Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/11/12
Update

韓国映画『Be With You ~いま、会いにゆきます』あらすじとキャスト。特報とティザービジュアル解禁!

  • Writer :
  • 石井夏子

『私の頭の中の消しゴム』から14年、ソン・イェジンが再び贈る、珠玉の純愛ラブストーリー『Be With You ~いま、会いにゆきます』

2019年春にシネマート新宿ほか、全国順次ロードショーが決定しました!

日本中を感動の涙で包み込んだ、ラブストーリーの金字塔が新たに蘇ります。

再び恋に落ちた二人の特報映像&ティザービジュアルをご紹介します。

スポンサーリンク

映画『Be With You ~いま、会いにゆきます』の特報

雨の日に、一年前に亡くなったはずのスアとウジンが再会する場面から始まります。

すべての記憶を失った状態で現れたスアに、2人の出会いの瞬間や、幸せな日々について話し始めるウジン。

失っていた思い出を呼び戻し、ウジンと再び恋に落ちるスア。

そんなスアとの現在が大切で幸せなウジンの姿は、切なく温かい感情を呼び起こし、思わずうるっとしてしまう感情が込み上がるような切ない映像になっています。

映画『Be With You ~いま、会いにゆきます』のティザービジュアル


© 2018 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

併せて解禁されたビジュアルでは、淡いピンクの背景の前でスアとウジンがキスを交わす姿が。

僕たちは、再び恋に落ちた」というキャッチが添えられており、切なくも心温まる純愛映画を予感させます。

韓国でも大いに話題を呼んでおり、涙なしには見ることが出来ない、感動の純愛物語である本作は『私の頭の中の消しゴム』を超える『いまあい』ブームを起こすこと間違いなしです!

スポンサーリンク

映画『Be With You ~いま、会いにゆきます』の作品情報

【公開】
2019年(韓国映画)

【原作小説】
市川拓司「いま、会いにゆきます」(小学館刊)

【監督】
イ・ジャンフン

【キャスト】
ソ・ジソブ、 ソン・イェジン、キム・ジファン、コ・チャンソク

【作品概要】
今もなお、日本における韓国映画の歴代興行ランキング1位(興行通信社調べ)を誇る、『私の頭の中の消しゴム』(2005)のソン・イェジンがヒロインを務め、14年ぶりの恋愛映画に挑戦したことで話題を呼でいます。

韓国版ならではの要素やオリジナルエピソードも盛り込まれ、本国では公開からわずか15日で動員200万人を突破し、韓国における恋愛映画では最速記録を打ち立てました。

また、ヒロインと恋に落ちるウジン役には『映画は映画だ』(2009)やドラマ『ごめん、愛してる』(2004)など、多くのドラマや映画に主演し、日本でも大人気を集める実力派俳優ソ・ジソブが初の父親役に挑戦。その鍛え上げられた肉体美を封印し、親しみやすい笑顔で優しい父親像を作り出し、新たな魅力を開花させています。

映画『Be With You ~いま、会いにゆきます』のあらすじ

夫ウジン(ソ・ジソブ)に“雨の降る日に、また戻ってくる”と信じがたい約束を残してこの世を去った妻のスア(ソン・イェジン)が、一年後、梅雨が始まったある日、この世を去る前と変わらない姿で現れます。

ですがスアは記憶を無くしていて、ウジンが誰なのかさえ覚えていません。

ウジンは自身の事を覚えていなくても、彼女が傍にいるという事実だけで幸せを感じます。

スアは自身は覚えていない彼との思い出の話が気になって行きます。

そしてスアは再会したウジンとの初めての出会い、初恋、初デート、様々な初めての幸せの瞬間の思い出を分かち合い、2人は再び恋に落ちるのですが…。

スポンサーリンク

基となった日本映画『いま、会いにゆきます』について

参考映像:『いま、会いにゆきます』(2004)

韓国映画『Be With You ~いま、会いにゆきます』は、2003年に刊行された市川拓司によるベストセラー小説を実写映画化した邦画『いま、会いにゆきます』のリメイク版です。

日本映画『いま、会いにゆきます』の監督はこの作品が映画初演出だった土井裕泰で、脚本は岡田惠和という最強タッグ。

また、竹内結子・中村獅童がW主演を務め、この作品をきっかけに結婚したことでも話題になりました。

第28回日本アカデミー賞の優秀主演女優賞や、第23回ゴールデングロス賞日本映画部門で優秀銀賞など、数々の賞に輝きました。

まとめ

日本映画『いま、会いにゆきます』をもとに、新たに蘇った韓国映画『Be With You ~いま、会いにゆきます』。

再び恋に落ちた二人の特報映像&ティザービジュアル解禁となりましたが、日本制作の作品を韓国版ではどのように新たな作品として見せてくれるのでしょう。

2019年春にシネマート新宿ほか、全国順次ロードショーも発表され、今から公開が待ち遠しいですね。

『私の頭の中の消しゴム』のソン・イェジンが再び贈る、珠⽟の純愛ラブストーリーを是⾮ご期待ください

関連記事

新作映画ニュース

映画『あの頃、君を追いかけた』山田裕貴がキャストに囲まれ坊主⁈動画解禁

主演:山田裕貴×ヒロイン:齋藤飛鳥(乃木坂46)で贈る、珠玉のラブストーリー。 映画『あの頃、君を追いかけた』は10月5日(金) TOHOシネマズ日比谷他全国ロードショー。 この度、役作りのために山田 …

新作映画ニュース

映画キミオイ舞台挨拶情報とロケ地の映像解禁【あの頃、君を追いかけた】

台湾で200万人を動員する大ヒットを記録したキデンズ・コー監督の青春映画を主演山田裕貴、ヒロインに齋藤飛鳥(乃木坂46)ほか、旬の若手俳優たちでリメイク! 映画『あの頃、君を追いかけた』は10月5日( …

新作映画ニュース

映画『ばるぼら』劇場公開日/上映館。キャストの稲垣吾郎×二階堂ふみが手塚治虫の狂気の世界を体現!

数々の海外映画祭で好評、ついに日本に凱旋!! 手塚治虫が1970年代に『ビッグコミック』(小学館)に連載し、禁断の愛とミステリー、芸術とエロス、スキャンダル、オカルティズムなど、様々なタブーに挑戦した …

新作映画ニュース

映画『おろかもの』公開日/上映館/予告動画。犬童一心・西川ちょりのおすすめコメントを紹介!

史上初!田辺・弁慶映画祭5冠受賞作。 沖田修一監督・犬童一心監督・城定秀夫監督らの推薦コメントも到着。 2019年の映画祭シーズンを席巻した映画『おろかもの』。 (C)2019「おろかもの」制作チーム …

新作映画ニュース

ジャック・オーディアール映画が第44回セザール賞にもノミネート!話題の西部劇『SISTERS BROTHERS』とは

『SISTERS BROTHERS(原題)』が第44回セザール賞にて4冠 2019年7月にTOHOシネマズシャンテ他全国ロードショーされる映画『SISTERS BROTHERS(原題)』。 ジャック・ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学