Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/02/24
Update

ゴダール映画『女は女である』あらすじネタバレと感想評価。アンナカリーナがヒロインで音楽にはミシェル・ルグランが初参戦

  • Writer :
  • 西川ちょり

「破廉恥じゃないわ。私はただの女よ」

ミシェル・ルグランの没後1年/生誕88年特別企画「ミシェル・ルグランとヌーヴェルヴァーグの監督たち」が2020年2月21日よりYEBISU GARDEN CINEMA他にて、全国で順次開催されます。

フランス映画音楽界の巨匠ミシェル・ルグランがヌーヴェルヴァーグの監督たちと組んだ代表作7作品がスクリーンに蘇ります。

その中から、ミシェル・ルグランがジャン=リュック・ゴダールと初めて組んだ1961年の作品『女は女である』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『女は女である』の作品情報

【公開】
2020年公開(フランス・イタリア合作映画)※日本初公開:1961年12月8日

【原題】
Une Femme est une Femme

【監督】
ジャン=リュック・ゴダール

【音楽】
ミシェル・ルグラン

【キャスト】
アンナ・カリーナ、ジャン=クロード・ブリアリ、ジャン=ポール・ベルモンド、マリー・デュボワ、

【作品概要】
ジャン=リュック・ゴダールの長編第3作。登場人物が歌わないミュージカル・コメディーという発想に基づいて作られた。

ジャンヌ・モローがさりげなく特別出演していたり、映画にまつわるセリフが随所に散りばめられている。

第11回ベルリン国際映画祭ではアンナ・カリーナが銀熊賞最優秀女優賞を、ゴダールが銀熊賞特別賞を受賞している。

映画『女は女である』あらすじとネタバレ


(C)1961 STUDIOCANAL IMAGE – EURO INTERNATIONAL FILMS,S.p.A.

アンジェラはキャバレーの踊り子。コペンハーゲンから来たばかりで「R」の発音がうまく出来ません。パリの小さな本屋で働いているエミールとは恋仲で同棲しています。

キャバレーといっても実質はストリップ小屋。店の左右にテーブルと椅子が配置されていて、客が食事を摂っているのですが、その中央に踊り子があらわれ、順番に服を脱いでいくのです。

アンジェラが外に出るとアルフレッドが待ち伏せしていました。アルフレッドはエミールの友人ですが、アンジェラに恋をしていて、何かといえばアンジェラの前に現れては口説きはじめるのです。

アンジェラはミュージカル俳優になりたかったと言い、「シド・チャリシーとジーン・ケリーの共演、振り付けはボブ・フォッシー」と叫んで踊り始めました。

うちに戻ったアンジェラはエミールに子どもが欲しいと訴えますが、アンジェラはいずれ結婚すれば子どもを作ろうと答えます。でもアンジェラはすぐに子どもがほしいと言って、とうとう喧嘩が始まりました。

アンジェラはあなたにその気がないのだったらアルフレッドに頼むと言い、怒ったエミールもやれるもんならやってみろと売り言葉に買い言葉になってしまいます。

ある晩、ベッドに入った2人は互いに背を向けて横になりました。しばらくしてアンジェラは起き上がると電気をつけ、本棚から「ケダモノ」というタイトルの本を持って来て、エミールに見せました。すると今度はエミールが本棚に向かい、2つの本を重ねてみせました。「女は絞首台に!」。2人は何度も同じ行動を繰り返し、無言の会話を続けるのでした。

アンジェラが目玉焼きを作り始めたときに電話がかかってきました。アンジェラはフライパンを振って高く目玉焼きを放り投げました。会話を終えて戻ってきたアンジェラはフライパンでさっきの目玉焼きが落ちてきたのを受けとめました。電話はアルフレッドで、2人はカフェで逢う約束をしたのでした。

バーでアルフレッドと待ち合わせたアンジェラですが、盛んに話しかけてくるアルフレッドに対してあまり気乗りのしない表情です。エミールのことが気になってしょうがないのです。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『女は女である』ネタバレ・結末の記載がございます。『女は女である』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

相変わらず、会えば子どもがほしいと訴えるアンジェラに対して意地をはったエミールは街中で見知らぬ男性に声をかけ、この子に子どもを作ってやってくださいと言い出す始末。勿論、相手にされません。

アンジェラはアルフレッドからエミールが別の女性と親しげにしている写真を見せられて暗い気持ちになります。ある日、アンジェラはついにアルフレッドと寝てしまいます。

アンジェラからそのことを告げられたエミールは顔をしかめますが、今から子供を作れば、二人の子供になるんじゃないかと明るく言います。アンジェラはにっこり笑ってじゃあ始めましょうと明かりを消しました。

再び明かりがつくと、幸せそうな2人の姿がありました。アンジェラはまっすぐ前を観ながら「私はただの女よ」と言うのでした。

スポンサーリンク

映画『女は女である』の感想と評価

冒頭、白と赤の文字が矢継ぎ早に映し出されます。「ゴダール」、「コメディー」、「フランセーズ」、「クタール」、「ミュージカル」、「ルグラン」というふうに。

この作品の要約ともいうべきクレジットが横長のスクリーンに次々現れます。本編の前に当時の予告編もおまけで上映されているのかしらと一瞬錯覚しますが、れっきとした本編のオープニングです。

『女は女である』は『勝手にしやがれ』、『小さな兵隊』に続くゴダールの長編3作目で、アンナ・カリーナと組んだ2作目にあたります。当時、ゴダールとアンナ・カリーナは新婚ホヤホヤで、全編に渡ってアンナ・カリーナに恋するゴダールの眼差しが感じられます。ゴダールの「おのろけ映画」と評されることもあるくらいです。

