Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

『Single8』8ミリカメラを片手に自主制作映画に青春をかける高校生たち。小中和哉監督特集の情報と応援コメントも解禁!

  • Writer :
  • 星野しげみ

高校生たちが繰り広げる恋と友情を描いた70年代青春グラフィティ『Single8』が2023年3月18日(土)公開に!!

『Single8』は、映画『ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦』、『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』など、不動の人気を誇る平成ウルトラシリーズを手掛けてきた小中和哉監督の自伝的青春映画


(C)『Single8』製作委員会

このたび、本作の本ビジュアルが解禁となりました。本ビジュアルは、8ミリフィルムの穴をデザインにあしらい、8ミリカメラのシルエットの中で主人公たちがポーズをとる、シンプルながらも抒情的でノスタルジーを感じるビジュアルです。

また、是枝裕和、黒沢清、犬童一心、樋口真嗣、本広克行ほか同時代を生きた映画監督たち、ウルトラマンシリーズ初代ヒロイン桜井浩子からも熱いコメントが続々到着しています。

映画『Single8』は、2023年3月18日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開です。

映画『Single8』とは

1978年『スター・ウォーズ』公開の夏、8ミリ映画作りに夢中になっていた高校生を描いた青春グラフティ。

主人公の広志には、主演映画『許された子どもたち』(2020)で第75回毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞を受賞した注目の新鋭、上村侑。

広志をサポートし共に奔走する友人の喜男と佐々木に、ホリプロ初の男性ダンス&ボーカルグループWATWING(ワトウィン)で活躍する福澤希空と桑山隆太。

広志が密かに思いを寄せ、映画のヒロインを申し出るクラスのマドンナ夏美に、『ベイビーわるきゅーれ』(2021)で話題をさらった髙石あかりと、フレッシュな若手俳優が集結しました。

ほか川久保拓司、北岡龍貴、佐藤友祐(lol-エルオーエル-)、有森也実と小中組と縁のある個性的な面々が名を連ねています。

監督は、平成ウルトラシリーズを手掛けてきた特撮の旗手、映画監督・小中和哉。「8ミリ映画作りに熱中した青春時代を映画にしたい!」と抱き続けていた自身の念願の企画が実現しました。

映画『Single8』の作品情報

【公開】
2023年(日本映画)

【監督・脚本】
小中和哉

【音楽】
宮﨑道

【製作】
小中明子(Bear Brothers) 山口幸彦(キングレコード) 関顕嗣(ふればり)

【撮影監督】
藍河兼一

【キャスト】
上村侑、髙石あかり、福澤希空(WATWING)、桑山隆太(WATWING)、川久保拓司、北岡龍貴、佐藤友祐(lol)、有森也実

映画『Single8』への応援コメント

是枝裕和、黒沢清、犬童一心、樋口真嗣、本広克行ほか同時代を生きた映画監督たち、ウルトラマンシリーズ初代ヒロイン桜井浩子から 熱いコメントが続々到着しました。(敬称略・順不同)

是枝裕和(映画監督)
なんだかとても幸せな気持ちになりました。
僕のように8ミリにはあまり触れてこなかった人間にとっても記憶の中にあるはずのない映画作りを追体験していくような、不思議なワクワク感に満ちていました。そこに感じたのが単純なノスタルジーではなかったのは、小中さんの中に自らの原点をもう一度確かめたいという強い前向きな動機があったからではないかと勝手に想像して嬉しくなりました。

黒沢清(映画監督)
ああ、懐かしい。撮ってるときは何が写っているのかさっぱりわからないのが8㎜自主映画だった。だから、出来上がった作品はいつも予想もしないものになる。あれがスタートだった。

犬童一心(映画監督)
私も、78年の夏、初めての映画を作っていました。8ミリカメラを握りしめたときの熱い気持ち暑い夏を思い出し、もうどうして良いやら胸が張り裂けそうです。 10代の終わり、二度と戻れない夏をフィルムに閉じ込めることができた幸福な野郎どもに心から拍手。8ミリカメラは強く握りしめることができたから祈りを込めて作れたんだな。

手塚眞(ヴィジュアリスト/映画監督)
シングル8は魔法のランプだった。それに触ればなんでもできると思っていた高校時代。学校は文字通り、映画作りの宇宙だった。映画研究部のあの狭く汚い部室で、後輩だった小中監督やヒロインたちと過ごしたあの日々。等身大の8ミリ少年たちの青春群像は、甘く酸っぱく、ちょっと照れ臭く、しかし現代の映画少年たちも同じような夢を持ってくれればいいと、この優しい映画が未来を繋いでくれることを期待します。

河崎実(映画監督)
学生時代8ミリ映画を同時期に作っていた同志である小中監督は、わたし同様40年以上同じことをやり続けている。お互いプロになって映画の規模は大きくなっても、この初期衝動の熱さはなにも変わらないのだ。改めてフィルムっていい、青春ていい。わたしも自伝的映画作りたくなったよ。だってフィルムがたくさんあるんだもん。

桜井浩子(女優/コーディネーター)
成る程!小中さんのルーツが分かりました。つまり映画創りに魅せられて現在に至っているって事ですネ! その初めの一歩の息吹を感じさせてくれる貴重な作品でした。穏やかな作風の中に迸る熱情、気を衒わずに淡々と進んでゆくストーリー、良かったです♪ ん?コレって何処かで感じた様な、、、ワッ!飯島監督のテイストだ!

樋口真嗣(映画監督)
忘れていた匂い。
現像したフィルムの入った紙箱を開ける瞬間に溢れ出る——。中で緩まないようにリールに詰め込まれたウレタンのブロック——。
電源を入れると沸き上がる、コンデンサに負荷がかかり材質が気化して、ハロゲン球に積もった埃の焦げるような——。波のようにどんどん押し寄せてくる匂いたちよ。
あの日々を生きていた何者でもなかった自分たち。そんなもの作ったところで何か変わるなんて保証もなく、それでも説明出来ない何かに突き動かされていたあの日々。そいつは甘いけれど、とても苦い。
ちくしょう。還暦前なのに。あの日々の思い出に浸れる甘美な幸せなんかまだ知りたくなかったのに。

蜂須賀健太郎(映画監督)
『Single8』、素敵な青春映画でした。僕も8ミリ映画出身だから、とても共感するところがありました。高校生の熱き自主映画作りを描いたこの作品は、時代を超える普遍性も持っているのだと思います。70年代のノスタルジーはもちろん、モノ作りを通した仲間たちとの成長を軸にしたことで、現代の青春映画としても、楽しむことができるような気がしました。特に出演している若い俳優さんたちが魅力的、ナチュラルな演技で、テンポよく、最後まで「小中ワールド」にどんどんと引き込まれてしまいました。
世代を超えて、多くのみなさまに観ていただきたい映画です。

本広克行(演出/映画監督)
僕が映画学校で学んでいた頃に『星空のむこうの国』(1985)を観た。当時は同世代で自主映画を作る人間として作品の完成度にとても感動し落ち込んだ。どうやったこんな作品が作れるのかを知りたかった。そして、2023年、映画『Single8』で当時のネタを明かしてくれた。しかもストーリーには、僕が一番好きな80年代青春映画のテイストが入っていて、鑑賞後には感動して、また落ち込んだ。ラストシーンの考察などいろいろ知りたくてすぐに、クラウドファンドに入って監督のカット割台本を入手して分析していたら、なんとエンドロールに自分の名前を入れてもらえるとは、スクリーンで観に行きたい! いくつになっても映画ファンになれる作品です。

上田慎一郎(映画監督)
映画好き男子高校生が文化祭のクラス展で映画を作る!と言い出し想い寄せる女子にヒロインを頼み…って俺の話やん!って刺さりまくってたら監督のほぼ実話との事。世代を超えた共通体験に感慨。映画作りの醍醐味が詰まってた。映画づくり映画の新たなマスターピース。

金田龍(映画監督)
8ミリ映画はかつて「小型映画」と呼ばれていた。この映画は無限の宇宙空間に小型宇宙船で挑む少年たちの物語りだ。
小中さんと同世代の自分も8ミリに出会った頃の初恋のような切なさに動かされました。70年代の回想録ではなく、今を生きる少年少女たちにこそ観てほしい映画です。8ミリフィルムの優しい手触りに小中さんの宇宙が詰まっていました。

