Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/09/10
Update

映画『リンドグレーン』あらすじとキャスト。実話を基にロッタちゃん作者の人生を描く伝記ドラマ

  • Writer :
  • 石井夏子

「長くつ下のピッピ」「やかまし村の子どもたち」「ロッタちゃん」の生みの親、
アストリッド・リンドグレーンの知られざる人生とは。

「長くつ下のピッピ」「やかまし村の子どもたち」「ロッタちゃん」の著者で、“子どもの本の女王”と呼ばれた、スウェーデンを代表する児童文学作家のアストリッド・リンドグレーン


© Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

彼女の知られざる若き日々を描いた映画『リンドグレーン』が、2019年12月7日より岩波ホールを皮切りに全国順次公開されます。

本作のポスタービジュアルも合わせて解禁されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『リンドグレーン』について

参考:長くつ下のピッピの世界展のツイッター

「長くつ下のピッピ」「やかまし村の子どもたち」「ロッタちゃん」シリーズ、そして『山賊のむすめローニャ』…。

母国スウェーデンのみならず日本を含め世界中で愛され、読み継がれている児童文学作家、アストリッド・リンドグレーン

数々の著作は、世界70か国語以上に翻訳、100以上の国で出版され、世界中の子どもたちに大いなる影響を与え続けてきました。

本国スウェーデンでは紙幣になるほどの存在ですが、実のところ、リンドグレーンの若き日々を知る人は少ないんです。

どんな経験や環境が、あれほどの名作の数々を生み出す力と才能を花開かせたのか、リンドグレーンの人生で最も激動といえる若かりし日々を描いたのが本作『リンドグレーン』です。

スタッフ・キャスト紹介

参考:主演女優アルバ・アウグストのインスタグラム

監督・脚本は、長編監督デビュー作『A SOAP』(2006)が、ベルリン国際映画祭で銀熊賞、及び最優秀新人作品賞に輝いたペアニレ・フィシャー・クリステンセン

主演リンドグレーン役に、巨匠ビレ・アウグスト監督の娘、新星アルバ・アウグスト

その他、スウェーデン、デンマークを中心に北欧の才能が集結し、アストリッド・リンドグレーンの知られざる半生と名作誕生のルーツに迫った感動作が誕生しました。

映画『リンドグレーン』のポスタービジュアル

© Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

解禁されたポスタービジュアルには、窓辺の椅子に座ったリンドグレーンの背中が上部に、そしてリンドグレーンと幼い男の子が外を見つめる様子が下部に映し出されています。

男の子は彼女の息子なんでしょうか。穏やかな表情に、「暗闇から明るみへと、物語が私を導く」というキャッチコピーが、彼女の孤独と、そこから見出した希望を感じさせます。

スポンサーリンク

映画『リンドグレーン』の作品情報

© Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

【日本公開】
2019年(映画)

【原題】
UNGA ASTRID 

【監督・脚本】
ペアニレ・フィシャー・クリステンセン

【脚本】
キム・フォップス・オーカソン

【字幕】
大西公子

【字幕監修】
菱木晃子

【キャスト】
アルバ・アウグスト、マリア・ボネヴィー、マグヌス・クレッペル、ヘンリク・ラファエルセン、トリーネ・ディアホム

映画『リンドグレーン』のあらすじ

兄弟姉妹とスウェーデンのスモーランド地方の自然の中で伸び伸びと育ったアストリッドは、思春期を迎え、より広い世界や社会へ目が向きはじめます。

教会の土地で農業を営む信仰に厚い家庭で育ちながら、“率直で自由奔放”な彼女は、次第に教会の教えや倫理観、保守的な田舎のしきたりや男女の扱いの違いに、息苦しさを覚え始めていました。

そんな折、文才を見込まれ、地方新聞社で働き始めた彼女は、才能を開花させはじめます。

しかしその矢先、アストリッドの人生は、予期せぬ方向へと進んでいき…。

スポンサーリンク

まとめ

参考:映画『リンドグレーン』の公式ツイッター

自由奔放な少女アストリッドが伝説の作家リンドグレーンになるまでを描いた本作。

リンドグレーンの物語の世界には、想像力豊かで意思の強い女の子たちが数多く登場します。

その描写に勇気を貰った読者も多いはず。彼女たちは、アストリッド自身の姿だったんでしょうか。

その謎は、2019年12月7日より岩波ホールを皮切りに全国順次公開される映画『リンドグレーン』にて明らかになります。

関連記事

新作映画ニュース

韓国映画『工作 黒金星と呼ばれた男』あらすじとキャスト。日本公開オリジナルポスターのビジュアル解禁!

カンヌ国際映画祭執行委員長も称賛! 第71回カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニングに公式招待された韓国映画『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』が2019年7月19日(金)よりシネマ …

新作映画ニュース

大沢たかお映画『AI崩壊』キャストとあらすじ。入江悠監督のプロフィールと代表作も紹介!

2020年に公開が予定されている、入江悠監督の最新映画『AI 崩壊』。 映画『AI崩壊』絶賛撮影中。1/14〜16は名古屋市内で大規模な撮影をします。エキストラさんご参加はこちらまで。https:// …

新作映画ニュース

【U-NEXT2018年8月配信】海外ドラマおすすめ『ピクニック・アット・ハンギングロック 』ほか紹介

日本初上陸の『ピクニック・アット・ハンギングロック 』や『キャッスルロック』ほか8月配信の海外ドラマ U-NEXTが運営する動画配信サービス「U-NEXT」は、2019年8月より新たに配信を開始する海 …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』あらすじと作品情報。孤高のアニメ作家と未完の作品を見つめる

アニメーションの神様ユーリー・ノルシュテインの深部に迫る! ドキュメントタリー映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』は、2019年3月下旬にシアター・イメージフォーラムほかで全国順次ロードシ …

新作映画ニュース

映画『歎異抄(たんにしょう)をひらく』あらすじキャスト。劇場版アニメに石坂浩二と増田俊樹が挑む

石坂浩二が劇場版アニメ初主演 2019年5月24日(金)より、シネマート新宿、角川シネマ有楽町ほかにてアニメ映画『歎異抄をひらく』の公開が決定。 (C)「歎異抄をひらく」映画製作委員会 親鸞聖人の教え …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP