Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/12/01
Update

最新作『スパイダーマン:スパイダーバース』あらすじと内容。アメリカでの評論家の感想は大絶賛で大ヒットの兆しへ

  • Writer :
  • 中村綾子

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の日本公開は2019年3月8日全国ロードショー!

『スパイダーマン』「アメイジング・スパイダーマン」シリーズ、そしてマーベル・シネマティック・ユニバース入りを果たした『スパイダーマン:ホームカミング』。

これらに続き新たなるスパイダーマンの誕生となる『スパイダーマン:スパイダーバース』のアメリカでのSNSレビューが解禁されました。

各批評家たちからの大絶賛レビューが溢れる素晴らしいスタートです!

スポンサーリンク

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』とは

マーベル・コミックの漫画「スパイダーマン」を原作とする、『スパイダーマン』の映画としては初めてのアニメ作品。

主人公がピーター・パーカーだったこれまでの実写とは異なり、マイルズ・モラレスという人物が新しい主人公になっていて、彼の暮らす世界は、複数のスパイダーマンが存在しています。

本作は漫画の中を歩いているかのような雰囲気で、実写映画にはできないスタイルを目指したそうです。

また声の出演は『DOPE!ドープ』のシャメイク・ムーア。そのほかスパイダーマン・ノワールとして、ニコラス・ケイジも参加しています。

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の作品情報

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Spider-Man: Into The Spider-Verse

【監督】
ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン

【キャスト】
シャメイク・ムーア、ジェイク・ジョンソン、ヘイリー・スタインフェルド、ニコラス・ケイジ、キミコ・グレン、ジョン・モラニー

【作品概要】
「スパイダーマン」シリーズ最新作で全く新しいアニメ映画であり、全編が手書き風のCGアニメで制作されていて、あらゆる種類の漫画の技法が合わさった“生きた絵”となっています。

複数のスパイダーマンが存在する世界が舞台となり、シャメイク・ムーア演じる主人公マイルス・モラレスを中心に描かれ、共演はニコラス・ケイジ、マハーシャラ・アリ。

監督はボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン。

スポンサーリンク

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』のあらすじ

舞台はニューヨーク、ブルックリン。マイルス・モラレスは、頭脳明晰で名門私立校に通う中学生です。

実は彼はスパイダーマン。しかし、その力を未だ上手くコントロール出来ずにいました。

そんなある日、何者かにより時空が歪められる大事故が起きます。

その天地を揺るがす激しい衝撃により、歪められた時空から集められたのは、全く異なる次元=ユニバースで活躍する様々なスパイダーマンたちでした——。

本国アメリカでは絶賛の声

本作のアメリカ公開を12月14日に控え、本国でSNSでの映画レビューが解禁になるやいなや、各メディアが空前の大絶賛となっています。

史上最高のスパイダーマン映画、かつ今年最高のアニメーション映画!

アカデミー賞長編アニメーション部門は絶対この作品に!

2018年最高の1本!

あと20回は観たい!

このように、「史上最高のスパイダーマン映画」や「あと20回は観たい」と批評家たちは賛辞を惜しみません。

映画レビューサイトのロッテントマトでは驚異の100%フレッシュを獲得しています!

映画評論サイト「ロッテントマト」とは

アメリカの映画評論サイトのことです。

全米の様々な作家協会・映画評論家団体が承認した執筆者による各映画のレビューが掲載されています。

そのレビューを元に、スタッフが作品ごとにレビューの賛否それぞれを集計して、平均値を点数として掲出。

肯定的レビューが60%以上だと“fresh(新鮮)”、60%未満だと“rotten(腐った)”とされています。

ということは!アメリカで『スパイダーマン:スパイダーバース』はみんな肯定的なレビューばかりだったんです。

スポンサーリンク

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の絶賛のレビュー

スパイダーマン映画史上、最も素晴らしい!(FORBES)

スーパーヒーロー映画史上、最高の1本!(Mashable.com)

こんな映画、観たことない!(Variety)

エモーショナルで、面白くて、アクションはぶっ⾶んでる!最高の笑顔で映画館を出た!(GAMESPOT)

今年1番のお気に入り!(Awards Circuit)

とにかく大好き!2018年のマイ・ベストの1本!なんて素晴らしい作品!(FANDOM)

革新的で、視覚的にずば抜けているアクション・アドベンチャー!傑作!(FANDANGO)

めちゃくちゃいい!素晴らしいキャラクターに、美しい映像。もう1回観たい!(Marvel.com)

とにかく見て!これはヒーローになりたい男の子からスパイダーマンへの、本気のラブレター。誰だってマスクをかぶれることを覚えておいて!(Hollywood Reporter)

今までみたことのない世界!(Neard Reactor)

あと20回は観たい!(Screenrush.com)

スタン・リーは誇りに思うに違いない。(Slashfilm.com)

アメリカでここまで絶賛とは!

これまでの「スパイダーマン」シリーズとはまた違った世界観というのがわかるくらい、革新的!とか今までみたことのないという評価が挙がっています

日本での公開は2019年3月8日ですが、公開が待ちきれないですね。

まとめ

「スパイダーマン」シリーズでも、全く新しい形の『スパイダーマン:スパイダーバース』

「スパイダーマン映画史上、最高の1本!」「今までみたことのない世界!」など、アメリカで空前の大絶賛を浴びたという声を聞いたら、期待は膨らむ一方ですね。

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』は、2019年3月8日全国ロードショー!

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

映画『狂武蔵』あらすじ/キャスト/公開日。山﨑賢人と坂口拓の侍アクションが劇場上映決定!

77分ワンカット・ワンシーンの衝撃。 幻のアクション映画が9年の時を経て、ついに完成。 アクション映画『RE:BORN』で主演し、常に日本のアクションシーンを牽引し続ける坂口拓。 (C)2020 CR …

新作映画ニュース

映画『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実在のパントマイムの神様マルセル・マルソーをジェシー・アイゼンバーグが熱演

命を繋ぐこと―それが真のレジスタンス。 “パントマイムの神様”マルセル・マルソーは、若かりし頃、第二次大戦中にナチと協力関係にあったフランス政権に立ち向かうべく、レジスタンス運動に身を投じていました。 …

新作映画ニュース

映画あらすじ動画解説『デスマッチ 檻の中の拳闘』の感想紹介。おすすめアクションの見どころをシネマダイバー増田健が考察!

YouTube動画で見るおすすめ映画解説!『デスマッチ 檻の中の拳闘』をあらすじ紹介 今回ご紹介するのは、闇世界の格闘大会を描いたアクション映画『デスマッチ 檻の中の拳闘』。 (C)2018 Donn …

新作映画ニュース

映画『レプリカズ』あらすじとキャスト。キアヌ・リーブスが神経科学者役で禁断の領域に踏み込み

映画『レプリカズ』は、2019年5月よりTOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開。 「マトリックス」シリーズや「ジョン・ウィック」シリーズなど、アクション映画でヒットを飛ばし続ける俳優キアヌ・リーブス。 …

新作映画ニュース

奥山大史監督『僕はイエス様が嫌い』チャド・マレーン&佐伯日菜子が登壇!特別試写会レポート

映画『僕はイエス様が嫌い』は 2019年5月31日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国順次ロードショー! スペイン・サンセバスチャン国際映画祭にて、最優秀新人監督賞を史上最年少となる22歳で受賞し …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学