Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『アンダードッグ』瀧内公美は妖艶な演技力でシングルマザー明美役を演ず【プロフィールと評価】

  • Writer :
  • YUMIKO

東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」オープニング作品『アンダードッグ』

『銃』『全裸監督』『ホテルローヤル』の武正晴監督が、『百円の恋』以来6年ぶりにボクシングをモチーフに、森山未來、北村匠海、勝地涼をキャストに迎え制作した映画『アンダードッグ』。前・後編の2部で構成された劇場版が2020年11月27日に同日公開されます。

原作・脚本の足立紳をはじめ、多数映画賞を受賞した秀作『百円の恋』の製作チームが再び集結。

主人公の落ちぶれた“通称かませ犬”と呼ばれるボクサーを演じるのは、ダンサーとしても国内外で活躍する演技派俳優・森山未來。ストイックなトレーニングを積み、迫真のボクシングシーンに挑んでいます。

児童養護施設で育った若きボクサー役に若手実力派筆頭の北村匠海、チャラい一方でボクシングに一心に打ち込む崖っぷち芸人のボクサー役に勝地涼。

三人の負け犬らが夢をつかむためにリングで熱き戦いを繰り広げる姿が描かれます。

そのほか、水川あさみ、瀧内公美、冨手麻妙ら実力派女優陣に加え、風間杜夫、柄本明らベテラン勢が豪華共演。

元WBA世界スーパーバンタム級王者の佐藤修、元WBA世界ミドル級王者の竹原慎二、プロボクサーでありトレーナーライセンスも取得しているお笑いトリオ『ロバート』の山本博も出演しています。

この記事ではシングルマザー・明美役の瀧内公美について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『アンダードッグ』の作品情報


(C)2020「アンダードッグ」製作委員会

【上映】
2020年(日本映画)

【監督】
武正晴

【キャスト】
森山未來、北村匠海、勝地涼、瀧内公美、熊谷真実、水川あさみ、冨手麻妙、萩原みのり、二ノ宮隆太郎、風間杜夫、柄本明

【作品情報】

『百円の恋』の監督・武正晴と、原作・脚本の足立紳が再タッグを組んだボクシング映画。

チャンピオンへの夢を諦めきれずにボクシングにしがみつく主人公の〝かませ犬(=アンダードッグ)〟ボクサー・末永晃を、『モテキ』『怒り』の森山未來が演じます。

児童養護施設出身で秘めた過去を持つ若手ボクサー・大村龍太役に人気急上昇中の北村匠海、大物俳優の2世タレントの芸人ボクサー・宮木瞬役に勝地涼。

三者三様の事情を持つボクサーたちの、再起をかけた熱い生き様が描かれます。共演は熊谷真実、水川あさみ、瀧内公美、風間杜夫、柄本明ほか。

映画『アンダードッグ』のあらすじ


(C)2020「アンダードッグ」製作委員会

かつて一度は掴みかけたチャンピオンの夢を諦めきれずにいるプロボクサーの末永晃。

現在も“かませ犬(=アンダードッグ)”としてリングに上がり、ボクシングにしがみつく日々を送っていました。

しかし、息子の太郎に父親としての背中すら見せてやることができないまま、“かませ犬”から“負け犬”に。燃えカスとなった彼は、宿命的な出会いを果たします。

一人は児童養護施設出身で秘密の過去を持つ若き天才ボクサー・大村龍太。

もう一人は面白くないと野次られる芸人ボクサー・宮木瞬。大物俳優の二世タレントで、芸人としても鳴かず飛ばずの宮木は、テレビ企画でボクシングの試合に挑むこととなります。

三者三様の理由を持つ男たちが、再起をかけてリングで拳を交えますが…。

スポンサーリンク

映画『アンダードッグ』明美役は瀧内公美

参考映像:『火口のふたり』(2019)

映画『アンダードッグ』でシングルマザー・明美役を演じる瀧内公美は1989年10月21日生まれ、富山県出身。

2012年に、本格的に女優としての活動を開始しました。

2014年にオーディションで映画『グレイトフルデッド』の主演を射止めます。

『彼女の人生は間違いじゃない』『火口のふたり』などで主演を務め、数々の映画賞を受賞。

そのほか映画『日本で一番悪い奴ら』『21世紀の女の子』『カゾクデッサン』『蒲田前奏曲』、ドラマ『凪のお暇』『恋はつづくよどこまでも』『共演NG』など多数話題作に出演。

2021年には、主演を務める映画『裏アカ』、『由宇子の天秤』の公開が控える人気女優です。

映画『アンダードッグ』明美はどんな役?


(C)2020「アンダードッグ」製作委員会

瀧内公美演じる明美は、謎が多く訳ありのシングルマザー

娘の美紅を抱えて転々とする中で流れ着いたデリヘル店「花園の迷宮』で、森山未來演じる晃と出会います。

落ちぶれたボクサー晃は、夜になると勤務するデリヘル店に向かいます。彼の仕事はオーダーで呼び出された女性たちを、車に乗せて指定のホテルや自宅に送り届けます。

いつものように明美は、娘の美紅を連れての勤務で、常連客の田淵の邸宅に向かいます。身体不自由である田淵の変態的なプレーが終わるまでの間、屋敷の前に停車した車内で晃と美紅は待ちます。

ある日、いつものように田淵に呼び出された明美。その情事の様子に興味をいだいた晃は窓から覗きに行きますが…。

スポンサーリンク

瀧内公美の演技力の評価は

参考映像:『彼女の人生は間違いじゃない』(2017)

様々な映画・ドラマ作品で印象的な演技をみせ、注目が高まっている実力派・瀧内公美。

18歳で富山から上京し、大学で教員免許を取得したものの自分の進みたい道を見つめなおし、卒業後本格的に女優活動をスタートしました。

たった半年後には、オーディションで見事に映画『グレイトフルデッド』の主演に大抜擢され、笹野高史とダブル主演を務めます。

激しい狂気を持つ役を好演したことから、その後もバイオレンス作品に呼ばれることが続いたそうです。

2017年の主演映画『彼女の人生は間違いじゃない』で第42回報知映画賞主演女優賞や第72回毎日映画コンクール主演女優賞にノミネートされ、第27回日本映画プロフェッショナル大賞では新人女優賞、2017年度全国映連賞では女優賞を受賞

2019年、映画『火口のふたり』で柄本佑とダブル主演を務め、第41回ヨコハマ映画祭で最優秀新人賞、第93回キネマ旬報ベスト・テンでは主演女優賞を見事受賞しています。

大人気ドラマ『凪のお暇』では、主人公・凪を追い詰める同僚役を務め、イヤな感じをうまく出しつつ、憎めない魅力あるキャラクターを演じて注目されました。

本作『アンダードッグ』では、厳しい運命を背負うシングルマザーのデリヘル嬢を演じる瀧内公美。彼女が演じる深みある演技に要注目です。

瀧内公美の公式SNSの紹介

残念ながら瀧内公美の公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ


(C)2020「アンダードッグ」製作委員会

『百円の恋』の監督・武正晴と脚本家・足立紳の最強タッグによる熱きボクシング映画『アンダードッグ』。

ダンサーとしても活躍する高い身体能力を備えた演技派・森山未來と、若手実力派・北村匠海、様々な役を演じてきた勝地涼が、再起をかけ3つ巴で戦う男たちを熱く演じます。

数々の映画作品で主演映画賞を受賞してきた実力派女優・瀧内公美が、シングルマザーの訳ありデリヘル嬢を印象的に演じます。

熊谷真実、水川あさみ、風間杜夫、柄本明ら豪華俳優陣派が共演。

注目の映画『アンダードッグ』は、2020年11月27日よりロードショーです。


関連記事

新作映画ニュース

ロイ・アンダーソン最新作おすすめ映画『ホモ・サピエンスの涙』予告動画紹介!人生の悲喜劇を映像美で描き出す

スウェーデンの巨匠ロイ・アンダーソン監督最新作。 第76回ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞したスウェーデンの巨匠ロイ・アンダーソン監督最新作『ホモ・サピエンスの涙』。 (c)Stu …

新作映画ニュース

映画『妖怪大戦争ガーディアンズ』キャストの赤楚衛二は天邪鬼役に挑む。演技力の評価とプロフィール!

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』は2021年8月13日よりロードショー 2005年に三池崇史監督が神木隆之介主演で製作した『妖怪大戦争』に続く、超ド派手妖怪ファンタジーエンタテインメント『妖怪大戦争 …

新作映画ニュース

アンタルヤ映画祭にて『ある船頭の話』が最優秀作品賞受賞!オダギリジョー監督のコメントも紹介

オダギリジョー監督、日本映画初の快挙。 アンタルヤ国際映画祭で最高賞【最優秀作品賞】受賞! 公開から2ヶ月目を迎えた2019年11月現在も新宿武蔵野館ほかで大ヒット中のオダギリジョー長編初監督作品『あ …

新作映画ニュース

《動画で見る渡辺紘文監督インタビュー》大田原から“他にはない映画制作”と批判受けても“新しい面白さ”を追求【映画『蒲田前奏曲』】

動画で見る渡辺紘文監督インタビュー映画『蒲田前奏曲』 中川龍太郎、穐山茉由、安川有果、渡辺紘文という4人の監督による連作スタイルの長編映画『蒲田前奏曲』。新しいスタイルのこの作品が、2020年9月25 …

新作映画ニュース

濱田岳×水川あさみ映画『喜劇 愛妻物語』あらすじ。追加キャストに夏帆を迎え劇場公開は2020年に決定!

四国を舞台に描く、崖っぷち夫婦の、全力で笑えてボロボロ泣ける珍道中! すべての男女に捧げる人情派夫婦活劇。 映画『百円の恋』(2014)で国内映画賞にて日本アカデミー賞を初め数々の脚本賞を受賞した足立 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学