Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/07/04
Update

女優エリザベス・デビッキが映画『ブレス あの波の向こうへ』で少年を誘惑!インタビュー映像も解禁

  • Writer :
  • 石井夏子

サーフィンを通して成長する美しき少年たちの姿。

俳優サイモン・ベイカーが監督も務めた映画『ブレス あの波の向こうへ』が2019年7月27日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開されます。

本作で美少年サーファーを誘惑する謎多き人妻を演じたエリザベス・デビッキのインタビュー映像が解禁となりました。

この記事では、そのインタビュー映像と、女優エリザベス・デビッキについてお伝えして行きます。

スポンサーリンク

女優エリザベス・デビッキとは

© 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

第8回オーストラリア・アカデミー賞にて作品賞を含む9部門がノミネートされるなど、高い評価を得た大ヒット青春サーフィン映画『ブレス あの波の向こうへ』。

本作で異様なまでの存在感を放つのは、今注目の超絶美形女優エリザベス・デビッキです。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)の、全身金色の高飛車な女王役、といえばピンと来る方も多いんではないでしょうか。

彼女は、恵まれたルックスと、身長190センチという並外れたスタイルを持ち、2012年にVOGUE Australiaで表紙モデルに抜擢され話題を集めました。

© 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

エリザベス・デビッキは、『華麗なるギャッツビー』(2013)で女優としてハリウッドデビューを果たし、オーストラリア映画協会賞助演女優賞を受賞するなど演技力が評価され、『コードネームU.N.C.L.E.』(2015)や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)などの話題作に相次いで出演。

先日発表されたクリストファー・ノーラン監督の最新作『Tenet(原題)』に、ロバート・パティンソンらと共に出演が発表されたばかりです。

70年代のオーストラリアの田舎を舞台に、本作でのデビッキは、当時の女性ミュージシャンをイメージし、腰まで伸びるウェーブがかった輝かしい金髪姿を披露。

Tシャツにジーンズいうラフな格好ながらも、長い手足に透き通るほどの白い肌が目を引く、うつろげな表情が魅惑的な人妻イーヴァを演じました

映画『ブレス あの波の向こうへ』インタビュー付き本編映像

本編映像について

© 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

イーヴァが雨に濡れた少年パイクレットを家に引き入れ、服を脱がすシーンから始まる本編映像。

最初は母が息子にするように脱がせていた彼女ですが、次第にパイクレットの体を熱を帯びた瞳で見つめます。

そしてゆっくりと半裸の少年の胸に手を置き、「抱いて」とせがむんです。

おもむろにその場を離れ、レコードをかけ、寝室へ向かうイーヴァ。

部屋中に鳴り響くのは、フリートウッド・マックの『ザ・チェイン』。

そのリズミカルなドラム音と、少年の胸の高鳴りと決意が重なり、新たなる刺激的な道へ踏み入れていく緊張感が、より一層際立ちました。

また、イーヴァの一糸まとわぬ背中が美しく、妖艶ながらも女神のような神々しさを感じさせます。

エリザベス・デビッキのインタビュー映像について

© 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

デビッキは、夫がいる身でありながら、まだ幼さの残る少年との関係を持つイーヴァについて、「女性解放運動が盛んになった当時の時代背景を、彼女も強く体現している。独自の生き方を貫く、ルールに縛られない反逆児だ」と述べています。

インタビュー映像では、「大きな苦悩と不満を抱え、もがく姿は、自身の経験にも通じる点が多くあった」とその役柄の魅力を語るデビッキ。

選手生命を断たれてしまったことでアイデンティティを失い、葛藤するイーヴァ。

「自分の人生をコントロールできない、イーヴァのような立場を演じてみたかった」「答えの無い謎が彼女の魅力」とデビッキは話します。

温かみのある低い声と、理知的な話しぶり。エリザベス・デビッキとイーヴァへの興味が尽きない映像となっています。

スポンサーリンク

映画『ブレス あの波の向こうへ』の作品情報


© 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

【日本公開】
2019年(オーストラリア映画)

【原作】
ティム・ウィントン『ブレス:呼吸』(佐和田敬司訳/現代企画室刊)

【原題】
Breath

【監督】
サイモン・ベイカー

【脚本】
ジェラルド・リー、サイモン・ベイカー、ティム・ウィントン

【音楽】
ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

【キャスト】
サイモン・ベイカー、エリザベス・デビッキ、サムソン・コールター、ベン・スペンス、リチャード・ロクスバーグ

【作品概要】
ドラマ「メンタリスト」(2008-2015)で知られるオーストラリアの人気俳優サイモン・ベイカーの初監督作品。

オーストラリアで最も栄誉あるマイルズ・フランクリン文学賞を受賞したティム・ウィントンによる自伝的小説「ブレス」を原作に、サーフィンを通して成長していく美しき少年たちの姿が描かれます。

演技経験のない実際のサーファー、サムソン・コールターとベン・スペンスが少年たちを演じており、彼らの迫力あるサーフ・シーンも大きな見どころです。

映画『ブレス あの波の向こうへ』あらすじ


© 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

オーストラリア西南部の小さな街。

内向的な少年パイクレットは、好奇心旺盛な友人ルーニーの無鉄砲な行動に影響を受けながら、彼の後を追うように日々過ごしていました。

ある日彼らは、不思議な魅力を持つ男性サンドーと出会い、サーフィンを教えてもらうことになります。

暇を見つけてはサンドーと妻イーヴァが暮らす家に通い出す2人。

彼らにとって、大人の女性イーヴァの謎めいた存在感も刺激となっていました。

サンドーはいつしか彼らを命をも脅かす危険な波へと挑ませ、恐いもの知らずのルーニーはスリルを楽しむように果敢に挑戦しますがパイクレットは…。

スポンサーリンク

まとめ

© 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

美しく、壮大なオーストラリアの海辺で描かれる物語は、まるで波の様に、時に静かに、時に激しく心動かします。

観客は少年たちと共に悩み、かつての自分の思春期を思い返すに違いありません。

また、少年たちを虜にする、妖艶な人妻役を演じたエリザベス・デビッキの魅力溢れたインタビュー映像も必見

映画『ブレス あの波の向こうへ』は、7月27日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開です。

“カミング・オブ・エイジ・ムービー”の新たなる金字塔を、是非スクリーンで体感してください。




関連記事

新作映画ニュース

映画『ルース・エドガー』あらすじ。キャストはナオミワッツとティムロスで公開日は5月15日!

『ルース・エドガー』は2020年6月5日(金)より全国公開全国公開。 誰からも愛され、称賛される少年は何者なのか。完璧な優等生か、それとも恐ろしい怪物なのか。 (C)2018 DFG PICTURES …

新作映画ニュース

映画あらすじ動画解説『悪魔の墓場』の感想紹介。おすすめホラーの見どころをシネマダイバー増田健が考察!

YouTube動画で見るおすすめ映画解説!『悪魔の墓場』を紹介 今回ご紹介するのは、知る者ぞ知る、カルトなゾンビ映画『悪魔の墓場』。 ブードゥー教の呪術によって生み出された、生ける屍と呼ばれるゾンビ。 …

新作映画ニュース

『鈴木家の嘘』キャストがレッドカーペットにハイヤーで登場!東京国際映画祭2018開催

©松竹ブロードキャスティング 突然訪れた長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアをまじえつつあたたかく描いた感動作『鈴木家の嘘』は11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほ …

新作映画ニュース

【2019年9月20日〜21日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 すこしだけツウ好みな映画WEBマガジン「Cinemarche」 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」で掲載 …

新作映画ニュース

映画『象は静かに座っている』あらすじとキャスト。公開日は11月2日で予告編も解禁!

世界各国の映画祭で称賛された若き監督の長編デビュー作にして遺作とは。 ベルリン国際映画祭では国際批評家連盟賞と最優秀新人監督賞スペシャル・メンションの2冠、金馬奨では作品賞&脚色賞&観客賞の3冠を達成 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学