Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/07/28
Update

映画『スクールガールズ』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。監督の実体験を基に少女の成長を描いたスペインゴヤ賞受賞作

  • Writer :
  • 石井夏子

スペイン映画最高賞ゴヤ賞他26冠。

ピラール・パロメロ監督の長編デビュー作であり、スペイン映画界最高賞ゴヤ賞他26冠に輝く映画『Las niñas』。

@2020 Inicia Films, Bteam Prods, Las Niñas Majicas AIE

邦題を『スクールガールズ』として、新宿シネマカリテにて2021年9月17日(金)より公開が決定しました。

あわせて、ポスタービジュアル、予告編動画、場面写真が解禁となります。

スポンサーリンク

映画『スクールガールズ』について


@2020 Inicia Films, Bteam Prods, Las Niñas Majicas AIE

本作『スクールガールズ』は、修道院に通うセリアが、友人たちとの新たな経験を通して思春期への扉を開け、家族を、そして自分自身を知っていく様を描きます。

ベルリン国際映画祭への出品と新人監督賞・クリスタルベア賞へのノミネートを皮切りに、今日までスペイン国内を中心に26もの映画賞を受賞。名実ともに2020年のスペインを代表する映画となりました。

監督・脚本を務めたピラール・パロメロ監督自身も4歳から修道院で学んでおり、長編デビュー作にしてスペイン映画界アカデミー賞とされるゴヤ賞作品賞・脚本賞を受賞した本作には、ピラール・パロメロ監督自身の体験が色濃く反映されています。

ピラール・パロメロ監督は、「極めて保守的なスペイン修道院の教育と、オリンピック開催の熱狂渦巻く、外の世界に溢れる刺激には大きなギャップがありました。しかし私たち―1992年当時の教育を受けた女性たちこそが、“勉強をし、独立して、なりたいものになれる”とはっきり感じることができた初めての世代だったのではないかと思います」と語っています。

韓国のキム・ボラ監督が自身の経験を踏まえ、14歳の少女ウニを主人公に描いた国映画『はちどり』と共鳴するような、90年代とそこに生きる少女たちのささやかな前進を描いた作品です。

主人公セリアを演じるのは、本作が初主演となるアンドレア・ファンドス。ピラール・パロメロ監督は「彼女こそがこの映画の魂」と絶大な信頼を寄せます。

『ミツバチのささやき』のアナ・トレントを思い起こさせる存在感と印象的な瞳で、数々の新人女優賞にノミネートされ、スペイン映画批評家協会賞 新人女優賞を受賞しました。

母親役にはゴヤ賞2冠のナタリア・デ・モリーナ。『悲しみに、こんにちは』のプロデューサーでもあるヴァレリー・デルピエールがプロデュースを務めました。

映画『スクールガールズ』の予告編動画

併せて日本版の予告編も解禁。予告編では、修道院に通うセリアが、転入生のブリサとの交流をきっかけに、新しい世界に足を踏み入れていく様が描かれます。

しかし、仲間とのゲームの最中に「親がいなかったことはない」という言葉が放たれたことをきっかけに、セリアは母親から繰り返し聞かされた父親についての話に疑問を持つように。

人生はたくさんの真実と、少しの嘘でできている」というコピーは、思春期の入り口に差し掛かり、大きな秘密に向き合うセリアの歩みと発見を表しているかのようですね。

スポンサーリンク

映画『スクールガールズ』の作品情報

@2020 Inicia Films, Bteam Prods, Las Niñas Majicas AIE

【日本公開】
2021年(スペイン映画)

【原題】
Las niñas

【監督・脚本】
ピラール・パロメロ

【キャスト】
アンドレア・ファンドス、ナタリア・デ・モリーナ、ソエ・アルナオ

【映倫】
PG12

映画『スクールガールズ』のあらすじ

@2020 Inicia Films, Bteam Prods, Las Niñas Majicas AIE
1992年、バルセロナオリンピック開催に湧くスペイン。

サラゴサの修道院に通う、母親と2人暮らしのセリアは、バルセロナからやってきた大人びた転入生のブリサの影響で、新しい音楽、新しい遊びを知り、友人の姉たちともつるむようになります。

しかしいつもの仲間とのゲーム中、ブリサに掛けられたある言葉をきっかけに、セリアは母親が決して話そうとしない真実に向き合うことになって……。

スポンサーリンク

まとめ

@2020 Inicia Films, Bteam Prods, Las Niñas Majicas AIE

激動の90年代と、そこに生きる少女たちのささやかな前進を描いた本作。

ぜひ彼女らの気付きや成長をスクリーンで見守ってください。

映画『スクールガールズ』は、新宿シネマカリテにて2021年9月17日(金)より公開です。



関連記事

新作映画ニュース

『アートなんかいらない!』あらすじ/公開日/上映館。ドキュメンタリー映像作家・山岡信貴が「日本における美術」を問う

日本におけるアートの意味を探るドキュメンタリー『アートなんかいらない!』公開決定! アートの発生から消滅までを問いかける、緊張と脱力のドキュメンタリー2部構成の『アートなんかいらない!』が公開されます …

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの朝子役は根岸季衣【演技力の評価とプロフィール】

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬 …

新作映画ニュース

【映画(2020)の予告動画】最新ゾンビ感染洋画『CURED キュアード』をデヴィド・フレイン監督が描く!

ゾンビパニック終焉後の世界。 元感染者たちの苦悩と、再び人間として生き抜くための戦いがはじまる 人間を凶暴化させる新種の病原体、メイズ・ウイルスのパンデミックによって大混乱に陥ったアイルランドを舞台に …

新作映画ニュース

東京国際映画祭2018上映作品のリポート第1弾。『アリー/スター誕生』やアジア三面鏡の解説

10月25日から始まった第31回東京国際映画祭。 アンバサダーの松岡茉優のキュートさ、レッドカーペットに登場するや否や大騒ぎとなった稲垣吾郎、そして監督作を引っ提げて来日したレイフ・ファインズと華やか …

新作映画ニュース

深田晃司監督がビー・ガン作品の“ワンシーン・ワンショット”について『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』を語る【深田晃司監督トークナイト2DAYS in尾道】

映画『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』は全国順次ロードショー。 映画監督の深田晃司が8月21日(金)、24日(月)の二日にわたり広島・シネマ尾道に登場、映画にまつわる思いなどを語るトークショ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学