Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/12/12
Update

映画『リヴァプール、最後の恋』あらすじとキャスト。感動の実話ラブストーリー

  • Writer :
  • 中村綾子

イギリスの俳優ピーター・ターナーが1987年に発表した同名の回顧録を映画化した『Film Stars Don’t Die in Liverpool』。

日本公開に向けて邦題を『リヴァプール、最後の恋』として2019年3月30日(土)より新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほかで全国ロードショー!

© 2017 DANJAQ, LLC. All Rights Reserved.

1981年、乳がんのために57歳の若さで亡くなったアカデミー賞女優グロリア・グレアム。

映画から舞台に活躍の場を移した彼女と、駆け出しのイギリス人若手舞台俳優ピーター・ターナーとの最後の恋を中心に描いた回顧録を、ドラマ「SHERLOCK」シリーズ、『ラッキーナンバー7』のポール・マクギガン監督が映画化しました。

『Film Stars Don’t Die in Liverpool(原題)』を『リヴァプール、最後の恋』とし、2019年3月30日より全国ロードショーが決まり、そのポスタービジュアルが解禁されました。

スポンサーリンク

映画『リヴァプール、最後の恋』のポスタービジュアル解禁


© 2017 DANJAQ, LLC. All Rights Reserved.

今回解禁となったポスタービジュアルは、スポットライトにあたること・女優であることに最後までこだわるグロリアとその彼女に寄り添い続けるピーターの姿をピックアップしています。

「美しく生きた。美しく演じた。」というコピーでは、自らの意思を貫いたグロリアの、女性として、また女優としての潔さや強さを表現しています。

柔らかい光の中で額を寄せ合う2人でも、その表情は全く違います。

まるで子供をたしなめるようなグロリアと、愛しい人を思い顔を寄せるピーター。

胸を締め付ける切なさとあたたかさが同居するビジュアルとなっています。

映画『リヴァプール、最後の恋』とは

『素晴らしき哉、人生!』(1946)で映画デビューし、『悪人と美女』(1952)でアカデミー賞助演女優賞に輝いた往年の大女優グロリア・グレアム(1923-1981)。

1950年代ハリウッドで活躍し、4度の結婚歴もある自由奔放な彼女と、駆け出しの若手舞台俳優ピーターの最後の恋を中心に描かれています。

往年の大女優グロリアに『キッズ・オールライト』『20センチュリー・ウーマン』の実力派女優アネット・ベニング。

ピーターは『リトル・ダンサー』『スノーピアサー』で知られるジェイミー・ベルが演じ、年齢の壁もキャリアの差も超えて2人は深く結びついていきます。

監督には、イギリスの大人気ドラマ「SHERLOCK」の演出でも知られるポール・マクギガン。

「007」シリーズのプロデューサーでもあるバーバラ・ブロッコリが製作を担当しました。

年齢を超えた2人のロマンスに手放しの絶賛

アメリカの各誌は、年齢もキャリアも違う2人の切なくもあたたかい恋を描いた本作品を絶賛しています。

アネット・ベニング、キャリア最高の演技。伝説的なハリウッド女優の苦悩と歓喜をベニングが演じる感動的な伝記映画。(Rolling Stone誌

驚くほど優雅さと優しさに満ちたシーンの数々。WallStreet Journal

アネットも素晴らしいが、最大の驚きはベルかもしれないNewYork Times

娯楽大衆誌だけでなく、経済新聞、日刊新聞もその話題に対して評価をしているのが驚きです。

スポンサーリンク

映画『リヴァプール、最後の恋』作品情報

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Film Stars Don’t Die in Liverpool

【原作】
ピーター・ターナー

【監督】
ポール・マクギガン

【キャスト】
アネット・ベニング 、ジェイミー・ベル、ジュリー・ウォルターズ 、ヴァネッサ・レッドグレイヴ

【作品概要】
イギリスの俳優ピーター・ターナーが1987年に発表した回顧録「Film Stars Don’t Die in Liverpool」を、『ホワイト・ライズ』『ラッキーナンバー7』のポール・マクギガンが映画化。

かつての銀幕の名女優グロリア・グレアムと、ピーター・ターナーがともに過ごした日々を回想していく物語です。

4度の結婚歴のあるオスカー女優グロリア・グレアムには、実力派女優アネット・ベニング。

そのかつての恋人で、回顧録を発表した原作者ピーター・ターナー役を、『リトル・ダンサー』『スノーピアサー』のジェイミー・ベルが演じます。

また、「ハリー・ポッター」シリーズでロンの母親役を好演したジュリー・ウォルターズ、『大統領の執事の涙』『アンコール』のヴァネッサ・レッドグレイヴなど、イギリスを代表する大女優が脇を固めます。

映画『リヴァプール、最後の恋』のあらすじ

1981年9月29日。

かつての恋人グロリア・グレアムがランカスターのホテルで倒れたという知らせが、ピーター・ターナーの元に飛び込んできました。

「リヴァプールに行きたい」そう懇願するグロリアは、実は乳がんを患っていたのですが、治療を受けることを拒んでいました。

そんな彼女に対してターナーは、自分の実家でグロリアを療養させることにしました。

ターナーの家族やリヴァプールを懐かしむグロリアでしたが、ターナーには全く病状を明かしていませんでした。

心配になり主治医と連絡を取ったターナーは、彼女の病状を確かめ、死が近いことを知ります。

そんなターナーは、彼女と楽しく過ごしていた頃を不意に思い出すのでした。

自らの死期を悟っているグロリアが、リヴァプールに拘り続けた理由とは一体…。

スポンサーリンク

まとめ

4度アカデミー賞もノミネートされ、ゴールデングローブ賞では主演女優賞を2度獲得しているアネット・ベニングが演じる、“忘れ去られたスター女優”として往年を過ごしていたグロリア・グレアム。

かつて『リトル・ダンサー』で高評価を得て、英国アカデミー賞主演男優賞を獲得したジェイミー・ベルが演じたピーター・ターナー。

アメリカの各誌絶賛の演技のぶつかり合いはもちろん、2人の切ない恋と心温まる感動のストーリーを劇場で感じてください。

映画『リヴァプール、最後の恋』は2019年3月30日より、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほかで全国ロードショー!

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

中国映画祭「電影2019」にて上映!『失踪、発見』キャストのマー・イーリーも登壇

百花繚乱の魅力を放つ最新中国映画、厳選6本を一挙上映する中国映画祭「電影2019」。今年は東京と大阪での開催となります。 ©2018 Huayi Brothers Pictures Ltd. Easy …

新作映画ニュース

『典座 -TENZO-』カンヌ映画祭にて富田克也監督と僧侶が舞台挨拶に登壇!海外版特報予告も解禁

禅を世界へそして未来へつなぐ渾身の物語。 本日はビーチにて海外メディアや動画撮影などの取材を受けています。#カンヌ映画祭 #Tenzo pic.twitter.com/io823g6aeE &mdas …

新作映画ニュース

映画『ヌンチャクソウル』あらすじとキャスト。11月9日より池袋シネマ・ロサにて限定公開

ソウルミュージックとヌンチャクがコラボレーション!? 異色のダンスエンターテイメント。 2019年の大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門にて上映され、好評を博した映画『ヌンチャクソウル』。 80 …

新作映画ニュース

韓国映画『真犯人』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。予告動画も解禁のミステリー作品が劇場公開!

プチョン国際ファンタスティック映画祭観客賞受賞。 甘美な疑惑に酔いしれる極上のミステリー。 プチョン国際ファンタスティック映画祭で観客賞を受賞した極上のミステリー、原題『진범(英題:THE CULPR …

新作映画ニュース

映画『多日想果(タピオカ)』あらすじ。台湾オーガニックカフェ【atea茶舗】お店情報も

台湾と日本のかけ橋を目指す。 俳優の大門嵩が監督・プロ―デュース・出演を務めた短編映画『多日想果(タピオカ)』が、現在上映会に向けたクラウドファンディングを行っています。 台湾の魅力が詰まった本作につ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP