Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/09/10
Update

映画『リンドグレーン』あらすじとキャスト。実話を基にロッタちゃん作者の人生を描く伝記ドラマ

  • Writer :
  • 石井夏子

「長くつ下のピッピ」「やかまし村の子どもたち」「ロッタちゃん」の生みの親、
アストリッド・リンドグレーンの知られざる人生とは。

「長くつ下のピッピ」「やかまし村の子どもたち」「ロッタちゃん」の著者で、“子どもの本の女王”と呼ばれた、スウェーデンを代表する児童文学作家のアストリッド・リンドグレーン


© Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

彼女の知られざる若き日々を描いた映画『リンドグレーン』が、2019年12月7日より岩波ホールを皮切りに全国順次公開されます。

本作のポスタービジュアルも合わせて解禁されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『リンドグレーン』について

参考:長くつ下のピッピの世界展のツイッター

「長くつ下のピッピ」「やかまし村の子どもたち」「ロッタちゃん」シリーズ、そして『山賊のむすめローニャ』…。

母国スウェーデンのみならず日本を含め世界中で愛され、読み継がれている児童文学作家、アストリッド・リンドグレーン

数々の著作は、世界70か国語以上に翻訳、100以上の国で出版され、世界中の子どもたちに大いなる影響を与え続けてきました。

本国スウェーデンでは紙幣になるほどの存在ですが、実のところ、リンドグレーンの若き日々を知る人は少ないんです。

どんな経験や環境が、あれほどの名作の数々を生み出す力と才能を花開かせたのか、リンドグレーンの人生で最も激動といえる若かりし日々を描いたのが本作『リンドグレーン』です。

スタッフ・キャスト紹介

参考:主演女優アルバ・アウグストのインスタグラム

監督・脚本は、長編監督デビュー作『A SOAP』(2006)が、ベルリン国際映画祭で銀熊賞、及び最優秀新人作品賞に輝いたペアニレ・フィシャー・クリステンセン

主演リンドグレーン役に、巨匠ビレ・アウグスト監督の娘、新星アルバ・アウグスト

その他、スウェーデン、デンマークを中心に北欧の才能が集結し、アストリッド・リンドグレーンの知られざる半生と名作誕生のルーツに迫った感動作が誕生しました。

映画『リンドグレーン』のポスタービジュアル

© Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

解禁されたポスタービジュアルには、窓辺の椅子に座ったリンドグレーンの背中が上部に、そしてリンドグレーンと幼い男の子が外を見つめる様子が下部に映し出されています。

男の子は彼女の息子なんでしょうか。穏やかな表情に、「暗闇から明るみへと、物語が私を導く」というキャッチコピーが、彼女の孤独と、そこから見出した希望を感じさせます。

スポンサーリンク

映画『リンドグレーン』の作品情報

© Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

【日本公開】
2019年(映画)

【原題】
UNGA ASTRID 

【監督・脚本】
ペアニレ・フィシャー・クリステンセン

【脚本】
キム・フォップス・オーカソン

【字幕】
大西公子

【字幕監修】
菱木晃子

【キャスト】
アルバ・アウグスト、マリア・ボネヴィー、マグヌス・クレッペル、ヘンリク・ラファエルセン、トリーネ・ディアホム

映画『リンドグレーン』のあらすじ

兄弟姉妹とスウェーデンのスモーランド地方の自然の中で伸び伸びと育ったアストリッドは、思春期を迎え、より広い世界や社会へ目が向きはじめます。

教会の土地で農業を営む信仰に厚い家庭で育ちながら、“率直で自由奔放”な彼女は、次第に教会の教えや倫理観、保守的な田舎のしきたりや男女の扱いの違いに、息苦しさを覚え始めていました。

そんな折、文才を見込まれ、地方新聞社で働き始めた彼女は、才能を開花させはじめます。

しかしその矢先、アストリッドの人生は、予期せぬ方向へと進んでいき…。

スポンサーリンク

まとめ

参考:映画『リンドグレーン』の公式ツイッター

自由奔放な少女アストリッドが伝説の作家リンドグレーンになるまでを描いた本作。

リンドグレーンの物語の世界には、想像力豊かで意思の強い女の子たちが数多く登場します。

その描写に勇気を貰った読者も多いはず。彼女たちは、アストリッド自身の姿だったんでしょうか。

その謎は、2019年12月7日より岩波ホールを皮切りに全国順次公開される映画『リンドグレーン』にて明らかになります。

関連記事

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの藤木五郎役は柄本明。【演技力の評価とプロフィール】 

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬 …

新作映画ニュース

映画『ベルイマン島にて』あらすじ/キャスト/上映館。ミア・ハンセン=ラブ監督最新作はベルイマンが愛した島を舞台に描く

北欧の夏時間が、映画監督カップルにもたらすものとは!? 今や名実ともにフランスを代表する女性監督のミア・ハンセン=ラブ。本作『ベルイマン島にて』は、彼女自身が熱狂的ファンであるイングマール・ベルイマン …

新作映画ニュース

映画特集上映『ミシェル・ルグランとヌーヴェルヴァーグの監督たち』公開日は2月21日!シェルブールの雨傘など7作上映

巨星ミシェル・ルグラン没後1年、生誕88年特別企画。 アンナ・カリーナ主演『女と男のいる舗道 4Kデジタル・リマスター版』がスクリーンに初登場。 2019年1月26日に逝去したフランス音楽界の巨星ミシ …

新作映画ニュース

映画『アミューズメント・パーク』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ジョージ・A・ロメロ未発表作品が日本上陸!

故ジョージ・A・ロメロ監督が1973年に手掛けた幻の未発表映画が半世紀を経てついに解禁! 『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(1968)『ゾンビ』(1978)などゾンビ映画の第一人者であり、ホラー映 …

新作映画ニュース

映画公開初日のトークゲストは女優フォンチー!『ベトナムを懐(おも)う』予告編解禁も【新宿K’s cinema】

ベトナム映画公開イベント開催 2019年3月23日(土)より新宿K’s cinemaにて公開されるベトナム映画『ベトナムを懐(おも)う』の予告編が解禁されました。 ©HKFilm ベトナム …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学