Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/09/04
Update

タイ映画『ハッピー・オールド・イヤー』劇場公開日/上映館。大阪アジアン映画祭グランプリの断捨離ムービーとは?

  • Writer :
  • 石井夏子

第15回大阪アジアン映画祭グランプリ受賞!!

2018年に公開されサプライズヒットとなった『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』の製作スタジオGDH559と主演のチュティモン・ジョンジャルーンスックジンが再びタッグを組み第15回大阪アジアン映画祭のグランプリに輝いた、共感度MAXの「断捨離」ムービー『Happy Old Year』(英題)。

(c) 2019 GDH 559 Co., Ltd.

この度、『ハッピー・オールド・イヤー』の邦題で、2020年12月11日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国での順次公開が決定しました。

併せて、ポスタービジュアルも解禁。パステル調の色味を背景にしてゴミ袋を持ち佇むジーンを囲むように、彼女が「断捨離」しようとするアイテムがイラストで描かれる、ポップなビジュアルとなっています。

イラストを手掛けたのは、雑誌や広告など様々なジャンルで活躍する姉妹によるイラストレーターユニットSTOMACHACHE. (ストマックエイク)です。

スポンサーリンク

映画『ハッピー・オールド・イヤー』とは?

動画:第15回大阪アジアン映画祭時の予告編

サプライズヒットが記憶に新しい『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』。

その製作を担った新進気鋭のタイの映画スタジオGDH559が再び、『バッド・ジーニアス』の役名“リンちゃん”の愛称で親しまれるチュティモン・ジョンジャルーンスックジンを主演に迎え、ちょっぴりほろ苦いけれど、誰もが共感すること間違いなしの「断捨離」ムービーを誕生させました。

チュティモン演じる主人公ジーンは、留学先の北欧でミニマルなライフスタイルを学んだデザイナー。帰国後、実家の小さなビルを自分のデザイン事務所に改装することを思い立ち、モノにあふれた家の“断捨離”を始めます。

洋服、アクセサリー、レコード、楽器、写真―友達から借りたままだったモノを返して廻り、元カレの持ち物だったカメラを小包にして送り返すジーン。部屋が整理されていくのと反比例して、モノにまつわる思い出が溢れだし、心は千々に乱れて…。

時は年の瀬、ジーンは新たな気持ちで新年を迎えることが出来るのでしょうか。

第15回大阪アジアン映画祭で最優秀作品賞であるグランプリを受賞。SNS上には主人公に共感する感想とともに一般公開を待ち望む声が続出。

第49回ロッテルダム国際映画祭ではVoices Main Programmeに選出、第10回北京国際映画祭のパノラマ部門に正式出品されるなど世界からの注目度も高い作品です。

監督を務めるのは、旬なテーマで等身大の若者の心の機微を描いて、国内外で高い評価が寄せられるタイ映画界の新世代旗手、ナワポン・タムロンラタナリット

長編デビュー作『36のシーン』が2012年の釜山国際映画祭でニューカレントアワードを受賞し、第27回東京国際映画祭でも上映。続く二作目『マリー・イズ・ハッピー』はヴェネツィア国際映画祭で上映され、タイ最大手の映画スタジオGTHで制作された『フリーランス』(2015)はタイ・アカデミー賞で8部門を受賞するなど、インディーズとメジャースタジオ双方でフレキシブルに活躍しています。

日本では新作が製作されるたびに、東京国際映画祭と大阪アジアン映画祭のどちらかで必ず上映されてきたためナワポン監督のファンはすでに多くいましたが、本作が待望の正式な劇場公開作となります。

映画『ハッピー・オールド・イヤー』の作品情報

【日本公開】
2020年(タイ映画)

【原題】
ฮาวทูทิ้ง..ทิ้งอย่างไรไม่ให้เหลือเธอ(英題:Happy Old Year)

【監督・脚本・プロデューサー】
ナワポン・タムロンラタナリット

【キャスト】
チュティモン・ジョンジャルーンスックジン、サニー・スワンメーターノン、サリカー・サートシンスパー、ティラワット・ゴーサワン、アパシリ・チャンタラッサミー

【日本語字幕翻訳】
横井和子

【日本語字幕監修】
高杉美和

スポンサーリンク

映画『ハッピー・オールド・イヤー』のあらすじ

デザイナーのジーン(チュティモン・ジョンジャルーンスックジン)は、スウェーデンに留学しミニマルなライフスタイルを学んで帰国します。

かつて父親が営んでいた音楽教室兼自宅の小さなビルで、出て行った父を忘れられずにいる母、オンラインで自作の服を販売する兄と三人で暮らす彼女は、家を改装しデザイン事務所にすることを思い立ちました。

理想的な事務所にすべく、モノにあふれた家の“断捨離”を進めていくジーン。

一度は全てを手放そうとする彼女でしたが、洋服、レコード、楽器、写真といった友達から借りたままだったモノを返して廻ることに。

友達の反応は千差万別で、なかなか思うように“断捨離”は進みません。

そんな時、かつての恋人エーム(サニー・スワンメーターノン)から借りたカメラを見つけます。

処分に困りながらも小包として送りますが、受取を拒否され返ってきてしまい…。

まとめ

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』の製作スタジオと主演女優が再タッグを組みました。

タイ映画界の新世代旗手監督が紡ぐ、共感度MAXの「断捨離」ムービーがついに劇場公開されます。

映画『ハッピー・オールド・イヤー』は、2020年12月11日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開です。


関連記事

新作映画ニュース

「ピッピ」から作家への開花を捉えた映画『リンドグレーン』予告編紹介!アストリッドの知られざる人生とは

自由奔放な少女アストリッドが、伝説の作家リンドグレーンになるまで。 2019年12月7日より岩波ホールを皮切りに全国順次公開される映画『リンドグレーン』。 © Nordisk Film Product …

新作映画ニュース

映画『ザ・レセプショニスト』あらすじとキャスト。女性監督がアジア移民の現実を提示する

台湾出身の女性監督が描く衝撃作『ザ・レセプショニスト』。 10月全国劇場公開へ。 迫りくる現実、移民の闇とそこにある痛み、移民大国日本への警鐘…。 2018年の第1回熱海国際映画祭でインターナショナル …

新作映画ニュース

【2019年11月15日〜16日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

新作映画ニュース

映画『THE MOLE (ザ・モール)』あらすじ/公開日/上映館。ドキュメンタリーで北朝鮮の武器密輸の実態を暴く

平凡な市民だった元料理人が、謎に満ちた北朝鮮の武器密輸の実態を暴く! あらゆるスパイ映画を超える、本物のスリルがみなぎる命がけの潜入調査、10年に及ぶ“全世界騒然”“100%ノンフィクション”の衝撃ド …

新作映画ニュース

映画『決戦は日曜日』キャストの宮沢りえは川島有美役!演技の評価とプロフィール

映画『決戦は日曜日』は2022年1月7日(金)ロードショー 『東京ウィンドオーケストラ』など新感覚コメディ映画を手がける坂下雄一郎監督による、窪田正孝・宮沢りえ主演の映画『決戦は日曜日』が、2022年 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学