Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

Entry 2020/08/31
Update

映画『マウスマン 愛の塊』感想考察とレビュー評価。ピエール伊東の自主制作アニメは“愛する人の定義”を問う

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『マウスマン~愛の塊~』は2020年9月25日より、シネ・リーブル池袋で劇場公開。

青いマウス型サイボーグの活躍を描いた「マウスマン」シリーズ。2016年から現在まで、短編を含め計70本が制作されている「マウスマン」シリーズは、ニコニコ動画やYouTube、札幌ねっとてれびの他、各種アニメイベントでの上映で火が付き、話題になった作品。

シリーズは2018年の『ピリオド オブ・ザ マウスマン』で一度、完結しましたが、新章として新たな「マウスマン」シリーズがスタートしました。

新たな「マウスマン」シリーズとして制作され「横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバル2019」にて、アニメ―ション部門最優秀賞を受賞した『マウスマン/ゼロ』に続き、新章「マウスマン」シリーズ第2弾として制作された映画『マウスマン~愛の塊~』が、2020年9月25日より、シネ・リーブル池袋で劇場公開されます。

ハードボイルドな世界観で、人類において永遠とも言えるテーマに挑戦した、映画『マウスマン~愛の塊~』の持つ魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『マウスマン~愛の塊~』の作品情報


(C)スタジオ金魚色

【公開】
2020年公開(日本映画)

【原作・監督・脚本】
ピエール伊東

【脚本・副監督】
八木橋拓美

【キャスト】
細谷佳正、藤咲あかね、夏川みわこ、星川愛、大埼晋司、櫻庭彩華、フェアリィ緑川、藤沢愛、有野優樹、夜弓神楽狐之灯矢、ピエール伊東

【作品概要】
ピエール伊東監督が生み出した、青色のマウス型サイボーグの活躍を描く自主制作アニメ「マウスマン」シリーズを、新たに描き直すリブートプロジェクトの第2弾作品。

主人公のサイボーグ、マウスマンを『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』や『この世界の片隅に』『この世界のさらにいくつもの片隅に』などの、話題作に出演している人気声優、細谷佳正が演じています。

アニメーション制作の「スタジオ金魚色」は、関東で自主制作アニメを制作や上映することを目的にした社会人サークルで、現役アニメーターをはじめ、アニメーター志望の高校生から主婦、会社員など、幅広いメンバーで制作しています。

映画『マウスマン~愛の塊~』のあらすじ


(C)スタジオ金魚色
恋人だったリカを亡くし、失意の中にいる32歳の男、根須幹夫。

周囲から「ネズミ先生」と呼ばれている幹夫は、冴えない毎日を送っていました。

ある日、酔いつぶれてゴミ捨て場で寝ていた女性、ヒロコと出会った幹夫は、友人とも恋人とも言えない、ハッキリしない関係を続けていました。

ある時、幹夫がヒロコを車で送っていると、国家機関による検問に遭遇します。

検問を担当している兵士に、自身の免許証を見せた幹夫は、兵士に麻酔を打たれて拘束されます。

麻酔を打たれ、意識を失った幹夫は、スーパーコンピューターが生み出した空間の中にいました。

スーパーコンピューターが生み出した空間の中で、幹夫は「その空間の中にだけ存在できる」という、ユミと名乗る少女と出会います。

ユミに「電源が入ると、もうすぐあなたは目を覚ます」と言われた幹夫が目覚めると、青いマウス型のサイボーグ「マウスマン」になっていました。

国家機関により改造されてしまった幹夫はマウスマンとして、未知の侵略者との戦いに巻き込まれていきます。

マウスマンは複数の個体を持ち、バックアップした記憶を個体に入れる事で、蘇生するサイボーグです。

戦いの中で、何度も死を経験したマウスマンは、次第に心が蝕まれていき、やがて戦いの中で、ヒロコやリカとの、時空を超えた「愛の記憶」が錯綜するようになります。

「マウスマン」に改造された幹夫は、苦しみの果てに何を見るのでしょうか?

また、マウスマンと未知の侵略者との戦いの末に、辿り着く真実とは?

スポンサーリンク

映画『マウスマン~愛の塊~』感想と評価


(C)スタジオ金魚色
2016年~2018年にかけて制作された「マウスマン」シリーズ。

これまで短編を含めて、計70本が制作されている「マウスマン」シリーズは、2018年の『ピリオド オブ・ザ マウスマン』で完結しました。

ですが「マウスマン」シリーズの生みの親、ピエール伊東監督の「もっと描きたいことが、マウスマンにはたくさんある」という想いから、新たな「マウスマン」シリーズがスタートしました。

映画『マウスマン~愛の塊~』は、新章マウスマンシリーズとして制作された『マウスマン/ゼロ』に続く第2弾となる作品ですが、「マウスマン」シリーズの予備知識なしでも、楽しめる作品となっています。

また、マウスマンは、青いマウス型のユニークな見た目である事から、コミカルな作風を想像される人もいるかもしれませんが、本作はかなりシリアスな物語となっています。

まず、世界を守る為に戦う人造人間、マウスマンの能力ですが、敵を引き付けて自爆するという戦い方です。

しかし体を失っても、バックアップされた記憶を新たな個体に入れる事で、マウスマンは復活します。

復活しますが、死ぬ事への恐怖は覚えている為、侵略者と戦う度に、マウスマンは相手と自分を殺す事になり、その恐怖に心が蝕まれています。

つまりマウスマンは、何度でも蘇る事ができますが、それは相手を殺し、自分も死ぬ事が前提になっているのです。

精神的にボロボロになりながらも、絶望的な戦いを強制させられているマウスマンですが、弱音を吐く事はあれ、逃げ出す事はありません。

そこには「世界を守る」という使命より「愛する人を守る」という、マウスマンの意思を感じます。

そして、この「愛する人」という部分は、本作の重要なテーマとなっています。

『マウスマン~愛の塊~』は、3幕構成となっており「現在」「過去」「真実」とも言える、3つのカテゴリーで物語が進みます。

そして、幹夫とヒロコとリカ、それぞれのエピソードで「恋と愛と共依存」というテーマを描いています。

「愛する人」という表現を用いましたが、では「愛する人」の基準とは何なのでしょうか?

それが仮に、寂しさを埋め合わせる為だけの、依存しあう関係だとしたら、果たしてそれは愛なのでしょうか?

本作は「愛する人」の基準を問いかけ、1つの答えを出します。

また「愛の塊」というサブタイトルは、本作において重要な意味を持っていますので、そちらにも是非注目して下さい。

まとめ


(C)スタジオ金魚色
『マウスマン~愛の塊~』は、クラウドファンディングで制作資金を募り、インターネットでスタッフやキャストを集め、ネット上での会議や、制作スキームによって作られた、完全自主制作アニメです。

自主制作アニメの為、作画のクオリティが正直厳しいと感じる部分もありますが、マウスマンの飲むウィスキーの液体の動きなど、ハードボイルドな世界観を引き立てる為の映像には、かなり力が入っています。

マウスマンは見た目は個性的ですが、ピエール伊東監督の「カッコいい大人のイメージ」を、最大限に詰め込んだキャラクターとなっています。

3幕構成で語られる「恋と愛と共依存」というテーマの他、「何故、根須幹夫がマウスマンに選ばれたのか?」「侵略者の正体」などの謎の部分が、物語を牽引しています。

かなり練られた構成になっており、これまで「マウスマン」シリーズを知らなかった人でも楽しめる内容になっています。

新たに生まれ変わったマウスマンの活躍を描く、映画『マウスマン~愛の塊~』。

この機会に「マウスマン」の世界を堪能してみてはいかがでしょうか?

映画『マウスマン~愛の塊~』は、2020年9月25日(金)よりシネ・リーブル池袋にて公開です。

関連記事

アニメ映画

映画『ズートピア』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

お正月、あなたの今年の抱負や夢は何でしょうか。今回はカワイイ動物たちが活躍する『ズートピア』をご紹介します。 すでに多くの人が観た作品かもしれませんが、今一度深く考察をしてみたい映画なのでピックアップ …

アニメ映画

『劇場版ハイスクールフリート』ネタバレあらすじと評価・感想。“晴風”が直面する新たな危機とは⁈

満を持して、新生「晴風」出港! 仲間と一緒なら、どんな危機(ピンチ)も乗り越えられる。 圧巻の海上戦と重厚な艦船描写、そして海に生きる少女たちの青春を描き人気を博したアニメ『ハイスクール・フリート』が …

アニメ映画

崖の上のポニョ|あらすじネタバレと感想!ラスト考察キスの真相は

“生まれてきてよかった”や“子どもの頃の約束は、永遠に忘れない”などのキャッチコピーで、2008年に公開された宮崎駿監督の劇場アニメ『崖の上のポニョ』。 海沿いの街を舞台に人間になりたいことを願った魚 …

アニメ映画

映画『ペット2』あらすじネタバレと感想。スノーボールが活躍の続編テーマは大人への皮肉な社会風刺!?

映画『ペット2』は2019年7月26日ロードショー! イルミネーション・エンターテインメントが手がけ、飼い主がいない間のペットたちが巻き起こす騒動を描いた人気アニメ映画「ペット」シリーズ。 ニューヨー …

アニメ映画

映画『GODZILLA 星を喰う者』ネタバレ感想。ゴジラアニメの結末は⁈

ゴジラに対し打つ手が無くなった人類…。 絶望に打ちひしがれる人類の前に『星を喰らう者』ギドラが襲来します。 絶望すらかき消す終焉に地球の命運はどうなるのか? アニメ版ゴジラ三部作最終章となる『GODZ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP