Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/10/06
Update

【悪と仮面のルール】主題歌(Uru/追憶のふたり)の歌詞と発売日は?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

ミュージシャンUruの新曲「追憶のふたり」が、玉木宏主演で映画化した『悪と仮面のルール』主題歌に決定しました。

また、映画『悪と仮面のルール』は2018年1月13日より全国公開されtます。

今回はアーティストUruとその新曲「追憶のふたり」に注目します。

スポンサーリンク

1.映画『悪と仮面のルール』の作品情報


(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【監督】
中村哲平

【原作】
中村文則

【キャスト】
玉木宏、新木優子、久喜文宏、新谷弘一

【作品概要】
日本人で初めて「デイヴィッド・グディス賞」受賞して、現在アメリカで最も注目されている日本人作家の中村文則の傑作。

主演に『のだめカンタービレ』『あさが来た』などの玉木宏、『インターン』『僕らのごはんは明日で待ってる』など新木優子がヒロイン役を務めます。

2.映画『悪と仮面のルール』の主題歌


(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

映画『悪と仮面のルール』は、ウォール・ストリート・ジャーナルにてベスト選出され、日本のみならず世界で注目を集める芥川賞作家・中村文則の小説を、玉木宏主演で映画化した作品です。

この作品で玉木宏の演じた役は、自ら顔を変えることで過去を捨て、初恋の人のために殺人を繰り返す文宏役を狂気と悲しみで務めています。

映画ポスターは主人公の文宏の複雑な感情が表れたビジュアルになっており、右手の甲がまるでマスク(仮面)のようですし、影の部分に光る目の輝きに悪の一面もよく出ています。

このような作品の世界観に合わせて、アーティストのUruは「追憶のふたり」作詞・作曲をが手掛けました。

歌詞の内容は、別離した男性の幸せを願う無垢な想いを女性目線で歌った悲恋のミドルバラード

これは主人公の文宏が密かに思いを寄せるホステスの香織からの視点をUruなりに読み込み、歌われるものと考えてもよいでしょう。

また、この楽曲は、Kan Sanoのアレンジにより、ブラックミュージックやJAZZの要素も感じさせる上質な仕上がりとなっています。

映画『悪と仮面のルール』の演出を務めた中村哲平監督は、Uruの楽曲「追憶のふたり」を聴いた感想を次のように述べています。

「初めてデモを聴いた時に鳥肌が立ちました。今回の曲は、事前にUruさんにも映画を観て貰い、打ち合わせをしてから曲を作って貰いました。映画の中で描きたかった、もう一つの側面を込めるという事で。そして、彼女が作り上げた世界は本当に素晴らしかった。Uruさんの持っている透明感、純粋さ、切なさを伴う歌声、そして歌詞。これは、単なる映画の主題歌ではないです。この曲は映画の一部であり、この曲でなければ映画は完成しなかった。素晴らしい楽曲です。」

中村哲平監督はUruの「追憶のふたり」について、「単なる映画の主題歌ではない」「この曲は映画の一部」と語っています。

Uruが映画を観たうえで、ヒロイン香織の心境を読み取ったことが分かり、それが映像と音楽という作品の相乗効果をあげているのでしょう。

また、女性からの想いを中村監督に認められたアーティストUruは、映画と楽曲についっての作品性について次のように述べています。

「『悪と仮面のルール』は、その世界にどっぷりと浸かり自分なりの解釈をしてみたり登場人物の心情を悟ろうとしたり、人が人である人間らしさを嫌でも感じるような、それでいてラブストーリーでもある、とてつもなく深みのある作品だと感じました。主題歌を歌わせて頂くにあたり、それを壊さぬよう曲や歌詞などを考えさせて頂きました。『悪と仮面のルール』の世界と一体となれるような曲になってくれたら嬉しいです。」

Uruは映画の世界観に浸かり自分なりの解釈をしたようですね。

その感じた女性目線の“ラブストーリー”がどのように一体となれたのか、CDで聴くだけではなく、劇場でも注目して見聞きしたいところですね。注目しましょう。

Uruの新曲「追憶のふたり」は現在のところリリースは未定となっています。

情報解禁になりましたら、追って当サイトでご紹介させていただきます。

【楽曲情報】
Uru「追憶のふたり」
作詞・作曲:Uru 編曲:Kan Sano
リリース未定

スポンサーリンク

3.映画『悪と仮面のルール』のあらすじ


(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

財閥の久喜家に生まれた文宏は10歳の少年となると、⾃⾝の出⽣の秘密を知ることになります。

狂気で巨悪である文宏の実父は、文宏が純粋悪となることのみを望まれて生まれた存在だということでした。

また、“悪”となるための教育として、14歳の誕生日に「お前に地獄を見せる」と告げられます。

その日までに1年を切ったある日、文宏は父の部屋を覗き見ると久喜家の養女の香織が父の手により汚されるという地獄絵図。

“地獄”とは文宏を“悪”にするために、香織の全てが父により損なわれてしまうことだったのです。

香織を守るため文宏は父の命を殺めます。その行為もまた、父が理想として望んだ文宏が悪に近づくこと…。

やがて、次第に歪み憎悪する父の面影を宿していくことを恐れた文宏は、父の面影に怯える香織の前から去って行く決意をします。

10数年後…。

久喜文宏は姿を消してから、新谷弘一というまったくの別人になりすまし、影ながら香織を見守り続けていました。

ある日、香織の身を狙う存在を知ることとなります。その人物とは⽗と同じ歪みを持つ、文宏の兄というかでの存在だった…。

4.UruはTBS金曜ドラマ『コウノドリ』の主題歌も


©TBS

映画『悪と仮面のルール』の主題歌を担当する事になり、アーティストUruにますます注目っていますが、TBS金曜ドラマ『コウノドリ』の主題歌「奇蹟」も大きな話題になっています。

【リリース情報】
Uru
New Single「奇蹟」
2017年11月8日Release
初回生産限定盤[CD+DVD] AICL-3420~1 ¥1,620(tax in)
Uru直筆イラストPOSTカード封入
通常盤[CD] AICL-3422 ¥1,080(tax in)
※2形態共通初回プレス特典 チケット最速先行(抽選)受付シリアルナンバー封入

[CD]
1.奇蹟 ※TBS金曜ドラマ「コウノドリ」主題歌
作詞:Uru 作曲:B.EYES , ENNE 編曲:冨田恵一
2.あなたがここにいて抱きしめることができるなら
作詞・作曲:miwa 編曲:清塚信也
3.奇蹟 -instrumental-
4.あなたがここにいて抱きしめることができるなら -instrumental-
[DVD]
Uru Live「SS」@東京グローブ座 ~Debut Live Digest~

『コウノドリ』に出演する俳優の綾野剛は、Uruのドラマ主題歌の感想を次のように語っています。

命は希望だ。Uruの唄には命が寄り添っている。呼吸するように、産声をあげ、心を宿します。『奇蹟』を通して、喜びと不安と希望と現実を、力強い唄声で、ご家族に寄り添い届けてくださいました。
ドラマ『コウノドリ』を照らす光です。

それに対応するかのようにアーティストのUruは、次のように主題歌について述べています。

「コウノドリ」の主題歌を歌わせて頂ける事になり、すごく感慨深く、嬉しく思っています。
歌詞を書きながら、命が生まれる奇蹟や、それを大切に想う気持ち、それら全てと一緒に生きていくということもまた奇蹟なんだという事に気付けました。たくさんの方にこのドラマのメッセージが伝わるような曲として届いたら嬉しいです。

映画やドラマと主題歌で次々に注目され、たくさんのファンに楽曲を通してメッセージを贈り続けるアーティストUru。

今後も目が離せませんね。彼女の歌声はチェックです!

参考映像:【Official】Uru 『しあわせの詩』YouTube ver.
ドラマ『フランケンシュタインの恋』挿入歌

【Uru オフィシャルinfo】
HP:http://uru-official.com
YouTube:http://youtube.com/user/kimidorinohana
Twitter:http://twitter.com/uru_super
facebook:http://facebook.com/uru.singer
blog:http://ameblo.jp/uru-singer-diary

まとめ


映画『悪と仮面のルール』は、主人公・久喜文宏には玉木宏。これまでの精悍なイメージとは異なる稀代の“殺人者”を演じ、新たな一面を見せてくれます。

文宏がすべてを懸けて守ろうとする香織のヒロインにを新木優子。

テロ組織の実行犯の一人・伊藤を吉沢亮が演じるほか、中村達也、光石研、村井國夫、柄本明ら実力派俳優の共演。

2018年1月13日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショーとなります。

また、ヒロイン香織の一面を代弁するかのような作詞作曲で、新曲「追憶のふたり」を歌うUruの新曲リリースの情報は解禁まで今しばらくお待ちください。

追って当サイトでご紹介します。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ラブレス』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【アンドレイ・ズビャギンツェフ】

ロシアの鬼才アンドレイ・ズビャギンツェフ監督の映画『ラブレス』は、カンヌ国際映画祭審査員特別賞や数々の映画祭で賞賛を受けました。 また、米アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされるなど、映画関係者か …

ヒューマンドラマ映画

花戦さキャストとあらすじ!原作はある?舞台挨拶や試写会情報も

その花僧、大胆不敵なり! 花の力で世直しに挑んだ男の痛快時代劇エンターテインメント『花戦さ』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『花戦さ』の作品情報映画『花戦さ』のキャスト一覧池坊 …

ヒューマンドラマ映画

枝優花映画『少女邂逅』あらすじとキャスト。感想レビューのオススメも

気鋭の監督とミュージシャンによるコラボプロジェクト「MOOSIC LAB2017」で製作された枝優花(監督)✕水本夏絵(音楽)による『少女邂逅』は全7回の上映で全て満員となり、長編部門観客賞に輝きまし …

ヒューマンドラマ映画

『あゝ、荒野』無料視聴はU-NEXT。4話あらすじネタバレと感想も

今最も熱い若手俳優・菅田将暉の主演作が、寺山修司・原作の映画化として上映されます。 いよいよ配信版も、劇場版の後編にあたるストーリーに入っていきます。 第4話でもいきなり新次とバリカンの間に驚きの関係 …

ヒューマンドラマ映画

映画『神さまの轍』あらすじと主題歌はフレデリック。上映館の紹介も

映画『神さまの轍‐Checkpoint of the life-』は、2月24日(土)より京都神戸先行公開(イオンシネマ久御山・イオンシネマ高の原・OSシネマズ神戸ハーバーランド)。 3月17日(土) …

【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP