Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/03/12
Update

映画『RUN/ラン』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。サーチの監督最新作は毒親と娘のサイコスリラー!

  • Writer :
  • 石井夏子

“母の愛からは逃れられない”
車椅子の娘に向けられた毒母の狂気が暴走する。

『search/サーチ』のアニーシュ・チャガンティ監督&製作陣の最新作『RUN』(原題)。

(C) 2020 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

このたび、邦題『RUN/ラン』として、2021年6月18日(金)よりTOHOシネマズ日本橋ほかにて全国公開が決定しました。

あわせて、第一弾ポスタービジュアルと場面写真を解禁いたします。

スポンサーリンク

映画『RUN/ラン』について

参考動画:『search/サーチ』(2018)

画期的な映像表現で世界中の映画ファンを驚愕させた『search/サーチ』(2018)。

その成功によって一躍、新世代スリラーの旗手となったアニーシュ・チャガンティ監督が、同じ製作チームと組んで完成させた長編第2作目となる本作『RUN/ラン』

チャガンティ監督がスリラーの原点に回帰した意欲作でもあります。

ヒッチコック作品のスタイルに新鮮な視点と独特なひねりを加え、ジャンル映画の王道をゆく醍醐味を追求しました。

また、本作は、アメリカではコロナ禍を背景に、2020年11月にHuluでの配信がスタート。多くの映画ファンの注目を集め、配信初週における同サービス最高視聴者数の記録を更新しました。

謎の失踪を遂げた娘を捜索する父親の苦闘を描いた『search/サーチ』に続いて、チャガンティ監督が主人公に選んだのは、生まれつき病気で車椅子生活を余儀なくされている17歳の娘と、その娘に歪んだ愛情を注ぐモンスター毒母

さらに前作とは逆に、本作では母娘関係を非常にネガティブに描いています。

主人公である車椅子の娘クロエ役には、オーディションで抜擢された新人女優キーラ・アレンを起用。

対して、人生のすべてを娘に捧げた“完璧な母親”から歪んだ母性愛が狂気へと変貌していく母ダイアン役は、人気ドラマシリーズの「アメリカン・ホラー・ストーリー」で、現代のサイコホラーの象徴的存在となったサラ・ポールソンが怪演

暴走した母と囚われた娘の濃密な心理戦を繰り広げます。

映画『RUN/ラン』のポスタービジュアル

(C) 2020 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

今回解禁となったポスタービジュアルは、鬼気迫る表情で今にも叫び声が聞こえてきそうな車椅子の娘クロエの姿と、感情の読み取れない表情で静かに一点を見つめ、娘を飲み込むかのような巨大な母親ダイアンの影が対照的です。

母の愛からは逃れられない」のコピーが不気味さを放ち、映画ファンを期待させるビジュアルとなっています。

スポンサーリンク

映画『RUN/ラン』の作品情報

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【原題】
RUN

【監督・脚本】
アニーシュ・チャガンティ

【製作・脚本】
セブ・オハニアン

【キャスト】
サラ・ポールソン、キーラ・アレン

【日本語字幕翻訳】
高山舞子

映画『RUN/ラン』のあらすじ

ある郊外の一軒家で暮らすクロエは、生まれつき慢性の病気を患い、車椅子生活を余儀なくされています。

しかし、常に前向きで好奇心旺盛な彼女は、地元の大学への進学を望み、自立しようとしていました。

そんなある日、クロエは自分の体調や食事を管理し、進学の夢も後押ししてくれている母親ダイアンに不信感をを抱き始めます。

ダイアンが新しい薬と称して差し出す緑色のカプセル。

クロエの懸命な調査により、それは決して人間が服用してはならない薬だったんです。

なぜ最愛の娘に嘘をつき、危険な薬を飲ませるのか。

そこには恐ろしい真実が隠されていました。

ついにクロエは母親の隔離から逃げようと試みますが、その行く手には想像を絶する試練と新たな衝撃の真実が待ち受けていて……。

スポンサーリンク

まとめ

『search/サーチ』のアニーシュ・チャガンティ監督&製作チームが新たに描くサイコ・スリラー『RUN/ラン』

母親の歪んだ愛が狂気に変わるとき、明らかになる恐ろしい真実とはー。

映画『RUN/ラン』は、2021年6月18日(金)より、TOHOシネマズ日本橋ほかにて全国ロードショーです。




関連記事

新作映画ニュース

映画『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』あらすじとキャスト。小林勇貴監督のバイオレンス世界が炸裂

片腕にマシンガン義手を装着した姉妹“マシンガール”の血みどろの戦いが幕開け! 『全員死刑』(2017)でメジャー映画デビューを飾った新鋭・小林勇貴監督が放つ・バイオレンス・アクション映画『爆裂魔神少女 …

新作映画ニュース

スティーヴン・キング生誕祭!映画『ドクター・スリープ』特別映像にはシャイニングの痕跡が

72歳の誕生日を迎える巨匠S.キング、圧巻の筆力に絶賛の声が続々と。 1974年の『キャリー』を皮切りに、『シャイニング』(1980年)、『デッドゾーン』(1983年)など、ベストセラー小説が続々と映 …

新作映画ニュース

映画『海辺の彼女たち』あらすじ/キャスト。藤元明緒の新作がサンセバスチャン映画祭新人監督部門に選出!

日本・ベトナム国際共同製作映画『海辺の彼女たち』(藤元明緒監督)が 第68回サンセバスチャン国際映画祭 新人監督部門に選出!! 2021年に公開が予定されている、藤元明緒監督の最新作『海辺の彼女たち』 …

新作映画ニュース

新作映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』上映館/オンライン配信情報。話題のドキュメンタリーのお得な割引も紹介

「ただ社会を良くしたい」 立志、希望、挫折…愚直な政治家の17年を追ったドキュメンタリー。 国会質疑でも注目を集める現衆議院議員・小川淳也氏を17年間追ったドキュメンタリー映画『なぜ君は総理大臣になれ …

新作映画ニュース

【2020年3月20日〜21日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学