映画『Single8』公開記念・小中和哉監督特集について

映画『Single8』公開を記念して、横浜の映画館シネマノヴェチェントで、小中和哉監督の自薦5作品を8日間にわたって特集上映することが決定しました。

オリジナル版とリメイク版、初の同時上映となる『星空の向こうの国』、ウルトラシリーズの劇場版代表作『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』と『ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦』、兄で脚本家の小中千昭とタッグを組んだ『VAMP』の計5作品を上映します。

【上映作品】
★『星空のむこうの国』(1986年/16ミリ/カラー&モノクロ/76分)
★『星空の向こうの国』(2021年/BD/カラー/93分)
★『ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦』(1999年/35ミリ/カラー/75分)
★『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』(2006年/35ミリ/カラー/93分)
★『VAMP』(2019年/BD/カラー/86分)

※上映期間中の週末には小中監督の他、『星空の向こうの国』が初主演作品となり、『Single8』では主人公・広志の母親役を好演した有森也実など、上映作品のゲストを迎えてのトークイベントを開催します。

【開催期間】
2月19日(日)~2月26日(日)
 
【会場】
シネマノヴェチェント(横浜市西区中央2-1-8 岩崎ビル2F)

シネマノヴェチェント「小中和哉監督特集」ページはコチラ→

まとめ

平成ウルトラシリーズを手掛けてきた小中和哉監督の自伝的青春映画『Single8』が、2023年3月18日(土) よりユーロスペースほか全国順次公開されます。

1978年夏、公開されたばかりの『スター・ウォーズ』を観て大興奮の高校生・広志。自分も巨大な宇宙船を撮りたいと8ミリカメラを手にします。広志の映画作りへの熱い思いがクラスメイトたちを巻き込み、忘れらない夏休みの撮影が始まります。

映画の中には、小中和哉監督が映画にしたいと言っていた‟自身の映画に熱中した青春時代”が映し出されます。

高校生が映画にかける青春映画の公開をどうぞお楽しみに!




関連記事

新作映画ニュース

韓国映画『SEOBOK/ソボク』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。予告動画でコン・ユ×パクボゴムのSFエンタメを見る!

韓国でNO.1大ヒットスタート! コン・ユ×パク・ボゴムが贈るSFエンターテインメント。 人類に永遠の命をもたらすクローン・ソボク。彼を奪い合う争いの中、唯一、人として接し守り続ける男がいました。互い …

新作映画ニュース

タイ人気BLドラマ続編が独占配信見放題でチーム・ハンサムのライブも見られる!U-NEXTが無償でプログラミング教育を提供するプロジェクトに協賛

日本発のエンタメ配信サイトU-NEXTにて、待望のタイBL続編『Together with me:The Next Chapter』が、2021年3月19日より独占配信スタートしました。 (C)TV …

新作映画ニュース

『典座-TENZO-』あらすじと映画監督 富田克也のプロフィール。曹洞宗青年会の3.11以降の仏教と信仰の意味を問う

2019年・秋に公開予定 富田克也監督の映画『典座-TENZO-』 曹洞宗の開祖・道元が遺した『典座教訓』を軸に、3.11以降の仏教と信仰の意義の探求を試みた富田克也監督の映画『典座-TENZO-』。 …

新作映画ニュース

【劇場招待券プレゼント】映画『オーファンズ・ブルース』抽選で10名様にプレゼント!

映画『オーファンズ・ブルース』は2019年5月31日(金)よりテアトル新宿を皮切りに全国順次公開 工藤梨穂監督が2018年に自身の卒業制作として撮り、数々の映画祭にて賞を獲得した映画『オーファンズ・ブ …

新作映画ニュース

映画『ブータン 山の教室』あらすじ/日本公開日/上映館/特報予告動画。感動作の舞台は幸せな国の秘境!

ヒマラヤ山脈、標高4800メートルにある秘境ルナナ村。 学びたい子どもたちが、先生の到着を待っていた。 ヒマラヤ山脈、標高4800メートルにある秘境ルナナ村に響くブータン民謡。 都会から来た若い先生と …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学