Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2023/11/21
Update

『エス』太田真博監督による俳優ワークショップ開催!選抜メンバーはアップリンク吉祥寺上映のスピンオフ短編へ出演

  • Writer :
  • 星野しげみ

映画『エス』劇場公開記念!
太田真博監督による俳優ワークショップが開催!

2024年1月19日よりアップリンク吉祥寺にて劇場公開される映画『エス』

このたびの劇場公開を記念し、『エス』を手がけた太田真博監督による俳優ワークショップの開催が決定されました。

3日間のワークショップを経たのち、参加者の中から選抜したメンバーで短編映画を作り、それを『エス』とあわせてアップリンク吉祥寺で上映する」という《超実践型》で行われる今回のワークショップ。

太田監督は「映画館でご自身の演技を見ることでしか得られない何かがきっとある」という思いのもと、本企画を立案。なお制作する短編は、『エス』のスピンオフ的な作品となる予定です。

映画『エス』とは?


(C)2023 上原商店

太田真博監督が自身の逮捕から着想を得て、自ら執筆したオリジナル脚本によって描く長編劇場デビュー作『エス』

演劇的手法を大胆に取り入れた独特の会話劇を特色とする、新進気鋭の監督として注目を集めていた太田監督。2010年には『LADY GO』が国際的な映画祭でグランプリを受賞した中で、翌年2011年に不正アクセス禁止違反容疑などで逮捕されました。

映画『エス』のタイトルロールである「S」こと映画監督・染田真一も、新鋭の若手監督として注目されていながらも、自らが犯した罪により映画監督としての未来や、それまで築いてきた人間関係の多くを失い、ついには、苦楽をともにしてきたはずの盟友からも「これからは、ずっと笑わないで生きていけばいい」と言い放たれます。

果たして、罪を犯した人間は、2度と笑わずに生き続けるべきなのか。それとも、別の生き方を選ぶことはできるのか。作中の登場人物たちの会話劇を通じて、「S」と太田監督自身が悩み続けた果てに見出したものを、映画『エス』は映し出します。

脚本・監督:太田真博プロフィール


(C)2023 上原商店

1980年生まれ、東京都出身。

小劇場を中心に役者として活動後、2006年より自主映画制作を開始。 2007年からはTVCMディレクターとしても活動。2009年に『笑え』(主演・滝藤賢一)を名古屋・大阪で公開。2010年には『LADY GO』が各地映画祭に入選し、複数のグランプリを獲得。

2011年に不正アクセス禁止違反容疑などで逮捕され、30日余りを留置場で過ごす。2016年、自らの犯罪をモチーフとした作品『園田という種目』(主演・松下倖子)でSKIPシティ国際Dシネマ映画祭・長編コンペティション部門ノミネート、福井映画祭・長編部門グランプリ受賞。

映画『エス』公開記念!俳優ワークショップの詳細情報


(C)2023 上原商店

開催日時

2023年12月18日(月)~12月21日(木)

【ワークショップ】
12月18日(月)~20日(水)連日13~17時
※12月20日(水)のワークショップの最後に、短編映画に出演していただく【選抜メンバー】を発表。

【短編映画撮影】
12月21日(木)9時~21時を予定
※別途、アフレコなどのお願いする可能性有
※短編映画へのご出演に際する出演料・交通費等の支給はございません。予めご了承ください。

開催会場

【ワークショップ】
東京都新宿区または渋谷区を予定
※参加者の皆さまへ別途お知らせいたします。

【短編映画撮影】
東京都内またはその近郊(神奈川県・埼玉県まで)の撮影スタジオ、およびその周辺(外)を予定
※詳細はワークショップ期間中にお知らせします。

参加費用・資格

【参加費】
15,000円(ワークショップ3日間通し)
※短編撮影は無料(選抜メンバーのみ参加可能)。
※最終日に撮影する作品は2024年1月19日(金)~2月1日(木)のうち1〜2回、アップリンク吉祥寺で上映予定。その後の各地映画祭への出品、他会場での上映も検討しております。

【参加資格】
20~60歳までの男女
※事務所・劇団等に所属されている方は、必ず事前に承諾を得てください。

応募要項

【応募締切】
2023年12月12日(火)24時
※書類選考をさせていただき、通過者の方にのみ12月15日(金)までにご連絡いたします。

【応募方法】
メールにてご自身のプロフィール、写真2点(バストアップ・全身1種ずつ)を送付してください。
プロフィールは形式自由ですが、「1:お名前、2:連絡先、3:生年月日、4:身長と体重、5:芸歴(未経験の方は未経験とお書きください)」は必須。
こちらでお送りいただいたファイルなどが見られない場合には、その旨をご連絡いたします。その際は別形式での再送付のご対応にご協力ください。

【ご応募・お問合せ先】
株式会社上原商店(担当:上原拓治):info@uehara-shouten.co.jp

映画『エス』の作品情報


(C)2023 上原商店

【公開】
2023年(日本映画)

【脚本・監督】
太田真博

【プロデューサー】
上原拓治

【撮影監督】
芳賀俊

【キャスト】
松下倖子、青野竜平、後藤龍馬、安部康二郎、向有美、はしもとめい、大網亜矢乃、辻川幸代、坂口辰平、淡路優花、石神リョウ、篠原幸子、中尾みち雄、ノブイシイ、岡山甫、高村明裕、太田真博、松永直子、河相我聞

映画『エス』のあらすじ

若手映画監督・染田真一が逮捕されました。

染田の大学時代の演劇仲間たちは、嘆願書を書く目的で久しぶりの再会を果たします。

染田の新作に主役として出演するはずだった、崖っぷち俳優の高野(青野竜平)。

自称“染田との絆が最も深い”先輩、鈴村(後藤龍馬)。そして染田への想いをこじらせ散らかした挙句、別の男性と結婚したばかりの千穂(松下倖子)。

染田の力になってやりたい。想いはひとつ、のはずでした……。

まとめ


(C)2023 上原商店

映画『エス』の2024年1月19日からのアップリンク吉祥寺での劇場公開を記念して開催が決定された、太田真博監督による俳優ワークショップ。

2033年12月18日(月)~20日(水)の3日間のワークショップを経たのち、12月21日(木)には参加者から選抜されたメンバーによる短編映画を制作。完成した短編映画は『エス』と同じくアップリンク吉祥寺で上映されるという、《超実践型》そのものというべき内容です。

太田監督の「映画館でご自身の演技を見ることでしか得られない何かがきっとある」という言葉通り、「ワークショップでの学びを生かした演技を、映画館のスクリーンで改めて確認できる」のは非常に貴重な機会です。

このご機会をぜひ見逃さず、ふるってご応募くださいませ




関連記事

新作映画ニュース

映画『クーリエ:最高機密の運び屋』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。カンバーバッチ最新作は実話を基にキューバ危機の舞台裏を描く

核戦争を回避せよ。キューバ危機下の<リアル>をあぶりだす、究極のスパイ・サスペンス。 米・ソ全面核戦争目前、【スパイ】にスカウトされた英国人セールスマン。その極秘任務とは―。 (c)2020 IRON …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャストのバンドマン透役は兵頭功海(ひょうどうかつみ)【演技力の評価とプロフィール】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら …

新作映画ニュース

映画『きみの鳥はうたえる』キャスト。柄本佑×石橋静河×染谷将太の画像解禁!

映画『きみの鳥はうたえる』は、佐藤泰志の小説をもとに、三宅唱が監督を務め、若手実力派俳優の柄本佑、石橋静河、染谷将太が出演した青春映画。 2018年9月1日(土)より新宿武蔵野館、渋谷ユーロスペースほ …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『ぼくと、彼と、』あらすじと8月先行上映・11月劇場公開決定!マイノリティカップルの結婚式までを描く

日本に暮らすマイノリティカップルの日常と結婚式までを描いたドキュメンタリー映画『ぼくと、彼と、』。 ベトナム難民2世の青年と介護の必要な母親と暮らす日本人青年、ふたりの青年の日常と結婚式までを追ったド …

新作映画ニュース

映画『MOTHER マザー』キャスト夏帆は児童相談員・高橋亜矢役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年7月3日公開の長澤まさみ主演映画『MOTHER マザー』キャスト紹介 母と息子。ひとつの殺害事件。実話をベースに描く感動の衝撃作『MOTHER マザー』が2020年7月3日(金)よりTOHO …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学