Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020はオンライン配信!コンペティション部門のみ実施も充実の内容で開催

  • Writer :
  • 石井夏子

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020
オンライン開催決定のお知らせ。

2004年より埼玉県川口市で開催されてきた「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」。

(c)SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019

17回目となる「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020」は、新型コロナウイルス感染拡大防止および来場者、関係者の皆様の安全確保を第一に考慮し、オンライン配信による開催に決定しました。

会期は当初の予定通り、2020年9月26日(土)~10月4日(日)の9日間で開催され、プログラムは例年よりも縮小して、コンペティション部門(国際コンペティション、国内コンペティション長編部門、国内コンペティション短編部門)のみ実施となります。

スポンサーリンク

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020(第17回)開催概要

参考動画:SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019 クロージング・セレモニー

【会期】
2020年9月26日(土)〜10月4日(日) 9日間

【上映方法】
オンライン配信 (視聴方法など詳細は後日発表)

【開催部門】
国際コンペティション、国内コンペティション(長編部門)、国内コンペティション(短編部門) (詳細後日発表)

【主催】
埼玉県、川口市、SKIP シティ国際映画祭実行委員会、特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会

詳細につきましてはSKIPシティ国際Dシネマ映画祭公式サイトをご覧ください。

土川勉ディレクターのコメント

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭のディレクター、土川勉氏は、オンラインでの開催に踏みきった思いを以下のように語っています。

本来、本映画祭はノミネート作品の作家たちに映画に込めた熱い思いを語ってもらい、それに対する観客の率直な感想を作家に伝え、また審査員からプロとしての作品に対する講評をもらうという、スクリーンを通して映画への濃密な体験を共有してもらう場であると考えています。また同時に本映画祭は国内外の若き映像作家たちの才能を発掘する場であり、その後の育成を後押しすることをもう一つの使命としています。
今年は全世界的な未曽有の新型コロナウイルス禍により、開催を延期、または中止の選択を余儀なくされる映画祭も多く、若きクリエイターたちが作品を発表できる機会がどんどん減っています。
しかしSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020はこのような状況の中で、コロナ禍の影響を最大限受けないで発表できる場として、配信による映画祭の開催を選びました。
配信による本映画祭は17回目にして初めての試みですので、毎年来場していただいている皆様や関係者の皆様には温かいご支援、ご声援の程よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

まとめ

参考動画:SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019CM

本映画祭は、“若手映像クリエイターの登竜門”として、映画界の未来を担う新たな才能の発掘を目的に2004年より毎年開催してきました。

第一回開催の2004年当初から、現在では映画製作の主流となったデジタルで撮影・制作された作品のみにフォーカスした国際コンペティション映画祭です。

世界中から、エンターテインメント性と新たな表現の可能性を感じる作品を公募し、次代を担うクリエイターを発掘することにより、新たな映像産業の発展に寄与することを目的に、毎年開催しています。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭のコンペティションでは、「次代を担う新たな才能の発掘・育成」を主たる目的としています。

オンライン配信となっても、その方針を維持し、充実した内容でお届けできるよう開催するとのことで、期待が高まりますね。

オンライン配信の視聴方法、上映作品などの詳細は、8月下旬頃の発表を予定されています。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020は、2020年9月26日(土)から10月4日(日)までの9日間で開催です。

【連載コラム】『2019SKIPシティ映画祭』記事一覧はこちら

関連記事

新作映画ニュース

映画『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』あらすじとキャスト。女優殺害事件をインタビューから紐解く!

カルト教団マンソン・ファミリーによる斬殺事件から50年、 女優シャロン・テートの最後の日々を描いた衝撃作! 映画『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』が2019年8月30日(金)よりヒューマン …

新作映画ニュース

映画『空母いぶき』キャストに本田翼、斉藤由貴、中井貴一、深川麻衣。オリジナルキャラで出演!

「沈黙の艦隊」「ジパング」のかわぐちかいじ氏による累計400万部突破のベストセラーコミックを映画化。 西島秀俊、佐々木蔵之介、高島政宏、玉木宏、藤竜也、佐藤浩市といった日本映画界を牽引する超重厚キャス …

新作映画ニュース

【2019年10月11日〜12日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 すこしだけツウ好みな映画WEBマガジン「Cinemarche」 映画『WELCOME TO JAPAN 日の丸ランチボックス』主演の藤田恵名さん(C)Cinemarche 映画 …

新作映画ニュース

『アクアマン』4DX映画体験リポートと上映情報。ジェイソン・モモアの筋肉に酔いしれながら飛び散る水しぶきを体感!

全世界4DXムーブメントを巻き起こした⼤作映画『アクアマン』が、ついに⽇本公開! あなたの想像を超える4DXオリジナル効果炸裂! 映画『アクアマン』4DXは2019年2⽉8⽇(⾦)より、4DX上映スタ …

新作映画ニュース

映画『花と雨』あらすじ。キャストの笠松将がSEEDAの分身を演じる【東京国際映画祭スプラッシュ部門出品】

笠松将主演で日本のHip Hop界の寵児・SEEDAの歴史的名盤を映像化。 日本のHip Hop界で歴史的名盤と言われるSEEDAのアルバム「花と雨」を原案とし、新進俳優、笠松将が主演を務める映画『花 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP