Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/12/14
Update

スパイダーマン:スパイダーバース|映画シリーズ初の快挙!オスカー前哨戦へ本格始動

  • Writer :
  • 中村綾子

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の日本公開は2019年3月8日より全国ロードショー!

アメリカで映画レビューが解禁するやいなや、各メディアから「史上最高のスパイダーマン映画!」と空前の大絶賛を受けた『スパイダーマン:スパイダーバース』

先日発表された第76回ゴールデングローブ賞に、『スパイダーマン:スパイダーバース』がノミネートされました!

スポンサーリンク

ゴールデングローブ賞ノミネート部門の詳細

アメリカ公開を次の週に控えた、現地時間2018年12月6日。

アカデミー賞前哨戦として注目度も高いゴールデングローブ賞のノミネート作品が発表されました。

今回『スパイダーマン:スパイダーバース』がノミネートされたのは、アニメ映画部門

この部門は、2007年の第64回から設置された比較的新しい部門です。

今年は以下の5作品がノミネートされました。

『犬ヶ島』
『インクレディブル・ファミリー』
『シュガー・ラッシュ:オンライン』
『スパイダーマン:スパイダーバース』
『未来のミライ』
(五十音順)

新設されて以来、ほぼ毎年ノミネート作品のいくつかはアカデミー賞長編アニメ映画賞の候補にあがり、オスカーを獲得したりしています。

今年の5作品も注目されること間違いないでしょう!

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の評価

批評家たちは、本作品に対する賛辞を惜しみません。

映画レビューには、「スパイダーマン映画史上、もっともすばらしい!」「2018年最高の1本!」と多くの大絶賛コメントが溢れていて、その評価は批評家たちにとどまりません。

『シェイプ・オブ・ウォーター』のギレルモ・デル・トロ監督や、「ジュラシック・ワールド」シリーズの俳優クリス・プラットSNS上で熱く支持してくれています。

映画界で大きな話題となった『スパイダーマン:スパイダーバース』は、今回ノミネートを果たしたゴールデングローブ賞のほかに、次々と各賞に名乗りを上げています。

『スパイダーマン:スパイダーバース』が受賞・ノミネートされた賞

☆ニューヨーク映画批評家賞(アニメ映画賞・受賞)
☆デトロイト映画批評家協会賞(アニメーション賞・受賞)
★ゴールデングルーブ賞(アニメ映画賞・ノミネート)
★アニー賞(長編作品賞、監督賞、脚本賞など計7部門ノミネート)
★ロサンゼルス・オンライン映画批評家賞(アニメーション賞・ノミネート)

どの賞もゴールデングローブ賞にノミネートされた作品と最高賞を競い合っています。

各賞の受賞式もゴールデングローブ賞の授賞式とともに目が離せませんね!

スポンサーリンク

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の作品情報

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Spider-Man: Into The Spider-Verse

【監督】
ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン

【キャスト】
シャメイク・ムーア、ジェイク・ジョンソン、ヘイリー・スタインフェルド、ニコラス・ケイジ、キミコ・グレン、ジョン・モラニー

【作品概要】
「スパイダーマン」シリーズ最新作で全く新しいアニメ映画であり、全編が手書き風のCGアニメで制作されていて、あらゆる種類の漫画の技法が合わさった“生きた絵”となっています。

複数のスパイダーマンが存在する世界が舞台となり、シャメイク・ムーア演じる主人公マイルス・モラレスを中心に描かれ、共演はニコラス・ケイジ、マハーシャラ・アリ。

監督はボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン。

日本語吹替版のキャストは、小野賢章、宮野真守、悠木碧。

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』のあらすじ

舞台はニューヨーク、ブルックリン。マイルス・モラレスは、頭脳明晰で名門私立校に通う中学生です。

実は彼はスパイダーマン。しかし、その力を未だ上手くコントロール出来ずにいました。

そんなある日、何者かにより時空が歪められる大事故が起きます。

その天地を揺るがす激しい衝撃により、歪められた時空から集められたのは、全く異なる次元=ユニバースで活躍する様々なスパイダーマンたちでした——。

スポンサーリンク

まとめ

アカデミー賞の前哨戦ともいえるゴールデングローブ賞。

『スパイダーマン:スパイダーバース』は、そこでアニメ映画部門にノミネートされました。

新設されて12年ほどのまだ日は浅い部門ですが、ほぼ毎年ノミネート作品がアカデミー賞の候補に挙がり、オスカーを受賞することもあります。

映画批評サイトロッテントマトで100%フレッシュを獲得し、各方面から絶賛されている本作品の賞獲得に期待は高まるばかりです。

アメリカ公開を現地で待ちわびているのはもちろんだと思いますが、日本での公開がまだまだ先なのが、残念でなりません。

第76回ゴールデングローブ賞の授賞式は、2019年1月6日(アメリカ現地時間)です。

ゴールデングローブ賞受賞式もですが、映画『スパイダーマン:スパイダーバース』は2019年3月8日(金)より全国ロードショー!

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

『明日の食卓』映画原作のネタバレあらすじと結末感想。犯人は誰か真相と虐待死の真実を解説

とある母子に起こった悲痛な出来事を追体験する。 2002年、第42回講談社児童文学新人賞を受賞した『十二歳』で作家デビュー後、『しずかな日々』で第45回野間児童文芸賞、第23回坪田譲治文学賞を受賞、『 …

新作映画ニュース

映画『アマンダと僕』上映館は2019年6月公開シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次に決定

第75回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門でマジックランタン賞を受賞し、第31回東京国際映画祭東京グランプリ&最優秀脚本賞のW受賞に輝いた映画『AMANDA』(原題)。 日本公開に向けて邦題を『アマ …

新作映画ニュース

ファティ・アキン監督が映画試写会『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のトークイベントに登壇!

ファティ・アキン監督がサプライズ登壇。 今後の展望…観客に明かされる映画の裏側を明かす。 第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品、ファティ・アキン監督最新作『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホ …

新作映画ニュース

大泉洋映画『騙し絵の牙』あらすじ/キャスト。新公開日は3月26日で特別動画も発表!

主演・大泉洋×監督・吉田大八のタッグ再始動。 新たな決意を込めたスペシャル映像解禁。 作家・塩田武士が、俳優・大泉洋を主人公にあてがきし、話題・評判ともに世間の注目を集めたベストセラー小説『騙し絵の牙 …

新作映画ニュース

いつも月夜に米の飯|加藤綾佳監督&山田愛奈トークイベント報告と予告編解禁

加藤綾佳監督×山田愛奈主演の映画『いつも月夜に米の飯』は、9月8日(土)シネマカリテ、9月22日(土)新潟・シネウィンドほか全国順次公開。 7/28(土)に新宿シネマカリテにて行われたプレミア上映&ト …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学