Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

【吉村界人×田中美里】映画『人』舞台挨拶に登壇。山口龍大朗監督が友人との死別を基に“幽霊を描き生きること”を問う

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

映画『人』は2022年8月26日(金)より池袋 HUMAXシネマズほか全国順次公開!

山口龍大朗監督の演出を勤めた初の商業映画『人』は、監督自身の友人との死別体験によって企画が始まり、「家族とは何か?」「生きるとは何か?」を問いかける短編ファンタジー作品です。

不慮の事故で命を落とし“幽霊”となってしまった青年健一と、幽霊が見える母彩子、そして、数年前に他界し息子同様に“幽霊”となっていた父拓郎が過ごす数日間を描いています。


(C)「人」制作チーム

このたび2022年8月26日(金)からの本作の劇場公開を記念し、池袋HUMAXシネマズでは映画の上映前に公開初日舞台挨拶を実施。

主人公・健一を演じられた吉村界人、その母親・彩子を演じられた田中美里、そして本作が初の商業作品となる山口龍大朗監督が登壇しました。

スポンサーリンク

初日舞台挨拶リポート①「死」をテーマにした作品の温度感 


(C)Cinemarche

本作『人』を手掛けた経緯について、友人の死があることを語った山口監督。

「単純に悲しみに暮れるだけじゃなくて、前向きになれる方法」の模索が映画の企画の始まりであったことを熱く明かします。

映画監督という立場から、自分の物語でもあるテーマを映画にすることは、とても責任の重大さがあると語りました。

本作を鑑賞すると、そのことに真摯に向き合ったことがわかる作品になっています。


(C)Cinemarche

また主人公である健一を演じた吉村界人は、鑑賞後の感想について、自身の役が幽霊でありながらもコミカルで、作品の全体にもユーモアがあったと語り、「重たくない観やすさが綺麗でした。」と述べています。

一方で息子に先立たれた母親彩子を演じた田中美里は、「自分は悲しいことを引きずらないものの、本作は見返すたびに母親の気持ちになって胸がグッと締め付けられます」と映画に深く踏み込んだ思いを語りました。

初日舞台挨拶リポート②家族を演じる距離


(C)Cinemarche

吉村は撮影時の印象に残ったエピソードとして、両親役の田中美里、津田寛治それぞれの役柄との掛け合いの楽しさを述べており、また、本編撮影前に劇中に登場する家族写真からクランク・インが始まったことを振り返りました。

田中は、主演の吉村との共演について、「29歳って大きい息子だな(笑)」と、親子に見えるかどうか不安があったことを告白。

家族写真を撮る時には「もう息子だと思ってるから、すごい近づいて子犬を愛でるように接しました」と初対面ながら一気に距離感が縮まったと明かします。

また初日舞台挨拶の登壇が叶わなかった拓郎役・津田寛治とのエピソードとして、撮影中に続編を作りたいと話しており、山口監督も「そこまで気持ちが入って下さったことがすごい嬉しく、感慨深い」と語りました。

津田寛治からのメッセージ


(C)「人」制作チーム

初日舞台挨拶では登壇予定であった津田寛治のメッセージが代読されました。

この映画のお話をいただいて、台本を読んだとき、海辺の寂しい感じがいいなと思ったのを覚えています。

出来上がった映画を見たら、親子の関係に見え隠れする人の生き死にが見事に海と溶け合っていて、僕が最初に感じた海への物悲しさと奥深さが映像としてそこにありました。

皆さんにもそんなにわかっていただけたらと思います。

スポンサーリンク

初日舞台挨拶リポート③終わりを温かいと感じられる作品


(C)「人」制作チーム

本作の見どころについて吉村は、家族の話は当事者にしか分からないこともあると前置きした上で、「夏の終わりかけにこういう3日間を過ごした家族もいたんだなと思いながら観ていただけると嬉しいです」とのべました。

田中は本作の世界観を不思議なようで、日常らしいリアリティが垣間見える面白い作品と説明。39分間と短いからこそ何度も観れる上、その都度ココとココ繋がるなと自分でも発見することがたくさんあった語りました。

