Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『MOTHER マザー』キャスト仲野太賀はラブホ従業員の赤川圭一役を演じる【演技評価とプロフィール】

  • Writer :
  • YUMIKO

2020年7月3日公開の長澤まさみ主演映画『MOTHER マザー』キャスト紹介

母と息子。ひとつの殺害事件。実話をベースに描く感動の衝撃作『MOTHER マザー』が2020年7月3日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開されます。

『日日是好日』の大森立嗣監督が、長澤まさみ、阿部サダヲを迎えた本作。

この記事ではラブホテル従業員・赤川圭一役を演じる仲野太賀について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『MOTHER マザー』の作品情報


(C)2020「MOTHER」製作委員会

【上映】
2020年(日本映画)

【脚本・監督・撮影】
大森立嗣

【脚本】
大森立嗣、港岳彦

【音楽】
岩代太郎

【キャスト】
長澤まさみ、阿部サダヲ、奥平大兼、夏帆、皆川猿時、仲野太賀、木野花

【作品情報】

河村光庸プロデューサーが、実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て、『日日是好日』の大森立嗣監督とタッグを組み、新たな物語として映画化した本作。

主演の長澤まさみが、シングルマザーの秋子を演じ、社会の闇へ堕ちていく母親に挑戦。また、秋子と内縁の夫になるホスト・遼を阿部サダヲが演じています。

製作は、日本アカデミー賞(主要部門)三冠の『新聞記者』(2019)、『宮本から君へ』(2019)など話題作をおくりだし、現代社会の様々なテーマを世に問い続ける映画会社スターサンズです。

映画『MOTHER マザー』のあらすじ


(C)2020「MOTHER」製作委員会

男たちとゆきずりの関係をもち、その場しのぎで生きてきたシングルマザーの秋子。

生活に困って両親に金を借りに行きますが、散々家族からの借金を繰り返してきた彼女は、愛想をつかされ追い出されてしまいます。

昼間からゲームセンターで飲んだくれていた秋子は、ホストの遼と出会い意気投合。遼は秋子のアパートに入り浸るようになります。

実の息子・周平を学校にも通わせず、遼と出かけたまま何週間もアパートを空ける秋子。

しかし、秋子は周平に異様な執着をみせ、自分に忠実であるようにと強います。

歪んだ愛に翻弄されながらも、母しか頼れるものがいない周平は、彼女の要求にこたえようとしてもがきます。

やがて身内からも絶縁され、次第に社会から孤立した母と息子の間に生まれた“絆”。それは成長した周平をひとつの殺害事件へ向かわせ…。

スポンサーリンク

映画『MOTHER マザー』赤川圭一役は仲野太賀

参考映像:『渕に立つ』(2016)

映画『MOTHER マザー』でラブホテル従業員・赤川圭一役を演じる仲野太賀は1993年2月7日生まれの俳優。東京都出身。父は俳優の中野英雄。

13歳の時に芸能界入り。テレビドラマ『新宿の母物語』で俳優デビュー。

映画『バッテリー』のオーディションに合格後、共演した林遣都が憧れの山田孝之と同じ所属事務所だったことから関係者に直談判し、スターダストプロモーションと契約。山田孝之とは後に『MONSTERZ モンスターズ』などで共演を果たしています。

2007年NHK大河ドラマ『風林火山』に初出演。

2008年映画『那須少年記』でオーディションで見事主演を手にします。

2014年第6回TAMA映画賞で菅田将暉と共に最優秀新進男優賞受賞。

2016年には宮藤官九郎脚本のドラマ『ゆとりですがなにか』でモンスター新人社員役を好演して大きな注目を浴びました。

第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞受賞作『淵に立つ』で映画賞を受賞したほか、ドラマ・映画『今日から俺は!!』、映画『来る』『母さんがどんなに僕を嫌いでも』など数多くの作品で活躍中。

小さな頃からカメラ好きで、2016年には写真家の川島小鳥とコラボ連載し、私家版写真集「道」に因んだ写真展も開催。2017年にカメラマンとしても雑誌デビューしています。

芸名「太賀」を2019年より「仲野太賀」に改めました。本名は「中野」ですが、「仲間」との出会いが俳優人生の財産だと実感したことから「仲野」の表記を選んだそうです。

映画『MOTHER マザー』赤川圭一はどんな役?


(C)2020「MOTHER」製作委員会

仲野太賀演じる赤川圭一はラブホテルの従業員。

長澤まさみ演じる主人公の秋子と関係を持ち、敷地内に居候させますが…。

スポンサーリンク

仲野太賀の演技力の評価は

参考映像:『今日から俺は!!劇場版』(2020)

子役から確かな演技力を培ってきた実力派俳優・仲野太賀。

宮藤官九郎脚本の『ゆとりですがなにか』では印象的な”ゆとりモンスター”役を演じて注目されました。憎み切れない面も併せ持つキャラクターの性格を見事に際立たせ、太賀ならではの絶妙な演技をみせています。

宮藤官九郎は「太賀さんのおかげで役のキャラを成立できた」と褒め、哀川翔も「あの役はすごい!超ムカツクってことは相当うまい!」と絶賛しています。

水道橋博士に至っては、太賀主演のスピンオフドラマ『山岸ですがなにか』を観るがために、動画配信に入会したそうです。

2014年『MONSTERSZモンスターズ』『私の男』ほかで、第6回TAMA映画賞最優秀新進男優賞受賞。

第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞受賞作『淵に立つ』に出演し、第38回ヨコハマ映画祭で最優秀新人賞を受賞しました。

福田雄一監督の『50回目のファーストキス』では、太賀さんのアドリブを見た監督が台本を書き換えたというエピソードも。佐藤二朗やムロツヨシからも称賛されたそうです。

2020年には劇場版公開予定の、同監督による大人気ドラマ『今日から俺は!!』今井役でのふっきった演技も大きな話題を呼びました。

2020年に本作を含め7本の公開予定作品を持つ超売れっ子俳優です。

仲野太賀の公式SNSの紹介

残念ながら仲野太賀の公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ


(C)2020「MOTHER」製作委員会

「少年による祖父母殺害事件」の実話をもとに、大森立嗣監督が映像化した衝撃作『MOTHER マザー』。

長澤まさみがこれまでの清純派イメージを脱ぎ捨て、毒母役に挑戦することで大きな話題を呼んでいます。

共演には阿部サダヲ、夏帆ら実力派俳優陣が揃っています。

『今日から俺は!!』の今井役で大人気の実力派俳優・仲野太賀が、ヒロイン・秋子と関係を持つ赤川圭一役を演じます。

映画『MOTHER マザー』は2020年7月3日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開予定。

関連記事

新作映画ニュース

壮大な世界観に圧倒される映画『神と共に 第一章:罪と罰』予告編完成!2部作のビジュアル解禁も

韓国累計2,700万動員のメガヒット・ムービー アメリカ、カナダ、香港、台湾など世界中で、あの『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)を超える歴史的大ヒット作となった映画、「神と共に」二部作。 …

新作映画ニュース

深田晃司監督特集が東京国際映画祭2020のJapanNow部門で開催!最新作や代表作まで上映決定

第33回東京国際映画祭特集企画第1弾決定。 カンヌ選出、ミニシアターエイド、今年を代表する映画監督「深田晃司監督」特集開催! 2020年10月31日から11月9日まで開催される第33回東京国際映画祭。 …

新作映画ニュース

【映画支援クラウドファンディング】日比合作に挑む若手監督カルロ・エンシーソ・カトゥへの応援企画スタートへ!

各国の映画祭で注目のフィリピン人監督カルロ・エンシーソ・カトゥが、 フィリピンのトップスターと日本の実力派女優を起用し合作映画製作。 コロナで撮影延期になった日比合作映画『Purple Sun』を支援 …

新作映画ニュース

「熱狂カフェ」六本木に近日オープン!映画『熱狂宣言』に応援企業が史上最多500社超え

若年性パーキンソン病を抱えながら、圧倒的な才気で会社を東証一部上場企業にまで押し上げた経営者・松村厚久。 プロデューサーとして数々のヒット作を生み出してきた奥山和由が監督を務め、苛烈な人生を全身全霊で …

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャストのブタ男役は金子ノブアキ。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP