト、バンクシーによって描かれた壁画「ロバと兵士」をめぐることで、ストリートアートの光と闇を描いたドキュメンタリー作品。

マルコ・プロゼルピオ監督が壁画の行方をたどりながら、ストリートアートの光と闇を描き出します。

ナレーションはロックミュージシャンのイギーポップという楽しみも!

▼本作品の詳細な内容なコチラ

スポンサーリンク

公開中の映画からCinemarche的お薦めランキングはコレ!

一推し映画『カメラを止めるな!』(whitestone選)

低予算ゾンビ映画を撮りに来た撮影クルーの現場に、本物のゾンビが襲い来る!

怒涛の展開と、視点の転換が新しい意欲作にして映画愛に溢れた傑作『カメラを止めるな!』。

映画製作の専門学校「ENBUゼミナール」のワークショップ「シネマプロジェクト」の第7弾として製作された作品。

「37分ぶっ続けのワンシーンワンカットのゾンビサバイバル映画」を撮った人々の姿を描きます。

ゆうばり国際映画祭で観客賞受賞、カナダ、ドイツ、ブラジル、チェコのファンタスティック映画祭でも大好評を博し、先行上映はレイトショーにもかかわらず完売。

既にカルト化している本作の監督はオムニバス映画「4/猫 ねこぶんのよん」などに参加してきた上田慎一郎。

当初はたった2館から公開が始まった本作が、ついにTOHOシネマズ 日比谷・新宿ほか全国劇場にて感染拡大ロードショー決定!

▼本作品の詳細な内容なコチラ

一推し映画『劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』(村松健太郎選)

『劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』は、7月27日(金)より全国ロードショー。

2007年から10年にわたって作らてきた医療ドラマ『コード・ブルー—ドクターヘリ緊急救命―』が、3回にわたるシーズンと二つのスペシャルを経て待望の映画化。

3rdシーズンのレギュラーメンバーに加えて新田真剣佑、かたせ梨乃などの豪華キャストが新たに参加。

2ndシーズンまでレギュラー陣を支えた故児玉清が旧作からの映像ながらも、特別に出演しています。

▼本作品の詳細な内容なコチラ

一推し映画『フジコ・ヘミングの時間』(福山京子選)


パリ、ニューヨーク、ブエノスアイレス、LA、ベルリン、東京、京都と、世界が熱狂したワールドツアーでの演奏、フジコの素顔と知られざるヒストリーを美しい映像で綴ります

“魂のピアニスト”と呼ばれたフジコの感動のドキュメンタリー映画『フジコ・ヘミングの時間』を紹介します。

60代後半でデビューし、80代になった今でもワールドツワーを続けるフジコ・ヘミング。情感溢れるダイナミックな演奏は、世界の人々の心をとらえ、“魂のピアニスト”と呼ばれており、世界を巡るフジコを2年に渡り撮影した初のドキュメンタリー映画。

お気に入りのアンティークと猫たちに囲まれて暮らすパリの自宅での情景、宮大工がリフォームした古民家で過ごす京都の休日、留学時代の思い出の地ベルリン郊外への旅など、初公開のフジコの素顔を解き明かします。

世界中の人々を魅了して止まないフジコ・ヘミングの音楽は、どんな人生・ライフスタイルから生まれてくるのでしょうか

▼本作品の詳細な内容なコチラ

一推し映画『未来のミライ』(西川ちょり選)

小さな庭から時をこえる旅へ―それは過去から未来へつながる、家族と命の物語

『時をかける少女』、『サマーウオーズ』、『おおかみこどもの雨と雪』の細田守監督のオリジナルの長編劇場用アニメーション。

妹が生まれて赤ちゃんがえりしてしまった四歳児のくんちゃんが、わがままを言って家を飛び出すと様々な不思議な現象が起き、彼を冒険へと誘う。

上白石萌音の妹、上白石萌歌が声優に初挑戦、くんちゃんの声を担当。

両親役に星野源、麻生久美子、祖父母役に宮崎美子、役所広司、ひいひいじいじを福山雅治が担当している。

7月20日から上映中の全世界待望の細田守監督最新作です

▼本作品の詳細な内容なコチラ


ネット配信中の映画から、ライターさんのオススメ映画は?

細田守監督作品『バケモノの子』

最新作『未来のミライ』が公開中の細田守監督の作品『バケモノの子』

『時をかける少女』(2016)、『サマーウォーズ』(2009)、『おおかみこどもの雨と雪』(2012)に続く細田守監督による長編オリジナル作品第4作です。

脚本も細田監督が自ら手がけ、声優には、渋天街のバケモノ・熊徹に役所広司、

人間界の渋谷から渋天街に迷い込み、熊徹の弟子となって九太という名前を授けられる主人公の少年に宮崎あおい(少年期)と染谷将太(青年期)、

ヒロインとなる少女・楓に広瀬すずと豪華キャストが集結している。

第39回日本アカデミー賞の最優秀アニメーション作品賞を受賞

▼▼ネット配信などの視聴方法はコチラ

続編が公開中『Mr.インクレディブル』


(C)DISNEY/PIXAR

『トイ・ストーリー』から『ファインディング・ニモ』まで、世界中でメガヒットを飛ばすピクサー・アニメーション・スタジオの第6作目となる『Mr.インクレディブル』

『アイアン・ジャイアント』のブラッド・バード監督が11年もの間、温め続けていた大作。

この作品で初めてピクサーは人間を主人公とし、人間社会を舞台とした作品を作り出しました。

2004年度のアカデミー長編アニメ映画賞、アカデミー音響編集賞を受賞。

アニー賞では全10部門を受賞するなど、この年多くの賞を受賞した作品です。

2006年には東京国際アニメフェアにおいて第5回東京アニメアワードで海外劇場部門・優秀賞も受賞しました。

2018年6月には続編となる『インクレディブル・ファミリー』が全米で公開され、こちらも公開3日間の興行収入が歴代1位となるヒットを残しました。

最新作『インクレディブル・ファミリー』は、8月1日(水)から公開中!涼しいお部屋で『Mr.インクレディブル』を鑑賞してから、映画館へお出かけするのもいいですね

▼▼ネット配信などの視聴方法はコチラ

▼最新作『インクレディブル・ファミリー』の詳細な内容なコチラ

Cinemarche編集部の一推し!『ミッション:インポッシブル』

TM & Copyright © 2014 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

1996年公開、アメリカ映画。TV番組「スパイ大作戦」をブライアン・デ・パルマ監督で映画化。本作以降、長く続く人気シリーズの第1弾

主人公イーサン・ハントはお馴染みのトム・クルーズ、他にもジョン・ボイト、ジャン・レノ、エマニュエル・ベアールなど豪華キャストが出演します。

トム・クルーズはこの作品で初めて映画プロデューサーに挑戦しました。

最新作の公開前に、第1作から振り返ってみてはいかがでしょうか

▼▼『ミッション:インポッシブル』のネット配信などの視聴方法はコチラ

▼▼『M:I-2』のネット配信などの視聴方法はコチラ

▼▼『M:i:III』のネット配信などの視聴方法はコチラ

▼▼『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』のネット配信などの視聴方法はコチラ

▼最新作『ミッション:インポッシブル フォールアウト』の詳細な内容なコチラ


スポンサーリンク

まとめ

今週8月3日(金)から劇場公開がスタートする新作のオススメ映画はいかがでしたか。

みなさん、お待ちかねの『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』がいよいよ8月3日公開ですね。

そして洋画は何と言ってもフランソワ・オゾン監督の『2重螺旋(らせん)の恋人』も、8月4日から公開されます!

公開中の映画からは、低予算映画ながらSNSで大絶賛の嵐で、全国劇場にて感染拡大ロードショーが決定した『カメラを止めるな!』はまだまだ見逃せませんね~。

また、世界を魅了する魂のピアニスト、フジコ・ヘミングに迫るドキュメンタリー『フジコ・ヘミングの時間』も全国各地での感動の声に応えて追加上映が決定したそうです。

さらに、自宅で映画を楽しむ派のあなたには、劇場公開の新作と合わせて過去作の「ミッション:インポッシブル」シリーズがおすすめ。

8月3日(金)公開の最新作『ミッション:インポッシブル フォールアウト』に備えて、第1作から見直して見てはいかがでしょうか。

今週もCinemarcheのライターさんが書かれた鑑賞記事を参考に、検索ランキングから人気の高い作品と、映画通好みで話題のある映画まで、独断断行で編集部がピックアップしてご紹介しました。

お気に入りの映画は見つかりましたでしょうか。

あなたの人生のスピリットに、今日も映画探しの冒険に出かけませんか!

関連記事

新作映画ニュース

映画『おろかもの』キャスト。猫目はちは兄の婚約者である榊果歩役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年公開予定の映画『おろかもの』キャスト紹介 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、「田辺・弁慶 …

新作映画ニュース

森崎ウィン×深田晃司ドラマ『本気のしるし』第1〜3話の限定上映会。ストーリーをテレビ放送前に語り合うトークイベント開催

メ〜テレドラマ『本気のしるし』は2019年10月14日(月)より、東海三県・テレビ神奈川にて深夜0時54分から放送開始! 『淵に立つ』『よこがお』など、国内外で高い評価を得ている映画監督・深田晃司。そ …

新作映画ニュース

動画で見る映画『滑走路』寄川歌太&大庭功睦監督インタビュー|ロケ撮影やオーディションのエピソードを語る

動画で見る【寄川歌太&大庭功睦 監督 インタビュー】映画『滑走路』は2020年11月20日(金)より全国順次公開! 精神不調に悩まされながらも短歌を詠み続け、32歳の若さで亡くなった歌人・萩原慎一郎の …

新作映画ニュース

映画『グッドバイ』舞台挨拶レポート!大泉洋×小池栄子が劇中さながらの仲睦まじさで会場沸かす

『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』は2020年2月14日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー。 文豪・太宰治の未完の遺作「グッド・バイ」を鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の解釈で完 …

新作映画ニュース

映画『MOTHER マザー』キャスト長澤まさみは母親役シングルマザーの三隅秋子役を熱演【演技評価とプロフィール】

2020年7月3日公開の長澤まさみ主演映画『MOTHER マザー』キャスト紹介 母と息子。ひとつの殺害事件。実話をベースに描く感動の衝撃作『MOTHER マザー』が2020年7月3日(金)よりTOHO …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP