Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

津田寛治らが映画初日舞台挨拶!『RUN! 3films』キャストと共に撮影秘話を語る

  • Writer :
  • 石井夏子

何者にもなれなかった男たちの3つの物語が今、疾走する!!

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭をはじめ、数々の映画祭に招待され受賞もしてきた土屋哲彦監督、畑井雄介監督の疾走感溢れる3作品を1つに集めたオムニバス映画『RUN!-3films-』

2018年2月に別府ブルーバード劇場にて上映され、瞬く間に大反響を呼びました。

(C)2019TEAM RUN!

2019年11月2日より池袋シネマ・ロサにて公開初日を迎え、津田寛治、篠田諒、木ノ本嶺浩、松林慎司、土屋哲彦監督、畑井雄介監督などが登壇

満員の観客を前に作品への熱い思いを語りました。

スポンサーリンク

映画『RUN!-3films-』初日舞台挨拶の概要

参考:映画『RUN!-3films-』公式ツイッター

【開催日時】
2019年11月2日(土)20:45〜(本編上映前)

【開催場所】
池袋シネマ・ロサ

【登壇者】
篠田諒、木ノ本嶺浩、松林慎司、黒岩司、津田寛治、須賀貴匡、佐野大樹、龍坐、笠原紳司、土屋哲彦監督、畑井雄介監督

映画『RUN!-3films-』初日舞台挨拶レポート

2019年11月2日より池袋シネマ・ロサにて公開初日を迎えた本作『RUN!-3films-』。

映画本編上映前に、キャストの津田寛治、篠田諒、木ノ本嶺浩、松林慎司、土屋哲彦監督、畑井雄介監督などが登壇し、舞台挨拶が行われました。

短編全てに出演の津田寛治

「VANISH」(C)2019TEAM RUN!

『追憶ダンス』『ACTOR』『VANISH』の三作全てに出演している津田寛治

「この映画のタイトル通りには走り抜けるという意味のRUNと、出演している役者たち自分を全部さらけ出す、乱れるという意味の乱という意味があると思っている。若い役者たちはカメラが回っていないときもずっと役に入り込んでいる。彼らに感化された現場でしたね」と津田寛治は撮影を振り返りました。

役作りについて

「追憶ダンス」(C)2019TEAM RUN!

また役作りについて聞かれた『追憶ダンス』の篠田諒は、「毎日鏡に向かって自分に向かって罵声を浴びせていた」と衝撃発言。

木ノ本嶺浩は「衣装を着てずっと家に引きこもって体育座りをしていた」と独特の方法を明かました。

『ACTOR』の黒岩司は「当時の僕のドキュメンタリーになっている。津田さんや他の先輩たちに胸を貸していただいた」と感慨深く話します。

『VANISH』の松林慎司は「正体不明の役ということで当初戸惑ったが、畑井監督に聞いたところ、とにかく『第9地区』を見てと言われたのでそうしました」と監督からのアドバイスを打ち明けました。

最後に

「ACTOR」(C)2019TEAM RUN!

最後には津田が「劇場でお客さんに見てもらえるということのありがたみを改めて感じた。映像制作をしている人、俳優を目指している人に観てもらい、感化されて素晴らしい日本映画をつくってもらえたら嬉しい」と改めて作品への思いを語りました。

土屋監督は、「本当にたくさんの人に助けられて完成した作品。今日は一生忘れられない日になった」と感慨深い面持ち。

畑井監督は「観客の皆さんの胸に残る作品になっていたら嬉しい。今回はパイロットフィルムだったので長編として完成させたい」と次回作についても匂わせ、舞台挨拶は終了しました。

スポンサーリンク

映画『RUN! 3films』の作品情報


(C)2019TEAM RUN!

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
『追憶ダンス』『ACTOR』:土屋哲彦

『VANISH』:畑井雄介

【キャスト】
『追憶ダンス』: 篠田諒、木ノ本嶺浩、津田寛治、青木玄徳、山﨑ケイ(相席スタート)、日下雅貴、古谷佳也、黒岩司

『VANISH』:松林慎司、津田寛治、蟹江アサド、シャア・ハック、山口康智、志村美空

『ACTOR』:黒岩司、須賀貴匡、菅野莉央、川村亮介、松林慎司、佐野大樹、笠原紳司、龍坐

【作品概要】
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭、山形国際ムービーフェスティバル、しがショートムービーフェスなど数々の映画祭に招待され、グランプリなど受賞してきた3本の短編を『RUN! -3films-』として一挙上映.

個性的な俳優たちが揃い、「闇金ドックス」シリーズの土屋哲彦と、映画やドラマなどの映像作品に助監督など参加してきた畑井雄介の2人の俊英監督が贈る、新時代を切り裂く新たなオムニバス映画です。

映画『RUN! 3films』のあらすじ

『追憶ダンス』

コンビニバイト中の鈴木の前に、突然フルフェイスのヘルメットを被った強盗が現れました。

そいつは中2まで一緒だった同級生の佐藤だといいます。

「いじめた方が忘れても、いじめられた方は忘れないんだよ!」と、ナイフを持って襲ってくるが全く身に覚えがありません。

そこに警察官が現れ…。

記憶の掛け違いを巡る二人の戦いは、予想外の結末に!

『VANISH』

年間失踪者数10万人、その原因はわかっていない――。

ある田舎町を走る車。

そこにいるのは死体処理が生業のヤクザと、生きていくために人を喰うしか出来ない、「自分」が何者か分からない男。

『消す』ことを宿命づけられたふたりは、共存のために一緒にいました。

「命」とは?「生きるとは?」スタイリッシュな映像で贈るSFファンタジーです。

『ACTOR』

売れない役者の山田はアルバイト先でもバカにされる日々。

役者に向いてないのかと悩みながら振り向くと、そこは撮影現場でした。

「やれば出来るじゃない」共演女優に言われ少しだけ自信を取り戻し、憧れの俳優との共演シーンで覚醒。

『闇を切り裂け!その光を掴み取れ!』自分を見下してきたヤツらを撃つために!

スポンサーリンク

まとめ

参考:芸能事務所ラ・セッテの公式ツイッター

津田寛治が感化されたと語った若い役者たちのパワー、畑井雄介監督と土屋哲彦監督のダイナミックな演出が光る本作。

初日公開前に行われた舞台挨拶では、キャストの衝撃的な役作り方法が飛び出し、次作への期待が高まりました。

オムニバス映画『RUN!-3films-』は2019年11月2日(土)より、東京・池袋シネマロサほかにて全国順次公開です。



関連記事

新作映画ニュース

映画『前科者』監督は岸善幸!新作からおすすめ代表作まで評価とプロフィール紹介

映画『前科者』は2022年劇場公開、2021年秋に放送・配信予定 原作・香川まさひと、作画・月島冬二による人気マンガ『前科者』を実写映像化した、有村架純主演による社会派ヒューマンドラマ『前科者』。 罪 …

新作映画ニュース

映画『れいこいるか』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。いまおかしんじが阪神・淡路大震災で娘を失った夫婦を描く

阪神・淡路大震災から25年。 震災で娘を亡くした夫婦の葛藤と絆を描く、いまおかしんじ監督最新作。 この度、阪神・淡路大震災で娘を亡くした夫婦の葛藤と絆を描き、 第15回大阪アジアン映画祭で高評価を得た …

新作映画ニュース

大島優子が映画『生きちゃった』で不倫!?女優として演技力がむきだしになった石井裕也監督最新作とは

大島優子、追加出演情報解禁。 「剥き出しの裸になって演じるのは初めての経験」 日本映画界を牽引する石井裕也監督のオリジナル脚本による最新作『生きちゃった』が2020年秋に公開予定となりました。 主演を …

新作映画ニュース

映画『初恋』キャストの武闘派マフィア・権藤役は内野聖陽【演技評価とプロフィール】

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開! 日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。 監督を務めるのは『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『十三人の刺客』 …

新作映画ニュース

『ドラゴンボール超』劇場版最新作は2022年公開!映画化に向け鳥山明がコメント発表

原作者・鳥山明が描く渾身の一作! ドラゴンボール史を塗り替える最高密度・規格外の超大型企画、始動。 この度、「ドラゴンボール超」の劇場版最新作が製作、2022年に公開される事が決定しました。 (C)バ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学