Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/10/06
Update

【悪と仮面のルール】主題歌(Uru/追憶のふたり)の歌詞と発売日は?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

ミュージシャンUruの新曲「追憶のふたり」が、玉木宏主演で映画化した『悪と仮面のルール』主題歌に決定しました。

また、映画『悪と仮面のルール』は2018年1月13日より全国公開されtます。

今回はアーティストUruとその新曲「追憶のふたり」に注目します。

スポンサーリンク

1.映画『悪と仮面のルール』の作品情報


(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【監督】
中村哲平

【原作】
中村文則

【キャスト】
玉木宏、新木優子、久喜文宏、新谷弘一

【作品概要】
日本人で初めて「デイヴィッド・グディス賞」受賞して、現在アメリカで最も注目されている日本人作家の中村文則の傑作。

主演に『のだめカンタービレ』『あさが来た』などの玉木宏、『インターン』『僕らのごはんは明日で待ってる』など新木優子がヒロイン役を務めます。

2.映画『悪と仮面のルール』の主題歌


(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

映画『悪と仮面のルール』は、ウォール・ストリート・ジャーナルにてベスト選出され、日本のみならず世界で注目を集める芥川賞作家・中村文則の小説を、玉木宏主演で映画化した作品です。

この作品で玉木宏の演じた役は、自ら顔を変えることで過去を捨て、初恋の人のために殺人を繰り返す文宏役を狂気と悲しみで務めています。

映画ポスターは主人公の文宏の複雑な感情が表れたビジュアルになっており、右手の甲がまるでマスク(仮面)のようですし、影の部分に光る目の輝きに悪の一面もよく出ています。

このような作品の世界観に合わせて、アーティストのUruは「追憶のふたり」作詞・作曲をが手掛けました。

歌詞の内容は、別離した男性の幸せを願う無垢な想いを女性目線で歌った悲恋のミドルバラード

これは主人公の文宏が密かに思いを寄せるホステスの香織からの視点をUruなりに読み込み、歌われるものと考えてもよいでしょう。

また、この楽曲は、Kan Sanoのアレンジにより、ブラックミュージックやJAZZの要素も感じさせる上質な仕上がりとなっています。

映画『悪と仮面のルール』の演出を務めた中村哲平監督は、Uruの楽曲「追憶のふたり」を聴いた感想を次のように述べています。

「初めてデモを聴いた時に鳥肌が立ちました。今回の曲は、事前にUruさんにも映画を観て貰い、打ち合わせをしてから曲を作って貰いました。映画の中で描きたかった、もう一つの側面を込めるという事で。そして、彼女が作り上げた世界は本当に素晴らしかった。Uruさんの持っている透明感、純粋さ、切なさを伴う歌声、そして歌詞。これは、単なる映画の主題歌ではないです。この曲は映画の一部であり、この曲でなければ映画は完成しなかった。素晴らしい楽曲です。」

中村哲平監督はUruの「追憶のふたり」について、「単なる映画の主題歌ではない」「この曲は映画の一部」と語っています。

Uruが映画を観たうえで、ヒロイン香織の心境を読み取ったことが分かり、それが映像と音楽という作品の相乗効果をあげているのでしょう。

また、女性からの想いを中村監督に認められたアーティストUruは、映画と楽曲についっての作品性について次のように述べています。

「『悪と仮面のルール』は、その世界にどっぷりと浸かり自分なりの解釈をしてみたり登場人物の心情を悟ろうとしたり、人が人である人間らしさを嫌でも感じるような、それでいてラブストーリーでもある、とてつもなく深みのある作品だと感じました。主題歌を歌わせて頂くにあたり、それを壊さぬよう曲や歌詞などを考えさせて頂きました。『悪と仮面のルール』の世界と一体となれるような曲になってくれたら嬉しいです。」

Uruは映画の世界観に浸かり自分なりの解釈をしたようですね。

その感じた女性目線の“ラブストーリー”がどのように一体となれたのか、CDで聴くだけではなく、劇場でも注目して見聞きしたいところですね。注目しましょう。

Uruの新曲「追憶のふたり」は現在のところリリースは未定となっています。

情報解禁になりましたら、追って当サイトでご紹介させていただきます。

【楽曲情報】
Uru「追憶のふたり」
作詞・作曲:Uru 編曲:Kan Sano
リリース未定

スポンサーリンク

3.映画『悪と仮面のルール』のあらすじ


(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

財閥の久喜家に生まれた文宏は10歳の少年となると、⾃⾝の出⽣の秘密を知ることになります。

狂気で巨悪である文宏の実父は、文宏が純粋悪となることのみを望まれて生まれた存在だということでした。

また、“悪”となるための教育として、14歳の誕生日に「お前に地獄を見せる」と告げられます。

その日までに1年を切ったある日、文宏は父の部屋を覗き見ると久喜家の養女の香織が父の手により汚されるという地獄絵図。

“地獄”とは文宏を“悪”にするために、香織の全てが父により損なわれてしまうことだったのです。

香織を守るため文宏は父の命を殺めます。その行為もまた、父が理想として望んだ文宏が悪に近づくこと…。

やがて、次第に歪み憎悪する父の面影を宿していくことを恐れた文宏は、父の面影に怯える香織の前から去って行く決意をします。

10数年後…。

久喜文宏は姿を消してから、新谷弘一というまったくの別人になりすまし、影ながら香織を見守り続けていました。

ある日、香織の身を狙う存在を知ることとなります。その人物とは⽗と同じ歪みを持つ、文宏の兄というかでの存在だった…。

4.UruはTBS金曜ドラマ『コウノドリ』の主題歌も


©TBS

映画『悪と仮面のルール』の主題歌を担当する事になり、アーティストUruにますます注目っていますが、TBS金曜ドラマ『コウノドリ』の主題歌「奇蹟」も大きな話題になっています。

【リリース情報】
Uru
New Single「奇蹟」
2017年11月8日Release
初回生産限定盤[CD+DVD] AICL-3420~1 ¥1,620(tax in)
Uru直筆イラストPOSTカード封入
通常盤[CD] AICL-3422 ¥1,080(tax in)
※2形態共通初回プレス特典 チケット最速先行(抽選)受付シリアルナンバー封入

[CD]
1.奇蹟 ※TBS金曜ドラマ「コウノドリ」主題歌
作詞:Uru 作曲:B.EYES , ENNE 編曲:冨田恵一
2.あなたがここにいて抱きしめることができるなら
作詞・作曲:miwa 編曲:清塚信也
3.奇蹟 -instrumental-
4.あなたがここにいて抱きしめることができるなら -instrumental-
[DVD]
Uru Live「SS」@東京グローブ座 ~Debut Live Digest~

『コウノドリ』に出演する俳優の綾野剛は、Uruのドラマ主題歌の感想を次のように語っています。

命は希望だ。Uruの唄には命が寄り添っている。呼吸するように、産声をあげ、心を宿します。『奇蹟』を通して、喜びと不安と希望と現実を、力強い唄声で、ご家族に寄り添い届けてくださいました。
ドラマ『コウノドリ』を照らす光です。

それに対応するかのようにアーティストのUruは、次のように主題歌について述べています。

「コウノドリ」の主題歌を歌わせて頂ける事になり、すごく感慨深く、嬉しく思っています。
歌詞を書きながら、命が生まれる奇蹟や、それを大切に想う気持ち、それら全てと一緒に生きていくということもまた奇蹟なんだという事に気付けました。たくさんの方にこのドラマのメッセージが伝わるような曲として届いたら嬉しいです。

映画やドラマと主題歌で次々に注目され、たくさんのファンに楽曲を通してメッセージを贈り続けるアーティストUru。

今後も目が離せませんね。彼女の歌声はチェックです!

参考映像:【Official】Uru 『しあわせの詩』YouTube ver.
ドラマ『フランケンシュタインの恋』挿入歌

【Uru オフィシャルinfo】
HP:http://uru-official.com
YouTube:http://youtube.com/user/kimidorinohana
Twitter:http://twitter.com/uru_super
facebook:http://facebook.com/uru.singer
blog:http://ameblo.jp/uru-singer-diary

まとめ


映画『悪と仮面のルール』は、主人公・久喜文宏には玉木宏。これまでの精悍なイメージとは異なる稀代の“殺人者”を演じ、新たな一面を見せてくれます。

文宏がすべてを懸けて守ろうとする香織のヒロインにを新木優子。

テロ組織の実行犯の一人・伊藤を吉沢亮が演じるほか、中村達也、光石研、村井國夫、柄本明ら実力派俳優の共演。

2018年1月13日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショーとなります。

また、ヒロイン香織の一面を代弁するかのような作詞作曲で、新曲「追憶のふたり」を歌うUruの新曲リリースの情報は解禁まで今しばらくお待ちください。

追って当サイトでご紹介します。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『虹色デイズ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【佐藤令於、中川大志、高杉真宙、横浜流星】

映画『虹色デイズ』は、7月6日(金)より全国公開! 水野美波の同題人気コミックの映画化した。佐藤令於、中川大志、高杉真宙、横浜流星といった若手のホープが揃った男子生徒目線で描く学園ラブストーリー。 ま …

ヒューマンドラマ映画

映画『銃』キャスト女優日南響子(トースト女)の演技力。原作をより魅力的にした女神の存在感

芥川賞作家・中村文則の同名デビュー作を、『百円の恋』の武正晴監督のメガホン、村上虹郎と広瀬アリスの共演で映画化。 第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に正式出品された本作。 11月17日(土 …

ヒューマンドラマ映画

映画『サンドラの小さな家』あらすじ感想と評価解説。キャストのクレア・ダンが実話を基に人生の再出発を描く

映画『サンドラの小さな家』は2021年4月2日(金)より公開。 アイルランド出身の女優クレア・ダン。舞台出身の彼女が、家を失った友人の話から着想を得て脚本を書き上げた『サンドラの小さな家』。 その脚本 …

ヒューマンドラマ映画

アンドリュー映画『ブレス しあわせの呼吸』あらすじと感想。キャストの演技力と息づかい

映画『ブレス しあわせの呼吸』は、9月7日(金)角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー。 実在した主人公ロビン役に『ハクソー・リッジ』のアンドリュー・ガーフィールドが好演を見せ、献身的に愛した妻ダイアナ …

ヒューマンドラマ映画

井浦新映画『返還交渉人』ドラマあらすじを再構成!劇場公開する上映館情報も

「鬼の千葉なくして、沖縄返還なし」とも言われ、アメリカと激しい交渉を繰り広げた千葉一夫。 ノンフィクション「僕は沖縄を取り戻したい 異色の外交官・千葉一夫」を原案に、2017年8月にNHKBSプレミア …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学