Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

東京コミコン2018は東京ファンタの後継イベントに!スタン・リーのいないアメコミ界最初のビッグイベント

  • Writer :
  • 村松健太郎

2018年で3回目のとなるTOKYOCOMICCON(東京コミコン)が大盛況のうちに終了。

早くも2019年の第4回の東京コミコンの開催が発表されました。

今回は東京コミコン2018開催のレポートをまとめてご紹介いたします。

スポンサーリンク

東京コミコン開催時に旬のコンテンツがない⁈

といっても、実はアメコミの2大ブランドMREVELもDCも映画は空白期間中です。

DC映画の『アクアマン』は2018年2月公開予定、MREVELの『キャプテン・マーベル』は3月公開予定、『スパイダーマン:スパイダーバース』は2月公開予定とちょっと先の話です。

MREVELのもう一つのシリーズの『X-MEN:ダークフェニックス』を、熱く語るかと思いましたが、配給の20世紀フォックスはそちらはスルーしてトランスフォーマーシリーズの『バンブルビー』を前面に押し出していました。

バンブルビー

DCのテレビドラマがの新シーズンのソフトは、ここ数年毎秋冬に発売されているのですが、そこはタイムリーでしたが、DCの親会社ワーナー・ブラザースのキラーコンテンツ『ファンタスティックビースト』は新作がもう公開されてしまっています。

というわけで、2018年12月に文字撮りピタッとはまるコンテンツがいないのが実に惜しいところでした。

追悼スタン・リーのいないコミコン

スタン・リーのメモリアルモニュメント

ところが、これは実はとても不幸なめぐりあわせとしか言いようがないのですが、MREVELの象徴というべきスタン・リーが11月12日に死去。

期せずして東京コミコンがスタン・リーのいないアメコミ界最初のビッグイベントとなってしまいました。

開場には急遽追悼のモニュメントが会場中央に設置され、更にメッセージボードも設置されました。

スタン・リーは第1回の東京コミコンに登壇していて、その時の動画も流されました。

サノス


©2018MARVEL

スポンサーリンク

コミコンの成り立ちと歴史

スーパーマン

お話が少しずれますが、そもそもコミコンというものの成り立ちは70年代に遡り、当初は文字通りコミック(漫画)の愛好会たちの小規模な集会でしかありませんでした。

最初のころは100人単位の動員だったそうです。ちなみに東京コミコン2018は5万人前後の来場者数を見込んでいます。

もしコミコンがこのままコミックの愛好家だけの集まりのまま日本に上陸していたら、ここまでの盛り上がりはなかったと思います。

バットマン

コミコンはアメコミが多ジャンル(映画・ドラマ)への進出の成功と徐々にSF、ファンタジー、ホラー、アクションと許容範囲を時間をかけて拡げていき、今のパブリックイメージのコミコンとなりました。

ところで、日本では似たようなイベントがかつて存在していました。

参考映像:「東京国際ファンタスティック映画祭」予告編’85~’89

1985年から約20年間、東京国際映画祭の協賛企画として開催されていた東京国際ファンタスティック映画祭(東京ファンタ)です。

日本における、アメコミのライターの草分けでもある杉山すぴ豊さんと短い時間ながらもお話をさせて頂いた中でも出たのですが、東京コミコンは東京ファンタの後継イベントになるかもしれないという話になりました。

日本公開30周年『ロボコップ』のキャスト来日

東京コミコン2018のゲストには「ハリー・ポッター」シリーズのフェルプス兄弟、『フラッシュポイント』『ファンタスティックビースト』のエズラー・ミラー、『アベンジャーズ』のロキことトム・ヒドルストンにジェレミー・レナーという、“らしい”人物たちを迎えました。

それに加えて意外にして、実に素敵なゲストとしてピーター・ウェラーという俳優がやってきました。

40年以上のキャリアを誇る彼ですが、なんといっても代表作はポール・バーホーベン監督の『ロボコップ』です。

今回の来日はそんな、『ロボコップ』の日本公開30周年を記念してのものでした。

そして、これがポイントなんですが、『ロボコップ』が日本で初めて上映されたのが、87年の東京ファンタだったのです。

東京ファンタがなくなって10年以上、このジャンルの受け皿になるイベントを日本が欲していたのかもしれませんね。

ゴジラ

デロリアン

2018年のサンディエゴとニューヨークでのコミコンでの日本発信の『ドラゴンボール 超ブロリー』の大掛かりなイベントが話題になりました。

そして東京コミコン2018では、ハリウッド版のゴジラやバンプルビーのPRに肩を並べる形で、日本代表としては『僕のヒーローアカデミア』や『おそ松さん』。

また『ドラゴンボール超』『ワンピース』、果ては『月光仮面』の新作舞台の告知まで行われました。

円谷プロダクションは『ウルトラマン』の新シリーズの発表も行いました。

月光仮面

2018年の出展はありませんでしたが、すでにどちらも海外展開が始まっている『仮面ライダー』や「スーパー戦隊」シリーズもラインナップに並ぶかもしれませんね。

また賛否ありますが、ハロウィンの日本定着の一因となった日本のコスプレ文化もコミコンとのシンクロ率を高めています。

アイドルのライブイベントなども含めて、日本ではこう言ったイベントは受けがいいです。

東京ゲームショウやコミックマーケット(コミケ)など、サブカルチャーイベントの実績がすでにあります。

さらにMREVELとEND OF THE WORLD(SEKAI NO OWARI)とのコラボレーションコミックの発表もされました。

スポンサーリンク

まとめ

レッドカーペットや舞台挨拶つきプレミア上映などよりも、はるかにセレブとの距離の近さを感じられるコミコン。

イベントとしての価値も世界的に認知されつつあり、ジェレミー・レナーの“アベンジャーズ4”への出演の名言という、“世界初出し”もありました。

日本人の応用力の高さもあるので、東京コミコンは益々規模が大きくなっていくかと思います。いずれは幕張メッセが狭く感じるようなことになるかもしれませんね。

Tags :

関連記事

新作映画ニュース

映画『恐怖の報酬』オリジナル完全版の上映館情報。フリードキン監督幻の傑作とは

押井守、町山智浩も賛辞を贈る、40年間見ることが出来なかったウィリアム・フリードキン監督伝説の超大作が日本初公開! 映画『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』は今秋11月24日(土) シネマート新宿、ヒュ …

新作映画ニュース

野尻克己監督『鈴木家の嘘』で第23回新藤兼人賞「金賞」を獲得!巨匠の背中を追いつつ抜かすと決意を明かす

野尻克己監督が長編デビュー作品『鈴木家の嘘』は、突然訪れた長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生テーマにを、ユーモアを交えた作品。 映画『鈴木家の嘘』が新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか公開中で …

新作映画ニュース

菅田将暉ら登場キャラクターたちを一挙紹介!映画『タロウのバカ』追加キャスト発表

大森監督が15年温めてきた脚本が映画化 (c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会 大森立嗣監督のオリジナル脚本による映画『タロウのバカ』が2019年秋、テアトル新宿ほかにて公開となります。 本作 …

新作映画ニュース

シャーロット・ランプリングがベルリン国際映画祭にて名誉金熊賞授賞。『ともしび』の記者会見インタビュー情報

シャーロット・ランプリングが名誉金熊賞授賞! 年輪を重ねるにつれ、未踏の美しきオーラを放つシャーロット・ランプリング主演作、映画『ともしび』が、2019年2月2日より全国公開中! (C)Richard …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『ヒューマン・フロー』の内容解説。一般試写会のトークイベント報告リポート

世界的現代美術家のアイ・ウェイウェイ監督が、難民問題の実情に迫ったドキュメンタリー『ヒューマン・フロー 大地漂流』は、2019年1月12日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかで公開されます。 「 …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP