Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/06/08
Update

松本優作映画『Noise』初監督作品!2019年にテアトル新宿で待望の公開決定!

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

松本優作の初監督作品『Noise』の2019年テアトル新宿にて公開決定しました。

レインダンス映画祭で上映、日本映画年間ベストワン・アジア映画年間ベスト4、ニッポンコネクション上映など、チケット即完売を含め、注目を集める新鋭監督です。

悪いのは誰だ。犯人か、被害者か、メディアか、ネットか、社会か。”

映画の舞台はポップカルチャーの聖地と言われる秋葉原。10年前の6月8日に起こったショッキングな事件をモチーフに、絶望の中に生きる若者たちと大人たちが見たものとは?

スポンサーリンク

映画『Noise』とは?


©「Noise」製作委員会

第41回モントリオール世界映画祭や第25回レインダンス映画祭など上映によって、日本映画ベスト1・アジア映画ベスト4を獲得、第18回ニッポンコネクションでは、2018年6月3日夜の最終上映にもかかわらずチケットがソールドアウト

世界各地の映画祭で高評価を博した映画『Noise』が、来年2019年にテアトル新宿で公開されることが決定しました。

映画で描かれた舞台は、ポップカルチャーの聖地、秋葉原。

10年前の6月8日に起こったショッキングな事件をモチーフに、絶望の中に生きる若者たちと大人たちが見たものを問いかけた『Noise』。

「日本映画ベスト1。人間の絆の重要性と近代日本の資本主義社会の影響を描いた力強く健かな映画である」

ベルギーの臨床心理学者Pieter-Jan Van Haeckeが「人間の絆の重要性と近代日本の資本主義社会の影響を描いた」と語るなど、海外から作品に対する指示も上がるなか、今を生きる世界の若者たちからも圧倒的支持を獲得している、まさに同時代映画です

松本優作作品『Noise』のバックボーンとは?


©「Noise」製作委員会

松本優作が15歳のときに、親友の自死と、テレビに映し出された秋葉原無差別殺傷事件とが合間って、すぐさま脚本を書きはじめました。

その作品は完成するまでに約8年をかけてた松本優作25歳初長編監督作品の『Noise』となりました。

現代社会の明と暗をあぶり出す強烈な色と光の映像に、人気DJのbanvoxが心底作りたかったというサウンドが、映画を観たものの感覚をシャウトさせます。

映画『Noise』は、狂気と混乱がのたうつ現代に生きる若者による若者と若者の親たちのための映画なのです。

松本優作のプロフィール

松本優作は、1992年10月9日、兵庫県神戸市生まれ

ビジュアルアーツ専門学校大阪に入学し映画制作をはじめます。

2008年に映画『Noise』の脚本を執筆をはじめ、2017年完成124分版で世界各地の映画祭で正式上映、初監督作品となる本作を劇場公開に向けて再編集中。

現在、監督2作目となるエベレストを舞台とした長編ドキュメンタリー映画を制作中。

banvox(音楽プロデューサー)

2011年より活動開始。Google Androidや東京モード学園などの企業コマーシャルほか、「Watch Me」がiTunes Dance Chartほか全3チャートでベスト1を獲得。

デヴィッド・ゲッタやアヴィーチーも絶賛する無比のDJでもあります。本作『Noise』で、初の劇中音楽担当。

スポンサーリンク

まとめ

松本優作の初監督作品『Noise』は、第41回モントリオール世界映画祭1stフィルムズワールドのコンペティション部門での上映されました。

そのほか、第25回レインダンス映画祭コンペティション部門、第19回ハンブルグ日本映画祭、第18回ニッポンコネクション、CAMERA JAPAN Film festival、第14回SKIPシティ国際Dシネマ映画祭などでも、注目を集めた作品です。

本作のキャストに篠崎こころ、安城うらら、鈴木宏侑、岸建太朗、仁科貴、小橋賢児、布施博が出演。

また、松本優作自身は、企画、監督、脚本、編集を一手に担当

そのほか、撮影監督に岸建太朗、音楽プロデューサーには話題のDJであるbanvoxが、スタッフとして参加。

現代の若者たちに贈る松本優作監督の映画『Noise』は、2019年に新宿テアトルにて公開!

ぜひ、ご期待あれ!

関連記事

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャスト藤原竜也(ボンベロ役)。プロフィールと演技力の評価

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

新作映画ニュース

映画『ジュリアン』グザヴィエ・ルグラン監督がキャストに込めた名作へのオマージュとは

© 2016 – KG Productions – France 3 Cinéma Julien-movie.com 家族の関係を描いた繊細な人間ドラマでありながら、張り詰めた緊張感が観る …

新作映画ニュース

映画『れいこいるか』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。いまおかしんじが阪神・淡路大震災で娘を失った夫婦を描く

阪神・淡路大震災から25年。 震災で娘を亡くした夫婦の葛藤と絆を描く、いまおかしんじ監督最新作。 この度、阪神・淡路大震災で娘を亡くした夫婦の葛藤と絆を描き、 第15回大阪アジアン映画祭で高評価を得た …

新作映画ニュース

映画『朝が来る』キャストの蒔田彩珠は特別養子の子供を出す実母・片倉ひかり役を演じる【演技評価とプロフィール】

辻村深月の原作を河瀬直美監督が映画化した『朝が来る』キャスト紹介 映画『朝が来る』は、2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。 世界で高い評価を受け、東京2020オリンピッ …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『ナイトクルージング』あらすじキャスト。全盲の監督がSFに挑む姿を追う

前代未聞の映画製作を追う 生まれながらの全盲者の映画製作を追った映画『ナイトクルージング』が、2019年3月30日(土)よりアップリンク渋谷ほか全国順次公開されます。 マジョリティとマイノリティの境界 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学