Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/10/03
Update

「ピッピ」から作家への開花を捉えた映画『リンドグレーン』予告編紹介!アストリッドの知られざる人生とは

  • Writer :
  • 石井夏子

自由奔放な少女アストリッドが、伝説の作家リンドグレーンになるまで。

2019年12月7日より岩波ホールを皮切りに全国順次公開される映画『リンドグレーン』。

© Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

「長くつ下のピッピ」「ロッタちゃん」の作家であるアストリッド・リンドグレーンの、知られざる激動の半生を描いた感動作です。

この度、本作の予告編と場面写真が解禁されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『リンドグレーン』の予告編

このたび解禁された予告編と場面写真では、「ピッピ」のようなおさげ髪のアストリッドが、力いっぱいに叫び、躍っている姿が印象的で、彼女の著作に登場する元気いっぱいなキャラクターたちを彷彿とさせます。

しかし、執筆の才能を開花させた矢先、あまりにも過酷な運命が彼女を待ち受けていました。

© Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

田舎町でのびのびと育ったおてんばな少女から、息子のために奮闘するシングルマザーへと見事な変身を演じ切ったのは巨匠ビレ・アウグスト監督の娘で、本作での演技が絶賛された新星アルバ・アウグスト

その他にも、『ヴェラの祈り』(2014)のマリア・ボネヴィーや、『未来を生きる君たちへ』(2010)などのトリーネ・ディアホム、『テルマ』(2018)のヘンリク・ラファエルセンなど、日本でも馴染みのある名俳優たちが顔を揃えます。

そして、予告編のラストは“作家リンドグレーン”誕生の予感を残して締めくくられます。

アストリッド・リンドグレーンとは?

© Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

母国スウェーデンのみならず日本を含め世界中で愛され、読み継がれている児童文学作家、アストリッド・リンドグレーン

「長くつ下のピッピ」「やかまし村の子どもたち」「ロッタちゃん」シリーズ、そして『山賊のむすめローニャ』など、数々の著作は、全世界100か国以上で翻訳され、世界中の子どもたちに大いなる影響を与え続けてきました。

本国スウェーデンでは紙幣になるほどの存在ですが、実のところ、リンドグレーンの若き日々を知る人は少ないんです。

どんな経験や環境が、あれほどの名作の数々を生み出す力と才能を花開かせたのか、リンドグレーンの人生で最も激動といえる若かりし日々を描いたのが本作

© Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

監督・脚本は、長編監督デビュー作『ASOAP』(2006)が、ベルリン国際映画祭で銀熊賞、及び最優秀新人作品賞に輝いたペアニレ・フィシャー・クリステンセン

敬愛するリンドグレーンを“私を形作った人”と呼ぶほどのあくなき探求心で描きました。

スポンサーリンク

映画『リンドグレーン』の作品情報

© Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

【日本公開】
2019年(デンマーク・スウェーデン合作映画)

【原題】
UNGA ASTRID 

【監督・脚本】
ペアニレ・フィシャー・クリステンセン

【脚本】
キム・フォップス・オーカソン

【字幕】
大西公子

【字幕監修】
菱木晃子

【キャスト】
アルバ・アウグスト、マリア・ボネヴィー、マグヌス・クレッペル、ヘンリク・ラファエルセン、トリーネ・ディアホム

【作品概要】
監督・脚本は、長編監督デビュー作『A SOAP』(2006)が、ベルリン国際映画祭で銀熊賞、及び最優秀新人作品賞に輝いたペアニレ・フィシャー・クリステンセン。

主演リンドグレーン役に、巨匠ビレ・アウグスト監督の娘、新星アルバ・アウグスト。

その他、スウェーデン、デンマークを中心に北欧の才能が集結しました。

映画『リンドグレーン』のあらすじ

© Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

兄弟姉妹とスウェーデンのスモーランド地方の自然の中で伸び伸びと育ったアストリッドは、思春期を迎え、より広い世界や社会へ目が向きはじめます。

教会の土地で農業を営む、信仰に厚い家庭で育ちながら、“率直で自由奔放”な彼女は、次第に教会の教えや倫理観、保守的な田舎のしきたりや男女の扱いの違いに、息苦しさを覚え始めていました。

© Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

そんな折、文才を見込まれ地方新聞社で働き始めた彼女は、才能を開花させはじめます。

しかしその矢先、アストリッドの人生は、予期せぬ方向へと進んでいき…。

スポンサーリンク

まとめ

© Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

本作は、多くのリンドグレーン作品を手がけてきた北欧文学翻訳家の菱木晃子が字幕監修しています。作品世界に寄り添った日本語字幕にも注目です。

なぜ、アストリッドは最も革新的で影響力のある作家になりえたのか…期待をさらに高める予告編と場面写真を、是非いち早くご覧ください。

映画『リンドグレーン』は2019年12月7日より岩波ホールを皮切りに全国順次公開です。

© Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

関連記事

新作映画ニュース

映画『ダーク・ウォーターズ』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。トッド・ヘインズ監督がマーク・ラファロ×アン・ハサウェイ主演で衝撃の実話を基に描く!

トッド・ヘインズ監督×マーク・ラファロ×アン・ハサウェイ豪華タッグが実現! トッド・ヘインズ×マーク・ラファロ、アン・ハサウェイら世界的な鬼才と実力派キャストの豪華タッグで贈る『DARK WATERS …

新作映画ニュース

映画『明日の食卓』キャスト石橋あすみ役は尾野真千子【プロフィールと演技評価】

映画『明日の食卓』は2021年5月28日よりロードショー 2002年、第42回講談社児童文学新人賞を受賞した『十二歳』で作家デビュー後、『しずかな日々』で第45回野間児童文芸賞、第23回坪田譲治文学賞 …

新作映画ニュース

『未体験ゾーンの映画たち2020』の開催日は1月3日より!ヒューマントラストシネマ渋谷にて

2020年の年明けは、劇場で未知のエンタテインメント体験で決まり! 各国のあらゆるジャンルから厳選した作品を一挙上映。 この度、様々な理由から日本公開が見送られてしまう傑作・怪作映画を、映画ファンの皆 …

新作映画ニュース

映画『そして、バトンは渡された』キャストの永野芽郁は森宮優子役!演技力の評価とプロフィール

映画『そして、バトンは渡された』は2021年10月29(金)にロードショー 第16回本屋大賞を受賞した瀬尾まいこのベストセラー小説を映画化した『そして、バトンは渡された』が、2021年10月29日(金 …

新作映画ニュース

映画『息子のままで、女子になる』キャスト/公開日/上映館/内容解説。トランスジェンダーアイコンのサリー楓をドキュメンタリーで映し出す

新しい世代を代表するトランスジェンダーアイコン “サリー楓”が誕生する瞬間を捉えた現在進行形のドキュメンタリー 新世代のトランスジェンダーのアイコンとして注目されるサリー楓が、“女性”として踏み出した …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学