Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2018/05/31
Update

映画『インクレディブル・ファミリー』あらすじとキャスト。吹き替え版の声優は

  • Writer :
  • 若松れん

既にアメリカで6月に公開され、日本でも2018年8月1日(水)に公開されているピクサー・アニメーションの新作映画『インクレディブル・ファミリー』

2004年に公開された『Mr.インクレディブル』の続編として製作されました。

今回は、家事!育児!世界の危機!をキャッチコピーに、前作から続くアンダーマイナーとの戦いから幕を開ける!

スポンサーリンク

映画『インクレディブル・ファミリー』の作品情報

【公開】
2018年8月1日(アメリカ映画)

【原題】
Incredibles2

【監督】
ブラッド・バード

【声の出演】
ホリー・ハンター、クレイグ・T・ネルソン、サラ・ヴォーウェル、サミュエル・L・ジャクソン、ブラッド・バード、ジョナサン・バンクス、ボブ・オデンカーク、キャサリン・キーナー、ソフィア・ブッシュ、イザベラ・ロッセリーニ、ジョン・ラッツェンバーガー

【作品概要】
映画『イックレディブル・ファミリー』は、2004年に公開された『Mr.インクレディブル』の続編として製作されたピクサー・アニメーションによる映画。

前作のラストシーンからスタートし、今回はMr.インクレディブルの妻イラスティガールが主役となる物語。監督は前作同様ブラッド・バード、日本語吹替えは黒木瞳、三浦友和、綾瀬はるかが務めています。

ブラッド・バード監督のプロフィール

関連映像:『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011)

ブラッド・バードは、1957年にアメリカ合衆国モンタナ州生まれの監督・脚本家として幅広く活躍しているアニメーション作家。

1989年に就職したクラスキー・シスポではテレビアニメシリーズ『ザ・シンプソンズ』(1989)の製作に関わり、長編アニメーション映画『アイアン・ジャイアント』の監督を務めるのを機にワーナーブラザーズに移籍しました。

また、『Mr.インクレディブル』(2004)や『レミーのおいしいレストラン』(2007)でアカデミー賞を受賞したことでも知られています。

ブラッド・バードが影響を受けた監督には、日本のアニメを代表する監督、宮崎駿の名前があがっており、彼が宮崎監督作品の大ファンであることも有名で、特に『ルパン三世 カリオストロの城』(1979)がお気に入りの作品となっているようです。

ブラッド・バード本人によると、自身が監督を務めた『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011)は、少なからず『カリオストロの城』の影響を受けていると語っていました。

スポンサーリンク

映画『インクレディブル・ファミリー』主要キャラ

イラスティガール:ヘレン・パー/ホリー・ハンター

イラスティガールは、Mr.インクレディブルの妻でありスーパーヒロイン。

現役を引退してからは、大きめヒップが悩みとともに、反抗期の子供に手を焼かせられることもあります。

結婚前後では着用している衣装が違うため、現役時代はイラスティガールと呼ばれていましたが、現在はインクレディブル夫人と呼ばれることもあります。

イラスティガールの声を担当しているのは、『ピアノ・レッスン』(1993)でアカデミー賞主演女優賞、ゴールデン・グローブ賞、カンヌ国際映画祭女優賞の3冠を受賞し、同年『ザ・ファーム法律事務所』(1993)でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたベテラン女優のホリー・ハンター

ホリー・ハンターは2008年、これまでの功績が称えられハリウッドの殿堂ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名前が刻まれました。

Mr.インクレディブル:ボブ・パー/クレイグ・T・ネルソン

Mr.インクレディブルは、世界を守るヒーローでしたが、ある出来事がきっかけとなり、ヒーローに対する風当たりが強くなった15年前、全てのヒーローの引退と共にインクレディブルも普通の生活を送っています。

妻イラスティガールは普通の生活に順応していったものの、インクレディブルや子供たちはストレスを抱えていました。

そんな時、ミラージュという謎の女性から「あなたの力が必要だ」というメッセージを貰い、スーパーヒーローとして復活を遂げました。

Mr.インクレディブルの声は、映画『ポルター・ガイスト』(1982)シリーズや『トム・クルーズ/栄光の彼方に 』(1983)を初めとする、数多くの著名な作品に出演しているクレイグ・T・ネルソンが務めています。

ヴァイオレット・パー/サラ・ヴォーウェル

ヴァイオレット・パーは、自分を透明化したりバリアーを貼る特殊能力を持っている、Mr.インクレディブルとイラスティガールの長女。

初めは自分の能力にコンプレックスを感じていましたが、自信を持つと同時に髪型を変えるなど変貌を遂げています。

ヴァイオレットの声は、『Mr.インクレディブル』に引き続きサラ・ヴォーウェルが演じました。

前作から14年、大人になったヴァイオレットとともに、成長したサラ・ヴォーウェルの声の変化にも注目です。

映画『インクレディブル・ファミリー』日本語吹替声優紹介

今回『Mr.インクレディブル・ファミリー』の日本語吹替を担当しているのは、前作に引継ぎ黒木瞳、三浦友和、綾瀬はるか、高田延彦が担当すつことが決定しています。

14年経ったとは言え、いつまでも若々しい面々での連投に、期待する声も高まっていることでしょう。

スポンサーリンク

映画『インクレディブル・ファミリー』のあらすじ

前作から続くアンダーマイナーとの戦いからスタートする本作の予告では、Mr.インクレディブルではなく妻のイラスティガールが犯罪と戦います。

夫のインクレディブルは育児を担当することになるのですが、目からビームや電気、炎まで出すジャック=ジャック=ポーに、インクレディブルは子守りに苦戦を強いられることに…。

しかし、家族はまだジック=ジャック=ポーの能力にも気づいていなかった!!

さらには、妻イラスティガールを狙う新たな敵”スクリーンスレイヴァー”の登場に、インクレディブルファミリーは家族総出で立ち向かわなくてはならなくなったのです。

映画『インクレディブル・ファミリー』の感想と評価

映画『Mr.インクレディブル』そして最新作映画『インクレディブル・ファミリー』の魅力は、彼らが完璧ではないヒーローだということです。

『Mr.インクレディブル』では、ミッションを軽々クリアしたインクレディブルが、悪の罠にハマってしまったり、夫の浮気を怪しんだ妻ヘレン(イラスティガール)が、ヴァイオレットとダッシュにジャックを預けて夫を探しに行ったりと、ヒーローなのに普通であることが人気のひとつ。

だからこそ、期待していなかったけど観たら本当に面白かった!と、身近に感じるヒーローということもウケている理由なのだと思います。

前作では、シンドローム撃退後に平凡な生活を送っていたインクレディブル一家の前に、アンダーマイナーを名乗る新たなヴィランが出現。

一家がヒーロースーツを身に纏い、いざ戦いというところで幕を閉じてから早14年。最新作はまさにそこからのスタートということで、公開を前にファンも喜びを隠せないことでしょう。

映画『インクレディブル・ファミリー』の公開は、2018年8月1日(水)。夏休みシーズンということもあり、お子様連れの方も多いと思いますが、今回はファミリーということで、ぜひご家族皆さまで楽しんでいただけれればと思います。

まとめ

赤のコスチュームに黒マスクが特徴のインクレディブルファミリーですが、本作ではインクレディブルが子守、イラスティガールが敵と戦うヒーローとなっています。

予告ではジャックが能力で父ロバート(インクレディブル)をてんてこ舞いさせているので、ヒーローとは違う一面のインクレディブルパパもご堪能くださいね。

関連記事

アニメーション

竜とそばかすの姫 ネタバレ考察|ジャスティンの正体はあの人?竜のオリジンやすずとの関係性から徹底解説

謎に包まれた偽りの正義の使者「ジャスティン」の正体とは? 細田守監督による映画『竜とそばかすの姫』(2021)ではインターネット上の仮想空間「U」を舞台に、世界中の人々に愛される歌姫「ベル」となった主 …

アニメーション

『かぐや姫の物語』ネタバレあらすじ感想と結末評価の解説。高畑勲監督が【わらべ唄 天女の歌】に込めた“生きるという意味”

高畑勲監督が”かぐや姫のいのちの輝き”を水彩画のタッチで魅せる 高畑勲監督が日本最古といわれる物語文学「竹取物語」を題材に手掛けた『かぐや姫の物語』。 かぐや姫はいったい何のために地球にや …

アニメーション

映画『アーサー・クリスマスの大冒険』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク CONTENTS映画『アーサー・クリスマスの大冒険』作品情報映画『アーサー・クリスマスの大冒険』あらすじとネタバレ『アーサー・クリスマスの大冒険』の感想と評価まとめ 映画『アーサー・ …

アニメーション

【ネタバレ感想】名探偵コナン紺青の拳フィスト2019|最新作は怪盗キッドとコンビで事件解決!

名探偵コナン劇場版23作目。舞台は、日本を飛び出し海外へ! パスポートがない江戸川コナン君。まさかの密入国!? 「平成のシャーロック・ホームズ改め、令和のシャーロック・ホームズになります」の宣言も飛び …

アニメーション

【ヒロアカ映画1ネタバレ感想と結末】僕のヒーローアカデミア2人の英雄のあらすじ解説。劇場版の激アツでエモな見どころを振り返る!

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 2人の英雄(ヒーロー)』をご紹介。 2014年から少年ジャンプで連載中の『僕のヒーローアカデミア』。2016年からはTVアニメの放送も始まり、2021年現 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学