Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

映画『僕がジョンと呼ばれるまで』あらすじネタバレと感想。人生最後の言葉には「ありがとう、さよなら」と伝えたい

  • Writer :
  • もりのちこ

最期まで自分らしく生きたい。
最期には、大切な人に「ありがとう、さよなら」を伝えたい。

認知症。それは誰もがかかりうる病気です。進行は、ほとんど止められません。

今したことを忘れてしまう。愛する家族の名前も忘れてしまう。とても難しい病気です。

この映画は、アメリカ・オハイオ州の高齢者介護施設に入居している認知症のおじいちゃん、おばあちゃんが、あるトレーニングにより自分を取り戻していくドキュメンタリーです。

ますます高齢化が進む現代社会で、認知症との向き合い方のヒントが見つかるかもしれません。

映画『僕がジョンと呼ばれるまで』のあらすじと感想を紹介します。

スポンサーリンク

映画『僕がジョンと呼ばれるまで』の作品情報


(C)2013 仙台放送

【日本公開】
2014年(日本・アメリカ合作映画)

【監督】
風間直美、太田茂

【作品概要】
アメリカ・オハイオ州の高齢者介護施設を舞台に、認知症の改善を試みる「学習療法」に取り組む入居者たちの姿と成果を追ったドキュメンタリー映画です。

この「学習療法」とは、「脳トレ」ブームの立役者である東北大学・川島隆太教授と公文教育研究所、介護現場の協力で開発された認知症改善プログラムです。

認知症が進むのを見守るしかなかったこれまで。実施後の入居者の変化、そして周りのスタッフ、家族の変化にも注目です。

映画『僕がジョンと呼ばれるまで』のあらすじとネタバレ


(C)2013 仙台放送

アメリカ・オハイオ州の高齢者介護施設。ここに暮らす、おじいちゃん、おばあちゃんの多くが認知症を患っています。

ビデオの録音画面です。施設のスタッフ・ジョンは、ある成果の過程を記録しています。

ある成果とは。日本で開発された脳のエクササイズ「学習療法」を実施し、認知症の改善を目指すというものです。

「学習療法」は、東北大学の川島隆太教授が中心となり開発された認知症改善プログラムです。スタッフと高齢者が対面でコミュニケーションを取りながら、簡単な「読み」「書き」「計算」を毎日行います。

ジョンは、今日もおばあちゃん達に聞きます。「僕の名前を知っていますか」、答えはいつも「知らないわ」。

エブリンは93歳です。認知症と診断されて2年。アルツハイマー型認知症です。自分の名前も書けず、じっとしていられません。彼女の症状は悪くなるばかりでした。

エブリンには2人の子どもがいます。「身だしなみに気を使い、外出の時は化粧を欠かさない人だった。観察力があって、時に毒舌に話す会話はユニークだったわ」と、娘は話します。

「孫の誕生日には得意の編み物でブランケットを編んでくれた」と懐かしむ息子。

以前の母に戻って欲しい。頭ではわかっていても、母の変化に心がついてきません。

認知症の親を持つ子どもは皆、かつての元気だった頃の親の姿を思い出さずにはいられません。本人の苦しみ、それは家族全員の苦しみになっていました。

「学習療法」を実施して1カ月。認知症のおばあちゃん達に変化が現れます。

始めた時は、数字が書かれたブロックを同じ数字の所に置くことが出来なかったエブリンが、すべて置くことが出来ました。

大事なのは、達成感です。今日、自分は脳に良いことをしたという認識を持つ。スタッフとのコミュニケーションも大事な療法のひとつです。

他の入居者たちも楽しそうにスタッフとコミュニケーションを取っています。引きこもり気味だった、おばあちゃんも積極的に参加するようになりました。トイレも着替えも自分でするようになりました。

ジョンは今日も聞きます。「僕の名前を知っていますか」。やはり、エブリンの答えは「知らないわ」のままです。

それでも、ジョンとの会話を楽しんでいるかのように、笑顔が見れました。社交的だったエブリンまでは、あと一歩でしょうか。

メイは88歳です。彼女の特技は、聞こえないフリ。気分が乗らないと誰が訪ねてきても無視。「学習療法」の誘いも無視。無気力、無表情です。

女性タクシードライバーだったメイは、人生を切り開いて来た強い女性です。

メイには可愛がっていた姪っ子がいました。「彼女はいつもワクワクして行動的だった。口癖は、人生を楽しんで生きるべきよ」と姪っ子は涙ぐみます。

そんなメイも「学習療法」へ参加するうちに変化が起こります。少しずつ心を開いていくメイ。自分のことをしゃべるようになりました。タクシードライバーだった時のことです。

ジョークを交えながら話すメイは、表情も豊かになりました。しかし、まだ毎日の浮き沈みが激しいようです。

以下、『僕がジョンと呼ばれるまで』ネタバレ・結末の記載がございます。『僕がジョンと呼ばれるまで』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2013 仙台放送

「学習療法」の実施は、認知症のおばあちゃん達だけではなく、周りスタッフ、家族にも影響を与えているようです。

「手が冷たいね」と言うと、「でも、心は暖かいんだよ」と返ってくる。トランプの勝負も負けたのに「ズルしたわね」と悔しがる。スタッフとの会話も成り立つようになっています。

レディーたちは、オシャレになっていました。ネイルにヘアセットにお化粧にと楽しそうです。

ジョークと笑い声が飛び交う施設は、高齢者介護施設とは思えないほど明るい雰囲気です。

「毎日、何か良い変化があるのが楽しみ」とスタッフも前向きになりました。以前は進行する病を見守るだけでしたが、改善していく手助けを出来る事は、やりがいとなっていました。

「学習療法」実施から5ヶ月。エブリンは、以前の親しみやすい楽しい人へ戻っていました。

息子が編み物の道具を持って訪ねてきます。昨日までしていたように編み物をするエブリン。もう二度と出来ないと思っていた編み物が出来たのです。家族は涙を流し喜びました。

ジョンは今日も質問します。「エブリン、僕の名前を知っていますか。知っているはずだよ」

「ええ、知っているはず。ジョンよ!ひらめいたわ」。ついにやりました。エブリンはジョンの名前を憶えていました。

それからエブリンは、久しぶりに会う孫も憶えていました。家族と外出できるまで改善しています。

自分の名前すら忘れてしまう認知症。しかし、それが終わりではありません。再び思い出せる日がくるのです。

スポンサーリンク

映画『僕がジョンと呼ばれるまで』の感想と評価


(C)2013 仙台放送

老いは誰にでもやってきます。認知症は、誰もがかかりうる病気です。いまだに根本的な治療法はなく、ほとんどが悪化していく様子を見守るしかありません。

この映画では、「学習療法」という認知症改善プログラムで、劇的に変化していくおばあちゃん達の姿が記録されています。

この「学習療法」は、現在日本国内で1万人以上が実施しているとのことです。

認知症に、明るい可能性の未来が見えたような気がします。

そしてこの映画は、認知症改善の記録だけではなく、認知症の親を持つ家族の苦しみにも向き合っています。

ビーというおばあちゃんは、音楽好きで「学習療法」にも意欲的でした。娘のフランと二人三脚で頑張っています。

自分の病を知った時のビーの気持ちが手紙で残っていました。そこには、この先の不安と最悪で死んだも同然だと書かれていました。

ビーの言葉は、これからの認知症になりうる私たちの代弁にすぎません。

「学習療法」の目指すところは、認知症の完全なる改善ではなく、自分らしさを取り戻すことにあります。

「自分の年を取った時、人生をどう振り返るのか。自分らしい人生を生きなくては」と、記録係のジョンは言います。

自分の歩んで来た人生を振り返り、楽しい人生だったと語り、最期に大切な人たちに「ありがとう」と直接言えたなら、どんなに素敵な人生でしょう。

まとめ


(C)2013 仙台放送
アメリカ・オハイオ州の高齢者介護施設を舞台に、「学習療法」による認知症の改善を試みるドキュメンタリー映画『僕がジョンと呼ばれるまで』を紹介しました。

「脳トレ」ブームの立役者である東北大学・川島隆太教授を中心に開発された、認知症改善プログラム「学習療法」。

「学習療法」を続けるうちに、目に見えて認知症が改善していくおばあちゃん達の姿に、驚きです。

自分らしさを取り戻していくおばあちゃんの変化が、まわりのスタッフや家族に与える喜び、幸せの奇跡にも注目です。

関連記事

ドキュメンタリー映画

アップリンク2019年に日本公開。ジョン・カリーのドキュメンタリー映画【LGBTを公表したスケーター】

1976年にインスブルックオリンピック男子シングル金メダリスト、同年の世界フィギュアスケート選手権優勝を果たした彼の知られざる人生を描いたドキュメンタリー映画『The Ice King(原題)』のアッ …

ドキュメンタリー映画

映画『バスキア、10代最後のとき』あらすじネタバレと感想。天才アーティストに迫るドキュメンタリー

アートを凌駕し、ファッションそして音楽をも刺激する天才アーティスト、バスキア。 没後30年を迎え、その秘密に迫るドキュメンタリー映画が誕生しました。 バスキアが注目を集める前の1970~80年代ニュー …

ドキュメンタリー映画

【米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー】感想レビューと考察

2017年8月12日(土)より沖縄・桜坂劇場先行公開、8月26日(土)より東京・ユーロスペースほか全国順次公開される、オススメのドキュメンタリー映画がある。 映画のタイトルは『米軍(アメリカ)が最も恐 …

ドキュメンタリー映画

映画『カンパイ!日本酒に恋した女たち』感想と評価レビュー。伝統の世界で活躍する女性に酔いしれる

日本を代表するお酒「日本酒」。 「日本酒」を知ればもっと日本が好きになる! 近年、世界に広がり続ける日本酒ブーム。その裏には、日本酒を愛する女性たちの活躍がありました。 『カンパイ!日本酒に恋した女た …

ドキュメンタリー映画

映画『500年の航海』あらすじとネタバレ感想。キドラット・タヒミックが35年掛けて世界の歴史を覆した異色のドキュメント

映画『500年の航海』は、2019年1月26日(土)より、イメージフォーラムほか全国順次公開。 最初に世界一周を成し遂げったのはマゼランではなく、エンリケという奴隷だった!? 「マゼランの世界一周」か …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP