Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/10/30
Update

『あゝ、荒野』無料視聴はU-NEXT。5話あらすじネタバレと感想も

  • Writer :
  • 山田苺

今最も熱い若手俳優・菅田将暉の主演作が、寺山修司・原作の映画化として上映されます。

いよいよ配信版も、劇場版の後編にあたるストーリーに入っていきます。

第5話では、ついに因縁の新次VS祐二の試合が行われます。

しかし、その試合後、新次や健二はそれぞれの道を歩むことになり、事態は思わぬ方向へ向かいます。

配信版では劇場では未公開のシーンを盛り込んだ【完全版】となっています。

スポンサーリンク

1.映画『あゝ、荒野』【第5話】の作品情報


(C)2017「あゝ、荒野」フィルムパートナーズ

【公開】
劇場版後編は2017年10/21より公開
配信版・第4話は10/27より配信

【監督】
岸善幸

【キャスト】
菅田将暉、ヤン・イクチュン、木下あかり、モロ師岡、高橋和也、今野杏南、山田裕貴、河井青葉、前原滉、萩原利久、小林且弥、川口覚、山本浩司、鈴木卓爾、山中崇、でんでん、木村多江、ユースケ・サンタマリア

【作品概要】
『二重生活』で初長編にして高い評価を得た、岸善幸監督の2作目。寺山修二、唯一の長編小説を2021年の新宿を舞台とし、独自の設定やストーリーを交えたトータル300分ほどの超大作。

ボクサーという青春モノを描きながら、愛憎渦巻くそれぞれの因果関係をも、岸監督独特のタッチで描いており、青春・スポ根ものには珍しい雰囲気を漂わせています。

『二重生活』同様、東京の雑踏、町並みすらも美しく描いており、前作のファンもストーリーは違えど、楽しめる要素が詰まっています。

▼▼U-NEXTで『あゝ、荒野【完全版】』はご覧いただけます。
映画『あゝ、荒野【完全版】』を今すぐ無料で見る

2.映画『あゝ、荒野』【第5話】のあらすじとネタバレ


(C)2017「あゝ、荒野」フィルムパートナーズ

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『あゝ、荒野【第5話】』ネタバレ・結末の記載がございます。『あゝ、荒野【第5話】』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

新次とバリカンの間に大きな溝が生まれる中、自殺クラブに残ったメンバーのひとりが、建夫をバリカンに引き渡そうとします。

病気の進行で目が見えなくなっている建夫は、ボクシングで鍛えたバリカンに触れると、息子ではないと相変わらず粗雑な態度で振舞います。

バリカンが引き取らなければ、身寄りのなくなる建夫ですが、なぜ戻ってきたと激しくバリカンは罵り、そのまま去っていきました。

ジムに戻ると、バリカンは新次のようになりたいといいますが、新次は自分は自分。バリカンは自分のようになれないと冷たく返すのでした。

翌日、ジムでは新次が祐二との試合に向けて練習に励むなか、突然バリカンは新次と練習したいと申し出ます。

渋る片目をよそに、新次は練習を引き受けます。

しかし周りの予想に反して、新次とバリカンの試合は接線を極め、2人同時にリングに倒れこみます。

その練習を機に、バリカンは新次へ手紙を書くと、ジムへ顔を出さなくなりました。

いよいよ祐二との試合当日。バリカンは新次の控え室にもいませんでした。

祐二との試合を多くのギャラリーが見ている中、試合が始まります。

熱くなる新次は反則スレスレの行為を行い、片目からは「ボクシングで勝て!」と言われます。

試合は泥試合とかし、2人とも立っているのがやっとというレベルになると、それはボクシングというより因縁の喧嘩のようでした。

結果は新次の判定勝ち。ボクシングで勝つことは出来ても、祐二を殺すことはできませんでした。

新次は退場する祐二にこれで本当に終わりでいいのかたずねるも、彼は新次に抱擁すると力なく去っていき、ギャラリーにいた立花に涙ながらに頭を下げます。

試合後、新次はバリカンの手紙を読みました。

彼が仕事である床屋を辞め、川口の経営するジムへ移籍していました。

バリカンの願いはただひとつ、新次と闘いたい。

最後は別れの文章で締めくくられていた手紙を読み終わると、新次は再び練習に打ち込むのでした。

芳子と会う新次は、バリカンとの別れ後、いつも虚無感を身にまとっていました。

そんな新次を見ていた芳子の取った決断は、新次の元を何も告げずに去ることでした。

新次が家に訪れたときには部屋に何もなく、ゴミ捨て場には芳子の母が買った靴が捨てられていました。

一方、バリカンは移籍後初の試合で見事勝利を収めます。試合には杏子も見に来ていました。

打ち上げで上機嫌な川口たちと上手くなじめないバリカンと杏子。彼女は突然バリカンに口づけすると、そのままホテルへ入ります。

しかしバリカンは、杏子と事に及ぶことが出来ませんでした。

片目は誰もいない居酒屋で、曽根セツと体を重ねていました。

一緒に新宿で住まないかと片目が言うと、セツは震災で今まで関係を持った男の殆どが流されていなくなったことを告白します。

それを聞く片目は、それでもセツを優しく受け止めました。

しかし大洋拳闘クラブはバリカンも抜けたことで、宮下もやる気をなくし、たたまざるを得ない状況に陥っていました。

芳子が見つからず、新次がジムに戻ると、そこで片目は酔いつぶれていました。

片目は新次にジムをたたむ話をし、新しい居場所を探してやるから、ボクシングは続けるよう新次に語ります。

再び全てを失った新次は、涙を流し、ジムを出て行くのでした。

第6話につづく…

スポンサーリンク

3.映画『あゝ、荒野【第5話】』の感想と評価


(C)2017「あゝ、荒野」フィルムパートナーズ

ついに因縁の対決が行われたこともあっただけでなく、怒涛の展開ゆえ体感時間がものすごく短く感じました。

特に試合では、ボクシング史上稀に見る後味の悪い結果となっています。

新次は勝ったはずなのに、彼も見ている視聴者も消化不良が尋常じゃないです。

それだけ、あの試合で新次に感情移入し、かつ彼が目標としていた復讐がそれだけ無意味なものだったと痛感させられるシーンでした。

バリカンも新次と一緒に過ごすことで繋がれないのなら、闘うことでしかもう繋がることができないという運命が、たまらなく切ないです。

まとめ


(C)2017「あゝ、荒野」フィルムパートナーズ

祐二戦でこの感情の嵐なので、最終決戦の新次VSバリカンではどうなってしまうのか・・・

新次は自分の選択で全てを失ったのに、バリカンは新次になりたいがゆえ、あらゆる繋がりを断ち切りこばむようになったのでしょうか。

予告編では再び新宿でテロのような場面が見受けられます。

ついにぶつかり合う2人と新宿の運命が気になって次の金曜まで眠れません・・・

劇場では既に後編が上映していますが、配信版は来週までネタバレをうっかり見ないよう、気をつけて生活することにします。

映画『あゝ、荒野』を安全かつ無料で見る方法はU-NEXTがオススメです。

▼▼U-NEXTで『あゝ、荒野【完全版】』はご覧いただけます。
映画『あゝ、荒野【完全版】』を今すぐ無料で見る

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができますで、大変お得になっています。

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2017年10月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

↓前編分の話数、まとめました。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ツリー・オブ・ライフ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

思わず息を呑む圧倒的なまでの映像美で展開される生命の神秘… 賞賛と批判の嵐で世の中を二分した作品『ツリー・オブ・ライフ』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『ツリー・オブ・ライフ』 …

ヒューマンドラマ映画

映画ファウンダーあらすじ!マクドナルド創業者をマイケルキートンが怪演

『バードマン』にてアカデミー賞主演男優賞ノミネートされるも、まぬけなほどに見事に逃してしまったマイケル・キートン。 あらかじめ用意した受賞コメントなどよりも、彼のファンとしては、またもマイケル・キート …

ヒューマンドラマ映画

映画『二階堂家物語』あらすじと感想レビュー。河瀬直美がイラン人女性監督アイダ・パナハンデと描いたものとは

映画『二階堂家物語』は、2019年1月25日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国順次公開。 3世代の家族の愛と葛藤を見つめる人間ドラマ『二階堂家物語』。 一人息子を亡くし、代々続く名家が途絶える危機に …

ヒューマンドラマ映画

映画『人形(1968)』あらすじネタバレと感想。ポーランド派の監督ヴォイチェフ・イエジー・ハスの描く演出法とは

映画『人形』は2019年11月10日から23日まで開催のポーランド映画祭にて上映。 今回ピックアップするのは2019年で8回目を迎えるポーランド映画祭の上映作品、奇才ヴォイチェフ・イエジー・ハス監督に …

ヒューマンドラマ映画

映画『ロボット修理人のAi (愛)』ネタバレあらすじ感想と結末解説。AIBOと少年の“甦りの女神”伝説

“復活”をテーマに希望を失わない生き方を描いた作品 映画『ロボット修理人のAi(愛)』は、実在する旧型AIBO修理人の乗松伸幸さんをモデルにしたヒューマンドラマです。 不幸な生い立ちの16歳の少年、倫 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学