Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/09/01
Update

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020全配信ラインナップ発表!動画サイト「シネマディスカバリーズ」にて開催

  • Writer :
  • 石井夏子

全ラインナップ発表!!2020年はオンライン!

2004年に埼玉県川口市で始まった「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」は、国際コンペティション、国内コンペティション(長編部門、短編部門)で構成されるコンペティション上映を中心にした“若手映像クリエイターの登竜門”として毎年開催を重ねてきました。

これまでに、『凪待ち』の白石和彌監督、『浅田家!』の中野量太監督、『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督、『岬の兄妹』の片山慎三監督など、トップランナーとして日本映画界をけん引する監督や、新作を心待ちにされる監督たちを多数輩出。

17回目を迎える2020年は、新型コロナウイルス感染拡大防止および来場者、関係者の皆様の安全確保を第一に考慮し、「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020」を9月26日(土)~10日4日(日)の9日間、動画配信サイト「シネマディスカバリーズ」でのオンライン配信で開催されます。

つきましては、国際コンペティション、国内コンペティションのノミネート作品全ラインナップが発表となりました。

スポンサーリンク

国際コンペティション10作品

画像:カトリン・ゲッベ監督作『ペリカン・ブラッド』

(C)2019 Junafilm/Miramar Film, SWR & ARTE

今年の「国際コンペティション」は10作品がノミネート。海外作品はすべて日本初上映となります。

2019年のヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ部門のオープニングを飾り、「母性」についての深い考察を『東ベルリンから来た女』のニーナ・ホスが鬼気迫る演技で演じきった傑作心理ホラー『ペリカン・ブラッド』

「マトリックス」のエージェント・スミスや「ロード・オブ・ザ・リング」のエルロンド役で知られるヒューゴ・ウィーヴィングが主演を務め、南スーダン内戦をテーマに異なる立場から戦争と対峙する二人の男が育む友情を描くオーストラリア映画『南スーダンの闇と光』

監督自身の闘病経験を元に、事実婚の男女が突然直面した試練と希望を描く『願い』では、「マイティ・ソー」シリーズなどでハリウッドでも活躍する、スウェーデンを代表する名優ステラン・スカルスガルドが妻の突然の末期ガン告知に向き合う夫を演じているなど、豪華キャストに注目。

画像:ルイ・ウォレカン監督作『リル・バック/メンフィスの白鳥』

そして今年は初めてドキュメンタリー作品が2本ノミネート!

ひとつは、2017年のユニクロのCMでも話題となったダンサー、リル・バックの半生を追いかけた『リル・バック/メンフィスの白鳥』

もうひとつは、世界的に著名な戦場カメラマン、ヤン・グラルップとともにイラクのモスルに赴き、イラク軍と ISIS(イスラム国)の紛争を映像に収め、一方でシングル・ファーザーとして子育てに奮闘する彼の人間性に迫る『戦場カメラマン ヤン・グラルップの記録』

それぞれ全く異なる環境の中で自身の生き方と使命を模索する2人の人物を通じて、世界の広さと複雑さを感じられる力強いドキュメンタリーとなっています。

画像:アナトール・シュースター監督『シュテルン、過激な90歳』

(C)Adrian Campean A+A Produktion.

さらに、ロシアの片田舎で暴力の恐怖とそれに抗う手段としての“芸術の力”を描くヒューマンドラマ『ザ・ペンシル』、『変態ピエロ』のブルーノ・メルル監督が『おかえり、ブルゴーニュへ』のピオ・マルマイとタッグを組み、一風変わった家族を描いたシュールなフレンチ・コメディ『フェリチタ!』

ホロコーストを生き延びながら、今は自ら命を絶とうと試みる90歳のおばあさんの物語『シュテルン、過激な90歳』、負け犬たちが再起を賭けて闘志を燃やす姿に笑い、涙させられる、北欧テイスト満載のシニカル・コメディ『カムバック』

そして日本作品からは、SNSの承認欲求や歪んだフェティシズムを孤独な男女の緻密なラブ・ストーリーとして描きながら、人間の性(さが)をえぐり出す心理サスペンス『写真の女』など、ジャンルもテーマもバラエティ豊かなラインナップとなりました。

