Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/12/01
Update

最新作『スパイダーマン:スパイダーバース』あらすじと内容。アメリカでの評論家の感想は大絶賛で大ヒットの兆しへ

  • Writer :
  • 中村綾子

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の日本公開は2019年3月8日全国ロードショー!

『スパイダーマン』「アメイジング・スパイダーマン」シリーズ、そしてマーベル・シネマティック・ユニバース入りを果たした『スパイダーマン:ホームカミング』。

これらに続き新たなるスパイダーマンの誕生となる『スパイダーマン:スパイダーバース』のアメリカでのSNSレビューが解禁されました。

各批評家たちからの大絶賛レビューが溢れる素晴らしいスタートです!

スポンサーリンク

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』とは

マーベル・コミックの漫画「スパイダーマン」を原作とする、『スパイダーマン』の映画としては初めてのアニメ作品。

主人公がピーター・パーカーだったこれまでの実写とは異なり、マイルズ・モラレスという人物が新しい主人公になっていて、彼の暮らす世界は、複数のスパイダーマンが存在しています。

本作は漫画の中を歩いているかのような雰囲気で、実写映画にはできないスタイルを目指したそうです。

また声の出演は『DOPE!ドープ』のシャメイク・ムーア。そのほかスパイダーマン・ノワールとして、ニコラス・ケイジも参加しています。

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の作品情報

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Spider-Man: Into The Spider-Verse

【監督】
ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン

【キャスト】
シャメイク・ムーア、ジェイク・ジョンソン、ヘイリー・スタインフェルド、ニコラス・ケイジ、キミコ・グレン、ジョン・モラニー

【作品概要】
「スパイダーマン」シリーズ最新作で全く新しいアニメ映画であり、全編が手書き風のCGアニメで制作されていて、あらゆる種類の漫画の技法が合わさった“生きた絵”となっています。

複数のスパイダーマンが存在する世界が舞台となり、シャメイク・ムーア演じる主人公マイルス・モラレスを中心に描かれ、共演はニコラス・ケイジ、マハーシャラ・アリ。

監督はボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン。

スポンサーリンク

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』のあらすじ

舞台はニューヨーク、ブルックリン。マイルス・モラレスは、頭脳明晰で名門私立校に通う中学生です。

実は彼はスパイダーマン。しかし、その力を未だ上手くコントロール出来ずにいました。

そんなある日、何者かにより時空が歪められる大事故が起きます。

その天地を揺るがす激しい衝撃により、歪められた時空から集められたのは、全く異なる次元=ユニバースで活躍する様々なスパイダーマンたちでした——。

本国アメリカでは絶賛の声

本作のアメリカ公開を12月14日に控え、本国でSNSでの映画レビューが解禁になるやいなや、各メディアが空前の大絶賛となっています。

史上最高のスパイダーマン映画、かつ今年最高のアニメーション映画!

アカデミー賞長編アニメーション部門は絶対この作品に!

2018年最高の1本!

あと20回は観たい!

このように、「史上最高のスパイダーマン映画」や「あと20回は観たい」と批評家たちは賛辞を惜しみません。

映画レビューサイトのロッテントマトでは驚異の100%フレッシュを獲得しています!

映画評論サイト「ロッテントマト」とは

アメリカの映画評論サイトのことです。

全米の様々な作家協会・映画評論家団体が承認した執筆者による各映画のレビューが掲載されています。

そのレビューを元に、スタッフが作品ごとにレビューの賛否それぞれを集計して、平均値を点数として掲出。

肯定的レビューが60%以上だと“fresh(新鮮)”、60%未満だと“rotten(腐った)”とされています。

ということは!アメリカで『スパイダーマン:スパイダーバース』はみんな肯定的なレビューばかりだったんです。

スポンサーリンク

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の絶賛のレビュー

スパイダーマン映画史上、最も素晴らしい!(FORBES)

スーパーヒーロー映画史上、最高の1本!(Mashable.com)

こんな映画、観たことない!(Variety)

エモーショナルで、面白くて、アクションはぶっ⾶んでる!最高の笑顔で映画館を出た!(GAMESPOT)

今年1番のお気に入り!(Awards Circuit)

とにかく大好き!2018年のマイ・ベストの1本!なんて素晴らしい作品!(FANDOM)

革新的で、視覚的にずば抜けているアクション・アドベンチャー!傑作!(FANDANGO)

めちゃくちゃいい!素晴らしいキャラクターに、美しい映像。もう1回観たい!(Marvel.com)

とにかく見て!これはヒーローになりたい男の子からスパイダーマンへの、本気のラブレター。誰だってマスクをかぶれることを覚えておいて!(Hollywood Reporter)

今までみたことのない世界!(Neard Reactor)

あと20回は観たい!(Screenrush.com)

スタン・リーは誇りに思うに違いない。(Slashfilm.com)

アメリカでここまで絶賛とは!

これまでの「スパイダーマン」シリーズとはまた違った世界観というのがわかるくらい、革新的!とか今までみたことのないという評価が挙がっています

日本での公開は2019年3月8日ですが、公開が待ちきれないですね。

まとめ

「スパイダーマン」シリーズでも、全く新しい形の『スパイダーマン:スパイダーバース』

「スパイダーマン映画史上、最高の1本!」「今までみたことのない世界!」など、アメリカで空前の大絶賛を浴びたという声を聞いたら、期待は膨らむ一方ですね。

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』は、2019年3月8日全国ロードショー!

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

映画『search/サーチ』あらすじとキャスト。サンダンス映画祭観客賞受賞作の予告編解禁!

映画『search/サーチ』は、10月26日(金)より全国ロードショー。 まったく新しい映画体験、100%すべてPC画面の映像で展開するサスペンス・スリラー! サンダンス映画祭観客賞受賞した新感覚スリ …

新作映画ニュース

映画『バーバラと心の巨人』あらすじ。アンダース・ウォルター監督作品のポスタービジュアル解禁

「ハリー・ポッター」シリーズのクリス・コロンバスが見出した感動のグラフィックノベルを、アカデミー賞監督のアンダース・ウォルターが映像化した映画『I KILL GIANTS』の日本公開が決定。 タイトル …

新作映画ニュース

映画『ジェノサイド・ホテル』あらすじと上映劇場情報。予告編やポスター解禁に

豪華五つ星ホテルが惨劇の舞台となり、甚大な被害と多数の死傷者を出した凄惨な事件を元に描く、リアリティック・アクション・スリラー! 映画『ジェノサイド・ホテル』は、10月13日(土) ヒューマントラスト …

新作映画ニュース

『おかえり、ブルゴーニュへ』あらすじ。セドリック・クラピッシュ監督4年ぶりの新作

『猫が行方不明』『スパニッシュ・ アパートメント』などで知られる、セドリック・クラピッシュ監督4年ぶりの新作『おかえり、ブルゴーニュへ』の日本公開が決定しました。 11月17日(土)よりヒューマントラ …

新作映画ニュース

ホアキン・フェニックスの新作映画『ドント・ウォーリー』の日本版ポスタービジュアルと予告編解禁!

ガス・ヴァン・サント監督の3年ぶりの待望の新作映画『ドント・ウォーリー』は、2019年5月ヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷・新宿武蔵野感ほか全国順次公開! © 2018 A …

【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP