Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

【ネタバレ】クレヨンしんちゃん映画2023|あらすじ感想評価と結末解説。しん次元THE MOVIE超能力大決戦で“歴代初3DCGアニメ”が描くのは“マイペースでがんばる”?!

  • Writer :
  • 松野貴則

笑いと涙を届ける劇場版はついに“しん次元”へ!?

臼井儀人による漫画が原作のテレビアニメシリーズにして、もはや日本を代表するアニメ作品の一つに数えられる『クレヨンしんちゃん』。

また子どもから大人まで楽しめる劇場版シリーズは、笑えるだけでなく泣ける感動作も多く、ファンの間でランキングが作られるほどです。

そして劇場版第31弾となる『しん次元!クレヨンしんちゃんTHE MOVIE 超能力大決戦 とべとべ手巻き寿司』は、シリーズ史上初の全編3DCGアニメーション。果たして今回は、どんな笑いと感動を届けてくれるのでしょうか。

ヒット作を多数手がける大根仁監督と、CGプロフェッショナル集団「白組」がタッグを組んだ『しん次元!クレヨンしんちゃんTHE MOVIE 超能力大決戦 とべとべ手巻き寿司』のネタバレあらすじと作品の魅力をご紹介します。

映画『しん次元!クレヨンしんちゃんTHE MOVIE 超能力大決戦 とべとべ手巻き寿司』の作品情報


(C)臼井儀人/しん次元クレヨンしんちゃん製作委員会

【公開】
2023年(日本映画)

【原作】
臼井儀人

【監督・脚本】
大根仁

【音楽】
岩崎太整

【キャスト】
小林由未子、ならはしみき、森川智之、こおろぎさとみ、真柴摩利、鈴木もぐら、水川かたまり、鬼頭明里、松坂桃李

【作品概要】
日本が世界に誇るテレビアニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場版シリーズ第31弾であり、シリーズ史上初の全編3DCGアニメーション作品。

監督は映画『モテキ』、テレビドラマ『エルピス-希望、あるいは災い』などを手がけた大根仁監督。今回初のアニメーション作品に挑んでいます。

そして声優陣には、俳優の松坂桃李、人気芸人コンビ「空気階段」の鈴木もぐらと水川かたまりなどを起用するなど、幅広い層が楽しめる作品になっています。

映画『しん次元!クレヨンしんちゃんTHE MOVIE 超能力大決戦 とべとべ手巻き寿司』のあらすじとネタバレ


(C)臼井儀人/しん次元クレヨンしんちゃん製作委員会

ある日、二つの光が地球に迫ってきていました。

その存在を確認し、慌てふためく二人の男女。ヌスットラダマスの予言書に記された通りの出来事が起きていると彼らは動揺を隠せません。

一方、そんな嫌な予感とは打って変わって、変わらぬ日常を送る野原一家。

朝、いつものように母親のブラジャーでふざけるしんのすけを母・みさえは街中追いかけ回します。そんな一家は、しんのすけの通うふたば幼稚園の運動会を翌日に控えていました。

夜。新橋でティッシュ配りをする青年・非理谷充(ひりや・みつる)は、アイドルの追っかけにしか生きる喜びを見出せず、さらに推しの結婚報道を目にして途方に暮れていました。

ガラの悪いサラリーマンに絡まれ、地面に倒れる充。たまたまそこを通りかかった野原ひろしが救いの手を差し伸べますが、充は見下されたように感じてしまい、ひろしの手を振り払います。

充の運の悪さはさらに続きます。警察がパトカーで追跡中であった強盗犯の服装が、今の充が着ている服装と完全に一致していたのです。

潔白の充は警官に疑いの目を向けられ、街中を逃げ回ることに。しかしフェンスに追い込まれ逃げ場を失ったところで、謎の黒い光が充に直撃します。

充は黒い光の影響により、謎の超能力を手に入れます。そして追いかけてきた警官をなぎ倒したのち、世の中への充の復讐劇を開始します。

しかし、超能力を手にしたのは充だけではありませんでした。なんと、たまたま家で留守番中だったしんのすけにも、白い光が直撃。彼がお尻に力を集中させると、サイコキネシスを使えるようになっていました。

翌日のふたば幼稚園での運動会、しんのすけはサイコキネシスを駆使して大玉転がし・綱引き・玉入れ驚異の活躍を見せ、ひまわり組を勝利へ導きます。大喜びする野原一家でしたが、それを見ていたのは一家だけではありませんでした。

運動会の後、家で手巻き寿司を楽しむ野原一家の元へ、二つの光を調査していた二人の人物が突如現れます。彼らは自らを「国際エスパー調整委員会」と名乗りました。

若い女性・深谷ネギコ、そして池袋教授はしんのすけの持つ超能力で「世界を救ってほしい」と頼みます。実は、謎の黒い光と白い光の存在は、予言書に書かれてあった「この世の終わりの前兆」だというのです。

黒い光を受けた人間は負の感情が増大し、超能力を使えるようになること。そして黒い光を受けた人間を止められるのは、白い光を浴びたしんのすけ以外いないことを告げる教授たち。

サイコキネシス、テレパシー、瞬間移動、透視……これらの超能力を駆使し、世界を救うことを頼まれますが、いまいち乗り気ではない野原一家。

しかしその頃、負の感情が増大した充は街で暴れ始めます。そして、充がふたば幼稚園の前を通った時、よしなが先生の姿が裏切った推しのアイドルと重なったことで彼の暴走は加速し、幼稚園で立てこもり事件を起こします。

野原一家と国際エスパー調査委員会の二人は、テレビでこの様子を目撃。現場である幼稚園には、風間くん、ねねちゃん、マサオくん、ボーちゃんの姿が……。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『しん次元!クレヨンしんちゃんTHE MOVIE 超能力大決戦 とべとべ手巻き寿司』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『しん次元!クレヨンしんちゃんTHE MOVIE 超能力大決戦 とべとべ手巻き寿司』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)臼井儀人/しん次元クレヨンしんちゃん製作委員会

4人を助けるべく、すぐに現場へと向かう野原一家と委員会の二人。しんのすけだけは「自分だけ遊びに入れてもらえなくてズルい」と相変わらずの能天気ぶりです。ふたば幼稚園の現場に到着すると、すでに警察とパトカーが集まっていました。

しんのすけはテレポーテーションで園内へ突入。充の圧倒的な超能力に苦戦しながらも、何とかみんなを救出します。警察から逃げのびた充でしたが、彼に近づく存在が他にも居ました。

充の前に現れたのは、例の予言書を残したヌスットラダマスの「生まれ変わり」を称するヌスットラダマス2世。彼は自らが結成した「令和てんぷく団」に加入するよう充へ勧めます。

令和てんぷく団は世界を転覆させ世の中を変えるべく、世の中を憎んでいる人々を廃墟と化した遊園地へ集め、彼らの負のエネルギーを集めていました。そして計画成功のためには、充の圧倒的な負のエネルギーと超能力が不可欠だったのです。

さっそく充の負のエネルギーを吸い込み、50%しかなかった負のエネルギーを100%へと充填させるヌスットラダマス2世。

一方の池袋教授も、秘密兵器の完成に取りかかっていました。国際エスパー調査委員会・埼玉支部の地下深くで、巨大なカンタムロボを秘密裏に開発していたのです。

ロボを動かせるのは、しんのすけの超能力のみ。まだ体の小さいしんのすけには巨大なロボを動かせるだけの力はなかったものの、深田恭子の曲「キミノヒトミ二コイシテル」を流すことで、ロボとしんのすけのシンクロ率を高めることに成功します。

彼らはひとまずの成果を喜び、野原家で手巻き寿司を楽しみます。幸せなムードに包まれる中、池袋教授のもとへ一本の電話が。相手はなんとヌスットラダマス2世でした。

実は二人は古い付き合いで、学生時代は親友でした。電話の向こうで慌てた様子のヌスットラダマス2世は、充がさらなる暴走を遂げ、手に負えなくなっていることを伝えます。

しんのすけたちはすぐさま充の元へ向かいます。そしてそこで、巨大化してしまった充とカンタムロボによる空中戦が繰り広げます。

圧倒的な充の強さの前に、深田恭子の「キミノヒトミ二コイシテル」が流れるラジカセを奪われてしまいます。これでは、しんのすけはカンタムロボを動かすことはできません。

そんな時、力になったのは妹のひまわりでした。実はひまわりもしんのすけと一緒に白い光を浴びており、超能力が使えるようになっていたのです。

二人は協力し、巨大化した充を倒します。しんのすけたちは勝利に安堵しますが、実はまだ戦いは終わっていませんでした。充はさらに強大な力を覚醒させ、怪物と化してしまったのです。


(C)臼井儀人/しん次元クレヨンしんちゃん製作委員会

ロボを破壊されてしまったしんのすけたちは車で一時撤退を試みますが、その車も大破させられてしまいます。そして、しんのすけは怪物となった充の体内に吸い込まれ、一同は絶体絶命の危機に陥ります。

しんのすけは怪物となった充の体内で、家で独りきりで親の帰りを待っていた、子どもの頃の充と出会いました。しんのすけは幼い充と一緒に遊んで、彼の親の帰りを待ちます。

次の瞬間には、幼稚園の運動会で一人の充が現れます。その次の瞬間には、小学校に入学するも、いじめられている充の姿が……人生のどの瞬間を見ても、充は家族からも友人からも愛されていませんでした。しんのすけは、そんな充のそばに寄り添い続けます。

充の両親が離婚することになった時、充は家を飛び出しました。その途中でしんのすけと出会いますが、背後からいじめっ子の3人組がやってきて、暴力を振るわれてしまいます。

しんのすけは充のことを「仲間だ」と言って必死にいじめっ子たちと戦いますが、ボロボロになってしまいます。それでも諦めないしんのすけ。

そんなしんのすけの姿を感じ取ったひまわりは、外から透視の超能力を用いて、みさえとひろし、そして委員会の二人にその姿を見せます。「がんばれ!」と応援する大人たち。

それでも、しんのすけたちには中々その声援が届きません。そこで池袋教授たちは、予言書に書かれていた続きの言葉を思い出し「悪臭を放つ二つの黒い毒玉」が怪物を倒すためのヒントになることに気づきます。

汗と悪臭をタップリ吸い込んだひろしの靴下を丸め、怪物の口へ放り投げます。それはしんのすけたちの元へと届き、しんのすけと充は無事いじめっ子たちの撃退に成功しました。

怪物はしんのすけを吐き出し、消えていきます。そして後に残ったのは、負の感情の暴走から解放された充の姿でした。

充はここ数日間の出来事を覚えていませんでした。しかし、しんのすけが孤独な自分を助けてくれたこと、「仲間だ」と言ってくれたことは覚えており、そんな彼の姿に救われるのでした。

映画『しん次元!クレヨンしんちゃんTHE MOVIE 超能力大決戦 とべとべ手巻き寿司』の感想と評価


(C)臼井儀人/しん次元クレヨンしんちゃん製作委員会

一味違う「全編3DCGアニメーション」の臨場感

本作では劇場版シリーズ史上初の「全編3DCGアニメーション」が採用され、アニメーション制作には『シン・ゴジラ』『STAND BY ME ドラえもん』などの作品を手がけ、CGのプロフェッショナル集団として名高い「白組」が参加しています。

そのため、今までの劇場版シリーズとも一味違う、臨場感あふれる演出が多く描かれています。映画冒頭のふざけるしんのすけをみさえが追いかける場面だけでも、瞬く間に変化する風景とアングルに観客は驚かされたはずです。

また、しんのすけたちが怪物から車で逃げる場面でも、ジェットコースターに乗り上げての盛大なカーアクションが繰り広げられ、3DCGだからこそできるアニメーション表現は子どものみならず、大人も釘付けにしていました。

映画に込められた「“マイペース”でがんばる」


(C)臼井儀人/しん次元クレヨンしんちゃん製作委員会

「がんばれ」という言葉を素直に受け取れなくなったのは、何歳からでしょうか。現在の社会では「がんばれ」という言葉にプレッシャーを強く感じる人も増え、むしろ「無闇に使うべきではない言葉」になりつつあるといえます。

本作では「がんばれ」という言葉が一つのキーワードとして描かれています。その中でも、映画終盤にてひろしが充に対して放ったセリフは、多くの観客の記憶に残ったはずです。

「どんな未来だろうと、がんばれば未来は変えられる。誰かを幸せにするためにがんばれ」

それは、自分にとっての「誰か」=「野原家」を幸せにするために生き続けているひろしだからこその言葉であり、『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲』を含む過去の劇場版シリーズを振り返ることで、より深みが増す言葉といえます。

そして、ひろしが口にしたその言葉は、これからの未来を生きる子どもたち、そして『オトナ帝国の逆襲』が公開された2001年以上に「未来はすでに“過去”になった」と感じてしまっている大人たちへのメッセージでもあるのです。


(C)臼井儀人/しん次元クレヨンしんちゃん製作委員会

いまや現在の社会で、希望を持って生きることは容易ではなくなりました。「真面目に働けば、必ず幸せになれる」という考えも前時代的なものとなり、自分の幸せの在り方が分からなくなっている人は増え続けています。

情報社会は人間の生きる時間を急かし、希望があるはずの未来にもエネルギー問題や食糧不足、人口減少などのいつか必ず訪れる社会問題ばかりが待ち受けている……もはや、前向きに希望を持とうとするだけで「楽観的だ」と批判されかねない時代といえます。

そんな時代だからこそ、「がんばる」というシンプルな言葉に立ち返るべきなのかもしれません。自分が信じられる誰かや何かのために、そして何よりも、しんのすけのような“マイペース”でがんばることが。

気を抜く時にはとことん気を抜いて、がんばる時にはとことんがんばるおバカなところも、カッコいいところも同時に映画で魅せ続けてくれたしんのすけの姿は、子どもたちだけでなく「“マイペース”でがんばる」を見失いがちな大人たちの心にも刺さるはずです。

まとめ


(C)臼井儀人/しん次元クレヨンしんちゃん製作委員会

全編3DCGアニメーションで制作されたことで、過去の劇場版シリーズとは一味違う臨場感でしんのすけたちの活躍が描写された『しん次元!クレヨンしんちゃんTHE MOVIE 超能力大決戦 とべとべ手巻き寿司』。

また映画に込められた「“マイペース”でがんばる」というメッセージは、しんのすけが様々な冒険を経験してきた劇場版シリーズに通底するものなのかもしれません。そう考えると、本作は『クレヨンしんちゃん』を昔から愛し続ける人々にも向けられた作品といえます、

子ども・大人に関係なく、現在の社会を生きる人々全員が楽しめる“しん次元”な『クレヨンしんちゃん』を、ぜひお見逃しなく。




関連記事

アニメーション

【ネタバレ感想】『劇場版 Fate/Grand Order神聖円卓領域キャメロット前編Wandering; Agateram』結末までのあらすじ紹介

『劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット前編 Wandering; Agateram』ネタバレ感想と考察。 大人気のスマートフォン向けゲームアプリ「Fate/Grand O …

アニメーション

映画『バトルクライ』ネタバレあらすじ感想と結末の考察評価。インディーズ映画の枠を超えたアニメーション作品を刮目せよ!

『バトルクライ』はSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021国内コンペティション長編部門ノミネート作品 1980年代の架空の日本。一時帰国していた兵隊のソウジと世界銀行から派遣されたハヤが、日本社会に蔓 …

アニメーション

『君を愛したひとりの僕へ』ネタバレ結末感想と評価解説。カサヰケンイチによるアニメーション作品は愛する人を救うために人生を捧げる“僕の”物語

君の幸せだけを願う『君を愛したひとりの僕へ』 TikTokで話題となった小説『君を愛したひとりの僕へ』と『僕が愛したすべての君へ』。 2016年6月にハヤカワ文庫より刊行された乙野四方字のこれらの小説 …

アニメーション

【ネタバレ感想】映画クレヨンしんちゃん2019新婚旅行ハリケーン|野原しんのすけと「失われたひろし」に癒される⁉︎

ひろしがお宝のカギ!?父ちゃんを救え! これが野原家の新婚旅行ラブラブファイヤーだ! 人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版27作目。 今回の舞台はオーストラリアの秘境「グレートババァブリーフ島」。 …

アニメーション

【天気の子】レビューと評価。ラストのセリフ「ぼくたちはきっと大丈夫だ」の意味考察も

新海誠監督の『天気の子』が2019年7月19日(金)より全国公開されました。 大ヒットを記録した『君の名は。』から3年。新海監督がモチーフに選んだのは「天気」でした。 それまでも、作品の中で「天気」は …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学