上映作品は最終審査を経て、10月4日(日)にグランプリをはじめ各賞を発表します。

国際コンペティション10作品

画像:串田壮史監督作『写真の女』

(C)ピラミッドフィルム

『カムバック』
パトリック・エークルンド監督/スウェーデン

『フェリチタ!』
ブルーノ・メルル監督/フランス

『南スーダンの闇と光』
ベン・ローレンス監督/オーストラリア

願い』
マリア・セーダル監督/ノルウェー、スウェーデン

『リル・バック/メンフィスの白鳥』
ルイ・ウォレカン監督/フランス、アメリカ

『シュテルン、過激な90歳』
アナトール・シュースター監督/ドイツ

『ペリカン・ブラッド』
カトリン・ゲッベ監督/ドイツ、ブルガリア

『ザ・ペンシル』
ナタリア・ナザロワ監督/ロシア

『戦場カメラマン ヤン・グラルップの記録』
ボリス・B・ベアトラム監督/デンマーク、フィンランド

『写真の女』
串田壮史監督/日本

国内コンペティション長編部門

画像:磯部鉄平監督作『コーンフレーク』

(C)belly roll film

今年の国内コンペティション、長編部門には昨年『ミは未来のミ』で本映画祭SKIPシティアワードを受賞した磯部鉄平監督が新作『コーンフレーク』で 3年連続のノミネート。本作では大阪を舞台にずるずると同棲を続けるカップルに訪れた危機を愛おしく映し出します。

さらに、第23回タリン・ブラックナイツ映画祭でグランプリと最優秀音楽賞、今年3月の第15回大阪アジアン映画祭で最優秀男優賞を受賞した、アンシュル・チョウハン監督作『コントラ』も選出。

解離性同一性障害をモチーフに、多重人格のキャラクターをそれぞれ別の俳優が演じる新感覚サスペンス『B/B』、高校時代に感じた“ある感情”を8年経っても忘れられずにいる女性と元同級生の青春ドラマ『あらののはて』、どこか異世界のような過疎の村を舞台に、静かなリズムで「実存」の神秘を問う『雨の方舟』の計5本が選出されました。

国内コンペティション長編部門5作品

画像:アンシュル・チョウハン監督作『コントラ』

(C)2020 KOWATANDA FILMS. ALL RIGHTS RESERVED.

​『あらののはて』
長谷川朋史監督

『B/B』
中濱宏介監督

『コーンフレーク』
磯部鉄平監督

『コントラ』
アンシュル・チョウハン監督

『雨の方舟』
瀬浪歌央監督

スポンサーリンク

国内コンペティション短編部門

画像:若葉竜也監督作『来夢来人』

国内コンペティション短編部門では、9作品がノミネート

『葛城事件』『愛がなんだ』などで注目を集める若手実力派俳優・若葉竜也が監督を務めた『来夢来人』。

『バッシング』の占部房子と『恋人たち』の黒田大輔がどこか不気味さを漂わせる迫真の演技で観客の予想を鮮やかに裏切るサスペンス『つぐない』

「モンスターストライク」や「白猫プロジェクト」のCMで注目された武イリヤ主演で、世界遺産に登録された長崎県・黒島を舞台にした女生徒と教師の淡くせつないラブ・ストーリー『リッちゃん、健ちゃんの夏。』

『ロストパラダイス・イン・トーキョー』の菟田高城、『猿楽町で会いましょう』の石川瑠華らが出演し古い空き家で共同生活を送る不思議なコミュニティに集う人々のドラマ『stay』など個性豊かな俳優陣の出演作に注目です。

さらに是枝裕和監督、篠崎誠監督が指導に当たる早稲田大学基幹理工学部の映像制作実習で制作された『ななめの食卓』、個人の価値が全てデータ化され、誰でも見られる近未来を描く『axandax』、すべてが黒白はっきりしないと気が済まない女の子と、自称・幽霊のおっさんのコントラストをモノクロ映像で魅せる『そして私はパンダやシマウマに色を塗るのだ。』、深夜ラジオがつなぐ大学生の甘酸っぱい青春ストーリー『レイディオ』、“国際交流”のために日系ブラジル人学校を訪れた高校生が直面する現実に真っ向から挑んだ『ムイト・プラゼール』の計9本がノミネートされました。

国内コンペティション短編部門9作品

画像:岸朱夏監督作『ななめの食卓』

​『axandax』
二羽恵太監督

『来夢来人』
若葉竜也監督

『ムイト・プラゼール』
朴正一監督

『つぐない』
宮部一通監督

『レイディオ』
塩野峻平監督

『リッちゃん、健ちゃんの夏。』
大森歩監督

『ななめの食卓』
岸朱夏監督

『stay』
藤田直哉監督

『そして私はパンダやシマウマに色を塗るのだ。』
武田佳倫監督

配信サイト「シネマディスカバリーズ」で全24作品を配信

画像:ベン・ローレンス監督作『南スーダンの闇と光』

(C) 2019 Hearts and Bones Films Pty Ltd, Spectrum Films Pty Ltd, Lemac Films (Australia) Pty Ltd, Create NSW and Screen Australia

