Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『BLUE GIANT』あらすじ/キャスト/公開日。⼤⼈気ジャズ漫画のアニメーション化のビジュアル解禁

  • Writer :
  • 大塚まき

シリーズ累計840万部突破︕
⼤⼈気コミックのアニメーション映画化

⼤⼈気ジャズ漫画「BLUE GIANT」のアニメーション映画『BLUE GIANT』が、2023年2⽉17⽇(⾦)に公開されることが決定しました。


(C)2023 映画「BLUE GIANT」製作委員会
(C)2013 石塚真一/小学館

この度、アニメーション映画『BLUE GIANT』のスタッフ情報、ティザービジュアルが解禁となります。

解禁になったティザービジュアルでは、海を前に⼀⼈サックスを演奏する宮本⼤(ミヤモトダイ)の姿が描かれています。対岸には東京を彷彿とさせる夜景が広がっていて…映画で描かれる物語とは?ジャズに魅せられた⼤をどんな未来が待ち受けているのか?期待が膨らむビジュアルとなっています。

スポンサーリンク

原作「BLUE GIANT」とは

原作「BLUE GIANT」は、実写映画化もされた「岳」(映画『岳 -ガク-』2011年公開 主演︓⼩栗旬)の⽯塚真⼀⽒による漫画

2013年から「ビッグコミック」(⼩学館)にて連載がスタートし、「マンガ⼤賞2016」で3位に選出、第62回「⼩学館漫画賞(⼀般向け部⾨)」を受賞。

さらに第20回「⽂化庁メディア芸術祭マンガ部⾨⼤賞」を受賞するなど、旋⾵を巻き起こしました。

⼼を沸き⽴たせる熱い展開と涙なしには⾒られない感動のストーリー、⾳楽が聞こえてくるような圧倒的表現⼒が多くの読者の⼼をつかみ、数多くのメディアでも取り上げられ現在はシリーズ累計840万部を突破している作品です。

映画『BLUE GIANT』について

初の映像化に際しては、様々な選択肢がある中、「最⼤の⾳量、最⾼の⾳質で、主⼈公本⼈の奏でる⾳楽を届けたい」という制作陣の思いから実写でもなくシリーズでもなくアニメーション映画としての制作が決定。

監督を務めるのは、「モブサイコ100」シリーズや興⾏収⼊91.8億円突破という⼤ヒットを記録した劇場版『名探偵コナン ゼロの執⾏⼈』(18)でも知られる⽴川譲

そして脚本は『BLUE GIANT』連載開始時からの担当編集者であり、「BLUE GIANT SUPREME」以降、ストーリーディレクターとして⽯塚⽒とまさに⼆⼈三脚で作品を世に送り出してきたNUMBER 8が担当します。

さらに、アニメーション制作には「幼⼥戦記」(17)などで注⽬を集めるスタジオ・NUTが参加。⽴川監督とはTVアニメ「デカダンス」(20)に続くタッグとなり、ジャズに魅せられた⻘年が世界⼀のジャズプレイヤーを志す物語を壮⼤なスケールで描きます。

スポンサーリンク

⽴川譲監督のコメント

メインに描かれるのはジャズに対して必死に真摯に向き合う若者達の成⻑物語ですが、ジャズ好き限定な敷居の⾼い映画ではなく、ジャズを聞いたことがない⽅でも楽しめる作品を⽬指しています。
原作「BULE GIANT」の根本にあるものはもっと普遍的な⼈間の「魅⼒的な⽣き様」だと思っています。
カッコ悪くてもいい、泥臭くてもいい、そんな魅⼒的なキャラクターが沢⼭出てきます。
毎⽇、全⼒で命を燃やすかのように⾳を出す主⼈公「⼤」と葛藤を抱えた仲間達が織りなす物語を、ぜひ⼀緒に体感してもらいたいです。「何かしたいけど、何をしたらいいか分からない」という問いに答えを出せる映画になるといいなと、思っています。

NUMBER8のコメント


(C)2023 映画「BLUE GIANT」製作委員会
(C)2013 石塚真一/小学館

とにかく「原作を超える映画」を⽬標に、脚本を書かせていただきました。映画館には読者の⽅も、未読の⼩さな⼦供さんから⼤⼈まで来場されます。皆さんが「最⾼…︕」と⾔ってくれる物語を⽬指し、無数の打ち合わせを重ね、ついにそれが出来たと思っています。
連載開始当初から、⽯塚さんとは「映像化は望むべくもない」と話していた本作品ですが、⽴川譲監督、制作陣、⾳楽班と最⾼のチームが集まって、最⾼の映画を作ってくれています。もう、絵コンテと⾳楽だけで号泣でした。是⾮、ご期待ください。

スポンサーリンク

映画『BLUE GIANT』の作品情報

【日本公開】
2023年(日本映画)

【原作】
⽯塚真⼀「BLUE GIANT」(⼩学館「ビッグコミック」連載)

【監督】
⽴川譲

【脚本】
NUMBER 8

【アニメーション制作】
NUT

映画『BLUE GIANT』のあらすじ

ジャズに⼼を打たれサックスを始めた宮本⼤(ミヤモトダイ)。

宮本は⾼校卒業と同時に仙台から上京し、 同世代の仲間と出会い全⾝全霊をかけ演奏にうちこむ⽇々を送ります。

ジャズに魅せられた少年が、世界⼀のジャズプレーヤーを志す物語。

まとめ


(C)2023 映画「BLUE GIANT」製作委員会
(C)2013 石塚真一/小学館

⾳楽にすべてを懸けて挑む感動の⻘春ストーリーを実⼒派スタッフで贈るアニメーション映画『BLUE GIANT』。

「最⼤の⾳量、最⾼の⾳質で、主⼈公本⼈の奏でる⾳楽を届けたい」という制作陣の思いがアニメーション映画として誕生です。

当初2022年公開を予定していましたが、『BLUE GIANT』の世界をより良い形で表現するべく制作期間を延⻑。映画『BLUE GIANT』は、2023年2⽉17⽇(⾦)に全国公開です。

関連記事

新作映画ニュース

インド映画『燃えよスーリヤ!!』あらすじとキャスト。公開日が12月27日と決定したヒーローアクション作品

世界中の映画ファンが燃え上がったインド発のカンフーアクションエンターテインメント。 『ロボット』、『バーフバリ』を生み出したインド発、痛み知らずのアクション・ヒーロー・エンターテインメント『Mard …

新作映画ニュース

映画『誰かの花』あらすじ/キャスト【ミニシアター・ジャック&ベティの30周年記念】奥田裕介監督が等身大の横浜を描きだす!

横浜のミニシアター ジャック&ベティ30周年企画映画『誰かの花』が始動! 抜擢されたのは、横浜出身の映画監督、奥田裕介。 2021年に30周年を迎える横浜のミニシアター、ジャック&ベティの30周年記念 …

新作映画ニュース

【2019年9月20日〜21日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 すこしだけツウ好みな映画WEBマガジン「Cinemarche」 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」で掲載 …

新作映画ニュース

映画『RUN/ラン』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。サーチの監督最新作は毒親と娘のサイコスリラー!

“母の愛からは逃れられない” 車椅子の娘に向けられた毒母の狂気が暴走する。 『search/サーチ』のアニーシュ・チャガンティ監督&製作陣の最新作『RUN』(原題)。 (C) 2020 Summit …

新作映画ニュース

トラボルタ映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』あらすじ/キャスト/公開日。話題のストーカー・スリラーの予告動画紹介!

トラボルタ史上最狂! 熱狂的なファンの愛がいつしか歪みゆくストーカー・スリラー映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』。 (c)BILL KENWRIGHT LTD, 2019 ジョン・トラボルタ主 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学