Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2022/08/06
Update

深田晃司監督が講師を務める「デフアクターズ・コース2022」を開催。日本初の表現者育成講座の対象はろう者・難聴者の方へ

  • Writer :
  • 星野しげみ

深田晃司監督のろう者・難聴者を対象にした「デフアクターズ・コース2022」が開催!

映画『コーダ あいのうた』(2021)や『エターナルズ』(2021)、『サウンド・オブ・メタル~聞こえるということ~』(2019)など、ろう者・難聴者の当事者俳優による演技の評価が高まっています。

ろう者・難聴者の表現者育成の場を提供する「育成×手話×芸術プロジェクト」は、演技を学ぶ場が少ないと以前から日本国内で課題とされてきたろう者・難聴者の俳優志望者を対象に、映画美学校アクターズ・コースの協力のもと「デフアクターズ ・コース2022」を開講します

深田晃司監督、ろう者の実演家たちほか映像、各分野で活躍する聴者とろう者が講師となり、2022年10月4日(火)~11月18日(金)にろう者・難聴者を対象にした2ヶ月にわたる実践的な講座です。

開催の詳細や深田晃司(映画監督)と企画・牧原依里(映画作家)からのコメントをご紹介します。

スポンサーリンク

「デフアクターズ ・コース2022」とは

映画美学校アクターズ・コースの協力のもと、2022年10月4日(火)~11月18日(金)にて「デフアクターズ ・コース2022」が開催されます。

対象は、演技を学ぶ場が少ないと以前から日本国内で課題とされてきたろう者・難聴者の俳優志望者。“日本初”となるろう者・難聴者を対象にした全20回の集中講座です。

ろう者・難聴者を対象にした2ヶ月にわたる実践的な講座は日本初となり、授業は手話で進行。

映像、舞台など多様なメディアでの演技の技術と知識を育成するとともに、ろう者・難聴者ならではの演技表現をみんなで議論しながら共有していくことも目標の一つとしています。

講師には、各分野の第一線で活躍する聴者とろう者が参加。

第79回ヴェネィア国際映画祭コンペティション部門選出・2022年全国公開『LOVE LIFE』(ろう者俳優・砂田アトム出演)の深田晃司監督をはじめ、青年団で活躍する近藤強や兵藤公美が聴者講師を務めます。

ろう者講師は、2019年全国公開『虹色の朝が来るまで』の今井ミカ監督、日本ろう者劇団公演、NHK Eテレ「みんなの手話」スキット出演など俳優として活躍する今井彰人らが務めます。

「デフアクターズ ・コース2022」開催概要

【開催時期】
2022年10月4日(火)~11月18日 (金)(20コマ)
平日19時-21時30分・土曜14時~16時30分
※11月5日(土)のみ19時~21時30分

【開催場所】
トット文化館 (〒141-0033東京都品川区西品川2-2-16)

【受講資格】
ろう者・難聴者(手話で進行します)
18才以上(高校生除く)であり俳優を目指す人であれば学歴、経験の有無は問いません。
※文字の情報保障はつきません。予めご了承ください。必要な方は事前にご相談ください。

【申込締切】
2022年9月16日(金)23:59

【選考方法】
2022年9月19日(月・祝)面接実施

【定員】
10名程度/参加費:7万円

【講師】
近藤強(俳優・青年団所属)兵藤公美(俳優・青年団所属)深田晃司(映画監督)今井彰人(俳優・映画監督)今井ミカ(映画監督)雫境(舞踏家)江副悟史(俳優)

【主催】
文化庁/社会福祉法人トット基金
※令和4年度障害者等による文化芸術活動推進事業 国際芸術祭実施に向けてのろう者の芸術活動推進事業2022(副題:育成×手話×芸術プロジェクト2022)

【企画運営】
社会福祉法人トット基金
協力:映画美学校アクターズ・コース

【育成×手話×芸術プロジェクトについて】
ろう者・難聴者の表現者、その表現活動に関心を有する方々に多様な学びの場を提供し、スキルアップに重点をおいた育成事業をろう当事者が中心となって企画・展開している。社会福祉法人トット基金が2018年度より文化庁受託。

【関係リンク】
公式サイト:https://www.tsa-deaf.com/
特設ページ:https://www.tsa-deaf.com/deafactors2022

スポンサーリンク

講師・深田晃司(映画監督)からのコメント

表現とは「私にとっての世界」を他者に向けてフィードバックすることだと思います。その小さな積み重ねによって世界は少しづつ相互理解を獲得してきました。だから、誰もが当たり前のように表現の当事者になれることはとても切実で大切なことです。
残念ながら、これまでその「当たり前」は映画の世界では実現していませんでした。「ろう者の役はろう者が演じる」。これからはそれが当たり前の社会になっていくでしょう。デフアクターズ・コースはそのための重要な、何よりとても楽しい第一歩となるはずです。

企画・牧原依里(映画作家/東京国際ろう映画祭代表)

これまでろう者と聴者が協働して、ろう者・難聴者が持つ表現力に注目する長期的な講座はありませんでした。本講座では、俳優としての「演技」とともに、ろう者・難聴者が「自身の身体性」を知覚して「手話での演技」をブラッシュアップできるようにしたいと思っています。そして、ろう者・難聴者ならではの演技表現をみんなで議論しながら共有していくことも目標の一つとしています。本講座が、芸術の各分野とろう者・難聴者俳優をつなぐキャスティングの架け橋となり、ろう者・難聴者からみたこの世界が映画や舞台により反映されるための後押しになることを願っています。

スポンサーリンク

まとめ

第94回アカデミー賞3部門受賞『コーダ あいのうた』(2021)をはじめとして、今世界で注目が集まる「ろう者・難聴者の俳優」たち。

これまで映像・映画の分野でなかなか出演の機会を得ることができないできたろう者の方にとって、大切な一歩となる日本初のろう者・難聴者を対象にした全20回の集中講座が待望の開催となりました。

本講座の講師として、深田晃司監督を始め、ろう者の実演家たちほか映像、各分野で活躍する聴者とろう者が揃いました。

映画美学校アクターズ・コースの協力のもと、「デフアクターズ ・コース2022」の講座は、2022年10月4日(火)~11月18日(金)に始まります




関連記事

新作映画ニュース

檀れいや荒俣宏ら著名人から映画感想が到着!『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』30秒予告も公開

究極の美と権力に秘められた名画ミステリー 2019年4月19日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで全国公開される映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』。 本作は、ナ …

新作映画ニュース

映画『愛国者に気をつけろ!鈴木邦男』劇場公開日は2020年2月。異色の政治活動家の素顔に迫る

異色の政治活動家、鈴木邦男の知られざる顔とは―― ©️オンファロスピクチャーズ 型破りの右翼活動家・鈴木邦男に密着したドキュメンタリー映画『愛国者に気をつけろ!鈴木邦男』が、ポレポレ東中 …

新作映画ニュース

いつ上映?話題の映画『ミセス・ノイズィ』の劇場公開日は2020年12月4日!小説版の販売も決定

北米最大の映画祭JAPAN CUTSにて観客賞を受賞。 この度、公開が延期となっていた、​映画『ミセス・ノイズィ』(天野千尋監督、出演:篠原ゆき子、大高洋子、新津ちせ ほか)​の新たな​公開日が決定​ …

新作映画ニュース

【Cinemarcheインターンシップ募集】“映画との出会い”を演出する職場体験をはじめよう

Cinemarche編集部インターンシップ募集のお知らせ Cinemarche編集部では、映画に関する学業に従事する、或いは映画に対し強い興味・関心を抱いている専門学校生・大学生のインターンを募集して …

新作映画ニュース

タイBL映画『2gether THE MOVIE』あらすじ/キャスト/日本版予告編動画/上映館。ドラマ版に撮り下ろし胸キュンシーンも加えた完全版が劇場公開!

大ブームを巻き起こしているタイドラマの最高峰がついに映画化。 シリーズ累計での総視聴回数が8億2100万回を突破するタイ発の恋愛ドラマ「2gether the series」(トゥゲザー ザ・シリーズ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学