Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

斎藤工映画『家族のレシピ』ネタバレ感想。日本とシンガポールのソウルフード料理で描く家族の絆

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『家族のレシピ』は2019年3月9日より、シネマート新宿ほか全国ロードショー!

日本とシンガポールの外交関係樹立50周年を記念して、両国のスタッフ・キャストを集結させた、親子とソウルフードの物語。

監督は『TATSUMIマンガに革命を起こした男』のエリック・クー。

主演は話題作・ヒット作の常連の斎藤工。共演に伊原剛志、マーク・リー、ジネット・アウ、別所哲也、ビートリス・チャン、松田聖子。

両国でロケを行い、対照的な風景と歴史を感じさせる作品となっています。

スポンサーリンク

映画『家族のレシピ』の作品情報


(C)Zhao Wei Films/Wild Orange Artists

【公開】
2019年(シンガポール・日本・フランス合作映画)

【原題】
Ramen Teh

【脚本】
ウォン・キム・ホー

【監督】
エリック・クー

【キャスト】
斎藤工、マーク・リー、ネット・アウ、伊原剛志、別所哲也、ビートリス・チャン、松田聖子

【撮影】
ブライアン・ゴードン・タン

【料理監修】
竹田敬介

【シンガポール料理監修】
レスリー・テイ

【スチール】
レスリー・キー

【作品概要】
2016年にシンガポールと日本の外交関係樹立50周年を記念し、日本とシンガポールのソウルフードであるラーメンとバクテー(肉骨茶)がつなぐ国境を越えた家族の愛物語です。

監督は長編アニメ『TATSUMI マンガに革命を起こした男』で知られるエリック・クー。

2018年の東京国際映画祭のワールド・フォーカス特別上映。

映画『家族のレシピ』のキャラクターとキャスト


(C)Zhao Wei Films/Wild Orange Artists

真人(斎藤工)
日本人とシンガポール人のハーフ。父親とラーメン屋を営む。

政夫(伊原剛志)
真人の父、バブル期にシンガポールで和食料理店を営んでいた。

メイリアン(ジネット・アウ)
真人の母、シンガポール人。日本人である政夫と結婚したため家族とは気まずくなる。

ウィー(マーク・リー)
メイリアンの弟、数十年ぶりに再会した甥の真人の世話を焼く。

明男(別所哲也)
政夫の弟、同じラーメン屋で働く

マダム・リー(ビーストリ・チャン)
メイリアンの母。太平洋戦争では日本人に家族を殺された過去を持つ。

美樹(松田聖子)
在シンガポールの女性。ブロガーとして現地の料理を紹介している。

スポンサーリンク

映画『家族のレシピ』のあらすじとネタバレ


(C)Zhao Wei Films/Wild Orange Artists

群馬で父親の政夫とラーメン屋を営む真人。

母でシンガポール人のメイリアンの死後、父子の関係はぎくしゃくし、いつしかまともな会話もなくなっていました。

そんなある日、政夫が急に倒れ、そのまま亡くなってしまいます。

父親の遺品を整理していた真人はそこでシンガポール生活を記録した写真や日記が出てきました。

幼い頃シンガポールで育った真人ですが、それ以降は日本で過ごしてきたので記憶も断片的で曖昧です。
両親を失った真人は自分の源流をたどるためシンガポールに向かいます。

以下、『家族のレシピ』ネタバレ・結末の記載がございます。『家族のレシピ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

現地で真人を案内してくれるのはシンガポールで暮らす日本人女性の美樹。

彼女がシンガポール料理を紹介するブログを介して真人と以前から知り合いでした。

美樹のおかげでシンガポール人のソウルフードのバクテー屋を営む叔父のウィーと再会を果たします。

しかし、ウィーとメイリアンの母で、真人の祖母マダム・リーとはまともに会話もできません。

リーは夫を戦争で殺されていて、更に娘が日本人と結婚してということもあって、日本人の血が流れる孫の真人に対して複雑な感情を抱えたままでした。

全てを知った真人はラーメンとバクテーを合わせた“ラーメンテー”を生み出し、マダム・リーと日本、シンガポールのそれぞれの家族に披露します。

一つの食べ物が国籍を越えた瞬間でした。

映画『家族のレシピ』の感想と評価


(C)Zhao Wei Films/Wild Orange Artists

料理と映画

人間の三大欲求と人間の生活の基本という両方にあるのが“食”。食べること、食事です。

どんな時も人間の生活に寄り添い続けているものです。

それゆえに、映画のテーマによくなります

大泉洋主演の北海道シリーズ『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』『そらのレストラン』は、北海道の雄大な自然を背景に、北海道産の食材を使った素朴で美味しそうな料理が何度も登場します。

『南極料理人』や『かもめ食堂』『深夜食堂』などの食堂をメインにしたものもあれば、『UDON』『ちょんまげプリン』などの一品勝負の作品もあります。

もちろん、食事は昔から大事なものなので時代劇ベースの『武士の献立』などもあります。

海外ですと料理人の生きざまを描くスタイルが多くて『二ツ星の料理人』『レミーのおいしいレストラン』『シェフ~三ツ星フードトラック始めました』などがあります。

洋の東西、現在と過去、関係系なく食事はいつも人間のそばに居続けます

シンガポールのソウルフード“バクテー(肉骨茶)”


(C)Zhao Wei Films/Wild Orange Artists

日本人のラーメンと対になるものとして登場するシンガポールのソウルフード“バクテー”

過酷な港湾事業に従事していた労働者が解体後に骨に残った僅かな肉とニンニクと漢方を合わせた栄養補給を目的にしたスープです。

その後、経済発展に伴って、様々なバリエーションが生まれ、一般的な存在となりました。

本作(英語タイトル『Ramen The 』)では政夫とマリアンヌとの出会いのきっかけ、そして子供の頃にシンガポールで育った真人の思い出の料理として登場します。

スポンサーリンク

まとめ

本作『家族のレシピ』は、2018年に行われた第31回東京国際映画祭のワールド・フォーカスにて特別上映

人気俳優の斎藤工が主演したこともあり、当時、大きな話題となりました。

斎藤工は主人公真人役を演じ、共演の松田聖子は美樹役を務めています

群馬県高崎市でラーメン店を経営している真人は、突然、亡くなってしまった父親の遺品から古いノートを見つけます。

ノートには真人が10歳の時に亡くなった、シンガポール人の母親が書いた料理のレシピとともに、写真や様々な思い出が綴られていた。

真人は忘れかけていた過去を確認するため、シンガポールへと旅立つのだが…。

映画『家族のレシピ』は2019年3月9日より、シネマート新宿ほか全国ロードショー!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『苦役列車』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

映画『苦役列車』の原作は芥川賞を受賞した西村賢太原作の同名私小説。 友ナシ、金ナシ、女ナシ。愛すべき、ろくでナシである北町貫多の青春を描いたヒューマンドラマです。 『苦役列車』のあらすじや作品解説、ま …

ヒューマンドラマ映画

映画『菊とギロチン』あらすじと感想。キャストの演技力にシビレた瀬々監督入魂の一作

構想三十年!瀬々敬久監督入魂の作品『菊とギロチン』がいよいよ7月7日(土)よりテアトル新宿ほかにて順次ロードショーされます! 時代に翻弄されながらも「自由」を求めて疾走する若者たちの辿り着く先は!? …

ヒューマンドラマ映画

映画『岬の兄妹』あらすじと感想レビュー。初日舞台挨拶で語った片山慎三が真正面から描く貧困とは

映画『岬の兄妹』初日舞台挨拶リポート 2019年3月1日(金)全国ロードーショーの映画『岬の兄妹』。 2018年に開催された『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018』のコンペティション部門に選ばれた …

ヒューマンドラマ映画

映画『獣道』キャストとあらすじ!原作はある?試写会情報も

キラキラ青春映画の真反対を突っ走る、実話をベースにした“真っ黒な青春映画”が誕生! 『下衆の愛』の内田英治監督が地方社会のリアルを描いたブラック・コメディ作品『獣道』をご紹介します。 スポンサーリンク …

ヒューマンドラマ映画

『億男』ネタバレ感想。映画と原作の違いを徹底解説。お金の意味と運用の金言書の紹介も

あなたは、お金とどう付き合っていますか? お金で買えるもの。お金じゃ買えないもの。分かっているようで分かっていないお金のこと。 『億男』の原作は、2014年に雑誌『BRUTUS』で連載された後、刊行さ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学