Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『異物 完全版』あらすじ/キャスト。不穏でエロティックな短編のオムニバス作品が劇場公開決定!

  • Writer :
  • 大塚まき

数々の海外映画祭及び映画賞で入選&受賞!
宇賀那健一監督最新作。

映画『黒い暴動♥︎』『サラバ静寂』『転がるビー玉』の宇賀那健一監督が手掛けた短編映画『異物』(出演:小出薫、田中俊介他)、『適応』(出演:石田桃香、吉村界人、田中真琴他)、『増殖』(出演:宮崎秋人、ダンカン、高梨瑞樹)、『消滅』(出演:小出薫、田辺桃子)の4作品が繋がった映画『異物 -完全版-』。


(c)『異物-完全版-』製作委員会

映画『異物 -完全版-』が、2021年に劇場公開することが決定しました。

また今回、公開決定にあわせて、“あるもの”が映り込む不穏な空気漂うティザービジュアルも解禁となります。

映画『異物 -完全版-』について


(c)『異物-完全版-』製作委員会

本作は数々の海外映画祭や映画賞で入選、5つの映画祭で受賞したエロティック不条理コメディの短編映画『異物』からはじまる、4つの短編作品が繋がった長編作品です。

短編映画『異物』の主人公・カオル役を演じるのは、ワークショップから抜擢され、本作が映画初主演となる佇まいや表情が印象に残る女優、小出薫

そして、カオルの彼氏・シュンスケ役を、『ミッドナイトスワン』(内田英治監督)や『恋するけだもの』(白石晃士監督)など、作品によって様々な表情を見せている注目俳優の田中俊介が演じています。

監督を務めたのは、今まで、若者たちの葛藤や心の叫びなどをテーマに、独特な感性でオリジナリティ溢れる映画を作ってきた宇賀那健一

更に『異物』は追加で、スペインのアカデミー賞と言われるGOYA公認映画祭のMecal Pro, Barcelona International Short and Animation Festival(Spain)、イギリスのアカデミー賞である英国映画テレビ芸術アカデミー公認のCarmarthen Bay Film Festivalなどの映画祭に入選が決まり、Crash – International Fantastic Film Festival(Brazil)、Caribbean Sea International Film Festival(Venezuela)、NEO International Film Festival(USA)、Golden Sparrow International Film Festival(India)、American Filmatic Arts Awards(USA)では最優秀賞を受賞しました。

著名人からの応援コメント


(c)『異物-完全版-』製作委員会

この度、これまで入選した数々の海外映画祭や映画賞から本作に対するコメントが届きましたので、ご紹介します。

Planet 9 Film Fest 2020よりOshka Kuwalskiからのコメント

これはトワイライトゾーンの現代版のような楽しい芸術作品だ。一見の価値あり!

Cinehorror Film FestivalよりSaul Mendez Filhoからのコメント

この映画は現代の世界における人間の接触について非常に予想外の方法で語ることに成功している。

51th Nashville Film FestivalよりRobert John Torresからのコメント

この映画は非常に優れたスタイルを持っている。

Cucalorus Film Festival2020よりDan Brawleyからのコメント

非常に美しいモノクロとふんだんに奇妙さが詰まった短いショットによって、ぎこちなくて官能的な瞬間が満載であり、更に怖くてサスペンスフルである。

Pendance Film FestivalよりRobert Misovicからのコメント

我々の映画祭の歴史で最も奇妙な映画だ。
宇賀那監督は観客を操作するためにフレームを保つ方法を完全に理解している。
この映画を見た後は誰も寝られないだろう。

映画『異物 -完全版-』の作品情報


(c)『異物-完全版-』製作委員会

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督・脚本】
宇賀那健一

【キャスト】
小出薫、田中俊介、石田桃香、吉村界人、田中真琴、宮崎秋人、ダンカン、高梨瑞樹、田辺桃子、佐倉仁菜、春野恵、璃乃、宮藤あどね、樹智子、オクヤマ・ウイ、フカミ・アスミ、ムラタ・ヒナギク

映画『異物 -完全版-』のあらすじ

短編映画『異物』(洋題:Extraneous Matter)


(c)『異物-完全版-』製作委員会

カオルは日々の生活に言い知れぬ閉塞感を感じていました。

彼氏のシュンスケはご飯を食べるためだけに家にやってきては「美味しい」とも言わず帰っていきます。

出会い系アプリのアルバイトも、そこで働いている奴らも下らないことしか喋らず大嫌い。

そんなある日、とあるものがカオルの家にやってきて…。

短編映画『適応』(洋題:Coexistence)


(c)『異物-完全版-』製作委員会

トモミはいつもと変わらない下らない日常にイライラしながらバーでのバイトをしていました。

そんな中、コウダイは急いでバーへ向かっています。

昔の彼女であるミナに、家に帰ったらいた“あるもの”を見せるために…。

短編映画『増殖』(洋題:Propagation)


(c)『異物-完全版-』製作委員会

ゴミの処分場で働くリュウ、タケシ、ミサトは国から補助金をもらい、新たな事業を始めていました。

作業中、リュウはとあるものを発見してしまい…。

短編映画『消滅』(洋題:Disappearance)


(c)『異物-完全版-』製作委員会

異物との出会いから一年。

激変する社会情勢の中、カオルは日々の小さな変化を積み重ねながら暮らしていました。

そんなある日、カオルは行きつけのバーに向かい…。

まとめ


(c)『異物-完全版-』製作委員会

エロティック不条理コメディの短編映画『異物』からはじまり、『適応』『増殖』『消滅』と4つの短編作品が繋がった長編作品短編映画『異物 -完全版-』。

宇賀那健一監督が手掛けた最新作『異物 -完全版-』は、2021年に劇場ロードショーです。




関連記事

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの野上広呂役は村上虹郎【演技力の評価とプロフィール】

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬 …

新作映画ニュース

実写映画『東京リベンジャーズ』あらすじ/キャスト/公開日/登場人物紹介。北村匠海や吉沢亮らイケメン俳優が共演!

映画『東京リベンジャーズ』は2020年10月9日公開! 和久井健の人気コミック『東京卍リベンジャーズ』(とうきょうリベンジャーズ)が実写映画化します。 (C)和久井健/講談社 (C)2020 映画「東 …

新作映画ニュース

中国ドラマ『探偵麗女~恋に落ちたシャーロック姫~』あらすじ/キャスト。最高のトキメキ・ラブコメ時代劇がDVDでリリース!

ラブコメ時代劇『探偵麗女~恋に落ちたシャーロック姫~』DVDが好評リリース中! NBCユニバーサル・エンターテイメントによる2022年最高のトキメキ・ラブコメ中国時代劇『探偵麗女~恋に落ちたシャーロッ …

新作映画ニュース

『もうひとつのことば』予告編が解禁!映画監督の浅雄望・亀山睦実ら第3弾応援コメントも到着!

自粛の夏。 英語と日本語が織りなす、《二ヶ国語》ラブコメディ! 2022年7月22日(金)より池袋HUMAXシネマズにて劇場公開される堤真矢監督の映画『もうひとつのことば』。 コロナ禍で東京オリンピッ …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャストの特殊清掃員・土屋役は坂口涼太郎【演技力の評価とプロフィール】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学