Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

Entry 2018/05/16
Update

アニメ映画『グリンチ(2018)』あらすじとキャスト。イルミネーション・エンターテイメントの動向も

  • Writer :
  • バフィー

ドクター・スースの代表作『いじわるグリンチのクリスマス』を『ミニオンズ』や『ペット』のイルミネーション・エンターテイメントがフルCGアニメーションとして映画化!

映像化は3度目となるグリンチ。最新技術によって表現力の可能性が大幅に広がった現代でグリンチはどんな活躍を見せるのか?!

12月公開のクリスマス映画をいち早くご紹介します!!

スポンサーリンク

映画『グリンチ』の作品情報


(C)UNIVERSAL PICTURES

【公開】
2018年(アメリカ)

【原題】
The Grinch


【監督】
ヤーロウ・チェイニー、スコット・モシャー


【キャスト】
ベネディクト・カンバーバッチ

【概要】
イルミネーション・エンターテイメントとしては『ロラックスおじさんの秘密の種』以来、2作目となるドクター・スース原作の映画化。グリンチの声優は『ドクター・ストレンジ』のベネディクト・カンバーバッチが務めます。

映画『グリンチ』のあらすじ

クリスマスが大好きなフーヴィルの住人たちが忙しくクリスマスの準備中。

しかし、子どもの頃のある出来事によってクリスマスが大嫌いになってしまったひねくれ者のグリンチ。

彼は愛犬のマックスを連れてクリスマスをめちゃくちやにすることをいつも考えています。

一方、クリスマスとサンタクロースが大好きなシンディ・ルーは、お礼を言いにサンタクロースを探しに行く計画を立てました。

しかし、このことを知ったグリンチがシンディ・ルーとそのクリスマスをぐちゃぐちゃにする計画に利用しようと企みますが…。

スポンサーリンク

原作者ドクター・スースとは?

ドクター・スース(Dr.Seuss)は、1904年3月2日生まれ。マサチューセッツ州スプリングフィールド出身の絵本作家。

ペンネームの由来は、動物園の飼育員をしていた父へのリスペクトによるものです。

高校時代から美術を学び、ダートマス大学に入学後はサークルで風刺画や漫画をいくつか手掛けました。

卒業後は広告会社で主に殺虫剤の広告を手掛け、1937年から絵本作家としてのキャリアをスタートさせます。

「ぞうのホートン」シリーズや『ふしぎな500のぼうし』など発表。第二次世界大戦中は新聞の風刺漫画化としても活動しました。

1957年に『ハットしてキャット』や『いじわるグリンチのクリスマス』を発表すると、絵本は計46作品となります。

その他テレビアニメやアニメ映画のキャラクターデザインや脚本を手掛けるなど、幅広い分野で貢献。

2000年に『グリンチ』で、ジム・キャリー主演で実写映画化。

2003年に『ハットしてキャット』で、マイク・マイヤーズで実写映画化。

2008年に『ホートン/ふしぎな世界のダレダーレ』では、ジム・キャリーが声を担当しアニメ映画化。

2012年に『ロラックスおじさんの秘密の種』がアニメ映画化。

2018年に『グリンチ』がアニメ映画化。公開日未定ですが2018年『グリンチ』と同じくイルミネーション・エンターテイメントにより『ハットしてキャット』がアニメ映画化され、ドクター・スースの伝記映画も製作予定です。

ベネディクト・カンバーバッジ(グリンチ役)とは?

参考映像:『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(2014)

ベネディクト・カンバーバッチ(Benedict Cumberbatch)は、1976年7月19日生まれ。イギリス、イングランド・ロンドン・ハマースミス出身の映画俳優です。

両親は名優ティモシー・カールトンとワンダ・ヴェンサム。リチャード3世の血縁者であることでも有名です。

イギリスを代表する伝統的名門校ハーロー校に演劇をはじめ、マンチェスター大学、ロンドン音楽芸術大学でも演劇を学びます。

2001年から舞台を中心に活躍し。2004年に出演したテレビ映画『ホーキング』にて若きスティーブン・ホーキング役の演技が評価されモンテカルロ・テレビ祭で主演男優賞を受賞します。

テレビと並行して映画俳優としても活動し、『つぐない』や『ブーリン家の姉妹』などに出演。

2010年からスタートしたテレビドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」で幅広いファンを獲得します。

2014年に『イミテーション・ゲーム』でアカデミー主演男優賞にノミネートされます。

ちなみに、同じくアカデミー賞にノミネートされていた『博士と彼女のセオリー』もスィーブン・ホーキングを描いた映画ということから2014年に10年の時を経て『ベネディクト・カンバーバッチのホーキンス』として急遽DVD化されました。

アカデミー主演男優賞を受賞したエディ・レッドメインよりも先にホーキンスを演じていたことと、偶然にも『イミテーション・ゲーム』で主演男優賞でノミネートされていた為、2人のホーキング役者の対決とも言われました。

2016年の『ドクター・ストレンジ』で主人公スティーブン・ストレンジ役としてマーベル・シネマティック・ユニバースシリーズに参加。

『マイティ・ソー/バトルロイヤル』『アベンジャーズ/インフニティ・ウォー』にも出演しています。

すでに、単独主演の『ドクター・ストレンジ2』も企画されています。

演技の原点と言うべき演劇の活動も続けており、2016年には『ハムレット』で最優秀舞台主演男優賞を受賞します。

スポンサーリンク

イルミネーション・エンターテイメントの今後のラインナップ

2019年:『ペット2』
2020年:『ミニオンズ2』
2020年:『SING/シング2』

以下の企画が、2021~2023年にかけて、タイトル未定の新作が待機中になっています。

公開日未定の作品は、『ハットしてキャット』『PLUTO』『エミリー・ザ・ストレンジ』『おさるのジョージ』「ドクター・スースの伝記映画」です。

今回の『グリンチ』以降はしばらく続編企画に力を入れるため、19~20年にかけて続編が連続公開されます。

イルミネーション・エンターテイメントの想像力は、ドクター・スースの作品の影響が大きいことは明らかで、ドクター・スースの伝記映画を手掛けるなどドクター・スースへの愛があふれています。

また、注目すべき点としては、時期は未定ですが浦沢直樹が手塚治虫の『鉄腕アトム』のエピソードのひとつ「地上最大のロボット」をリメイクした日本の漫画『PLUTO』の実写映画化を担当する参入も計画されています。

アニメ界ではディズニーとドリームワークスの間に、割って入ってきたと言われているイルミネーション・エンターテイメント。

実写映画でも功績を残せるのでしょうか。今後に期待したいです。

まとめ

参考映像:ジム・キャリー『グリンチ』(2000)

1966年にテレビ映画『How the Grinch Stole Christmas!』で初映像化され、その後、2000年にジム・キャリー主演で実写映画化されます

今回が映像化としては3回目となります。

1957年にドクター・スースが発表した『いじわるグリンチのクリスマス』が原作となります。

アメリカではクリスマスと言えば、サンタクロースの次に知られているとクリスマスキャラクターといっても過言ではないポピュラーな存在です。

2000年の『グリンチ』ではジム・キャリーが歌う”You’re A Mean One Mr.Grinch”が話題になりましたが今回の作品ではベネディクト・カンバーバッチは歌ってくれるのでしょうか?

2018年12月日本公開の映画『グリンチ』が、今から楽しみですね!

3度目の公開の詳細に公開日や内容がわかりましたら、また、追って当サイトでご紹介します。

スポンサーリンク

関連記事

アニメ映画

映画『ペット』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク CONTENTS映画『ペット』作品情報映画『ペット』あらすじとネタバレマックスを探せ ペット達の大活躍 『ペット』の感想と評価まとめ 映画『ペット』作品情報 【公開】 2016年(ア …

アニメ映画

高畑勲映画『パンダコパンダ 雨ふりサーカス』の宮崎駿作品の原点とは

2018年4月5日に亡くなられた日本を代表するアニメーション監督、高畑勲。 代表作『パンダコパンダ』、続編『パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻』が、新文芸坐にて5月1日~5月3日、ユジク阿佐ヶ谷にて5 …

アニメ映画

映画『モアナと伝説の海』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

『アナと雪の女王』や『ズートピア』など、次々とヒット作を生み出しているディズニー・アニメーション・スタジオの新作です。海の向こうに憧れを抱いて暮している小島に住む一人の少女が、ある使命を担い冒険に出る …

アニメ映画

映画『この世界の片隅に』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2016年は日本映画が大豊作の年でした。庵野秀明総監督の『シン・ゴジラ』の人気に始まり、新海誠監督の『君の名は。』の興行成績を塗り替え爆進中と話題作が続きました。 実は、その後をじわじわと追いかけてい …

アニメ映画

『猫の恩返し』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【ジブリ映画】

2002年公開のスタジオジブリ制作映画といえば、『猫の恩返し』。ですが名前しか知らないという方も多いのではないでしょうか 今回はスタジオジブリの作り出した傑作の1つである今作を、紹介していきたいと思い …

最新映画を観るならU-NEXT
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
【Cinemarche独占】映画『キラキラ眼鏡』主演・池脇千鶴インタビュー|役作りや撮影現場での思い出を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
東京国際映画祭|Tokyo International Film Festival
国内ドラマ情報サイトDRAMAP