最後に山口監督は、本作で誰にでも関係する死というテーマが扱った意義を改めて踏まえ、本作における死とは、悲観的で後ろ向きなイメージよりも、ポジティブなイメージを託したかったこと、「皆さんが鑑賞後に少し温かくなったり、前向きな気持ちになれるよう作りました」と語り、上映前の舞台挨拶を締めくくりました。

映画『人』の作品情報

【公開】
2022年(日本映画)

【監督】
山口龍大朗

【キャスト】

吉村界人、田中美里、冨手麻妙、木ノ本嶺浩、五歩一豊、津田寛治

【作品概要】
本作の主人公・健一役は、映画『ミッドナイトスワン』(2020)をはじめ話題作に出演し続けている吉村界人。そして健一の母・彩子役を田中美里が、父・拓郎役を津田寛治が演じる。そのほか冨手麻妙、木ノ本嶺浩、五歩一豊というキャスト陣が脇を固める。

監督は、『東京喰種』(2017)や『来る』(2018)などの制作に携わり、本作が初の商業映画監督作となる山口龍大朗。

また『ラストレター』『チィファの手紙』(2020)など岩井俊二監督作にて撮影監督を務めた神戶千木、『シン・ゴジラ』(2016)や『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021)など国内外の作品に携わっているCGコンポジター・大槻直貴など、多彩な実績を持つスタッフが多く参加している。

スポンサーリンク

映画『人』のあらすじ

千葉・九十九里浜。実家のサーフショップで働く青年・健一(吉村界人)は、不慮の事故で命を落とし、幽霊になってしまう。

幽霊になった健一が実家に帰ると、そこには数年前に他界し、健一と同じく幽霊になった父・拓郎(津田寛治)の姿が。

さらに、母・彩子(田中美里)が幽霊が見えるということも発覚し……!?

幽霊になった父と息子、そして幽霊が見える母。家族三人と彼らを取り巻く人々が過ごす三日間のファンタジー。

まとめ


(C)「人」制作チーム
このたび2022年8月26日(金)からの本作の劇場公開を記念して行われた、『人』の公開初日舞台挨拶。

親子役を演じた吉村界人と田中美里、そして山口龍大朗監督が登壇した舞台挨拶は、家族のような温かい雰囲気を感じました。

さらに26日の初日舞台挨拶以降も、さまざまな豪華ゲストを招いての舞台挨拶・トークショーイベントが実施されるとのこと。いずれも決して見逃せないイベントばかりです。

映画『人』は2022年8月26日(金)より池袋HUMAXシネマズほか全国にて順次公開!




関連記事

新作映画ニュース

映画『パリの家族たち』あらすじキャスト。マリー=カスティーユ・マンシオン=シャール監督が贈る女性賛歌

観ればきっと家族に会いたくなる幸せの映画  © WILLOW FILMS – UGC IMAGES – ORANGE STUDIO – FRANCE 2 CINÉMA 『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』 …

新作映画ニュース

文晟豪(ムン・ソンホ)と望月歩のコメント公開!映画『五億円のじんせい』場面写真解禁も

GYAO+Amuse映画製作オーディション企画NEW CINEMA PROJECT第一回グランプリ作品! 文晟豪(ムン・ソンホ)監督が望月歩を主演に迎え、“命の価値”を問う映画『五億円のじんせい』が、 …

新作映画ニュース

シンウルトラマン樋口真嗣コメントも!『特撮喜劇 大木勇造』新特報&場面写真が解禁!コロナ大怪獣と変人軍団の戦いを描く

映画『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』は2022年12月9日(金)より池袋HUMAXシネマズにてロードショー!! 2022年12月9日(金)より池袋HUMAXシネマズにてロードショーされる映画『特 …

新作映画ニュース

映画『初恋』キャストの看護師・みゆき役は矢島舞美【演技評価とプロフィール】

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開! 日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。 映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開されます。 監督を務 …

新作映画ニュース

映画『Pure Japanese』あらすじ/キャスト/公開日。ディーン・フジオカ×蒔田彩珠主演のバイオレンス・アクション

孤独に生きてきた二人が出会ったとき、抑えていた狂気が目覚める。 男の狂気を描く、新たなバイオレンス・アクション・ムービーが誕生しました。 (c)2021「PURE JAPANESE」製作委員会   映 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学