Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2022/01/29
Update

ネタバレ感想『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』結末あらすじと解説評価。ウェス・アンダーソン監督が名優たちと共に作り上げた“至高の世界”

  • Writer :
  • 西川ちょり

ウェス・アンダーソン監督が名優たちと共に作り上げた至高の世界

ウェス・アンダーソン監督の長編第10作目を飾る最新作の舞台は、20世紀フランスの架空の街にある『フレンチ・ディスパッチ』誌の編集部です。

『フレンチ・ディスパッチ』は米国新聞社の支社が発行する雑誌で一癖も二癖もある才能豊かな記者たちが活躍し、大勢の読者の指示を受けていました。ところが編集長が仕事中に急死し、遺言によって廃刊が決まってしまいます。

最終号には追悼文と共に、4つの記事が掲載されることになりました。それは一体どのような記事なのでしょうか。

ビル・マーレイ、オーエン・ウィルソン、エドワード・ノートン、ティルダ・スウィントン、レア・セドゥ、ウィレム・デフォー、シアーシャ・ローナンといったウェス・アンダーソン映画でおなじみの顔ぶれに、ベニチオ・デル・トロ、ティモシー・シャラメ、エリザベス・モス等、ウェス・アンダーソン作品初参加の俳優陣も加わり、ウェス・アンダーソンならではの機知に富んだ世界が展開します。

スポンサーリンク

映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』の作品情報


(C)2021 20th Century Studios. All rights reserved.

【日本公開】
2022年公開(アメリカ映画)

【原題】
The French Dispatch of the Liberty, Kansas Evening Sun

【制作・原案・監督・脚本】
ウェス・アンダーソン

【キャスト】
ビル・マーレイ、シアーシャ・ローナン、ティモシー・シャラメ、ティルダ・スウィントン、レア・セドゥ、ベニチオ・デル・トロ、ウィレム・デフォー、エイドリアン・ブロディ、オーウェン・ウィルソン、ヘンリー・ウィンクラー、ルパート・フレンド、セシル・ドゥ・フランス、フランシス・マクドーマンド、フィッシャー・スティーヴンス、ジェフリー・ライト、ジェイソン・シュワルツマン、ロイス・スミス、グリフィン・ダン、ボブ・バラバン、マチュー・アマルリック、ドゥニ・メノーシェス、アレックス・ローサー、スティーヴン・パーク、ウォレス・ウォロダースキー、ギョーム・ガリエンヌ、ステファン・バック、リナ・クードリ、リーヴ・シュレイバー、エドワード・ノートン、トニー・レヴォロリ

【作品概要】
グランド・ブダペスト・ホテル』でアカデミー賞4部門受賞したウェス・アンダーソン監督の長編第十作目を飾る最新作。

20世紀フランスの架空の街にある「フレンチ・ディスパッチ」誌の編集部を舞台に、豪華キャスト陣が集結。三部構成で展開し、ウェス・アンダーソンらしい演出が随所に散りばめられています。

映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』あらすじとネタバレ


(C)2021 20th Century Studios. All rights reserved.

アメリカの新聞『カンザス・イヴニング・サン』の別冊で、フランスのアンニュイ=シュール=ブラゼに編集部を構える雑誌『フレンチ・ディスパッチ』。

国際問題、政治、アート、ファッション、フードと幅広い内容を誇り、一癖も二癖もある才能豊かな記者たちによる記事は広く読まれ、人気を博していました。

ところが、ある日、雑誌の創刊者で名物編集長のアーサー・ハイウイッツアー・Jr(ビル・マーレイ)が心臓麻痺で急死してしまいます。

彼の遺言に従って『フレンチ・ディスパッチ』は廃刊が決まり、編集長の追悼号は雑誌の最終号として4つの記事を掲載することになりました。

まず巻頭を飾るのは自転車に乗ってアンニュイ=シュール=ブラゼをリポートするエルブサン・サゼラック(オーウェン・ウィルソン)です。

アンニュイ=シュール=ブラゼは丘陵にある古い町で、かつては職人の町として栄えました。ブラゼ川が流れ、石造りの建物が並ぶ美しい町です。

一方で、町には裏の顔があり、夕暮時になると売春婦や男娼が姿を見せ始めます。町にはネズミの大群がいて、屋根には多くの猫が集まっています。サゼラックは悪ガキたちに襲われ、自転車から落下することも。

アンニュイ=シュール=プラゼの裏の顔に果敢に攻め込んだサゼラックのレポートに編集長は「さすがに下品すぎないか?」と尋ねました。

STORY1「確固たる名作」by J・K・L・ベレンセン


(C)2021 20th Century Studios. All rights reserved.

美術界の裏も表も知り尽くすJ・K・L・ベレンセン(ティルダ・スウィントン)によるレポート。

フレンチ・スプラッター派アクション絵画の先駆者として知られるモーゼス・ローゼンターラー(ベニチオ・デル・トロ)は、ユダヤ系メキシコ人の牧場主の父を持つ裕福な生まれでしたが、バーテンダー2人を殺した罪で50年の刑に処せられ、服役していました。

彼は11年目に「特別活動」をはじめ、やがて看守のシモーヌをモデルに絵を描くようになります。シモーヌ(レア・セドゥ)とローゼンターラーはベッドをともにしますが、ローゼンターラーが求婚してもシモーヌは断り、彼を悲しませます。

たまたま同時期に服役していた美術商のジュリアン・ガタージオ(エイドリアン・ブロディ)はローゼンターラーの絵に注目し、絵を買いたいと交渉します。

欲のないローゼンターラーはタバコを数十本要求しますが、ガタージオはそんな安い値段では駄目だと言って契約を交わし、出所後、金を支払い、たちまち彼をスターにします。

しかし、ローゼンターラーは次の作品をなかなか描きません。ヤキモキしたガタージオはローゼンターラーが仮釈放されることに希望を求めますが、反省した姿を見せなかったため、仮釈放は却下されてしまいました。

ローゼンターラーの影響を受けたフレンチ・スプラッター派が誕生する中、3年がたち、ガタージオはローゼンターラーを訪ね言いました。「当代随一の画家にした。いつまで待たせる?」

シモーヌによると絵は出来ているようですが、ローゼンターラーはあと一年待ってくれと言うのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには「確固たる名作」ネタバレ・結末の記載がございます。「確固たる名作」をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ついに絵画は完成し、ガタージオは画商の叔父や出資者の叔母を連れて刑務所を訪ねます。絵を観たガタージオは傑作だと確信し有頂天になりますが、絵画は刑務所の趣味室の強化セメントの壁に描かれていました。

一転、彼は奈落の底に突き落とされます。壁をはがして移動させるにはあまりにも複雑な手続きと長い年月が必要だからです。

ローゼンターラーはすべてシモーヌを描いたと満足気に微笑みました。シモーヌはその後、モデルとミューズ代をもらって看守を辞め、離れて暮らしていた子どもをひきとり共に暮らすようになります。

その時、突然刑務所から脱走した男たちがなだれ込んできて、趣味室はパニックになります。何人かが亡くなりますが、怒ったローゼンターラーが暴れて、囚人たちを叩き潰してしまいます。

上流階級の人々を救ったことでローゼンターラーは仮釈放が認められることになりました。

その際、叔母は作品を買い、それから20年後、趣味室をまるごと軍用機に乗せ、作品は美術館におさめられました。前衛芸術はようやく居場所をみつけたのです。

STORY2「宣言書の改訂」byルシンダ・クレメンツ


(C)2021 20th Century Studios. All rights reserved.

高潔なジャーナリスト、ルシンダ・クレメンツ(フランシス・マクドーマンド)によるレポート。

アンニュイ=シュール=ブラゼでは学生のデモが盛んに行われていました。

ルシンダ・クレメンツは友人から食事に招かれ出かけていきますが、そこにはもうひとり招待客がいました。

友人夫婦は独身の彼女に男性を紹介したかったため、もうひとりくるのを内緒にしていたのです。言えば、彼女は来なかっただろうと。クレメンツはあえて独身なのだと語り、仕事に、結婚、家庭は邪魔なだけだと応えました。

目に何かが入り痛くなり、クレメンツはバスルームに飛び込みます。すると夫婦の息子が風呂に入っている最中でした。

彼は学生運動のリーダー格のゼフィレッリ・B(ティモシー・シャラメ)。彼はクレメンツに宣言書を見てくれと依頼します。

校正しようとするクレメンツにゼフィレッリは内容を見るだけだと抵抗しますが、まず誤字から直さないと言われてしまいます。それをきっかけにふたりは付き合うようになります。

裸でベッドに横たわるゼフィレッリは、彼がクレメンツの部屋で過ごしていることを親が知っていると知り驚きます。彼の隣でタイプライターを打ち続けているクレメンツになぜ話したのかと問うと、彼女は尋ねられたから知らないフリはできなかったのだと答えました。

ルシンダは学生たちの取材をするため、ゼフィレッリから話を聞きます。落第して兵役に行ったミッチミッチが脱走して逮捕されたのが、ゼフィレッリが学生運動に従事するようになったきっかけでした。

彼は「若き理想主義者運動」を立ち上げ、大学や国を相手に抗議し、やがてチェス革命が勃発。大学当局とチェスで闘うことになります。

「若き理想主義者運動」の会計係ジュリエット(リナ・クードリ)が登場。彼女は宣言書の改訂版を受け取りますが、付録が必要なのかと首をかしげます。

改訂を行ったのがクレメンツだと知り、ジャーナリストのあなたがなぜ?と猛反発。クレメンツにひどい言葉を投げつけます。

ゼフィレッリがジュリエットを落ち着かせようとしますが、おさまらず、その時、大学側からチェスを打つ番だと知らせが入ります。

しかし、ジュリエットは「ゼフィレッリのことが好きなの」と告白。ついに大学側からは「タイムオーバー」と通告が入り、催涙弾が打ち込まれました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには「宣言書の改訂」ネタバレ・結末の記載がございます。「宣言書の改訂」をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

「青春を謳歌しなさい」とクレメンツから言われたふたりは、バイクに飛び乗り、幸せな恋人同士になりました。

ゼフィレッリは、クレメンツとジュリエットとの体験を想い、「人が最後まで忘れないのは匂いらしい」とつぶやきます。

ある夜、海賊電波塔で放送を開始し、宣言の訂正を読み上げていると、途中で切れてしまいます。ゼフィレッリはするすると電波塔のてっぺんまで登っていき、調整をしているさなか、感電し、その後、川で水死体となって発見されました。

STORY3「警察署長の食事室」byローバック・ライト


(C)2021 20th Century Studios. All rights reserved.

祖国を追放された孤独な記者・ローバック・ライト(ジェフリー・ライト)のレポート。

ローバック・ライトは、警官としても優秀で、アンニュイ警察署長(マチュー・アマルリック)のお抱えシェフでもあるポリス料理家ネスカフィエ(スティーヴン・パーク)を取材するため、署長の食事室に向かいました。

地図が苦手なローバック・ライトはなかなか部屋にたどり着けません。ギャング組織の悪徳弁護士アバカス(ウィレム・デフォー)が鶏小屋に入っているのに遭遇しますが、部屋の電気がつくと、警官が大挙して彼を囲んでいて驚きます。

ようやく部屋にたどり着きますが、魅惑の食事タイムは署長の一人息子ジジが誘拐されたことで大騒動へと発展します。誘拐犯は天窓の穴からジジを引っ張り出すと、気球に乗せて逃げ去りました。

主犯格は運転手のジョー(エドワード・ノートン)でした。アバカスを釈放しなければ息子を殺すと脅します。

怒った所長はあらゆる情報を集め、アジトを特定します。所長は腹が減ったとネスカフィエに告げ、食事をとりながら救出作戦を練りました。

「息子は腹ペコだろう。シェフに料理を届けさせる。もちろん君たちの分もだ」と所長は誘拐犯たちと交渉し、ネスカフィエが隠れ場に行くことになりました。

ネスカフィエが犯人たちの前に食事を取り出すと、ジョーはネスカフィエに毒味をさせました。当然料理には毒が入っていましたが、ネスカフィエは猛毒を食べました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには「警察署長の食事室」ネタバレ・結末の記載がございます。「警察署長の食事室」をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

安心した犯人たちは食事を取り始めました。1人の若い女性(シアーシャ・ローナン)が料理をジジに持っていきました。犯人たちは猛毒を食べたせいで次々と倒れていきました。

ネスカフィエは超人的な胃袋で一命をとりとめました。ジジが大根を忌み嫌っていることもわかっていました。ところがジョーも大根が嫌いだったのです。

1人生き延びたジョーはジジを車に乗せて逃走を図りました。所長たちの乗ったパトカーが懸命に追跡します。

やがてジジは車の天窓から屋根に出て、後ろのパトカーに飛び移りました。子どもに気を取られて前を向いていなかったジョーは車ごと海に落ちて行きました。

ローバック・ライトはのちにネスカフィエに一世一代のディナーについて尋ねます。「なぜやり遂げられたのですか?」と。

すると彼は応えました。「皆から失望されたくなかっただけです。異邦人ですから」。

ライトもすかさず応えました。「私もそうです」。

「フレンチ・ディスパッチ」の編集部員、風刺漫画家(ジェイソン・シュワルツマン)、ストーリー・エディター(フィッシャー・スティーブンス)、法務顧問(グリフィン・ダン)、コピー・エディター(エリザベス・モス)、校正者(アンジェリカ・ベティ・フェリーニ)、長年編集部にいながら一度も記事を書いたことがない記者(ウォーリー・ウオロダースキー)たちは、集まって、追悼記事について話しあっていました。

誰かが「なにか書かないと。担当は誰だ?」と問いかけると、「一緒に書こう。死亡記事を、わいわいと」と声が飛び、皆が口々に言葉を発し始めました。

スポンサーリンク

映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』感想と評価


(C)2021 20th Century Studios. All rights reserved.

『フレンチ・ディスパッチ』誌は、1925年に創刊されたアメリカの老舗雑誌『ニューヨーカー』をモデルにしています。

ウェス・アンダーソンは高校生の頃に高校の図書館で『ニューヨーカー』誌に出会い、夢中になって読みふけったそうです。

本作に登場する編集者や記者たちは、『ニューヨーカー』の偉大な編集長、多彩な記事を書いた記者やライターなど実在の人物のイメージを纏っています。

二大編集長として著名なハロルド・ロスとウィリアム・ショーンがビル・マーレイが演じた編集者にインスピレーションを与えたことはいわずもがな。

自転車に乗って町をレポートするオーウェン・ウィルソン演じた記者は、『ニューヨーカー』のスタッフライターのジョゼフ・ミッチェルや、ストリートファッションスナップの写真家で映画にもなったビル・カニンガム等がモデルになっています。

『ニューヨーカー』は良質な短編小説を載せることでも大変有名ですが、掲載は非常に厳しく、J・D・サリンジャーも、なかなか採用にならず一旦掲載されることが決まった作品がボツになったという有名な逸話もあるくらいです。

そんな中、フランシス・マクドーマンドが演じたジャーナリストのモデルであるメイヴィス・ギャラントは『ニューヨーカー』に100編以上の短編を発表したことで知られています。

また、ウェス・アンダーソンはフランス文化にも憧れが強く、実際、フランスで暮したり、本作においてのフランス映画の影響を公言しています。

特に“STORY2「宣言書の改訂」”は、ヌーヴェル・ヴァーグの影響が色濃く見られ、若者たちの政治と青春というテーマは、ゴダールの『中国女』(1967)、『男性・女性』(1965)などの作品を彷彿させます。

アニメーションが大々的に登場するのも、フランスのマンガ文化への経緯の現れではないでしょうか。

ウェス・アンダーソンはこのように自身の大好きなものをたっぷり詰め込み、いつもながらに抜群のデザインセンスを発揮しながら、『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』という夢のような雑誌を編集したといえるでしょう。

ちょうど、彼が高校のとき、図書館で『ニューヨーカー』に出会ったときのように、ページをめくるたびにワクワクし、読んでいるときは勿論のこと、手に携えているだけでも幸せな気持ちを味わえる、そんな雑誌=映画を作り上げたのです。

ただ、そのような幸福感に包まれながらも、この雑誌が最終号であることを忘れてはいけないでしょう。名編集者がいて、個性的な記者がユニークな記事を次々と発表し、圧倒的な人気を誇る雑誌というのは、最早少なくなっています。

今や斜陽文化ともいえる雑誌の世界。時代の変わり目にその衰退を目撃しながら、過去の珠玉の文化に敬意を現し、そこに溢れた才気と稚気を確かに受け取り、作り上げられたのが本作なのです。

まとめ


(C)2021 20th Century Studios. All rights reserved.

ウェス・アンダーソンにはどのようなイメージがあるでしょうか。シンメトリーを基本にした独特の世界観、抜群のテザインセンス、稚気に溢れたカメラワーク、そんなおしゃれなイメージが浮かんできます。

しかし、勿論、それだけではウェス・アンダーソンを語ることは出来ません。映画『グランド・ブタペスト・ホテル』(2014)がそうだったように、映画の芯の部分には骨太なものが備わっています。

グランド・ブタペスト・ホテル』でレイフ・ファインズが扮した伝説のコンシェルジュは「かすかな文明の光はまだあった。かつての人間性を失い殺戮の場と化した世界にも。彼もそのひとつだった」と称されます。

『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』の各エピソードにもそのような「光」を見ることができるでしょう。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生|あらすじと感想【実話】

ドイツで大ヒットを記録した感動の実話を映画化し、笑って沁みて元気になるハートフルなエンターテイメント『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』。 突然、先天性の病気で95%の視覚を失った青年サリー …

ヒューマンドラマ映画

映画『大脱走』あらすじネタバレ感想とラスト結末の解説。名曲マーチとマックイーンらの集団逃走が見どころ!

史実を基に描かれた、前代未聞の大脱走。 男たちの脱走は成功するのか? 第二次世界大戦下、オーストラリア空軍の戦闘機パイロットだったポール・ブリックヒルが、捕虜として収容されたドイツの「スタラグ・ルフト …

ヒューマンドラマ映画

スピルバーグ映画『続・激突!カージャック』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。代表作の隠れた名作であり、劇場映画への思いが満載の作品を読み解く

スピルバーグ映画の代表作にして、改新的な劇場映画第1作『続・激突!カージャック』 スティーヴン・スピルバーグ監督の初期の代表作といえば、16日間で撮影を行ったテレビ映画『激突!』(1971)が高い評価 …

ヒューマンドラマ映画

ミッドナイトスワン|凪沙の死と病気の原因は?ネタバレ含め映画版・小説版劇中描写の紹介を交えて考察

映画『ミッドナイトスワン』は2020年9月25日(金)より全国にて絶賛公開中! 俳優・草彅剛を主演に迎え、『下衆の愛』(2016)の内田英治監督が自身の手がけたオリジナル脚本をもとに制作した映画『ミッ …

ヒューマンドラマ映画

映画『風と共に去りぬ』ネタバレ感想と解説。黒人差別とキャストの存在感

映画史の名作『風と共に去りぬ』 アメリカ南部の自然の圧倒的なロケーションの魅力。 4時間をゆうに超える叙事詩の雄大な語り。ハリウッドを代表するヴィヴィアン・リーやクラーク・ゲーブルといったスター俳優た …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学