Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/10/16
Update

映画『イエスタデイ(2019)』ネタバレ感想と評価。ビートルズファンに捧げたダニー・ボイルとリチャード・カーティスの遊び心

  • Writer :
  • 黒井猫

ビートルズの存在しない世界で唯一ビートルズを知っているジャックの恋と人生の行方は?

ダニー・ボイル監督の映画『イエスタデイ』は2019年10月11日(金)全国ロードショー!

独特な編集と斬新でスタイリッシュな画作り、社会を独自の視点から切り込んで作るシナリオで多くの観客を魅了するダニー・ボイル監督。

『トレインスポッティング』(1996)で大ヒットを生み、『スラムドッグ$ミリオネア』(2008)でアカデミー賞監督賞を含む8部門で受賞、続く『127時間』(2010)で再びアカデミー賞作品賞にノミネートした経験を持つ、鬼才ダニー・ボイル監督の映画『イエスタデイ』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『イエスタデイ』の作品情報


(C)Universal Pictures

【公開】
2019年(イギリス映画)

【原題】
Yesterday

【監督】
ダニーボイル

【キャスト】
ヒメーシュ・パテル、リリー・ジェームズ、ジョエル・フライ、エド・シーラン、ケイト、マッキノン、ジェームズ・コーデン他

【作品概要】
『トレインスポッティング』『スラムドッグ$ミリオネア』『127時間』のダニー・ボイル監督と、『ラブ・アクチュアリー』(2004)の脚本家リチャード・カーティスがタッグを組んだ、『イエスタデイ』は、伝説的なバンドグループ「ビートルズ」のいない世界を描いたコメディドラマ。スタイリッシュでテンポの良い編集を得意とするアカデミー賞ノミネート編集技師ジョン・ハリスが、『127時間』、『T2 トレインスポッティング』(2017)と続いて担当をしています。

主演はイギリスのテレビドラマで活躍しているヒメーシュ・パテル、共演に『ベイビー・ドライバー』(2017)、『マンマミーア!ヒア・ウィ・ゴー』(2018)のリリー・ジェームズが出演しています。また、エド・シーランが本人役で出演し、楽曲を提供したことでも話題になりました。

映画『イエスタデイ』のあらすじとネタバレ


(C)Universal Pictures

イギリスの小さな海辺の町サフォーク。シンガーソングライターのジャック(ヒメーシュ・パテル)は、ミュージシャンを夢見て、スーパーマーケットでアルバイトをしながら、ライブ活動をしていました。

しかし、幼なじみで親友のエリー(リリー・ジェームズ)のサポートも虚しく全く売れませんでした。

そんなある日、ライブ活動の帰り道、ジャックは「この長旅はもう終わりだ」とエリーに告げ、帰宅します。

ジャックが自転車で帰宅している途中、突然停電が起き、全世界に12秒間の暗闇が訪れ、自転車を漕いでいたジャックはバスにはねられてしまいます。

病院で目覚めると、幸いなことに前歯を2本折っただけで無事でした。

退院後、ジャックは友人たちから退院祝いに新しいギターをプレゼントされ、何か一曲弾いてくれと頼まれたジャックは、誰もが知るビートルズの『Yesterday』を演奏します。

友人たちはそれを聞き、「なんて素晴らしい曲だ、いつ作ったの?」と絶賛します。ジャックは「ポール・マッカートニーだよ。知っているだろ?」といいます。

その夜、衝撃的な出来事に戸惑いが隠せないジャックは、ネットで「The Beatles」を検索しますが、出てくるのはカブトムシについてだけでした。

それどころか、「ジョージ・ハリスン リンゴ・スター」、「ポール・マッカートニー」、「ジョン・レノン」など、一切のビートルズに関係するものが世界から消えています。

これをチャンスだと考えたジャックは、記憶を頼りにビートルズの楽曲の数々を演奏します。

しかし、パーティーやバーで演奏をしますが、周りは一向に耳を傾けません。

ビートルズの曲は完璧なのに売れないのは自分に魅力がないからだ、と諦めかけていたところに、ジャックの演奏に感動したギャビンという男から、無料でレコードさせて欲しいと頼まれます。

ギャビンの元で録音した楽曲をCDにして、働いているスーパーで無料配布していたことから、地元のテレビ出演を依頼されます。

そして、その放送をたまたま見ていた有名ミュージシャンのエド・シーランにワールドツアーの前座として出演して欲しい、と頼まれます。

二つ返事で引き受けたジャックは、家族友人たちのお祝いパーティーの場で、エリーがジャックのことをずっと好きだったことを知りますが、その場を誤魔化してうやむやにしてしまいます。

モスクワで行われたエドのツアーに参加したジャックは『Back in the U.S.S.R.』を歌い、見事ライブを成功させます。

ライブの演奏を裏で見ていたエドに、「互いに10分で新曲を作って披露し、どっちが優れているか観客に選んでもらわないか?」と、勝負を挑まれます。

そして、ジャックは『The Long and Winding Road』を演奏し、エドに「君は僕より才能がある。僕はサリエリ、君はモーツァルトだよ。」と感嘆されます。

ジャックは、それを偶然聞いていたエドのマネージャーのデボラにスカウトされました。

ロサンゼルスで契約後、ジャックの人気はたちまち急上昇し、町中では熱狂的なファンに追いかけられ、音楽業界を圧巻。

しかし、ビートルズの楽曲でどんどん有名になっていくジャックは、その罪悪感と、いつか気付かれるかもしれないという不安がどんどん募ります。

そんな中、どうしても『Penny Lane』、『Eleanor Rigby』、『Strawberry Fields Forever』が思い出せないジャックは、その曲で歌われているリヴァプールを訪れます。

リヴァプールに滞在中、エリーがジャックのもとを訪ねてきます。

彼女をデートに誘い、良い雰囲気になりますが、エリーは一夜限りの関係になることは嫌だとジャックの部屋から去ります。

翌朝、目覚めたジャックはエリーに自分の気持ちを伝えるため、エリーを探し、彼女と再会します。

しかし、デボラからロサンゼルス行きの飛行機に直ぐに乗るように電話がかかってきたため、エリーに気持ちを告げることができないまま、その場を後にし、ジャックはレコードとツアーの日々に戻ります。

ある日のレコード中、『Hey Jude』を『Hey Dude』に変えるのはどうかという議論の途中でエリーから電話がかかってきます。その内容は、エリーとギャビンが付き合うことになったということでした。

そして、ジャックの地元サフォークでライブが行われることになり、ジャックはそこで『Help!』を歌います。

ライブ後、楽屋にリズとレオという男女が訪ねてきます。その二人は、ジャックと同様にビートルズのことを覚えていたのです。

二人はジャックに「ビートルズをこの世界に残してくれてありがとう。ビートルズがいない世界はとても退屈だ。」と伝え、非難せずむしろ感謝していたのでした。

そして、リズは「これがきっとあなたの助けになるわ。私たちも調べてみたの。」と言い、ジャックに1枚の紙切れを渡します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『イエスタデイ』ネタバレ・結末の記載がございます。『イエスタデイ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Universal Pictures

そこに書かれている住所をジャックが訪れると、そこにはジョン・レノンが住んでいました。ビートルズがいない世界では、ジョン・レノンは存命していて、78歳になっていました。

ジャックは「あなたの人生は幸せでしたか?」と尋ねると、ジョンは「長く大変な人生だったが、妻と子供達と過ごすことができたから幸せだった。それで十分だ。」と返します。

そしてジョンは「幸せな人生とは、好きな人に愛を伝え、その人と共に過ごすことだ。今すぐエリーを捕まえにいくべきだ。」とジャックに伝えます。

ジャックはエドに電話し、エドのライブのサプライズゲストとしての出演すること、そのライブにエリーを招待することを頼みます。

ライブ当日、ジャックの付き人のロッキー(ジョエル・フライ)に頼み、エリーを舞台裏に連れてきてもらいます。

ライブで最後の曲『All You Need is Love』を演奏後、ジャックはファンとエリーの前で、自分の楽曲は全てビートルズというバンドのものであること、もう富と名声はいらないからすべての人に無料で楽曲を公開すること、そしてエリーへの愛を伝えます。

突然の告白に驚いたファンとマスコミ、そしてマネージャーのデボラに追いかけられますが、ロッキーの助けにより逃げ出します。

その日の夜、二人はエリーの家で愛を交わします。

月日が流れ、ジャックとエリーの間には二人の子供が生まれ、ジャックは小学校でビートルズの曲『Ob-La-Di, Ob-La-Da』を演奏しています。

ジャックはジョンの助言の様に富や名声では手に入れることのできない“人生の幸せ”を歩みました。

スポンサーリンク

映画『イエスタデイ』の感想と評価


(C)Universal Pictures

ビートルズがいない世界は退屈でつまらない

『イエスタデイ』は、リチャード・カーティスの見事なストーリーとユーモア、そしてダニー・ボイルの素晴らしい編集、楽曲のセンスによって人生の意義の普遍的なテーマに沿った、とても心温まる作品に仕上がっていました。

ビートルズがいない世界という設定の着眼がまず素晴らしいです。

ビートルズがいない世界にはビートルズの影響を受けている有名ロックバンドの「Oasis」は存在していないのは勿論ですし、そのほかにも数多くのミュージシャンやカルチャーが存在していないのです。

しかし、明らかにビートルズの民族音楽をアレンジするという影響を受けているアーティストのエド・シーランが出演していることには驚きました。

ダニー・ボイルとリチャード・カーティスの魅せる遊び心

さらに素晴らしいのは、リチャード・カーティスの脚本です。

ビートルズの熱狂的大ファンのカーティスの書いた脚本には遊び心から様々なビートルズネタが多く使われています。

例えば、ジャックのセリフで出てくる「長い旅の終わり」は『The Long and Winding Road』の歌詞の一節ですし、入院した際にジャックがエリーに言う「64歳になっても必要としてくれる?」というセリフはビートルズの楽曲『When I’m Sixty Four』、ジャックがレコードの際にプロデューサーに要求する「すすり泣くギター」は楽曲『While My Guitar Gently Weeps』が元ネタになっています。

それだけでなく、エド・シーランの「僕はサリエリ、君はモーツァルト」、ローリング・ストーンズを検索した際のセリフ「Still Rolling(存在している)」など素晴らしいセリフの数々にカーティスのセンスの良さを感じます。

それを支えるのは、ダニー・ボイルの遊び心あふれる独特でスタイリッシュな編集技術と現代を皮肉った視点です。

特に印象に残っていることは、ジャックがリヴァプールを訪れたシーンで、曲に合わせてリヴァプールでビートルズに縁のある観光地と、エリーとジャックの恋の行方が、さながらロードムービーの様にテンポよく展開していきます。

ジャックの1stアルバム『One And Only』には、ボイル監督の「今は一曲に他人の曲を使ったり、何人も共演したりするよね。昔は違ったけど。」という皮肉が聞こえてくる気がします。

音楽とファンサービスによるストーリーの演出

ジャックが演奏する楽曲の選択も素晴らしいです。

ジャックが歌っているのに周りが騒々しく邪魔をしているシーンで『Let it be』、ジャックが苦悩するシーンで『Help!』を使うセンスの良さは本当にお見事としか言いようがないです。

最後には、タイトルの『Yesterday』に対し『Today』と出して、ジャックとエリーの幸せな家庭を映す演出には感涙しました。

また、78歳のジョン・レノンが登場するシーンにビートルズファンは涙すること間違いなしでしょう。

この様に、ファンサービス溢れる素晴らしい展開とセリフの数々、そして飽くことなくテンポよく見られる作品に仕上がっているのは、ダニー・ボイルとリチャード・カーティスという遊び心溢れる二人だからできたのでしょう。

そんな、ビートルズファンは間違いなく、ビートルズを知らない方も純粋なラブコメディとして楽しめる作品となっていました。

まとめ


(C)Universal Pictures

「ビートルズがいない世界はこうなっていただろう」というユニークな作品の『イエスタデイ』はタランティーノ監督の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)のように観賞後、爽やかな感動を与えてくれる作品となっていました。

また、ビートルズファンの方はもちろん、ビートルズを知らない方にも是非鑑賞して欲しい作品です。

もし、ビートルズに興味を持ち、知りたくなった方がいれば、ロン・ハワード監督の『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years』(2016)

(C)Apple Corps Limited. All Rights Reserved.

シンガーソングライターのセス・スワースキーが監督、プロデュースをした『ビートルズと私』(2011)


(C)Cinema Libre Studio

など、様々なビートルズ関連のドキュメンタリー作品がありますので、合わせて観てはどうでしょうか。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『ブリグズビー・ベア』ネタバレ感想レビュー。映画の工作のような手触り感と創意工夫

サンダンス、カンヌ、シドニーほか、世界中の映画祭で話題騒然! ニセ教育番組を25年見続けた青年が主人公という驚くべき設定と映画愛に溢れた作品。 映画『ブリグズビー・ベア』について、あらすじと感想(ネタ …

ヒューマンドラマ映画

映画『女の一生』あらすじとキャスト!感想も【原作小説紹介あり】

世界中で幾度も映像化されたモーパッサン原作による不朽の名作『女の一生』。2017年12月9日(土)より岩波ホールほか全国順次公開です。 新たに映画化された本作はステファヌ・ブリゼ監督の挑戦的な手法で、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『きらきら眼鏡』あらすじとキャスト紹介。公開する劇場情報も

映画『きらきら眼鏡』は、9月7日(金)TOHOシネマズららぽーと船橋にて先行上映。 また、9月15日(土)より有楽町スバル座、9月29日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開。 本作は第21回上海国 …

ヒューマンドラマ映画

映画『15時17分、パリ行き』あらすじ。実話のキャストは本人が演じる⁈

2015年にヨーロッパで起こった無差別テロ「タリス銃乱射事件」。 現場に居合わせ、犯人を取り押さえた3人の若者の幼少時代から事件に遭遇するまでの半生を描く実話がモチーフの作品です。 映画『15時17分 …

ヒューマンドラマ映画

映画『舟を編む』無料視聴はHulu!ネタバレ感想と考察も

9月16日に公開される『散歩する侵略者』に出演し、宇宙人になったような夫役を演じた松田龍平の主演作『舟を編む』。 公開から話題を呼び、松田龍平の高い演技力を初め、多くの賞を受賞した今作は「辞書作り」と …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学