Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/10/10
Update

映画『月と雷』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【初音映莉子×高良健吾の代表作】

  • Writer :
  • 山田苺

直木賞作家・角田光代の小説『月と雷』が映画化され、監督を『海を感じる時』の安藤尋監督が務めたヒューマンドラマとして公開されました。

主演には初音映莉子、高良健吾を向かえ、田舎町で起こる「普通ではない」生き方をする人たちの出来事を優しく撮ったストーリーが特徴的です。

スポンサーリンク

1.映画『月と雷』の作品情報


(C)2012 角田光代/中央公論新社 (C)2017「月と雷」製作委員会

【公開】
2017年

【監督】
安藤尋

【キャスト】
初音映莉子、高良健吾、藤井武美、黒田大輔、市川由衣、村上淳、木場勝己、草刈民代

【作品概要】
子どもの頃に父が愛人を連れてきたことで、普通の家庭を知らぬまま大人になった泰子は、スーパーのレジ打ちの仕事をしながらも、婚約者もでき、亡くなった父が残してくれた持ち家で暮らす日々を穏やかに過ごしていました。

しかし、突如現れた愛人の息子・智が現れたことで、泰子は自分の知らない人々や、普通の生き方とは何なのか向き合っていくとこになります。

2.映画『月と雷』のあらすじとネタバレ


(C)2012 角田光代/中央公論新社 (C)2017「月と雷」製作委員会

幼い頃、短い間でしたが泰子は父が連れてきた愛人・東原直子とその息子・智と過ごしている時期がありました。

自由気ままに生きている直子に、泰子もなついていましたが、突如直子は智を連れて家を去っていきます。

大人になった泰子は、父も他界しており、スーパーのバイトをしながらも、残された持ち家で静かに過ごす毎日でした。

同じ職場の山信太郎とは婚約しており、このまま何事も無く普通の生活が送れるのではないかと思っていると、そこへ突如智が泰子の前に現れます。

彼は泊まる所もないので、一晩泊めて欲しいと懇願し、しぶしぶ泰子も家に上げます。

智は幼いころ過ごした泰子の家で何も変わっていないことに感激します。

寝室は別にしていましたが、泰子のほうから智の布団にもぐりこみ、2人が幼い頃していた『遊び』をし、そのまま体を重ねます。

泰子がなぜ自分に会いに来たのか、智に尋ねても彼は「泰子やこの家に会いたくなったから」と答えるだけでした。

翌日、婚約者がいるのに関係を持ったことを詫びるつもりか、智は泰子の実の母親を探す協力をすることになります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『月と雷』ネタバレ・結末の記載がございます。『月と雷』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

2人は地方のテレビ局へ行き、再開番組で呼びかけることになりました。

すると母親は無事見つかり、番組では感動の再開を収録します。

泰子の実母は現在再婚し、フードコーディネーターとしてかなり有名な人物となっていました。

しかし母親と再会しても、さほど感情を表に出すことの無い泰子でした。

それ以上に、どうして自分を放っておいて、そんな生活が出来るのかという疑問すら出てくるほどでした。

結局その日も、泰子と智は夜を共にします。

玄関のチャイムで目を覚ました智が出ると、そこには泰子の婚約者・山信太郎が立っていました。

一瞬怪訝な表情をする太郎ですが、泰子が元愛人の息子だと説明すると、とりあえず納得します。

気まずい空気の中、智の携帯に電話があり、彼は自分の母・直子が今世話になっている男の家を勝手に出て行ったとのことでした。

智が直子を探すと、彼女はまた別の60過ぎの男の家に転がり込んでいました。

一方泰子は、実母の現在の住まいを一人でこっそり訪れます。

するとそこから一人の若い女性が出てきて、泰子は後を追います。

何とか追いつくと、その女性・亜里砂は実母の再婚相手の娘で、妹にあたる存在でした。

亜里砂を追いかけた理由を「ここで逃したら、もう会えないと思ったから」という泰子に対して、亜里砂は留学に行くのであながち間違ってないといい、泰子に連絡先を渡して去っていきます。

直子の居場所を突き止めた智と一緒に、直子に会いに行く泰子。直子は泰子のことを覚えていました。

ひとまず、直子に前いた男に一筆残すよう言う智ですが、今の男は「この女性はひとつのところに長くいれない性格だ」と落ち着いていました。

そんな話を聞いていると、泰子は突如吐き気を覚え、トイレに駆け込みます。

出てきた泰子に、直子はポツリと「妊娠したんじゃない?」といい、泰子は急いで帰宅します。

するとそこには亜里砂が待っており、彼女は始めて会ったときの態度を詫びにきたといいます。

しかし田舎町ゆえ、バスで来た亜里砂は帰りのバスがもう残っていませんでした。

2人は一緒に妊娠検査薬の結果を見ると、陽性になっていました。

日は変わり、職場から帰宅すると、カレーの匂いが漂ってきて、ツワリの泰子はうんざりしますが、作っていたのは亜里砂ではなく、直子でした。

驚く泰子に反して飄々としている直子。智から電話が来て、内容は「また直子がいなくなった」でした。

再び泰子の家にやってきた智に、妊娠のことを打ち明けると、彼は以外にもそのことをすんなり受け入れてくれました。

しかし肝心の婚約者には智の子を妊娠したことを告げずにいた泰子は、太郎と2人になったときに、早く席を入れようと急き立てられます。

うすうす自分の子を妊娠していないと思っていた太郎は、突然泰子に襲い掛かり、今からすれば自分の子になるかもしれないと言い出し、泰子は必死で逃げ切ります。

しかし家に帰ると、もともと静かに暮らしていたはずの場所に3人もの同居人。

自分の人生を大きく変えられたことに、泰子は誰構わず当り散らし、智たちは家を追い出されてしまいます。

自室に引きこもっている泰子に、智がベランダの窓越しから泰子に語りかけます。

智自身も、母同様に女が切れることのない日々を送っていました。

依然付き合っていた彼女にどうして自分と付き合うのかと聞いたら「あなたは“生活”を知らない」と言われてしまいます。

智は泰子となら一緒に生活が出来ると優しく伝えます。

翌日、雨戸から入れた智は居間で寝ていて、直子は妊娠している泰子に塩おにぎりを作っていました。

泰子は直子が愛人として家に来たことを思い出し、同時に直子が去った後、ゆっくりと酒に溺れていった父を思い出します。

数日後、直子は誰にも告げず、泰子の家を去っていきました。

後を追う泰子に、どうしてそうフラフラと去って行くのかと聞くと、ひとつのところに居座ると、いつもまずいことが起きると予感がすると答え、そんな自分を「月と雷」みたいなものだといいます。

そしてどうして幼い頃、自分も連れて行ってくれなかったのか聞くと、一緒に連れて行けばよかったと、遠い目で言い、そのまま泰子の元を去っていきました。

季節は変わり、泰子のおなかも大きくなっていました。

そこへ智の携帯に、直子が亡くなったと連絡が入ります。

2人は幼い頃一緒に隠れた箪笥を庭で燃やし、そこへ直子の遺品も捨てていきます。

しかし、直子が今まで渡り歩いてきた男の住所が記載された手帳だけは、泰子は捨てようとしませんでした。

父の遺品も燃やそうと、部屋に戻る泰子ですが、その間に智はその手帳を火の中に投げ込んでしまいます。

数日後、泰子が家に戻ると、智の姿がどこにもありません。

しかし彼女は慌てることも無く、少し笑って雨戸を開けたまま部屋に戻っていきました。

スポンサーリンク

3.映画『月と雷』の感想と評価


(C)2012 角田光代/中央公論新社 (C)2017「月と雷」製作委員会

今作を見終わった時、じわじわと感じてきたのは「普通でない生き方」を優しく肯定するストーリーの良さでした。

決してドラマチックな展開があるわけではないのですが、主人公が少しずつ、目を背けてきた自分の人間関係と向き合い、受け入れていく姿勢が凄く穏やかで、一人ひとり、その人に合った生き方があるということを、改めて教えてくれるような作品です。

それゆえに、泰子は最後で智が、直子のように家を突然去っても、穏やかなままいられたのかもしれません。

泰子が当り散らした後、仲直りしてみんなで浜辺にいるシーンがあるのですが、これもひとつの家族の姿ともいえる印象的なシーンでした。

それにしても山信太郎の普通そうに見えて突然狂気を見せるシーンは恐ろしかったです。

「今すれば僕の子になるかもしれない」なんて思春期の高校生でも無理だと分かることを言うとは、並大抵の神経ではないです。迫真の演技に脱帽です。

まとめ


(C)2012 角田光代/中央公論新社 (C)2017「月と雷」製作委員会

地味な作品に思われがちですが、主演の初音映莉子はまるでシャルロット・ゲンズブールに似た顔立ちや雰囲気を出していて、見ていればいるほど綺麗な人だなあと感心してしまうほどです。

高良健吾も、見た目は全く違えど、演じる雰囲気はあの『蛇にピアス』にも近いことから、安心して見れるところも非常に魅力的な作品だと感じました。

主演の2人のファンという理由だけでも、充分見る価値のある作品だと思います。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『父親たちの星条旗』ネタバレ結末感想とラストあらすじ解説。実話の“英雄に作り上げられた真実”をクリント・イーストウッド監督が描く問題作

硫黄島の戦いをアメリカ側と日本側の視点から描いた映画史上初の2部作第1弾。 クリント・イーストウッドが製作・監督を務めた、2006年製作のアメリカの戦争ドラマ映画『父親たちの星条旗』。 太平洋戦争最大 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ハクソー・リッジ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

俳優としても有名なメル・ギブソンが10年ぶりに監督した作品です。 日本での公開は6月24日予定ですが、沖縄戦を舞台にしたこの戦争映画はアカデミー賞など様々な賞にノミネートされた話題の映画です。 『ハク …

ヒューマンドラマ映画

映画『“隠れビッチ”やってました。』感想とレビュー評価。佐久間由衣の演技力が三木康一郎の演出で開花!

映画『“隠れビッチ”やってました。』は2019年12月6日よりロードショー。 イラストレーターで漫画家のあらいぴろよが自身の体験をもとに描いたコミックエッセイを、三木康一郎監督により映画化した『“隠れ …

ヒューマンドラマ映画

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』ネタバレ感想。結末で火葬された宮沢りえ演じる母双葉の演技力とは

家族とは何かを問う物語 2017年開催の日本アカデミー賞を初めとし、さまざまな映画祭で数多くの賞を授かった、映画『湯を沸かすほどの熱い愛』。 難病を扱った本作ですが、それだけでは終わらない、深い感動と …

ヒューマンドラマ映画

映画『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』あらすじネタバレと感想評価。音楽と感動のドラマが勇気を与える

素敵な音楽と感動のドラマ。 人生に悩む時、音楽は生まれる。 元ミュージシャンの父と母親の才能を受け継ぐ娘が、音楽活動を通してお互いの人生を考え、前に進んで行くストーリー。 将来への希望と不安、愛する人 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学