Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

斎藤工映画『家族のレシピ』ネタバレ感想。日本とシンガポールのソウルフード料理で描く家族の絆

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『家族のレシピ』は2019年3月9日より、シネマート新宿ほか全国ロードショー!

日本とシンガポールの外交関係樹立50周年を記念して、両国のスタッフ・キャストを集結させた、親子とソウルフードの物語。

監督は『TATSUMIマンガに革命を起こした男』のエリック・クー。

主演は話題作・ヒット作の常連の斎藤工。共演に伊原剛志、マーク・リー、ジネット・アウ、別所哲也、ビートリス・チャン、松田聖子。

両国でロケを行い、対照的な風景と歴史を感じさせる作品となっています。

スポンサーリンク

映画『家族のレシピ』の作品情報


(C)Zhao Wei Films/Wild Orange Artists

【公開】
2019年(シンガポール・日本・フランス合作映画)

【原題】
Ramen Teh

【脚本】
ウォン・キム・ホー

【監督】
エリック・クー

【キャスト】
斎藤工、マーク・リー、ネット・アウ、伊原剛志、別所哲也、ビートリス・チャン、松田聖子

【撮影】
ブライアン・ゴードン・タン

【料理監修】
竹田敬介

【シンガポール料理監修】
レスリー・テイ

【スチール】
レスリー・キー

【作品概要】
2016年にシンガポールと日本の外交関係樹立50周年を記念し、日本とシンガポールのソウルフードであるラーメンとバクテー(肉骨茶)がつなぐ国境を越えた家族の愛物語です。

監督は長編アニメ『TATSUMI マンガに革命を起こした男』で知られるエリック・クー。

2018年の東京国際映画祭のワールド・フォーカス特別上映。

映画『家族のレシピ』のキャラクターとキャスト


(C)Zhao Wei Films/Wild Orange Artists

真人(斎藤工)
日本人とシンガポール人のハーフ。父親とラーメン屋を営む。

政夫(伊原剛志)
真人の父、バブル期にシンガポールで和食料理店を営んでいた。

メイリアン(ジネット・アウ)
真人の母、シンガポール人。日本人である政夫と結婚したため家族とは気まずくなる。

ウィー(マーク・リー)
メイリアンの弟、数十年ぶりに再会した甥の真人の世話を焼く。

明男(別所哲也)
政夫の弟、同じラーメン屋で働く

マダム・リー(ビーストリ・チャン)
メイリアンの母。太平洋戦争では日本人に家族を殺された過去を持つ。

美樹(松田聖子)
在シンガポールの女性。ブロガーとして現地の料理を紹介している。

スポンサーリンク

映画『家族のレシピ』のあらすじとネタバレ


(C)Zhao Wei Films/Wild Orange Artists

群馬で父親の政夫とラーメン屋を営む真人。

母でシンガポール人のメイリアンの死後、父子の関係はぎくしゃくし、いつしかまともな会話もなくなっていました。

そんなある日、政夫が急に倒れ、そのまま亡くなってしまいます。

父親の遺品を整理していた真人はそこでシンガポール生活を記録した写真や日記が出てきました。

幼い頃シンガポールで育った真人ですが、それ以降は日本で過ごしてきたので記憶も断片的で曖昧です。
両親を失った真人は自分の源流をたどるためシンガポールに向かいます。

以下、『家族のレシピ』ネタバレ・結末の記載がございます。『家族のレシピ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

現地で真人を案内してくれるのはシンガポールで暮らす日本人女性の美樹。

彼女がシンガポール料理を紹介するブログを介して真人と以前から知り合いでした。

美樹のおかげでシンガポール人のソウルフードのバクテー屋を営む叔父のウィーと再会を果たします。

しかし、ウィーとメイリアンの母で、真人の祖母マダム・リーとはまともに会話もできません。

リーは夫を戦争で殺されていて、更に娘が日本人と結婚してということもあって、日本人の血が流れる孫の真人に対して複雑な感情を抱えたままでした。

全てを知った真人はラーメンとバクテーを合わせた“ラーメンテー”を生み出し、マダム・リーと日本、シンガポールのそれぞれの家族に披露します。

一つの食べ物が国籍を越えた瞬間でした。

映画『家族のレシピ』の感想と評価


(C)Zhao Wei Films/Wild Orange Artists

料理と映画

人間の三大欲求と人間の生活の基本という両方にあるのが“食”。食べること、食事です。

どんな時も人間の生活に寄り添い続けているものです。

それゆえに、映画のテーマによくなります

大泉洋主演の北海道シリーズ『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』『そらのレストラン』は、北海道の雄大な自然を背景に、北海道産の食材を使った素朴で美味しそうな料理が何度も登場します。

『南極料理人』や『かもめ食堂』『深夜食堂』などの食堂をメインにしたものもあれば、『UDON』『ちょんまげプリン』などの一品勝負の作品もあります。

もちろん、食事は昔から大事なものなので時代劇ベースの『武士の献立』などもあります。

海外ですと料理人の生きざまを描くスタイルが多くて『二ツ星の料理人』『レミーのおいしいレストラン』『シェフ~三ツ星フードトラック始めました』などがあります。

洋の東西、現在と過去、関係系なく食事はいつも人間のそばに居続けます

シンガポールのソウルフード“バクテー(肉骨茶)”


(C)Zhao Wei Films/Wild Orange Artists

日本人のラーメンと対になるものとして登場するシンガポールのソウルフード“バクテー”

過酷な港湾事業に従事していた労働者が解体後に骨に残った僅かな肉とニンニクと漢方を合わせた栄養補給を目的にしたスープです。

その後、経済発展に伴って、様々なバリエーションが生まれ、一般的な存在となりました。

本作(英語タイトル『Ramen The 』)では政夫とマリアンヌとの出会いのきっかけ、そして子供の頃にシンガポールで育った真人の思い出の料理として登場します。

スポンサーリンク

まとめ

本作『家族のレシピ』は、2018年に行われた第31回東京国際映画祭のワールド・フォーカスにて特別上映

人気俳優の斎藤工が主演したこともあり、当時、大きな話題となりました。

斎藤工は主人公真人役を演じ、共演の松田聖子は美樹役を務めています

群馬県高崎市でラーメン店を経営している真人は、突然、亡くなってしまった父親の遺品から古いノートを見つけます。

ノートには真人が10歳の時に亡くなった、シンガポール人の母親が書いた料理のレシピとともに、写真や様々な思い出が綴られていた。

真人は忘れかけていた過去を確認するため、シンガポールへと旅立つのだが…。

映画『家族のレシピ』は2019年3月9日より、シネマート新宿ほか全国ロードショー!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『エヴァの告白』ネタバレ感想と評価。動画無料視聴方法も

マリオン・コティヤール、ホアキン・フェニックス、ジェレミー・レナーのら大物キャストで捉えた悲劇的ドラマ『エヴァの告白』。 希望を抱いて新天地アメリカへと渡った移民の女性が、避けて通ることが出来なかった …

ヒューマンドラマ映画

映画『ねことじいちゃん』ネタバレ感想。柴咲コウ(美智子役)らキャストの演技力が光る

映画『ねことじいちゃん』ネコとキャストの名演 世界的に知られる動物写真家・岩合光昭が初めて監督を務め、ねこまき原作の大人気コミック「ねことじいちゃん」を落語家の立川志の輔主演で実写映画化したヒューマン …

ヒューマンドラマ映画

黒革の手帖2017ロケ地とエキストラ情報!武井咲主演ドラマ

松本清張の没後25年を迎える2017年。 “清張史上最強”と言われる悪女が新テレビドラマとして甦ります。 1980年に刊行されて以来、これまでも映像化され、その度に高視聴率を叩き出してきた不朽の名作『 …

ヒューマンドラマ映画

映画『家族を想うとき』あらすじネタバレと感想。ケンローチ監督が描いた労働者階級の誠実さが集約した「警官の発する言葉」とは

安定した職業について家族を守るはずだったのに・・・。 イギリスの名匠ケン・ローチが、新自由主義が生み出した現代社会の歪みとその渦中で翻弄される家族の姿を描いた映画『家族を想うとき』が2019年12月1 …

ヒューマンドラマ映画

映画『未来よ こんにちは』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

歳を重ねていくことに、あなたは何を求めますか? 今回ご紹介する映画『未来よ こんにちは』は、若き新鋭監督ミア・ハンセン=ラブの最新作。人生の半ばを過ぎて潔く出来事と向き合う独りの女性の姿をフランス女優 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP