Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2022/01/07
Update

【ネタバレ】スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム|結末考察とラストあらすじ解説。ヴィランたちとのマルチバースの扉が開くとき“最後”にピーターが下した“決断”

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

MCU版スパイダーマン完結作にして、原点回帰となる作品

スパイダーマン:ホームカミング』(2017)から始まった、「MCUスパイダーマン」シリーズ。そのシリーズ完結編となるのが『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』です。

前作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)のラストで、世界中に正体をバラされてしまったピーター・パーカー。

その直後から始まる本作では、「MCUスパイダーマン」シリーズ以前に製作された「スパイダーマン」シリーズ・「アメイジング・スパイダーマン」シリーズののヴィランが登場するという、衝撃的な内容となっています。

ドクター・ストレンジをも巻き込んだ本作の物語は、どのような終幕を迎えるのでしょうか?

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は、事前情報を一切入れない方が楽しめる作品となっておりますので、ご注意ください。

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の作品情報


(C)2021 CTMG.(C)& TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

【公開】
2022年公開(アメリカ映画)

【原題】
Spider-Man: No Way Home

【監督】
ジョン・ワッツ

【製作】
ケビン・ファイギ、エイミー・パスカル

【脚本】
クリス・マッケンナ、エリック・ソマーズ

【キャスト】
トム・ホランド、ゼンデイヤ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジェイコブ・バタロン、アルフレッド・モリーナ、ジョン・ファブロー、ジェイミー・フォックス、ウィレム・デフォー、ベネディクト・ウォン、マリサ・トメイ、トニー・レボロリ、J・K・シモンズ

【作品概要】
スパイダーマンとして戦うピーターが、別世界から現れた新たな敵と戦うことになる「MCUスパイダーマン」シリーズの最終作。

主人公のピーターを演じるトム・ホランドの他、MJ役のゼンデイヤや、ネッド役のジェイコブ・バタロンなどのメインキャストは続投。さらに、MCU版以前に製作された「スパイダーマン」シリーズに登場したグリーンゴブリンやドック・オクなどの歴代ヴィランを、ウィレム・デフォーやアルフレッド・モリーナなどのオリジナルキャストが引き続き演じています。

また『スパイダーマン:ホームカミング』『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』も手がけたジョン・ワッツが監督を務めています。

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のあらすじとネタバレ


(C)2021 CTMG.(C)& TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

ロンドンでミステリオを倒しニューヨークに戻って来た、スパイダーマンことピーター・パーカー。

ですがタブロイド紙「デイリー・ビューグル」の編集長であるJ・ジョナ・ジェイムソンが、ミステリオが残した映像を入手したため、世界中に「スパイダーマンはピーター・パーカーである」と報道されてしまいます。

その報道は瞬く間に広がってゆき、ピーターとメイおばさんが住んでいるアパートは、報道陣に囲まれてしまいます。

ミステリオは人々を「宇宙の平和を守るヒーロー」と欺いていたことから、世間はスパイダーマンを「ヒーローを殺した悪人」と信じる「ミステリオ派」と、「皆を守ってくれるヒーロー」と信じる「スパイダーマン派」に別れてしまいます。

ピーターは「ミステリオ殺し」の汚名を着せられ、警察の尋問を受けます。さらに警察の尋問は、ピーターだけでなく恋人のMJや親友のネッド、メイおばさんにも行われました。

腕利きの弁護士マードックにより、拘留を解かれるピーター。それにも変わらずアパートの周囲は混乱しているため、ピーターとメイおばさんはハッピーの自宅に匿われます。

大学入試を控えたピーターは学校に通いますが、学校の周囲もマスコミや「ミステリオ派」が集まっており、厳戒態勢が敷かれていました。

突然の大混乱に戸惑いながらもピーターはMJとネッドと共に「同じ大学に通おう」と約束します。ところが混乱を嫌った大学側から、ピーターとMJ、ネッドは不合格を言い渡されます。

周囲の人間にまで迷惑をかけたことに責任を感じたピーターは、魔術師ドクター・ストレンジの屋敷に相談へ行きます。

ストレンジは、全世界の人間から「ピーターがスパイダーマンである」という記憶を消す魔術を使おうとします。ですが、この魔術は異世界との境界線を壊しかねない、危険な魔術でした。

慎重に魔方陣を描くストレンジに、ピーターは「MJ、ネッド、メイおばさんの記憶は残して」など、細かい注文をつけます。

ピーターの細かい注文により集中できなくなったストレンジは、魔術を中断して魔術の結晶を箱に封じ込めます。さらにストレンジは、ピーターが大学側に一切の交渉を行っていないことを知り激怒、自身の屋敷から追い出します。

大学と交渉できることを知ったピーターは、車で空港に向かう大学の副学長を追いかけます。ようやく副学長に追いついたピーターが、MJとネッドだけでも入学許可を貰おうとした瞬間、道路に亀裂が入ります。

そして、マシンアームを操る別世界からやって来たヴィラン「ドクター・オクトパス/ドック・オク」ことオットー・オクタビアスが姿を現します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ネタバレ・結末の記載がございます。『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2021 CTMG.(C)& TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

別世界のスパイダーマンに対して恨みを持つオクタビアスは、その場にいたピーターに襲いかかります。

スパイダーマンに変身したピーターは、副学長を守りながらオクタビアスと戦いますが、桁違いのパワーを持つアームを操るオクタビアスに苦戦。しかしスーツに仕込んだ装置でアームのハッキングに成功したピーターは、オクタビアスを捕獲します。

安心したのも束の間、次は小型飛行機「グライダー」を駆り、特殊な爆弾で破壊の限りを尽くす別世界のヴィラン「グリーン・ゴブリン」ことノーマン・オズボーンが出現。スパイダーマンが戦おうとした瞬間、ストレンジが用意した地下牢に瞬間移動します。

自身の魔術の失敗により「マルチバース」の扉を開いてしまったと語るストレンジは、ピーターに「君がスパイダーマンだと知っている者が、いろいろな世界からここに集結している」と説明します。

カート・コナーズ博士が実験の副作用によりトカゲの怪物と化したヴィラン「リザード」を、すでに地下牢に閉じ込めていたストレンジは、オクタビアスも地下牢へと入れます。そしてピーターに魔術が込められたアーマーを渡し、他のヴィランも地下牢に送るように伝えます。

スパイダーマンに変身し、MJとネッドのサポートを受けながら他のヴィランを探す中、「軍事施設で騒動が起きた」という情報が入ります。

スパイダーマンが軍事施設の周辺に行くと、そこには全身が砂のヴィラン「サンドマン」ことフリント・マルコと、電気を操る能力を持つヴィラン「エレクトロ」ことマックス・ディロンがいました。

サンドマンは、別世界のスパイダーマンに恩があることから、協力してエレクトロと戦います。

結果的に、サンドマンとエレクトロを地下牢に入れることに成功したスパイダーマン。残るはグリーン・ゴブリンのみとなります。

そんな中「グリーンゴブリン」ことノーマンがメイおばさんの所を訪ねて来ます。メイおばさんに呼ばれてノーマンに会ったピーターは、この世界に居場所がないというノーマンに助けを求められます。

ピーターが、ノーマンを地下牢に連れて行くと、ストレンジが魔術の結晶を封じ込めた箱を逆回転させ、全員を元の世界に戻そうとします。

しかしスパイダーマンのヴィランである彼らは、元の世界に戻ればスパイダーマンに倒されてしまう運命にあります。そのことを知ったピーターはヴィランを助けるために、ストレンジから箱を奪います。

箱を取り返すため追いかけて来たストレンジを糸で拘束したピーターは、箱とストレンジが瞬間移動に使用する指輪を奪います。

ピーターがヴィランを救うために考えた方法。それはヴィランの能力を消し去り、ヴィランと化す以前の元の人間へと戻す「治療」でした。

ピーターは「アイアンマン」こと今は亡きトニー・スタークが遺した機械を使ってそれぞれの能力を「分析・解析」し、能力を消し去る装置や薬の「製造」を行います。

最初にオクタビアスの治療に成功したピーターは、続くエレクトロの治療に取りかかります。しかしその中で、ノーマンの内で眠っていたはずの悪の人格グリーン・ゴブリンが覚醒します。

グリーン・ゴブリンは「この能力は贈り物、治療の必要はない」と語り「居場所がないなら奪え」と他のヴィランをけしかけます。その言葉に呼応するように、エレクトロとサンドマン、リザードが逃げ出します。

ヴィランを止めようとしたピーターですが、グリーン・ゴブリンとの戦いになり建物ごと爆破され、グリーン・ゴブリンに逃げられます。

爆発に巻き込まれたメイおばさんは、ピーターに「大いなる力には、大いなる責任が伴う」と言い残して亡くなります。

爆発事件も「デイリービューグル」の報道で「スパイダーマンの仕業」とされてしまい、ピーターは行方をくらまします。

ピーターを心配するMJとネッドが、ストレンジの指輪を使い「ピーターに会いたい」と唱えると、スパイダーマンが歩いている路地へとつながります。

MJとネッドはスパイダーマンを呼び込みますが、そこにいたは二人の知るピーターではなく、リザードとエレクトロが存在する世界のピーターでした。

ヴィランだけでなく、他の世界のピーターも来ていることを知ったMJとネッドは、もう1度「ピーターに会いたい」と唱えると、今度はグリーン・ゴブリン、オクタビアス、サンドマンが存在する世界のピーターが現れます。

MJとネッドは、よく3人で集まっていた場所でピーターを発見し、他の世界から来たピーターを紹介します。そして3人のピーターははヴィランを治療し、元の世界に戻すために協力します。

ヴィランを元の世界に戻す箱を囮に使い、自由の女神で待ち伏せていた3人のピーター。そこへエレクトロとサンドマン、リザードが現れたため、3人のスパイダーマンは戦いを挑みます。

それぞれが基本的に個人プレーで戦っていたためなかなか息が合わず、1人ずつ治療する作戦を立てた3人のスパイダーマンは、まずサンドマンを治療します。

次にリザードを治療しようとしますが、そこへストレンジが現れ全員を強引に元の世界に戻そうとします。しかし魔術の結晶を封印した箱がグリーン・ゴブリンにより破壊されてしまいます。

3人のスパイダーマンは、オクタビアスの協力もあり、エレクトロとリザードの治療に成功します。ところが魔術の結晶が暴走を起こしたことで、世界に亀裂が入り始めます。

その中、メイおばさんを殺されたピーターは、力任せにグリーン・ゴブリンを殴り、そのまま命を奪おうとしますが、別世界のピーターに止められます。

ピーターはノーマンの中からグリーン・ゴブリンの人格を消しますが、マルチバースの境界が崩れて、世界の崩壊が始まっていました。

「ピーターがスパイダーマンである」と知っている存在が、大挙としてなだれ込もうとしていたため、ピーターはストレンジに「全ての人間が、自分のことを忘れる魔術」を行うように提案します。

その魔術を行えば全ての人間がピーターの存在そのものを忘れてしまうため、ストレンジは反対しますが、それでもピーターの強い願いを受け取り、ストレンジは魔術を発動させます。

それにより別世界のピーターやヴィランは無事元の世界に戻りましたが、全ての人間がピーターの存在さえも忘れてしまいました。

ピーターはニューヨークで新たに部屋を借り、スパイダーマンとして人知れず街の平和を守ることを改めて決意します。

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の感想と評価


(C)2021 CTMG.(C)& TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

前作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のラストで、全世界に正体をバラされてしまったピーターの、その後が描かれる『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』。

スパイダーマンの正体を全世界に発表する「デイリー・ビューグル」の編集長J・ジョナ・ジェイムソンを、サム・ライミ監督版「スパイダーマン」シリーズでも同じ役を演じていたJ・K・シモンズがそのまま出演していたことに驚きましたが、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の驚きはその比ではありませんでした。

MCUフェーズ4の鍵を握る「マルチバース」と呼ばれるパラレルワールド的な概念により、サム・ライミ監督版「スパイダーマン」シリーズとマーク・ウェブ監督版「アメイジング・スパイダーマン」シリーズのヴィランが、キャストそのままで登場するという、とんでもない映画です。

さらに、サム・ライミ監督版「スパイダーマン」シリーズのトビー・マグワイア演じるピーター・パーカー、「アメイジング・スパイダーマン」シリーズのアンドリュー・ガーフィルドが演じるピーター・パーカーも登場し、3人のスパイダーマンが勢ぞろいするというスパイダーマンファンからすれば信じられない内容となっています。

3人のピーターも「真面目」「陽気」「無邪気」と各シリーズごとで性格づけが違うので、それぞれの絡みも面白いです。

それでは『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』はお祭りのような作品かというと、そうではありません。

スパイダーマンが真のヒーローになる物語が『スパイダーマン:ホームカミング』、トニー・スタークを失った世界で「アイアンマンの精神」を受け継いだスパイダーマンのさらなる成長の物語が『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』であるとすると、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は、本当の意味でも「親愛なる隣人」としてのスパイダーマン誕生を描いた、原点回帰のような作品です。

スパイダーマン誕生の物語で欠かせないのは、ベンおじさんの死です。

ピーターが「自分とは関係ない」と見逃した犯人が、育ての親であるベンおじさんの命を奪い、ピーターが怒りと復讐に狂った後に後悔し、街を守るスパイダーマンとなる展開が、サム・ライミ監督版とマーク・ウェブ監督版では描かれていました。

ですがMCU版スパイダーマンは、明るく楽しい雰囲気が特徴で、そういった暗いエピソードは描かれず、ピーターがヒーローを目指す理由は父親のような存在であるトニー・スタークに認められたい一心からでした。

ですが『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』では、ヴィランを助けたいピーターの決断が、結果的にメイおばさんの死につながるという衝撃的な展開となります。

そして、スパイダーマンを代表する有名な台詞「大いなる力には、大いなる責任が伴う」は、メイおばさんから伝えられます。

その後ピーターは、メイおばさんを殺したグリーン・ゴブリンを憎しみのみで追い詰めますが、別世界のピーターによって止められ、改めて「人を助ける道」を選びました。

世界を救うため、ストレンジの魔術で自身の記憶を消去させたピーターは、これまで使用していたスターク製のさまざまな機能が付いたスーツを捨て、手作りのコスチュームを身にまとい、人知れず街を救う「親愛なる隣人」スパイダーマンとなるのです。

つまり『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は、シリーズの最終作で、スパイダーマンの王道とも呼べる展開を描いているのです。

アベンジャーズの一員として戦うMCU版スパイダーマンはこれで見納めですが、2022年公開予定の『モービウス』、現在製作中とされる『クレイヴン・ザ・ハンター』など、スパイダーマンの宿敵が次々に映画化され「ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース」は広がっていきます。

今後、スパイダーマンは「ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース」に登場するのでしょうか? 期待したいですね。

まとめ


(C)2021 CTMG.(C)& TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』で特筆すべきは、ヴィランを倒すのではなく、治療することで救おうとする展開にあります。

本作に登場するヴィランは、もともとはピーターの尊敬する教授や恩人・友人でしたが、科学実験の失敗などで人間を越えた存在になり、狂気に取り憑かれてしまいました。そのためピーターも倒すのではなく、あくまでも救うことを望んでいたはずです。

サム・ライミ監督版「スパイダーマン」シリーズと、マーク・ウェブ監督版「アメイジング・スパイダーマン」シリーズのピーターがそれぞれのヴィランを救うことで、これまでの全シリーズがハッピーエンドになるという『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』だけでなく、過去作もまとめて完結させたような印象を受け、この構成は凄いの一言です。

細かい台詞や表情の意味などを読み取るためにも、サム・ライミ監督版とマーク・ウェブ監督版、5作品を事前に鑑賞しておけば、さらに楽しめるでしょう。

また『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は、さまざまなオマケ要素があるので、そちらにも少し触れておきます。

盲目の弁護士マードックの正体

本作の前半でピーターたちの弁護をしてくれる、盲目の弁護士マードック。

家に投げ込まれた石もキャッチするという恐るべき感覚を持つ弁護士ですが、彼の正体は「デアデビル」という、超人的に研ぎ澄まされた感覚によって戦うヒーローです。

過去に何度も映画化されており「Marvel デアデビル」というテレビシリーズもありましたが、彼のゲスト出演は、今後の映画化などを示唆しているのでしょうか?

エンドロールに登場する「あのキャラクター」

本作のエンドロールでは、シンビオートに寄生され「ヴェノム」に変身するジャーナリストのエディ・ブロックが登場します。

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』(2021)のラストからの続きで、MCUの世界に飛ばされたエディが、スパイダーマンの情報だけを聞いてまた元の世界に戻ってしまいます。

今回の『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』でスパイダーマンといよいよ顔を会わせるかと思いましたが、今回はお預けです。

少し残念ですが、どこかヴェノムらしくていいですね。

マルチバースの真相は?

本作で「謎に包まれている」と言われている「マルチバース」。

この真相は、2022年公開予定の『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』にて語られるようで、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のラストで予告があります。

「マルチバース」の扉を開いてしまったストレンジが、どのような戦いを繰り広げるのか? 今後に目が離せないですね。







関連記事

アクション映画

映画『戦争のはらわた』ネタバレ感想とラスト結末の意味解説。ペキンパー“血まみれサム”のおすすめ真骨頂の後期代表作

“血まみれサム”こと、サム・ペキンパー監督が描く究極の反戦映画 今回ご紹介するのは、死者4000万人以上ともいわれた第二次世界大戦末期ロシア戦線を激しいバイオレンスで描いた戦争映画『戦争のはらわた』で …

アクション映画

映画『アウトロー』ネタバレ結末あらすじと感想解説。トム・クルーズが一匹狼のハードボイルドアクションに挑む!

全米ベストセラー小説『アウトロー』を実写映画化! クリストファー・マッカリーが脚本・監督を務めた、2012年製作のアメリカのハードボイルドアクション映画『アウトロー』。 「その男、行き着く先に事件あり …

アクション映画

映画『ベイビードライバー』あらすじと感想レビュー!ラスト結末も【エドガーライト監督おすすめ代表作】

英国が生んだ稀代の天才監督・エドガー・ライトの『ベイビー・ドライバー』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まずは『ベイビー・ドライバー』の作品情報をどうぞ! CONTE …

アクション映画

【ネタバレ考察】マッドマックス フュリオサ|評価/感想/解説。ディメンタスのひどい最後/ラストの意味は野心家カエサルの“忘れられない言葉”に

野心家ディメンタスの「お前はオレになる」の真の意味は? 荒廃した近未来を舞台に、妻子を殺された男マックスの復讐劇を描いた「マッドマックス」シリーズの第4作であり、大ヒットを記録した映画『マッドマックス …

アクション映画

映画『ベイビーわるきゅーれ』感想評価とレビュー解説。ラストまで女性コンビのアクションがかっこいいバディムービー!

映画『ベイビーわるきゅーれ』は2021年7月30日(金)より全国ロードショー 阪元裕吾が監督を務め、髙石あかりと伊澤彩織がW主演を務める、ガールズアクション映画『ベイビーわるきゅーれ』。 プロの殺し屋 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学