Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

『チア男子!!』キャストの橋本一馬役は中尾暢樹(まさき)。プロフィールと演技力の評価

  • Writer :
  • YUMIKO

映画『チア男子!!』は2019年5月10日(金)ロードショー!

『桐島、部活やめるってよ』『何者』で知られる直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアリーディングングチームをモデルに書き上げた『チア男子!!』がついに待望の実写映画化。

監督を務めるのは、期待の新鋭・風間太樹。大ヒット映画『帝一の國』のスピンオフドラマ『帝一の國~学生街の喫茶店~』で商業作品デビューし、『恋は雨上がりのように』などを手がけています。

主演は、映画『兄友』『虹色デイズ』、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』の人気急上昇中の若手俳優・横浜流星。

ダブル主演を務めるのは、映画『一礼して、キス』、ドラマ『はんなりギロリの頼子さん』の新星・中尾暢樹(まさき)

瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、清水くるみ、唐田えりかなど若手俳優たちに加え、伊藤歩、浅香航大といったベテランも共演。

この記事では、橋本一馬役を演じる中尾暢樹(まさき)について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『チア男子!!』の作品情報


(C)朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
朝井リョウ『チア男子!!』(集英社文庫刊)

【監督】
風間太樹

【キャスト】
横浜流星、中尾暢樹、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、浅香航大、清水くるみ、唐田えりか、山本千尋、伊藤歩

【作品概要】

個性豊かな7人の男子大学生が、男子チアリーディング部「BREAKERS」を立ち上げる青春ドラマ。

直木賞作家・朝井リョウの同名小説で、2011年にコミカライズ、2016年にアニメ化・舞台化された人気作品。

あまり例のない「男子チアリーディング部」への固定概念や冷たい視線、そこから生まれる葛藤。それらを乗り越えていく姿を熱く描いた、ノンストップ青春ストーリーです。

横浜流星、中尾暢樹、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、浅香航大、清水くるみ、唐田えりか、山本千尋、伊藤歩など、若手を中心とした人気俳優らが出演します。

監督は新鋭の風間太樹。

映画『チア男子!!』のあらすじ


(C)朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT

柔道の道場の長男に生まれ、幼い頃から柔道を続けてきた晴希。

しかしやさしすぎる性格から強くなれません。常に勝ち続ける姉の晴子と比べて、自分に才能がないことに悩んでいます。

そんな中、試合中に肩をケガしたことをきっかけに柔道に距離を置く晴希。柔道仲間で、無二の親友・一馬は、「一緒に新しいことを始める」と宣言します。

なんとそれは、前代未聞の「男子チアリーディング部」の創設でした。

些細なことが大けがにつながるため、仲間を信頼することがチアの基本。

男子チア部「BREAKERS」はそれを守りながら練習に打ち込みますが、やがてメンバー内での歯車が狂い始め、決定的ともいえる亀裂を生んでしまい…。

スポンサーリンク

映画『チア男子!!』橋本一馬役は中尾暢樹(まさき)

参考映像:『一礼して、キス』(2017)

映画『チア男子!!』で橋本一馬役を演じる中尾暢樹(まさき)は1996年11月27日生まれ。埼玉県出身の俳優・タレントです。

所属事務所ワタナベエンターテインメントの俳優集団D-BOYSの最年少メンバー。

高校1年生の時にワタナベエンターテインメントスクールに入り、2013年開催の「D-BOYSオーディション10th」でファイナリストに選ばれました。

2014年より、アイドルユニットCHaCK-UPのメンバーとなり、2015年には阿久津愼太郎プロデュースの企画アイドルユニット・妖~AYAKASHI~のメンバーとしても活動。

2016年よりD-BOYSのメンバーとなりました。

2016年特撮ヒーロー『動物戦隊ジュウオウジャー』、風切大和役で主演を務めて注目されました。

2017年映画『一礼して、キス』で主人公の一途な後輩男子を好演。

2018年にはドラマ『はんなりギロリの頼子さん』『パフェちっく!』など数多くのドラマに出演しています。

2019年には原田知世・田中圭主演のドラマ『あなたの番です』に出演が決定しています。今、大注目の若手俳優です。

映画『チア男子!!』橋本一馬はどんな役?


(C)朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT

横浜流星演じる晴希の幼なじみで無二の親友。柔道仲間でもあります。

晴希がケガをして柔道を続けるべきか迷っているのを見て、突然「柔道をやめて一緒に新しいことをやる」と宣言。

男子チアチーム「BREAKERS」の発起人となります。

スポンサーリンク

中尾暢樹(まさき)の演技力の評価は

参考映像:中尾暢樹が演じる風切大和役のジュウオウダンス『動物戦隊ジュウオウジャー』

ワタナベエンターテインメントの人気俳優ユニットD-BOYSの最年少メンバー・中尾暢樹

特撮ヒーロー『動物戦隊ジュウオウジャー』の主演を務め、今人気急上昇中の若手俳優です。

2017年には青春ラブストーリー映画『一礼して、キス』で銀幕初主演

先輩に一途に恋する年下の男子役。強引にキスするシーンや、壁に押し付ける胸キュンシーンの連続で、女性の心を鷲掴みにしました。

ワタナベエンターテインメントスクールで培った演技の評価も高く、大きく期待されているフレッシュな俳優です。

中尾暢樹(まさき)の公式SNSの紹介

中尾暢樹(まさき)の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

View this post on Instagram

#平成 はあと1ヶ月 #令和 の時代くるぞ。 #よいしょ

中尾暢樹さん(@masaki_nakao_)がシェアした投稿 –

まとめ


(C)朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT

直木賞作家・朝井リョウの人気小説原作で、アニメ化・舞台化もされている人気作品『チア男子!!』。満を持して待望の実写映画化となりました。

キャストには、横浜流星、中尾暢樹、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、清水くるみ、唐田えりか、山本千尋といったフレッシュな顔ぶれを中心に、浅香航大、伊藤歩というベテランまで人気俳優たちが集結。

新鋭監督として注目されている風間太樹監督が作り出す、「日本中を笑顔にする」ノンストップ青春エンターテイメント。公開を前に期待が大きく高まっています。

横浜流星と共にダブル主演を務めるのは、『ジュウオウジャー』の主役で注目された、これからブレイクが期待される新星・中尾暢樹(まさき)。

観る人をみんな笑顔にする作品『チア男子!!』は2019年5月10日より全国ロードショーです。


関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『サラバ静寂』若葉竜也(トキオ役)演技評価と感想

音楽が禁止された世界で、音楽に出会ってしまった若者たちの姿を描いた映画『サラバ静寂』。 今作の主演ミズト役を務めたのは吉村界人。そしてトキオ役で共演を果たしたのは、映画『葛城事件』の演技が注目を呼び、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『オーファンズ・ブルース』あらすじと感想。工藤梨穂監督の世界観を「肌(はだ)」で感じる

徐々に記憶が欠落していく女性エマの、幼馴染を探す旅を描いたロードムービー映画『オーファンズ・ブルース』。 2019年5月31日から、テアトル新宿にて1週間限定で上映される、本作をご紹介します。 スポン …

ヒューマンドラマ映画

映画『火口のふたり』あらすじネタバレと感想。原作・白石一文の災害と男女と肉体の物語を荒井晴彦が描く

映画『火口のふたり』は2019年8月23日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国公開 直木賞作家・白石一文が東日本大震災の翌年である2012年に発表した同名小説を原作に、往年の名脚本家にして映画監督・荒井晴 …

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『金子文子と朴烈(パクヨル)』あらすじネタバレと感想。チェ・ヒソの女優としての演技力とチャーミングさは必見!

朴と共に死ねるなら、私は満足しようー。 本国の韓国で235万人の観客動員を記録! 大正時代の日本に実在したアナキスト・朴烈と日本人女性、金子文子が、愛と誇りのため、巨大国家と闘う姿を、激しくも痛快に描 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ミは未来のミ』感想レビューと評価。磯部鉄平×櫻井保幸が映画祭で話題を集めた“未来に進む不安と意義”の描写力

磯部鉄平監督作品が、アップリンク吉祥寺にてレイトショー公開! 「大阪アジアン映画祭」インディ・フォーラム部門「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」「Kisssh-Kissssssh映画祭」など、さまざま …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学