アンナ・カリーナ扮するアンジェラは、同棲しているエミール(ジャン=クロード・ブリアリ)に首ったけです。ジャン=ポール・ベルモンド扮するアルフレッドはエミールの親友ですが、アンジェラに恋しています。

この三角関係は、エルンスト・ルビッチの1933年の作品『生活の設計』のリメイクだと言われています。なにしろ、アルフレッドのフルネームはアルフレッド・ルビッチというくらいですから。

アンナ・カリーナとジャン=クロード・ブリアリのやり取りは、新婚生活をしているゴダールとアンナ・カリーナそのものといっていいほど、喧嘩していても甘くてコミカルで、まさに「おのろけ」そのものなのですが、ベルモンドといるときのアンナ・カリーナはちょっぴりアンニュイです。

この2人にも私たちの知らない何かがあったのか、並んでいるとアンナ・カリーナとジャン=クロード・ブリアリの並び以上に落ち着いた親密度があります。もしかして本当に気があうのはこの2人ではないかと思わせるくらいに。ですが、アンナ・カリーナはもう全然彼には興味がないように見えます。

それなのに、一生懸命、彼女の気を引こうとしているジャン=ポール・ベルモンドには悲哀すら感じます。アンナ・カリーナとベッドを共にしても、結局は、そこに愛はないわけで、そんな意味で、本作はただのおのろけロマンチックコメディーではなくメラコリックな恋愛要素も含まれているのです。

そんな2人がジュークボックスで聴く音楽はシャルル・アズナブールの「のらくらもの」というシャンソンです。過去の思い出を歌い、あのころのように戻っておくれと恋人に呼びかける歌詞。やはりこの2人にはなんらかの過去があったのかもしれません。もっともこの曲をリクエストしたのはアンナ・カリーナの方なのですが。

ミシェル・ルグランはゴダールから音楽のオファーを受けた時、「登場人物が歌を歌わないミュージカル」を作りたいともちかけられたそうです。

確かに誰かが歌い踊るというシーンはないのに、『女は女である』はミュージカル色に溢れています。ミュージカル映画の多幸感に満ち、ミュージカル映画愛が全開です。

ミシェル・ルグランの音楽は、登場人物の動きに合わせて流れたかと思えば、急に止まったりします。最初はいささか困惑しますが、徐々に慣れ、それが映画のリズムになっていきます。

歌がないと書きましたが、実は一曲だけ、アンナ・カリーナがストリップの仕事で歌うシーンがあります。「Chanson d’Angela」」というこの曲もミシェル・ルグランによるものです。

ルグランの軽快な伴奏に合わせて彼女が歌うのですが、歌の部分になると伴奏が消えて、アンナ・カリーナの声だけになり、歌が途切れるとまた賑やかな伴奏がはじけて、歌が始まるとまた消えて、というユニークな展開が見られます。

ミシェル・ルグランは、『女は女である』のあと、『女と男のいる舗道』、『はなればなれに』の2本のゴダール映画の音楽を担当しています。

まとめ

アンナ・カリーナがローストビーフを真っ黒に焦がしてしまい、なんとかごまかそうとする場面や、たった一個の卵を落としてしまい、思わず泣きだすところのキュートなこと!

卵を放り投げて電話して戻ってきたら卵が落ちてきてキャッチして、なんていう他愛のない可愛らしいエピソードも。アンナ・カリーナが時間を操れる魔女っ娘とでもいわんばかりです。

ジャンヌ・モローがゲスト出演していて、ベルモンドが「ジュールとジムは?」と尋ねると「愛のしのび逢いよ」と応えるシーンなど(『愛のしのび逢い』でジャンヌ・モローとベルモンドは共演しています)、身内ノリともいうべき様々な映画への目配せも楽しく、やはりこの作品がゴダール作品の中で最も幸福な作品であることを確信するのです。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『パパはわるものチャンピオン』ネタバレ感想。プロレスラー棚橋弘至ファン目線で解説

怪我のため、トップから転落し悪役に転身したレスラーと、その家族の物語を描いた映画『パパはわるものチャンピオン』。 家族をテーマにした作品ですが、1人のレスラーの生き様を描いた映画として、非常に見応えの …

ヒューマンドラマ映画

映画『ミッション・ワイルド』あらすじとキャスト!オススメ評価は?

映画「メン・イン・ブラック」シリーズ、缶コーヒーBOSSのコマーシャルなど、日本で圧倒的な認知度を誇る俳優トミー・リー・ジョーンズ。 2017年10月に開催された東京国際映画祭では、コンペティション部 …

ヒューマンドラマ映画

映画『食べる女』あらすじとキャスト。原作の筒井ともみは女優と料理にこだわりを見せる

映画『食べる女』は9月21日(金)よりロードショー。 70年代から数々の映画やドラマ、アニメの脚本を手掛けてきた超ベテラン脚本家・筒井ともみの短編小説『食べる女』『続・食べる女』を映画化。 原作者であ …

ヒューマンドラマ映画

映画『東京物語』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【小津安二郎の最高傑作】

山田洋次監督の最新作『家族はつらいよ2』は、現在2017年5月公開にむけて好調撮影中。 その第1作目となる、『家族はつらいよ』は、1953年公開の『東京物語』のリメイク版なのはご存知でしょうか? 映画 …

ヒューマンドラマ映画

『500ページの夢の束』感想と評価。ウェンディとスタートレックの関係性とは

映画『500ページの夢の束』は、9月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー。 天才人気子役から大人の女優になったダコタ・ファニングと、『JUNO/ジュノ』や『マイレージ、マイライフ』のプロデ …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学