Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『異物』あらすじ。キャスト田中俊介×小出薫を宇賀那健一がエロティック不条理コメディで撮る!

  • Writer :
  • 大塚まき

『黒い暴動♥︎』『サラバ静寂』『転がるビー玉』の宇賀那健一監督の新作短編映画。

映画『黒い暴動♥︎』『サラバ静寂』『転がるビー玉』の宇賀那健一監督が手掛けた新作短編映画『異物』(洋題:Extraneous Matter)の製作が決定しました。


(c)サウスキャット

短編映画『異物』は既に撮影は終え、2021年に劇場公開予定となっています。

主演は、映画初出演の小出薫と、注目俳優の田中俊介。

主演2人と宇賀那健一監督よりコメントが届きましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『異物』について

短編映画『異物』の主人公・カオル役を演じるのは、ワークショップから抜擢され、本作が映画初主演となる佇まいや表情が印象に残る女優、小出薫

そして、カオルの彼氏・シュンスケ役を、『ミッドナイトスワン』(内田英治監督)や『恋するけだもの』(白石晃士監督)などの公開作品が控えており、作品によって様々な表情を見せている注目俳優の田中俊介が演じています。

今まで、若者たちの葛藤や心の叫びなどをテーマに、独特な感性でオリジナリティ溢れる映画を作ってきた宇賀那監督が、テイストをがらりと変えて撮った本作

閉塞感漂う和室にやってくる異物を中心に、人間の本質に語りかけるような要素を盛り込んだ、新感覚のエロティック不条理コメディです。

宇賀那健一監督のプロフィール

(C)Cinemarche

宇賀那健一は、1984年4月20日生まれ、東京都出身。青山学院経営学部経営学科卒業。ブレス・チャベス所属の映画監督/脚本家/俳優です。

初監督した『発狂』がアメリカを中心とした数々の海外映画祭に入選。

続く3作品がいずれもカンヌ国際映画祭ショートフィルムコーナーにて上映され、第21回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭では宇賀那健一監督特集上映が行われました。

近年ではガングロギャルムービー『黒い暴動♡』が2016年に、娯楽が禁止された世界を描いた『サラバ静寂』が2018年、30歳を超えた童貞が魔法使いになるラブコメファンタジー『魔法少年☆ワイルドバージン』が2019年、NYLON JAPAN15周年記念映画『転がるビー玉』が2020年に公開されました。

『魔法少年☆ワイルドバージン』は世界三大ファンタスティック映画祭の一つである第38回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭に入選。

宇賀那健一監督のコメント

改めて『異物』を観返してみても、なんでこんな無茶苦茶な映画を撮ろうと思ったのかちっとも思い出せません笑。でも間違いなく僕がやりたいことが詰まっている(というかやりたいことしかやってない)大好きな作品に仕上がりました。小出薫と田中俊介を筆頭とした素敵なキャスト達が、エロと虚無と不条理と笑いとノイズテクノとタバコと“あいつ”にぐちゃぐちゃにされる姿が、間違って沢山の人に届きますように!

スポンサーリンク

キャスト・小出薫のプロフィール


(c)サウスキャット

小出薫は、1985年10月8日生まれ、埼玉県出身。大学在学中に女優デビューしました

以降、映画、ドラマ、CM、モデル、舞台など幅広く活動しています。

主な出演作品は『サラリーマンNEO劇場版(笑)』、『神様のカルテ2』など。2017年日本映画テレビプロデューサー協会主催のアクターズセミナー賞選定オーディションにて「アクターズセミナー賞」を受賞。

小出薫のコメント

誰しもが「それ」を持っていると思います。どこへ行こうと誰と会おうと何をしようと、どこまでいっても満たされない、心。それを突き抜けた先が天国か地獄かわからないけれど、もう以前の自分には戻れない。この小さな作品を面白がってもらえると嬉しいです。宇賀那組で創り上げた人間の剥き出しの想像力をお楽しみください。

キャスト・田中俊介のプロフィール

参考:シス・カンパニー公式ツイッター

田中俊介は、1990年愛知県生まれ。映画、舞台、ドラマなどで活躍中です

主な映画出演作に『ダブルミンツ』 (内田英治監督)、『ゼニガタ』(綾部真弥監督)、『恋のクレイジーロード』(白石晃士監督)、『デッドエンドの思い出』(チェ・ヒョンヨン監督)、など。

公開待機作に『タイトル、拒絶』(山田佳奈監督)、『恋するけだもの』(白石晃士監督)、『ミッドナイトスワン』(内田英治監督)などに出演しています。

田中俊介のコメント

米国で最も歴史のある Nashville Film Festival に入選したとのお知らせを聞き、喜びと同時に大変驚きました。そもそもこの作品は驚きの連続でした。脚本を読ませていただいた時に、え!と驚き、撮影現場でも、おおお!と驚かされていました。皆様にもいろんな意味で驚いてもらえる作品だと思います。そして、この映画を観て皆様が何を想いどのような気持ちになってくださるのか非常に楽しみです。と、コメントを提出しようとしていたところ、更に!24thLA Shorts International Film Festival にも入選したとの一報が!驚きが止まらない!!!

スポンサーリンク

映画『異物』の作品情報

【日本公開】
2021年(日本映画)

【英題】
Extraneous Matter

【監督・脚本】
宇賀那健一

【キャスト】
小出薫、田中俊介、佐倉仁菜、春野恵、璃乃、藤あどね

映画『異物』のあらすじ

カオルは日々の生活に言い知れぬ閉塞感を感じていました。

彼氏のシュンスケはご飯を食べるためだけに家にやってきては「美味しい」とも言わずに帰っていきます。

出会い系アプリのアルバイトも、そこで働いている奴らも下らないことしか喋らず大嫌い。そんなある日、とあるものがカオルの家にやってきます…。

まとめ

この度、短編映画『異物』が、ナッシュビル映画祭に入選しました。

ナッシュビル映画祭は、米国で最も歴史がある映画祭の1つであり、アカデミー賞公認の映画祭です。

受賞した作品は本国アカデミー賞候補となります。2019年は『ジョジョ・ラビット』などの作品を発掘しました。

本作はその他にも、アカデミー賞公認映画祭の24th LA Shorts International Film Festival(第24回ロサンゼルス国際短編映画祭)に入選したことが発表されました。

そんな、国内外で注目を集める宇賀那健一監督が手掛けた新作短編映画『異物』は、2021年に劇場公開予定です。


関連記事

新作映画ニュース

映画『MOTHER マザー』キャスト皆川猿時は市役所職員・宇治田守役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年7月3日公開の長澤まさみ主演映画『MOTHER マザー』キャスト紹介 母と息子。ひとつの殺害事件。実話をベースに描く感動の衝撃作『MOTHER マザー』が2020年7月3日(金)よりTOHO …

新作映画ニュース

映画祭MOOSIC LAB2019情報!齊藤工や今泉力哉監督作品など上映プログラム紹介

時代を打ち鳴らす音楽×映画の祭典!「MOOSIC LAB 2019」 若手映画監督とミュージシャンのコラボレーションによって制作された映画を上映する音楽と映画の祭典「MOOSIC LAB 2019」。 …

新作映画ニュース

映画『アウェイデイズ』あらすじ/キャスト/日本公開日/上映館。実話を基に英国フットボール発祥の文化を描く!

終わりなんだろ?俺たちはもうー。 1979年、ポストパンク時代のマージーサイド。 英国ユース・カルチャーを描いた青春映画の足りなかったピースが遂に埋まります。 (C) Copyright RED UN …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『ぼくと、彼と、』あらすじと8月先行上映・11月劇場公開決定!マイノリティカップルの結婚式までを描く

日本に暮らすマイノリティカップルの日常と結婚式までを描いたドキュメンタリー映画『ぼくと、彼と、』。 ベトナム難民2世の青年と介護の必要な母親と暮らす日本人青年、ふたりの青年の日常と結婚式までを追ったド …

新作映画ニュース

映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』イーブス・バーノー監督インタビュー!「天才作家もひとりの人間だった」

映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』は2020年11月6日より公開。 『ティファニーで朝食を』(1958)、『冷血』(1966)など多くの傑作小説を残した20世紀アメリカ文学界を代表する作家ト …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学