Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

映画『バンクシーを盗んだ男』あらすじと感想レビュー。上映する劇場情報も

  • Writer :
  • 富士野

映画『バンクシーを盗んだ男』は、8月4日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほかロードショー

正体不明のグラフィックアーティスト、バンクシーによって描かれた壁画「ロバと兵士」をめぐることで、ストリートアートの光と闇を描いたドキュメンタリー作品。

スポンサーリンク

映画『バンクシーを盗んだ男』の作品情報

【公開】
2018年8月4日(イギリス・イタリア映画)

【原題】
The Man Who Stole Banksy

【脚本・監督・製作総指揮】
マルコ・プロゼルピオ

【キャスト】
イギー・ポップ(ナレーション)

【作品概要】
正体不明のグラフィックアーティスト、バンクシーがパレスチナ・ヨルダン川西岸地区に描いた一枚の壁画が切り取られ、盗まれました。

監督マルコ・プロゼルピオがその壁画の行方をたどりながら、ストリートアートの光と闇をドキュメンタリーとして描きます。

ナレーションはロックミュージシャンのイギーポップが務めます。

ストリートアーティストのバンクシーとは


(C)MARCO PROSERPIO 2017

その正体を知るものはいまだにおらず、反権力的なメッセージをグラフィティアートやストリートアートとして表現するアーティスト、それがバンクシーです。

イギリス・ロンドンを中心に、世界のあらゆる場所に社会風刺的なユーモアと皮肉をこめた作品をゲリラ的に描き、活動しています。

2005年には、自身の作品をメトロポリタン美術館や、ニューヨーク近代美術館(MoMA)などの有名美術館にこっそり無断で展示し、そのまましばらく気づかれずに展示され続けたことも話題を呼びました。

ディズニーランドを徹底的に皮肉ったテーマパーク「ディズマランド」を設営したことも有名です。

そんな反権力的なアーティストである一方で、マドンナやBlurのアルバムジャケットを手掛けるなど、セレブの間でも彼の作品は人気を博しています。

彼のその謎めいた存在感や、その神出鬼没の芸術性から、作品がオークションで数千万~1億円という高額な値段で取引されることもあります。

ただし、あくまで彼のスタンスは街頭へのディスプレイにこだわったアーティストであり、Blurのジャケット以降の商業的なオファーはすべて断っているようです。

2017年には、パレスチナのベツレヘム地区にある分離壁の前に“「The Walled Off Hotel(世界一眺めの悪いホテル)」を開業しました。

彼は、その場所の情勢や政治など環境そのもの、もっといえばその場所でしか表現できないものを作品に取り入れて表現する魔術師なのかもしれません。

バンクシーの正体には諸説あり、ブリストル大聖堂公立学校の元生徒という説もあれば、7人組のアーティストチームであるという説や、イギリスのバンド「マッシヴ・アタック」のメンバーではないか、という噂まで立っています。

それほど、彼はミステリアスで注目度の高い芸術家なのです。

本作『バンクシーを盗んだ男』を観る前に、バンクシーが自ら監督し、アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞にノミネートされた映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』(2010/アメリカ)も見ておくと良いかもしれませんね。

参考作品:『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』

スポンサーリンク

映画『バンクシーを盗んだ男』のあらすじ


(C)MARCO PROSERPIO 2017

パレスチナ・ヨルダン川の西岸地区にあるベツレヘム。

そこにパレスチナとイスラエルを分断する、高さ8メートルの巨大な壁がそびえたっていました。

その壁にバンクシーは「ロバと兵士」の絵を描いたが、地元パレスチナの住民たちの反感を買い、壁はタクシー運転手のワリドによってウォータージェットカッターで切り取られてしまいます。

ワリドはその壁画をオークションサイトに出品し、壁画は海を渡ります。

監督マルコ・プロゼルピオはワリドをはじめ、現地のストリートアーティストなど、さまざまな人物へインタビューを行い、その情報をもとに壁画の軌跡をたどりながら世界中を旅することにしました。

そしてその旅の中で、芸術の価値の変容や著作権問題をあぶりだそうとします。

ストリートアートが切り取られどこかに飾られるとき、それは果たしてストリートアートなのでしょうか…?


(C)MARCO PROSERPIO 2017

映画『バンクシーを盗んだ男』の感想と評価


(C)MARCO PROSERPIO 2017

本作『バンクシーを盗んだ男』の見どころは、この「ロバと兵士」がたどる「旅路」ではないでしょうか。

その旅路の途中には、地元住民、美術品コレクター、芸術修復家など、さまざまな人物の声があります。

その人々の声をききながら、「アートとは、何か」ということについて、じっくり考えてみてはいかがでしょうか。

アートに興味のある友人と一緒に映画館に行って、見終わった後にああでもないこうでもないと話すこともできるでしょう。

アートとは、ただ芸術を展示するだけでなく、展示された場所や展示のされ方によってその作品に新たな意味づけを加えることができます。

たとえば、子供たちが遊ぶ公園に芸術作品が作られれば、それは遊具として子供たちに楽しんでもらええるアートになる。

量産して複製可能な作品を作れば、それはより人の手にとってもらえる身近なアートになる。

そして、特にその展示のされ方に大きな影響を受けるのが、ストリートアートの公共性です。

ストリートアートはその場所に描かれることによって、その作品固有の意味をもちます。

もしくは、それが本作の「ロバと兵士」のように切り取られ、展示場からはなれ、海を渡りさまざまな人の手に渡りながら最終的にどこかの美術館に飾られたとして、そこにいたるドラマを作品が内包することによって価値をより高めることができます。


(C)MARCO PROSERPIO 2017

しかし、そういった「このストリートアートがなぜこの美術館に飾られているのか」を知らずにこの作品の目の前に立ったとき、このアートの価値は半減どころか、下手をすると全く0になってしまうのです。

また、ストリートアートというのは、ほかの人間(清掃員など)の手によって消されてしまう可能性も十分にあります。

その「形として一時しか残らない」ということがストリートアートの良さだ、と考える人もいれば、このストリートアートが素晴らしいので、これをもっといろんな世界の人、これから生まれてくる人にも見てほしい」と考える人もいるでしょう。

そのストリートアートの光と闇の部分に触れることができる、貴重な映画、それが『バンクシーを盗んだ男』なのです。


(C)MARCO PROSERPIO 2017

スポンサーリンク

まとめ


(C)MARCO PROSERPIO 2017

ドキュメンタリー映画の良いところは、そこに映し出されることが「リアル」として、観客に身近に考えてもらうことができるところです。

夏休みの大人の自由研究”に、『バンクシーを盗んだ男』、いかがでしょうか?

映画『バンクシーを盗んだ男』は、8月4日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほかロードショーです!

本作を上映する劇場情報


(C)MARCO PROSERPIO 2017

【北海道地区】
北海道 札幌シアターキノ 順次公開

【東北地区】
岩手 盛岡ルミエール 順次公開

宮城 チネ・ラヴィータ 8月31日(金)〜

【関東地区】
千葉 T・ジョイ蘇我 8月4日(土)〜

東京 新宿シネマカリテ 8月4日(土)〜
東京 ヒューマントラストシネマ渋谷 8月4日(土)〜

神奈川 横浜ブルク13 8月4日(土)〜

栃木 宇都宮ヒカリ座 11月公開予定

【中部地区】
富山 ほとり座 順次公開

長野 上田映劇 順次公開
長野 アイシティシネマ 順次公開

静岡 静岡シネギャラリー 9月1日(土)〜

愛知 センチュリーシネマ 9月1日(土)〜

【近畿地区】
京都  T・ジョイ京都 8月11日(土)〜

大阪 シネ・リーブル梅田 8月11日(土)〜

兵庫 神戸アートビレッジセンター 10月6日(土)〜

【中国・四国地区】
岡山 シネマクレール丸の内 順次公開

山口 山口情報芸術センター 順次公開

【九州・沖縄地区】
福岡 KBCシネマ 9月公開予定

熊本 Denkikan 順次公開

*上記に記載された情報は7月27日現在ものです。作品の特性からセカンド上映や順次公開が拡大されることもあります。お近くの劇場をお探しの際は公式ホームページを閲覧のうえお出かけください。

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『キューブリックに魅せられた男』感想とレビュー評価。逸話を持つ巨匠にすべてを捧げた生き様

映画『キューブリックに魅せられた男』は2019年11月1日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかで、『キューブリックに愛された男』と全国カップリング上映! 没後20年、今なお伝説の巨匠として語り …

ドキュメンタリー映画

ドキュメンタリー映画おすすめ『ラジオ・コバニ』監督ラベー・ドスキー紹介も

ドキュメンタリー映画『ラジオ・コバニ』は、5月12日(土)より、アップリンク渋谷、ポレポレ東中野ほか全国順次公開! 大学生ディロバンはISとの戦闘の激化で廃墟となったシリア北部の街で、お手製のラジオ局 …

ドキュメンタリー映画

バンコクナイツのドキュメンタリー映画『潜行一千里』【向山正洋監督】

日本を離れアジアに飛んだ空族の映画制作の核心を明かすメイキング・ドキュメンタリー映画『潜行一千里』。 富田克也監督作品『バンコクナイツ』の撮影の旅を追った映画『潜行一千里』は、12月16日(土)より新 …

ドキュメンタリー映画

映画『Sandow』トーマス・エジソンの作ったアメリカ映画の原点

発明王として知られているトーマス・エジソンは、約1300もの発明を手にした人物だと言われています。実は、以外に知られてはいませんが、映画の原点を作ったのもエジソンでした。 今回は、意外と知られていない …

ドキュメンタリー映画

映画『たゆたえども沈まず』感想評価と内容解説。テレビ岩手が追った311東日本大震災10年間の“声”の記録

揺れ続ける思いを抱きながらも、懸命に生きる。 「いわての復興」10年間の記録。 東日本大震災から10年。テレビ岩手は、これまで取材し続けた映像をもとにドキュメンタリー映画『たゆたえども沈まず』を制作し …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学