Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2022/09/15
Update

シンウルトラマン樋口真嗣コメントも!『特撮喜劇 大木勇造』新特報&場面写真が解禁!コロナ大怪獣と変人軍団の戦いを描く

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

映画『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』は2022年12月9日(金)より池袋HUMAXシネマズにてロードショー!!

2022年12月9日(金)より池袋HUMAXシネマズにてロードショーされる映画『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』。

「トラック野郎」鈴木則文監督の愛弟子にして、「ウルトラマンギンガ」など特撮作品を多数手がけてきた石井良和監督が、コロナ禍を経験する全ての人々に送る“なんでもアリ”の痛快コメディ映画です。


(C)TEAM BETTER TOMORROW

このたび、映画『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』の特報・場面写真が新たに解禁

そしてさらに、『シン・ウルトラマン』(2022)の樋口真嗣監督をはじめ、第1弾映画応援コメントも到着しました。

スポンサーリンク

新特報&場面写真が解禁!

映画『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』新特報

「トラック野郎」鈴木則文監督の愛弟子にして、「ウルトラマンギンガ」など特撮作品を多数手がけてきた石井良和監督

『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』は、そんな石井監督が「混迷の時代にこそ、喜劇と特撮を絡めた娯楽映画で楽しんでもらいたい」「日本特撮の《怪獣着ぐるみ》の伝統を後世に伝えた い」という信念のもと制作した、コロナ禍を経験する全ての人々に送る“なんでもアリ”の痛快コメディ映画です。

石井監督が慣れ親しんできた怪獣のほか、ギャグ・アクション・ミュージカルなど、作中には石井監督の映画人生と映画観が色濃く反映されており、特撮ファンはもちろん国内外・老若男女問わず楽しめる一大エンターテインメント作品となっています。


(C)TEAM BETTER TOMORROW

主演は『とおいらいめい』の藤田健彦。さらに元HKT48で本作が映画初出演作となった草場愛「特撮界のレジェンド」こと町田政則など、強烈な個性に満ちたキャスト陣が勢揃いしました。

このたび、映画『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』の新特報&場面写真が解禁

主人公の中年サラリーマン・大木勇造が怪獣を相手に奮闘する姿をはじめ、勇造が再就職した胡散臭い会社「ギャラクター商会」の変人揃いの社員たちなど、“なんでもアリ”の展開を予感させる内容となっています。


(C)TEAM BETTER TOMORROW

さらに今回の情報解禁にあわせ、第1弾映画応援コメントも到着

『シン・ウルトラマン』の樋口真嗣監督、特撮美術監督の三池敏夫など、国内外の怪獣と特撮を愛する人々からのコメントが届きました。

第1弾応援コメントが到着!


(C)TEAM BETTER TOMORROW

樋口真嗣(映画監督)

怒りは創作の原動力だ。
怒りのない創作物は弛緩したマニュアルに過ぎない。
喜劇と謳いクネクネと歌い踊る本作も石井監督の日頃から鬱積していたであろう、
諸事万端有象無象に向けた怒りのエネルギーが炸裂して映画のタガが外れる勢いだ。
でも犬はかわいいぞ。

三池敏夫(特撮美術監督)


(C)TEAM BETTER TOMORROW

突然リストラされたサラリーマンの奇妙な運命。
最後には大怪獣に立ち向かう羽目になる。果たして結末は!?
奇想天外な人物たちと巨大怪獣の戦い。これぞ石井良和ワールド。
特撮の出来栄えも抜群です。

J.D.リーズ(「G-FAN」編集長)


(C)TEAM BETTER TOMORROW

怪獣とコメディで映画を作るのは難しい。
石井監督は、よくぞやってのけた!
すべての世代に向けられた映画を作ってくれて嬉しいです!

ファビアン・マウロ(ファンタジー映画評論家)


(C)TEAM BETTER TOMORROW

『大木勇造』のような、
インディペンデント映画におけるクレイジー・フィルムのお蔭で、
怪獣映画に新鮮な血が流れる。
モンスタースーツは、情熱と手作業への愛の具現です。

メイド・イン・アジアン・シネマ(映画情報サイト)


(C)TEAM BETTER TOMORROW

大爆笑!やっぱり日本人はイカレテいる!
何と、パンデミック怪獣映画!そして、偽ブルース・リーまで!
素晴らしい発想だ!

ホセ・ルイス・レボルディノス(サン・セバスティアン国際映画祭ディレクター)


(C)TEAM BETTER TOMORROW

子供の頃から、
日本特撮映画のモンスタースーツやミニチュアに憧れていた。
石井監督のように、
今でもその伝統を守ろうとする者は偉大である!

アルゼンチン・シネフィクション(映画誌)


(C)TEAM BETTER TOMORROW

この映画を前にして、
昔からの怪獣映画ファンも、
新参者のファンも仰天するに違いない。

スポンサーリンク

映画『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』の作品情報


(C)TEAM BETTER TOMORROW

【日本公開】
2022年(日本映画)

【製作・監督・脚本・特技監督】
石井良和

【脚本】
田中元

【撮影】
高橋義仁

【録音】
飴田秀彦

【怪獣造形】
佐藤大介

【キャスト】
藤田健彦、町田政則、藤崎卓也、斉木テツ、草場愛、前田ばっこー(瞬間メタル)、豊田 崇史、行永浩信、中條孝紀、石井花奈、杉山裕右、野村宏伸

映画『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』のあらすじ


(C)TEAM BETTER TOMORROW

2020年、世界は新型コロナウイルスの脅威に晒された。

その影響は人々の健康のみならず経済へも波及し、 リモート生活を満喫していた自称エリートの大木勇造はリストラされてしまいます。

慌てて再就職したものの、勇造を待っていたのは銭ゲバ社長を筆頭に、ブルース・リー信者のフィットネ ス講師や廃品回収とは名ばかりの粗大ゴミ泥棒、ギャンブル狂の営業担当や着ぐるみの中に引きこもる男 など、社会の底辺に限りなく近い場所を這いずるクレイジーな面々ばかり。


(C)TEAM BETTER TOMORROW

そんな職場にもめげずにがんばる勇造だったが、身勝手な彼らに振り回されたあげく、最愛の恋人・玲子 にもフラれてしまいヤケを起こす。

ところが、突如出現した巨大怪獣により街は大混乱に陥ってしまう……!

まとめ


(C)TEAM BETTER TOMORROW

特報・場面写真が新たに解禁され、第1弾映画応援コメントも到着した映画『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』。

『シン・ウルトラマン』の樋口真嗣監督をはじめ、国内外の怪獣と特撮を愛する人々からのコメントでは、石井監督の情熱と創作のエネルギーに満ち溢れた本作への高い評価が語られています。

特撮ファンはもちろん国内外・老若男女問わず楽しめる一大エンターテインメント作品に、期待は高まり続けるばかりです。

映画『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』は2022年12月9日(金)より池袋HUMAXシネマズにてロードショー!!

関連記事

新作映画ニュース

松本動監督の映画一挙上映!『WiFiを捨てよ 渋谷へ出よう』2月18日に渋谷ユーロライブにて開催

全世界累計139の映画祭を席巻!! グランプリ11冠を含む全50冠の作品群!! 2021年2月18日(木)渋谷のユーロライブにて、国内外の映画祭を席巻して来た実力派の新鋭、松本動(ゆるぐ) 監督の作品 …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャスト初主演の望月歩(あゆむ)のプロフィール。演技力を引き出した「ラブリー」解説も

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにてロードショー。 オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出 …

新作映画ニュース

香取慎吾主演『凪待ち』感想と評価。白石和彌作品からロケ地宮城に暮らす人々は何を感じとったのか?

映画『凪待ち』は2019年6月28日(金)より、TOHOシネマズ日比谷を皮切りに全国ロードショー公開! 監督・白石和彌。俳優・香取慎吾。両雄が初のタッグを組んだ映画にして、震災後の宮城県石巻市を舞台に …

新作映画ニュース

『寝ても覚めても』あらすじと感想。玄理×中井圭(映画解説者)のトークイベントから

同じ顔をした2人の男の間で揺れる女の8年間の思いを描き出し、恋に落ちた時の甘さ、せつなさ、苦しさとともに、先の読めないスリリングさを併せ持つ“大人の恋愛映画”の傑作。 映画『寝ても覚めても』は、9月1 …

新作映画ニュース

蒼井優と竹内結子ら女優の演技力の秘密は!?中野量太監督の映画『長いお別れ』メイキング映像解禁

現場で紡いだ家族の姿 日本アカデミー賞ほか国内映画賞34部門を受賞した『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督が、直木賞受賞作家である中島京子の同名小説を映画化する最新作『長いお別れ』。 本作は201 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学