Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/09/15
Update

映画『ブリムストーン』あらすじとキャスト!感想レビューも

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に選出された、愛と暴力と信仰心を巡る壮絶な年代記、いよいよ日本公開!

映画『ブリムストーン』は、2018年1月6日(土)より新宿武蔵野館ほかで順次公開される主演ガイ・ピアースと、すっかり女性らしくなったダコタ・ファニングで贈る作品です。

スポンサーリンク

イタリアで物議を交わした問題作『ブリムストーン』

秘められら過去を巡り、リズを恐怖に陥れる謎の牧師とは?


©2016 brimstone b.v./ n279 entertainment b.v./ x filme creative pool gmbh/ prime time/ the jokers films/ dragon films

今作を鑑賞した評論家からの意見では、“女性蔑視”ではないかと物議を醸した問題作ですが、主演のひとりを務めたガイ・ピアースは次のように考えを述べています。

「全くその逆だと思う。今作は女性蔑視がどういうものかを見せ、それが与えるネガティブな影響を理解させている。牧師自体は女性蔑視であるが、映画そのもの女性蔑視ではない」

きっぱり反論したガイ・ピアース。その真偽のほどは観客のあなたの目で、劇場にて確かめてほしい作品です。

1.映画『ブリムストーン』の作品情報

I'm so proud to be premiering this film tonight at the Venice Film Festival! #brimstone #venicefilmfestival

Dakota Fanningさん(@dakotafanning)がシェアした投稿 –

【公開】
2017年
(オランダ・フランス・ドイツ・ベルギー・スウェーデン・イギリス・アメリカ合作映画)

【原題】
BRIMSTONE

【脚本・監督】
マルティン・コールホーヴェン

【キャスト】
ガイ・ピアース、ダコタ・ファニング、エミリア・ジョーンズ、カリス・ファン・ハウテン、キット・ハリントン

スポンサーリンク

2.映画『ブリムストーン』のあらすじ


©2016 brimstone b.v./ n279 entertainment b.v./ x filme creative pool gmbh/ prime time/ the jokers films/ dragon films
小さな村で、年の離れた夫と2人の子供と暮らす美しい女性・リズ。

ある事情で言葉を発することは出来ないものの、村では助産師として頼られる存在でした。

夫の連れ子である長男は少し反抗的だが、概ね幸せに暮らしていました。

しかしある日、村にやってきた一人の男の存在が、彼女の人生を一変させてしまいます。

男は鋼のような肉体と信仰心を持つ牧師でした。

「汝の罪を罰しなければならない」そう告げられたリズの脳裏に壮絶な過去が甦るのです。

そして彼女は、家族に身の危険が迫っていることを伝えるのだが…。

果たしてリズの過去に秘められた“罪”とは。男は何者なのか?

やがて 彼女の家に撃ち込まれた一発の銃弾。それは愛と暴力と信仰心を巡る、恐るべき物語の始まりを告げる…。

3.映画『ブリムストーン』の見どころは

Forever bruised knee caps, Mario Badescu pimple cream and a semi-sexy colonial nightgown = A BANGING TUESDAY NIGHT

Dakota Fanningさん(@dakotafanning)がシェアした投稿 –

過去に闇を抱えた美しき人妻を演じるのは、『I am Samアイ・アム・サム』で天才子役として脚光を浴び、その後も順調にキャリアを重ねる女優ダコタ・ファニング

そして彼女を恐怖に陥れる謎の男には、『L.A.コンフィデンシャル』『メメント』などで知られるオーストラリア出身の名優ガイ・ピアースが扮し、強烈な存在感で観客を極限の緊張感へと誘います。

更に次世代の美少女として脚光を浴びるエミリア・ジョーンズや、オランダの名女優カリス・ファン・ハウテン。

#kitharington #jonsnow #suit #gameofthrones #black

Kit Haringtonさん(@kitharingtonn)がシェアした投稿 –

また、グザヴィエ・ドラン監督による初の英語作品となる『The Death and Life of John F. Donovan(原題)』の主演に大抜擢され注目の若手俳優キット・ハリントンたち豪華なキャストが共演します。

一体、彼女の過去に何があったのか?

オランダの名匠として知られるマルティン・コールホーヴェン監督が紡ぐのは、時代と信仰に翻弄された一人の女性の力強い生き様。

時に目を背けたくなるような鮮烈な暴力描写が浮き上がらせる壮大な叙事詩。

さて、その先に観客が目にするのは、希望か?絶望か?

子役として脚光を浴び、女優としての進化を遂げたダコタ・ファニングを見届けたい作品です。

ヴェネツィア国際映画祭のみならず、世界中の映画ファンを魅了する、ダコタ演じるリズの壮絶なる運命と真相を見せつけた演技力に注目です。

スポンサーリンク

まとめ

強靭な肉体と信仰心の強い謎の牧師役に、『エイリアン:コヴェナント』などに出演した名優ガイ・ピアース。

また夫と2人の子どもと暮らす美しい人妻リズに『アメリカン・バーニング』など、常に新境地での演技に挑戦し続けているダコタ・ファニング。

『ハイ・ライズ』などに出演のエミリア・ジョーンズ、『ドクター・エクソシスト』のカリス・ファン・ハウテン、『ゲーム・オブ・スローンズ』のキット・ハリントンたち共演で描く衝撃の問題作!

演出も務めたマルティン・コールホーヴェン監督は、『恋するレストラン』(2005)など、ヨーロッパの映画祭で話題になるものの、今作が世界三大国際映画祭のコンペティション部門の選出は初めてという力作。

その映画祭で問題作として物議を醸したのは、アメリカ南部にある“負の歴史”に焦点を当てながら、監督自らの出身地であるオランダの宗教文化を色濃く見せた点です。


©2016 brimstone b.v./ n279 entertainment b.v./ x filme creative pool gmbh/ prime time/ the jokers films/ dragon films

今作映画『ブリムストーン』は、新春2018年1月6日(土)より、新宿武蔵野館ほか順次公開!

全編148分という愛と暴力と信仰心を巡る壮絶なクロニクル(年代記)をお見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ムーンライト』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

アカデミー賞史上最も稀にみる珍事に見舞われた末、見事作品賞を受賞! “映画史に刻まれる、最も純粋で美しい、愛の物語”とも称された『ムーンライト』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ニューヨーク 親切なロシア料理店』ネタバレ感想解説と結末までのあらすじ。見知らぬ人との交流を通して“優しさ”にふれる

デンマーク出身の女性監督ロネ・シェルフィグが描くヒューマンドラマ『ニューヨーク 親切なロシア料理店』。 『17歳の肖像』『ワン・デイ 23年のラブストーリー』で知られる女性監督ロネ・シェルフィグが、老 …

ヒューマンドラマ映画

映画『私は確信する』感想評価と解説レビュー。実話のヴィギエ事件を法廷サスペンスに仕上げた未解決ミステリー!

映画『私は確信する』は2021年2月12日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。 映画『私は確信する』は、妻の失踪事件から10年間殺害容疑をかけられた夫の裁判を描 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ドライビング Miss デイジー』ネタバレあらすじと感想レビュー。白人の老婦人と黒人運転手の交流と友情を描くアカデミー受賞作

性別・人種・年代の壁を越えた友情を描く、アカデミー作品賞に輝くハートフルドラマ 1990年製作のアメリカ映画『ドライビング Miss デイジー』。1987年度のピューリッツァー賞演劇部門を受賞したブロ …

ヒューマンドラマ映画

映画『凪待ち』感想レビュー。キャスト美波役の恒松祐里が子役から活躍する演技力とは

映画『凪待ち』は、2019年6月28日(金)よりTOHOシネマズ日比谷はか全国ロードショー! 白石和彌×香取慎吾のタッグが世に放つ、2019年6月公開の新作映画『凪待ち』。 2011年3月11日に発生 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学