Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

白石晃士新作映画『恋するけだもの』あらすじ。キャストは田中俊介で恋クレをリブート!

  • Writer :
  • 大塚まき

『貞子VS伽椰子』『不能犯』『地獄少女』白石晃士監督最新作!

短編映画『恋のクレイジーロード』(2018)を基にリブートした長編映画『恋するけだもの』が誕生しました。


(c)映画『恋するけだもの』

『不能犯』『貞子vs伽椰子』などの白石晃士監督による新作映画『恋するけだもの』は2020年8月より公開されることが決定

狂える恋に突っ走るバイオレンス・スーパーナチュラル・ラブストーリである本作についてご紹介します。

スポンサーリンク

映画『恋するけだもの』について

参考動画:映画『恋のクレイジーロード』予告編


本作の監督は『不能犯』(2018)『貞子vs伽椰子』(2016)などを手がけた白石晃士が務めました。

白石晃士監督による短編バイオレンスラブコメディが話題を呼んだ『恋のクレイジーロード』(2018)をベースに装いも新たに長編映画としてリブートした『恋するけだもの』

2018年8月に公開された『恋のクレイジーロード』は、18分というショートフィルムながら、2019年以降も公開を続けるほど根強いファンに支えられてロングランを記録しました。

さらにパワーアップした、“恋のけだもの”は長編となって阿鼻叫喚の地獄絵図が蘇ります。

主人公チューヤ役には、短編に引き続き、『BOYS AND MEN』を引退した田中俊介が熱演しました。

女装男役を唯一無二の個性を発揮する宇野祥平が怪演している点にも注目です・

ますます展開の読めない、驚きの物語にご期待ください。

田中俊介のプロフィール

参考:田中俊介のツイッター

田中俊介は、1990年1月28日生まれ、愛知県出身の俳優です。

東海地方出身・在住の男性メンバーで構成された10人組ユニットで、歌・ダンス・芝居だけでなくミュージカルなどもこなすグループ『BOYS AND MEN』のメンバーとして活動していました。

2019年には『ダブルミンツ』、『ゼニガタ』、『シェアハウス』、『恋のクレイジーロード』、『デッドエンドの思い出』、『ドグマン』などの出演作を上映する『田中俊介映画祭』を開催。

宙也役:田中俊介のコメント

本作の宙也役を務めた田中俊介は公開決定に伴い以下のようにコメントを寄せています。

念願の白石晃士組への初参加となった映画「恋のクレイジーロード」の撮影、そして公開から約2年が経ちました。今回は恋クレのリブート版。再び、僕のカラダで白石さんの脳内を具現化するチャンスをいただきました。あの時の興奮が蘇ってきます!やることはただ一つ。愛情を持って、この身をこの作品に捧げます。

スポンサーリンク

白石晃士監督のプロフィール

参考:白石晃士監督のツイッター

白石晃士は、1973年6月1日生れ、福岡出身の映画監督です

2004年に若槻千夏を主演に迎えた映画『呪霊 THE MOVIE 黒呪霊』で長編デビューを果たしました。

以来、『ノロイ』(2005)『オカルト』(2005)などフェイクドキュメンタリーの作風でホラー作品を数多く手掛けています。

キム・コッピ主演の日韓合作映画『ある優しき殺人者の記録』(2014)、「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」シリーズでは、白石晃士がカメラマン役として出演しています。

監督:白石晃士のコメント

白石晃士監督はこの度の公開決定に伴い以下のようにコメントを寄せています。

2年前に撮影した短編『恋のクレイジーロード』を元に、リブートした長編を作ります。例えるなら『死霊のはらわた』が『死霊のはらわたⅡ』になったようなリブートで、同じ要素を持つキャラクターを同じ俳優で登場させつつも、コンセプト自体が変わります。とはいえ恋の物語です。恐ろしい暴力と、超自然的な存在と、複数の恋模様が絡み合う、強烈でユーモア溢れる娯楽映画を目指します。乞うご期待!

映画『恋するけだもの』の作品情報

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督・脚本】
白石晃士

【キャスト】
田中俊介、宇野祥平、上のしおり、木村知貴、細川佳央、大迫茂生、久保山智夏、金子鈴幸

スポンサーリンク

映画『恋するけだもの』のあらすじ

山に囲まれた田舎を舞台に”女装男が男に声をかけ、交際を断ると殺す”という都市伝説が残っていました。

過去を隠して工務店でバイトする宙也を中心に、本当に女装男が現れたことから始まる恋のさや当てと殺し合いは、工務店の社長や従業員、スナックのママやスタッフを巻き込んで阿鼻叫喚の地獄絵図へと発展します。

一体、女装男の目的は!?その時、宙也の取った行動とは!?

そして、そんな状況で生まれる愛など、果たしてあるのでしょうか…。

まとめ

参考:原作映画『恋のクレイジーロード』ツイッター

〝女装男が男に声をかけ、交際を断ると殺す〟という都市伝説が残る、山に囲まれた田舎を舞台に巻き起こるバイオレンス・スーパーナチュラル・ラブストーリーが爆誕!

短編『恋のクレイジーロード』を原作に、リブートした本作がどのような展開を迎えるのか期待が高まります。

また、前作に続いて主演の田中俊介から“愛情を持って、この身をこの作品に捧げます”というコメントからも伺える熱演をご期待ください。

映画『恋するけだもの』は、2020年8月より全国順次ロードショーです。




関連記事

新作映画ニュース

映画『シークレット・ヴォイス』あらすじ。カルロス・ベルムト新作が「未体験ゾーンの映画たち2019」にて公開

映画『シークレット・ヴォイス』は、2019年1月4日(金) ヒューマントラストシネマ渋谷 “未体験ゾーンの映画たち2019”にてロードショー。 © 2018/ Apache Films, S.L. / …

新作映画ニュース

【東京フィルメックス2019情報】仲野太賀映画『静かな雨』からキンフーの代表作まで新旧上映!

2000年12月に第1回が開催された国際映画祭「東京フィルメックス/TOKYO FILMeX」。 開催から20年、記念すべき「第20回東京フィルメックス」が、2019年11月23日(土)~12月1日( …

新作映画ニュース

ネクストブレイク俳優のジョー・アルウィン!映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』インタビュー動画も

あのイケメンは誰? シアーシャ・ローナンとマーゴット・ロビーというアカデミー賞ノミネート女優ふたりが、激動の16世紀英国を生きるふたりの女王を演じる映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』が2019 …

新作映画ニュース

映画『エポックのアトリエ』公開日/上映館。ドキュメンタリーでデザイナー“菅谷晋一がつくるレコードジャケット”を追う!

好きになる。夢中になる。生き方になる。 新しい生き方のヒントがあるドキュメンタリー映画 ザ・クロマニヨンズ、OKAMOTO’Sなどのレコードジャケットを手がけるデザイナー“菅谷晋一”の、一 …

新作映画ニュース

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020全配信ラインナップ発表!動画サイト「シネマディスカバリーズ」にて開催

全ラインナップ発表!!2020年はオンライン! 2004年に埼玉県川口市で始まった「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」は、国際コンペティション、国内コンペティション(長編部門、短編部門)で構成されるコ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学