今年のコンペティション部門全24作品は、動画配信サイト「シネマディスカバリーズ」で配信されます。

【配信期間】
2020年9月26日(土) 9:00 ~10月4日(日) 23:00

【視聴環境】
WEBブラウザ (PC、タブレット、スマートフォン等)

【視聴料金】
・単品購入プラン (購入後48時間視聴可能):国際コンペティション・国内コンペティション(長編部門) 1作品300円(税込)、国内コンペティション(短編部門)・ 1作品100円(税込)
・SKIPシティ映画祭フリーパス(見放題プラン):1,480円(税込)

【決済方法】
各種クレジットカード

【視聴の手順】
1・シネマディスカバリーズでの会員登録(無料)
2・シネマディスカバリーズ公式サイト内 特設ページより作品の選択
3・視聴プランの選択
4・視聴

シネマディスカバリーズとは?

画像:長谷川朋史監督作『あらののはて』

(C)ルネシネマ

シネマディスカバリーズは、2020年4月より開始した、定額制のキュレーション映画配信サービス。

インディペンデント映画をメインにミニシアター系映画を取り扱いながら、作り手にスポットライトを当てたコンテンツを豊富に揃えています。

詳細はシネマディスカバリーズ公式サイトにて。

スポンサーリンク

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020(第17回)開催概要


【会期】
2020年9月26日(土)〜10月4日(日) 9日間

【上映方法】
オンライン配信 (配信サイト:シネマディスカバリーズ)

【開催部門】
国際コンペティション、国内コンペティション(長編部門)、国内コンペティション(短編部門)

【主催】
埼玉県、川口市、SKIP シティ国際映画祭実行委員会、特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会

詳細につきましてはSKIPシティ国際Dシネマ映画祭公式サイトをご覧ください。

まとめ

画像:中濱宏介監督作『B/B』

(C)中濱宏介

世界中で新型コロナウイルス感染症が猛威を振るい、文化の力が改めて問われる中、映画の未来を担う新たな才能の発掘に引き続き取り組んでいく本映画祭。

17回目となる「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020」は、2020年9月26日(土)~10日4日(日)の9日間、動画配信サイト「シネマディスカバリーズ」でのオンライン配信で開催です。

若手監督の熱量に圧倒される国内コンペディション、厳選10作品がノミネートされた国際コンペティションにご期待ください。


関連記事

新作映画ニュース

【東京フィルメックス2020】開催時期と上映会場情報!東京国際映画祭と連携して第21回を実施

第21回東京フィルメックスの開催についてのお知らせ。 新型コロナウィルス感染拡大の影響が世界中に広がるなか、東京フィルメックスは2020年も映画祭の開催に向けて最良の方法を模索しつつ、準備を進めていま …

新作映画ニュース

『マダムのおかしな晩餐会』の上映館情報と映画冒頭の動画解禁。パリで始まる大人のロマンチック・コメディとは

映画『マダムのおかしな晩餐会』は、2018年11月30日 TOHO シネマズ シャンテほか全国順次公開。 © 2016 / LGM CINEMA – STUDIOCANAL – PM – …

新作映画ニュース

菅田将暉&仲野太賀&YOSHI映画『タロウのバカ』キャストの場面写真公開!大森立嗣監督が青春の光と闇を描き出す

タロウ、エージ、スギオ。 絆で結ばれた3人の青春の光と闇を切り取ったシーン写真6点解禁! 3人の少年の純粋にして過激な疾走を描く、大森監督渾身のオリジナル作品! 『日日是好日』『セトウツミ』『さよなら …

新作映画ニュース

韓国映画『長沙里9.15』あらすじ/キャスト/公開日。朝鮮戦争の実話にミンホやミーガンフォックスが挑む!

歴史の闇に埋もれた死闘を描くミリタリーアクション超大作。 世界を席巻した傑作『友へ チング』のクァク・キョンテク監督。 クァク・キョンテク監督が満を持して朝鮮戦争を描き、本国週末興行収入ランキング初登 …

新作映画ニュース

ジャ・ジャンクー監督来日記者会見レポート。映画最新作『帰れない二人』の製作秘話と市山プロデューサーの受賞について

複雑に絡み合うロマンチックな悲劇『帰れない二人』。 中国の名匠ジャ・ジャンクー監督最新作『帰れない二人』が、2019年9月6日(金)Bunkamuraル・シネマ、新宿武蔵野館にて公開されます。 一組の …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP