Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

東京コミコン2018は東京ファンタの後継イベントに!スタン・リーのいないアメコミ界最初のビッグイベント

  • Writer :
  • 村松健太郎

2018年で3回目のとなるTOKYOCOMICCON(東京コミコン)が大盛況のうちに終了。

早くも2019年の第4回の東京コミコンの開催が発表されました。

今回は東京コミコン2018開催のレポートをまとめてご紹介いたします。

スポンサーリンク

東京コミコン開催時に旬のコンテンツがない⁈

といっても、実はアメコミの2大ブランドMREVELもDCも映画は空白期間中です。

DC映画の『アクアマン』は2018年2月公開予定、MREVELの『キャプテン・マーベル』は3月公開予定、『スパイダーマン:スパイダーバース』は2月公開予定とちょっと先の話です。

MREVELのもう一つのシリーズの『X-MEN:ダークフェニックス』を、熱く語るかと思いましたが、配給の20世紀フォックスはそちらはスルーしてトランスフォーマーシリーズの『バンブルビー』を前面に押し出していました。

バンブルビー

DCのテレビドラマがの新シーズンのソフトは、ここ数年毎秋冬に発売されているのですが、そこはタイムリーでしたが、DCの親会社ワーナー・ブラザースのキラーコンテンツ『ファンタスティックビースト』は新作がもう公開されてしまっています。

というわけで、2018年12月に文字撮りピタッとはまるコンテンツがいないのが実に惜しいところでした。

追悼スタン・リーのいないコミコン

スタン・リーのメモリアルモニュメント

ところが、これは実はとても不幸なめぐりあわせとしか言いようがないのですが、MREVELの象徴というべきスタン・リーが11月12日に死去。

期せずして東京コミコンがスタン・リーのいないアメコミ界最初のビッグイベントとなってしまいました。

開場には急遽追悼のモニュメントが会場中央に設置され、更にメッセージボードも設置されました。

スタン・リーは第1回の東京コミコンに登壇していて、その時の動画も流されました。

サノス


©2018MARVEL

スポンサーリンク

コミコンの成り立ちと歴史

スーパーマン

お話が少しずれますが、そもそもコミコンというものの成り立ちは70年代に遡り、当初は文字通りコミック(漫画)の愛好会たちの小規模な集会でしかありませんでした。

最初のころは100人単位の動員だったそうです。ちなみに東京コミコン2018は5万人前後の来場者数を見込んでいます。

もしコミコンがこのままコミックの愛好家だけの集まりのまま日本に上陸していたら、ここまでの盛り上がりはなかったと思います。

バットマン

コミコンはアメコミが多ジャンル(映画・ドラマ)への進出の成功と徐々にSF、ファンタジー、ホラー、アクションと許容範囲を時間をかけて拡げていき、今のパブリックイメージのコミコンとなりました。

ところで、日本では似たようなイベントがかつて存在していました。

参考映像:「東京国際ファンタスティック映画祭」予告編’85~’89

1985年から約20年間、東京国際映画祭の協賛企画として開催されていた東京国際ファンタスティック映画祭(東京ファンタ)です。

日本における、アメコミのライターの草分けでもある杉山すぴ豊さんと短い時間ながらもお話をさせて頂いた中でも出たのですが、東京コミコンは東京ファンタの後継イベントになるかもしれないという話になりました。

日本公開30周年『ロボコップ』のキャスト来日

東京コミコン2018のゲストには「ハリー・ポッター」シリーズのフェルプス兄弟、『フラッシュポイント』『ファンタスティックビースト』のエズラー・ミラー、『アベンジャーズ』のロキことトム・ヒドルストンにジェレミー・レナーという、“らしい”人物たちを迎えました。

それに加えて意外にして、実に素敵なゲストとしてピーター・ウェラーという俳優がやってきました。

40年以上のキャリアを誇る彼ですが、なんといっても代表作はポール・バーホーベン監督の『ロボコップ』です。

今回の来日はそんな、『ロボコップ』の日本公開30周年を記念してのものでした。

そして、これがポイントなんですが、『ロボコップ』が日本で初めて上映されたのが、87年の東京ファンタだったのです。

東京ファンタがなくなって10年以上、このジャンルの受け皿になるイベントを日本が欲していたのかもしれませんね。

ゴジラ

デロリアン

2018年のサンディエゴとニューヨークでのコミコンでの日本発信の『ドラゴンボール 超ブロリー』の大掛かりなイベントが話題になりました。

そして東京コミコン2018では、ハリウッド版のゴジラやバンプルビーのPRに肩を並べる形で、日本代表としては『僕のヒーローアカデミア』や『おそ松さん』。

また『ドラゴンボール超』『ワンピース』、果ては『月光仮面』の新作舞台の告知まで行われました。

円谷プロダクションは『ウルトラマン』の新シリーズの発表も行いました。

月光仮面

2018年の出展はありませんでしたが、すでにどちらも海外展開が始まっている『仮面ライダー』や「スーパー戦隊」シリーズもラインナップに並ぶかもしれませんね。

また賛否ありますが、ハロウィンの日本定着の一因となった日本のコスプレ文化もコミコンとのシンクロ率を高めています。

アイドルのライブイベントなども含めて、日本ではこう言ったイベントは受けがいいです。

東京ゲームショウやコミックマーケット(コミケ)など、サブカルチャーイベントの実績がすでにあります。

さらにMREVELとEND OF THE WORLD(SEKAI NO OWARI)とのコラボレーションコミックの発表もされました。

スポンサーリンク

まとめ

レッドカーペットや舞台挨拶つきプレミア上映などよりも、はるかにセレブとの距離の近さを感じられるコミコン。

イベントとしての価値も世界的に認知されつつあり、ジェレミー・レナーの“アベンジャーズ4”への出演の名言という、“世界初出し”もありました。

日本人の応用力の高さもあるので、東京コミコンは益々規模が大きくなっていくかと思います。いずれは幕張メッセが狭く感じるようなことになるかもしれませんね。

Tags :

関連記事

新作映画ニュース

映画『シリアにて』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。内戦で子供を守るために母親たちは決断を下す

戦地シリアの今を、ある女性の視点で描く、生き残るための24時間の密室劇。 戦地シリアを舞台に自らの住むアパートの一室をシェルターにし、身を寄せる家族と隣人一家の緊迫の24時間を描いた密室劇『Insyr …

新作映画ニュース

【完成披露試写会プレゼント】映画『キュクロプス』5組10名様ご招待!(4/11映画美学校試写室)

映画『キュクロプス』は5月3日(金)よりテアトル新宿ほか全国順次ロードショー! 大庭功睦監督が製作、脚本も兼ねて自主製作として完成させた映画『キュクプロス』は、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭20 …

新作映画ニュース

映画『フィールズ・グッド・マン』あらすじ/日本公開日/上映館/予告動画。カエルのアニメとドキュメンタリーで社会問題を浮き彫りにする

映画『フィールズ・グッド・マン』は2021年3月12日(金)より公開。 「サンダンス映画祭2020審査員特別賞新人賞」受賞&ロッテントマトFresh96%🍅✨『 …

新作映画ニュース

父を想う眼差しから家族の愛が溢れる。映画『長いお別れ』新場面写真が解禁

『長いお別れ』新場面写真が解禁 中野量太監督の映画『長いお別れ』が2019年5月31日(金)にロードショーされます 映画『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016)の中野量太監督が、直木賞受賞作家・中島京子 …

新作映画ニュース

映画『無頼』主題歌/予告編ナレーションは泉谷しげる!井筒監督作のMATSUはEXILEに見えない!?

主題歌に泉谷しげるの「春夏秋冬~無頼バージョン」が決定! 初の予告編ナレーションにも挑戦 『パッチギ!』『黄金を抱いて翔べ』など、デビュー作以来、社会のあぶれ者、はみ出し者を冷徹かつ共感に満ちた視線で …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学