Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/02/14
Update

映画『1917命をかけた伝令』あらすじネタバレと感想。サムメンデスがワン・ショット撮影にかけた思いとは⁈

  • Writer :
  • 奈香じゅん

映画『アメリカン・ビューティー』でアカデミー賞を受賞!
『007スカイフォール』『007スペクター』 のサム・メンデス監督最新作

映画『1917 命をかけた伝令』は、第一次世界大戦を舞台に英国陸軍の若き兵士が辿るある1日を描いた物語です。

監督サム・メンデスと撮影監督ロジャー・ディケンスは、演出力と映像技術を駆使し、主人公と観客がシンクロする圧巻の映像を実現。

主演を務めたジョージ・マッケイは、『マローボーン家の掟』(2017)の好演に続き本作でブレイクスルーの演技を披露。ベネディクト・カンバーバッチやコリン・ファース等実力派俳優も出演。歴史の知識無しで醍醐味を味わえるタイムリミット・スリラー。

スポンサーリンク

映画『1917 命をかけた伝令』の作品情報


(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

【公開】
2019年(イギリス・アメリカ合作映画)

【原題】
1917

【監督】
サム・メンデス

【キャスト】
ジョージ・マッケイ、ディーン・チャールズ=チャップマン、アンドリュー・スコット、ジェイミー・パーカー、マイケル・ジブソン、クレア・デバーク、マーク・ストロング、マーク・ストロング、リチャード・マッデン、ベネディクト・カンバーバッチ、コリン・ファース

【作品概要】
2019年12月末に北米で限定公開された後大反響を呼び、『アイリッシュマン』や『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を抑えゴールデングローブ賞作品賞及び監督賞に輝いた他数々の映画祭でも賞を受賞。

監督を務めたサム・メンデスの脚本執筆デビュー作品であり、第一次世界大戦に17才で従軍した祖父の実体験を基に脚色して映画化。メンデスとは今回で4回目のタッグを組む撮影監督のロジャー・ディケンスは、『ショーシャンクの空に』(1994)、『バーバー』(2002)、『ノーカントリー』(2008)、そして『ボーダーライン』(2015)等を手掛け伝説と呼ばれる撮影技師。半年に及ぶリハーサルを敢行しイギリスで撮影。

映画『1917 命をかけた伝令』のあらすじネタバレ


(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

1917年4月、フランス北部。トム・ブレイクとウィリアム・スコフィールドは英国陸軍の若き兵士。

ある日、ブレイクはパートナーを1人選び、陸軍司令官・エリンモアに会うよう命じられます。傍でうたた寝をしていたスコフィールドを起こし、2人はエリンモアの所へ。

1600人の歩兵から成る英国第二大隊の指揮官・マッケンジーは後退するドイツ軍を翌朝攻撃する作戦を準備していました。

しかし、上空を偵察した空軍からもたらされた情報により、ドイツ軍が英国軍をおびき寄せる為に敢えて撤退し待ち伏せて奇襲する作戦だとエリンモアは説明。

通信網が破壊されている為、マッケンジーへ攻撃中止を直接伝える任務を司令官は2人に託します。

第二大隊に兄・ジョセフが居るブレイクは、緊張の面持ちでエリンモアに敬礼。「諸君等が任務に失敗すれば、ブレイクの兄も含め1600人全員皆殺しになる」、双方こう着状態にある土地を越え、ドイツ軍支配下のテリトリーを抜ける厳しいミッションでした。

2人は地図、信号灯、そして缶詰を渡されます。スコフィールドは日が暮れるのを待って進んだ方が敵に察知されにくいと提案しますが、兄の命が懸かっているブレイクは勇み足。

「およそ8時間の距離だ。まだ余裕がある」そう言葉をかけるスコフィールドに対し、「そんな悠長なことを言うのは、お前の兄じゃないからだ」とブレイクは速足で塹壕を進んでいきます。

隊の最前線に着き梯子を上って首を出した2人は、ほふくで進み死んだ馬にたかる無数の蠅を横目に有刺鉄線が張り巡らされたバリケードを抜け、隊の陣地から踏み出します。

カラスやネズミが群がる兵士の遺体が転がるクレーターを、身を屈めながら進むブレイクとスコフィールド。粘土化した足場の悪い地を周囲に視線を走らせながら前へ足を動かし、ドイツ軍が陣取っていた塹壕へ到着。情報通りもぬけの殻だと分かった2人は息を整え、身を隠して進める塹壕内のトンネルを抜けることにします。

ドイツ兵士達が生活をしていたであろう様子が窺える内部は簡易ベッドがたくさん備えてあり、家族の写真が残されていました。しかし、ドイツ軍が仕掛けていった爆弾が爆発。ブレイクは吹き飛ばされ、スコフィールドは崩れた瓦礫の生き埋めに。

ブレイクは埋もれたスコフィールドの腕を引っ張り出し、2人は連鎖崩壊を始めたトンネルを何とか脱出。

危うく死にかけたスコッフィールドは、なぜ自分をパートナーに選んだのかと恨み節。ブレイクは、任務の内容を知らなかったと言い返し、戻りたければ好きにしろと反論しながらも、不安げな表情。

水筒に入っていた水を使い切って目を洗浄したスコフィールドは、ブレイクから貰った水で喉を潤し、気を取り直します。

先を進んでいくと、目の前に大平原が広がり、荒れ果てた民家が見えてきます。2人は念のため偵察することに。無人で人の姿は無く、1頭の牛だけが取り残されていました。バケツに入ったミルクを口に含むとまだ飲める状態です。

スコフィールドが空になった水筒にミルクを入れていると、上空で戦闘機が飛来する音が聞こえてきます。母屋から出てきたブレイクも空を見上げます。英国軍とドイツ軍の戦闘機が低空で交戦中でした。

英国の攻撃に被弾したドイツ軍戦闘機は落下し一瞬平原の向こう側へ姿を消すものの、再び浮上し2人が佇む民家に向かって墜落。

ブレイクとスコフィールドは、操縦席で身動きが出来なくなっているドイツ兵を救助します。

大怪我をしているドイツ兵を見たスコフィールドは、慈悲の殺害を示唆しますが、ブレイクは水を飲ませるべきだと主張。しかし、水を汲みに井戸へ行ったスコッフィールドが目を離した瞬間、ドイツ兵は隠し持っていたナイフでブレイクの腹を刺してしまいます。

振り向きざまにドイツ兵を銃殺したスコフィールドは直ぐ駆け寄りますが、致命傷を負ったブレイクは顔面蒼白。「しっかりしろ。兄貴を見つけるんだろう?」「僕とそっくりだから直ぐ分かる。僕の代わりに母へ手紙を書いてくれないか?」

スコッフィールドが大きく頷くと、「怯えてなんかいなかったって、家族を愛しているって、そう伝えてほしい」そう絞り出したブレイクは、第二大隊の駐屯地までの道のりをスコフィールドに復唱させます。

必ず任務を遂行し、ブレイクの兄を見つけると約束するスコフィールドの腕の中で、ブレイクは静かに息を引き取ります。

スコフィールドは唇をかみしめ、ブレイクが司令官から受け取った伝令書を胸にしまい、ブレイクが身に着けていた指輪を外してポケットにねじ込みます。

そこへ墜落した戦闘機の黒煙を追ってきたスミス大尉率いる英国部隊がスコフィールドを発見。

任務の内容を聞いた大尉はスコフィールドを途中までトラックに乗せます。同年代の兵士達が交わす世間話を聞き流しながら、民家の庭へ残したブレイクに思いを馳せ、肩を落とすスコフィールド。

橋が破壊されていた為大尉の部隊は迂回しなければならず、その時間を失えないスコフィールドは単独で橋の欄干を渡って先を急ぐことにします。

そこへスナイパーから狙撃され、スコフィールドは応戦しながら建物の中へ。狙撃手を仕留めるものの相討ちになり、スコフィールドは跳弾を受けて気絶。

以下、『1917 命をかけた伝令』ネタバレ・結末の記載がございます。『1917 命をかけた伝令』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

意識が戻ると辺りはすっかり日が暮れ夜になっていました。おぼつかない足取りで建物を出ると遠くに戦火が広がっています。

照明弾が次々に上がり、上空から戦闘で崩壊した町が光と影の中に浮かび上がり、スコフィールドはゆっくり歩き始めます。

しかし、残存するドイツ兵達がスコフィールドを狙い銃撃。銃を握りしめながらスコフィールドは縫うように走り猛る炎で燃え盛る町へ辿り着きますが、やはり複数のドイツ兵に追いかけられ、地下へ逃げ込みます。

そこで隠れていたフランス人女性と彼女が助けた赤ん坊に出会い、スコフィールドは水筒に入れておいた牛乳と所持していた食料全てを渡します。

彼女と片言の言葉でやり取りしながら、先にある川の向こう側が目的地だと確認。夜明けが近づいていると気が付いたスコフィールドは、ドイツ兵に発見されやすくなると案じる女性の制止を振り切り外へ足を踏み出します。

警戒しながら進むもドイツ兵と遭遇し、スコフィールドは相手を絞殺。一目散に走り始めたスコフィールドをドイツ兵達が銃撃しながら追随。

空は群青色に染まり、まだ視界がはっきりしない中、スコフィールドは壁を越えて向こう側へ大きくジャンプ。着地した先は流れの早い川で、激流にもまれスコフィールドの体は流されていきます。

滝つぼへ落下してやっと緩流になり、泳いで進んでいくとおびただしい数の死体が浮いています。数々の遺体を乗り越え岸辺へ這い上がったスコフィールドは、抑えていた感情が溢れ地面に手をつき思わず号泣。

辺りはすっかり夜が明け、風に乗って聞こえてくる歌声を頼りに、スコフィールドは斜面を登り始めます。英国陸軍の軍服を着た若い歩兵達が円陣を組んで座り、中心で1人の兵士が美しい声で歌を歌っていました。

スコフィールドは、彼らが探していた第二大隊であり、攻撃開始の直前だと知ります。

最初の突撃部隊が塹壕で隊列を整える中、スコフィールドは伝令書を渡すためマッケンジーを求め兵士を押しのけて進み始めます。

途中、今にも塹壕から飛び出す姿勢で待機する歩兵達に檄を飛ばす上官にスコフィールドは駆け寄ります。

「司令官の命令で作戦は中止です」「大佐に言え」「大佐は何処ですか?」「塹壕の先だ」

戦闘直前で高揚する上官は耳を傾けず、兵士達で行く手が詰まっているのを見つめたスコフィールドは、斜面を登り塹壕の外へ飛び出していきます。

時を同じくして最初の突撃部隊も塹壕外へ。そこへおびき寄せるようなドイツ軍の砲弾が次々に着弾し爆発。

真横に走るスコフィールドはドイツ軍の陣地目掛けて走る兵士達に倒されながら何度も起き上がり、必死に走ります。

第二の突撃部隊が準備を始める中、スコフィールドは遂にマッケンジーの居る場所へ辿り着きます。「作戦中止命令が出ています。直ぐ中止してください!」「お前は何者だ」

スコフィールドは敬礼し身分と名前を伝えます。既に攻撃は開始されたと冷たく背を向けるマッケンジーに対し、英国陸軍司令官が託した伝令書は必読すべきものと強く主張。

勝利を確信するマッケンジーはその訴えを無視しますが、スコフィールドは、大隊の全滅を狙うドイツ軍が何ヶ月も掛けて練った作戦だと説得。

「ドイツは攻撃を待ち受けているんです。手紙を読んでください」やっとスコフィールドに向き直り伝令書に目を通したマッケンジーは顔色を変えます。攻撃中止を部下に命令するのを聞き安堵して大きく息を吐いたスコフィールドは、ブレイクの兄・ジョセフを探しに出かけます。

平地に設営された野戦病院へ来たスコフィールドは、ジョセフを発見。弟の訃報を聞いたジョセフは、涙を堪え食事をしていくようスコフィールドを気遣います。

ブレイクの形見を手渡したスコフィールドは、彼が一人ぼっちで息を引き取らなかったことを手紙で母親へ伝えたいとジョセフに許可を求め、ブレイクに命を助けてもらったことを話します。

「弟が君と一緒で良かった」そう涙を堪えるジョセフと固く握手。

木にもたれて座り込んだスコフィールドは、胸から家族の写真を取り出し、自分の母親が写る写真の裏に「私のもとへ帰ってきて」と書かれたメッセージに視線を落とし、静かに目を閉じます。

スポンサーリンク

映画『1917 命をかけた伝令』の感想と評価


(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

『1917 命をかけた伝令』は、1917年の第一次世界大戦下、援軍無しに敵が支配する地帯を抜け伝令を届ける任務を命じられた若き陸軍兵士・スコフィールドがミッションを完遂するまでを描いた物語です。

草が生えた平原に全てのセットを建築し全行程野外撮影を敢行した監督・脚本のサム・メンデスは、物語を語る最良の方法はリアルタイム且つワンショットで撮ると決めます

脚本完成後、最初に送った相手は、4度目のタッグを組むことになる撮影監督のリチャード・ディケンス。「ワンショットで撮影」という追記を読んだディケンスは、それまで得た経験値を駆使しワンショットになるよう撮影方法をデザイン

クレーン、ジープ、オートバイ、ドローン、そして鉄棒にカメラを固定し両側から担いで撮る等様々な方法で撮影されています。

本作は、①所属部隊を出発する冒頭からスコフィールド単独任務への移行 ②夜間の敵地 ③目的地へ辿り着いてから戦闘中止まで ④ブレイクの兄・ジョセフを探すエンディングの4部構成。それぞれの撮影秘話をご紹介します。

①ブレイクとスコフィールドが塹壕から所属部隊を出発する場面から長回しが始まるカメラは2人にぴったり着いて移動。戦闘機が墜落しスコフィールド達の目の前に迫るシーンはCGゼロです。

②まるで遺跡の様に浮かび上がる戦闘で崩壊した町。壊れた壁の間を縫うように主人公が敵の銃撃を掻い潜る緊迫した場面です。

ディケンスは、信号灯を点火して影が動く速度を計算し、メンデスが捉えたいイメージをビジュアル化できるカメラワークを決めたと説明。信号弾、照明、火で光と影を生み出しサスペンス効果を創出した息を呑む連続シーンです。

③本作の佳境となるのが第3部。攻撃は開始され、第1部隊が塹壕から飛び出していく中、スコフィールドが指揮官を必死に探す場面です。この撮影の為、掘って造った塹壕の距離は1.7キロ。

砲弾を受けながら突進する歩兵達に対し、衝突・転倒を繰り返しながら主人公が疾走するシーンは、CGも振り付けも無い実際の爆発と偶然の衝突です。

「カットまで動きを止めるな」という指示だった為、とにかく全速力で走ったとスコフィールドを演じたジョージ・マッケイは明かしています。

撮影現場では「3、2、1、ゴー、ゴー、ゴー‼」というスピーカーを通し掛け声が響いた途端、数百人にのぼる兵士役のエキストラも平原を突進。

スコフィールドがブレイクの死を無駄にしたくない思いだけで走るこの1分弱のシーンは、観客が主人公の呼吸と運命さえ同化したような感覚を覚える大変パワフルなワンショットです。

④エンディングは、『ロケットマン』(2019)やテレビドラマ『ボディガード』(2018)で大きな注目を集めているリチャード・マッデンがブレイクの兄・ジョセフ役で登場。

劇中を通し、コリン・ファース、マーク・ストロング、そしてベネディクト・カンバーバッチ等そうそうたる俳優陣が要所をしっかり締めています。

また、①でドイツ軍が放棄したトンネルを進むスコフィールドが残された家族の写真を見つける短い場面があります。

このシーンは、スコフィールドが自分の家族写真を見て思いを馳せる最終場面の伏線になっており、敵味方なく双方の側に家族の下へ生還できる者と命を落とした者が存在する戦争を描写。

本編全体を通じ、最小限の台詞を用いひと続きの映像でストーリー展開を成功させた過去に類の無い映画です。

まとめ


(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

1917年、フランス北部。ドイツ軍に対する攻撃を翌朝に控えていた英国陸軍は、奇襲を狙う相手の罠だと察知。通信網が破壊されていた為、ブレイクとスコフィールドは攻撃中止命令を直に伝える指令を受けます。

しかし、ブレイクは死亡。彼の遺言を聞いたスコフィールドは、死ぬことが許されないミッションを胸にたった1人敵地へ足を踏み入れます

伝令係として従軍した祖父の経験を伝えようとメンデスが初めて脚本を書き、圧巻の撮影技術でディケンスが映像化し、トーマス・ニューマンの荘厳な音楽で臨場感を高めた『1917 命をかけた伝令』は、映画は観るものではなく実感するものだと世に知らしめた大作です。心からおすすめ

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ベル・カント』ネタバレ感想と評価。渡辺謙×加瀬亮らは原作小説とテロ事件が生んだ“絆”に向き合う

映画『ベルカント とらわれのアリア』は2019年11月15日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー公開! 2001年に出版され、PEN/フォークナー賞とオレンジ賞(現在のベイリーズ賞) …

ヒューマンドラマ映画

アキ・カウリスマキ監督『希望のかなた』フィルム上映される劇場はどこ?

アキ・カウリスマキ監督の『希望のかなた』は、2017年のベルリン国際映画祭で観客や評論家から圧倒的支持を受け、銀熊賞(監督賞)の栄誉に輝きました。 カウリスマキ監督は、前作『ル・アーヴルの靴みがき』に …

ヒューマンドラマ映画

映画『アウトサイダーズ』あらすじと感想。マイケル・ファスベンダーの演技力とは

映画『アウトサイダーズ』は、2018年2月10日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて全国順次公開! トラヴェラーズコミュニティの長であるコルビーは、絶対的な権力でカトラー・ファミリーを …

ヒューマンドラマ映画

映画『真実』ネタバレ感想とレビュー評価。是枝裕和の演出とカトリーヌ・ドヌーヴの演技による化学変化

是枝裕和監督が構想8年をかけた国際共同作『真実』 是枝裕和監督の映画『真実』は、2019年10月11日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国で公開。 「家族とはなにか」をテーマに置いた『万引き家 …

ヒューマンドラマ映画

『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』あらすじとキャスト。

カナダで最も有名な画家モード・ルイスが教えてくれる、人生で大切な喜びとは── 3月3日(土)より東劇、新宿ピカデリーをはじめ全国でロードショーされる映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP