Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2023/11/28
Update

『幸福な囚人』ネタバレあらすじ感想と評価解説。天野友二朗監督が商業デビュー作で描いた“狂気に陥った男”が見た残酷な現実

  • Writer :
  • 谷川裕美子

人間の二面性に迫る天野友二朗監督の商業映画デビュー作

自由を手にするその日まで』(2018)などインディーズ映画を手がけてきた天野友二朗の商業映画デビュー作『幸福な囚人』。

不妊症に悩み精神を患った妻を前に、自身も心を壊していく主人公の姿を厳しいタッチで描きます。人間の二面性にフォーカスした心理サスペンスです。


(C)ABCライツビジネス

地獄でなぜ悪い』(2013)『かば』(2021)の山中アラタが主人公の澤田役を演じます。

愛する妻を守ろうとしていたはずが、いつの間にか狂気を解放して転落していく男。彼がたどった運命とはいったいどのようなものだったのでしょうか。

映画『幸福な囚人』の作品情報

【公開】
2019年(日本映画)

【監督・脚本・作曲】
天野友二朗

【キャスト】
山中アラタ、児玉拓郎、小原徳子、百合沙、池田良、みのすけ、田山由起

【作品概要】
医学部出身という異色の経験を持ち、劇場公開もされた『自由を手にするその日まで』(2018)などインディーズ映画を手がけてきた天野友二朗の商業映画デビュー作。

抑圧された社会の中での人間の孤独や闇、愛、凶器をテーマにしてきた天野監督が、人間の二面性に迫った心理サスペンスです。

地獄でなぜ悪い』(2013)『かば』(2021)の山中アラタが、狂気に取り憑かれた主人公の澤田役を熱演。

』(2023)の小原徳子が、心を患った澤田の妻役を演じます。

映画『幸福な囚人』のあらすじとネタバレ


(C)ABCライツビジネス

無口で不器用な会社員の澤田には、不妊症をきっかけにうつ病になった妻・和子がいました。澤田は妻を献身的に支えていましたが、自身も次第に精神を病んでいきます。

ある日、澤田の同僚として岸本という男が海外企業から転職してきます。彼は澤田とは対照的に自信に満ち溢れた性格でした。

岸本と親しくなった澤田でしたが、岸本の恋人に対する暴力性や猟奇的な一面を目の当たりにして驚きます。澤田は恐怖感を覚える一方で、危険な魅力を放つ岸本のカリスマ性に徐々に魅せられていきました。

澤田の脳裏には、父親から受けた虐待の思い出がフラッシュバックしていました。

ある日、澤田は岸本から副業を手伝ってほしいと呼び出されます。それは、DV被害を受けている女性の依頼に従い、その夫を殺すという恐ろしい仕事でした。

仕事をやり終えた澤田に、岸本は「こうやって殻を破っていけ」と話します。

その言葉に影響を受け、理不尽な話をする上司に向かって反発を口にした澤田は、オフィスの片隅に押しやられてしまいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『幸福な囚人』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『幸福な囚人』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)ABCライツビジネス

澤田の姿を見かねた女子社員の美奈子は、彼を誘って喫茶店で向かい合います。美奈子は夫からひどいDVを受けていました。

互いに苦しみを打ち明け合ったふたりは、不倫の関係に。澤田と美奈子が深い仲になっていく中、和子がスーパーで手首を切ったため、澤田は現場に呼び出されました。

美奈子は社内での自分の立場を守るため、社員たちに交じり澤田の悪口を言うようになります。

岸本から「先手を打たないから女たちに捨てられるのだ」と言われた澤田は、カナヅチを持って美奈子の家に押し入り、夫もろとも殴り殺しました。

両手に血を付けたまま帰宅した澤田は、和子と岸本が姦通している幻想を見て、妻のことも殴りつけてしまいます。

その後、澤田は切り刻んだ遺体を会社に送りつけ、怯えきった社員たちに向かって岸本の居場所を聞きますが、岸本などいないと返事が返ってきます。

怒り狂った澤田は、社員たちを次々にカナヅチで殴り倒していきました。全員を倒した澤田のもとに、岸本から決着をつけようと電話で呼び出しがかかります。

岸本のもとに行った澤田は、彼と殴り合いに。しかし岸本はただの幻影に過ぎず、澤田の拳は空を切るばかりでした。残虐な岸本は澤田の一部であり、虚構でした。

「これはお前の自殺だ」と岸本に言われた澤田は、息苦しさに目を覚まします。彼は首をつって死のうとしていたところでした。目のまえには血だらけの和子が倒れていました。

澤田が彼女の手を握り締めると、和子は目を覚ましました。

自分を支えるうちに澤田の心が壊れてしまったと気づいた和子は、「逃げて自由になって」と言って息絶えます。

その後、澤田は逃走し、潜伏先の工場で働いていたところを逮捕されました。牢に入れられた澤田は地べたに座り込み、何かを思い返すかのように前方を見つめていました。

映画『幸福な囚人』の感想と評価


(C)ABCライツビジネス

悲しみのあまり狂気に陥ってしまった男とその妻の悲劇を描く心理サスペンス作品です。

人間の孤独や闇、愛、凶器を描いてきた天野友二朗監督が、商業デビュー作となる本作でも熱をこめて同じテーマを掘り下げて描いています。年若い天野監督とは思えないほど、一世代前かのように古風な社内風景や家の室内が描かれます。

主人公の澤田は冴えない会社員で、社内でも軽んじられている男です。彼の在籍する会社は、現在ではとても考えられないほどパワハラ、セクハラまみれで、ファンタジー感を醸し出しています。

澤田の愛する妻は子供を身ごもることができない体で、そのことに苦しんだ末にうつ病を患ってしまいます。自殺未遂を繰り返す妻を世話するうちに、澤田の心も当然のように病んでいきました。

彼には父から虐待を受けていた過去があり、妻に向き合う中で何度も辛い経験がフラッシュバックします。海外企業から転職してきた、自信に満ち溢れた岸本に澤田は心惹かれるようになりますが、岸本は実は恐ろしく残虐で猟奇的な男でした。

「お前が下手に出るからナメられるのだ」と叱咤する岸本の言葉は、昔父親が幼い澤田に言っていた言葉と重なり、彼はすっかり捕らわれてしまいます。

「本能のまま生きろ」という岸本の言葉に心をつかまれた澤田は、残虐に人を殺したり、不倫に走ったりと、奥底に隠れていた狂気を解放していきます。やがて「人生に溺れてしまわないように」と互いに固く抱き合ってきた澤田夫婦の関係にも、暗い影が差し始めます。

前半は、心が壊れゆく澤田夫婦の悲しみと、深い愛情がヒリヒリと描かれますが、次第に激しいバイオレンスシーンに圧倒される展開になっていきます

悪鬼のごとく人間を殴り殺したあげくに解体し、血まみれで堂々と公道を歩く澤田。どこまでが現実で、どこからが幻想なのか境目がわからなくなります。

澤田の精神がすっかり壊れてから初めて、実は岸本そのものが澤田の幻影だったことが明かされます。

澤田を壊してしまった元凶は、彼の言葉にあった「幸福な囚人」にありました世間一般の人たちのものさしに合わせて幸せを測ることから逃れられなかったことから、澤田も和子も心を病んでしまっていたのです。

また、幼い頃に暴力で抑え込まれた経験は深いトラウマとなり、澤田を再び不幸のどん底へと引きずりこんでいきます。児童虐待という罪の根深さに思わずうめいてしまう、つらい物語です。

まとめ


(C)ABCライツビジネス

数々のインディーズ映画を手がけてきた天野友二朗監督の商業映画デビュー作『幸福な囚人』

幾重にも絡まった悲しみの連鎖が、いつの間にか暴力の連鎖を生み、主人公の澤田を不幸のどん底へと突き落とします。

しかしながら、最後の最後に妻の真実の愛を確かめられた澤田、そして「目が覚めた」と言って全てを許して死んでいった妻の和子は、必ずしも不幸だとは言い切れません。

確かな何かをつかんで生を終えることができることは、やはり幸せと呼べるのではないでしょうか。

厳しく深い愛でつながった夫婦を演じた山中アラタと小原徳子の圧倒的な演技をじっくり堪能してください




関連記事

ヒューマンドラマ映画

海辺のリアキャストとあらすじ!公開はいつから?試写会情報も

“私に思い出などいらないのです…。みなさんの中に、私の思い出さえあれば…” 仲代達矢さんの集大成ともいえる作品『海辺のリア』をご紹介します。 CONTENTS映画『海辺のリア』の作品情報映画『海辺のリ …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】関心領域|あらすじ感想解説と結末の評価考察。怖い《音と闇》の演出で実話/原作小説が描く“ホロコーストの日常”に迫る

ホロコーストの加害者側から描かれる“日常” A24製作、ジョナサン・グレイザー監督で贈る、第96回アカデミー賞で2冠に輝いた『関心領域』。 第2次世界大戦下、ナチスのホロコースト政策のもとユダヤ人をは …

ヒューマンドラマ映画

映画『夜を走る』あらすじ感想と評価解説。佐向大監督がミステリー要素のある表現で観客を惑わせる“迷宮のような展開”

映画『夜を走る』は2022年5月13日(金)テアトル新宿、ユーロスペースほか全国順次公開 社会派ドラマ『夜を走る』が2022年5月テアトル新宿、ユーロスペースほか全国順次公開されます。 『教誨師』(2 …

ヒューマンドラマ映画

GAGARINEガガーリン|ネタバレあらすじと結末の感想評価。パリオリンピック再開発で消えゆく団地を舞台にした少年の孤独と希望を描く

消えゆくガガーリン団地で少年が守ろうとしたものは!? 2024年のパリ・オリンピックを見越して再開発が決まり、取り壊されることになったガガーリン団地。住民が次々と退去していく中、母親に見放された16歳 …

ヒューマンドラマ映画

映画『約束の宇宙』あらすじ感想評価と考察解説。宇宙飛行士とその開発の裏にある“人間の心理”をシングルマザーを通して鮮明に描く

映画『約束の宇宙』は2021年4月16日(金)より全国順次ロードショー! 夫と別れ7歳の娘と二人で暮らす宇宙飛行士候補の母。彼女はある日突然課せられた願ってもないチャンスと、子供への愛情のはざまに置か …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学