Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/04/29
Update

台湾映画『恋の病 潔癖なふたりのビフォーアフター』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ドンデン返しで運命のラブストーリーを描く

  • Writer :
  • 大塚まき

世界中の映画祭で話題を呼び、数々の映画賞を受賞作。

潔癖症&不器用な彼と、潔癖症&窃盗症の彼女が運命的な出会いを果たします。

凸凹で偏人なふたりが繰り広げる予測不能な恋のドンデン返しを描いた『怪胎(英題:i WEiRDO)』。


(c) 2020 牽猴子整合行銷股份有限公司 滿滿額娛樂股份有限公司 台灣大哥大股份有限公司

邦題を『恋の病 〜潔癖なふたりのビフォーアフター〜』として、2021年8月20日(金)よりシネマート新宿・心斎橋ほかにて全国順次公開することが決定しました。

併せて、ポスタービジュアルが解禁となります。

スポンサーリンク

映画『恋の病 〜潔癖なふたりのビフォーアフター〜』について

参考:映画『怪胎』公式インスタグラム


本作は、『あの頃、君を追いかけた』など数々の作品で執行監督(※)を務めてきたリャオ・ミンイーが満を持し監督デビューを飾ります。

潔癖症であり、外出を避けるため自宅で作業ができる翻訳業で生計を立てながらも、パソコンのタイピングが異常に苦手で仕事に支障を来しているという、かなり風変わりな青年ボーチン役を演じたのは、役所広司主演映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』(2019)や、Hey! Say! JUMPの山田涼介主演ドラマ「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件」(NTV/2014)にも出演していた、リン・ボーホン

本作で高い評価を受け、第57回台湾アカデミー賞(金馬奨)で最優秀主演男優賞にノミネートされました。

潔癖症である上、スーパーマーケットで万引きを重ねてしまう窃盗症の女性ジン。一方で、タイピングが得意でボーチンの不得意なことを自分が補えるという運命的出会いを果たします。

その難役を演じたのはニッキー・シエ

今までも台湾アカデミー賞(金馬奨)や、台北映画祭ほか海外の映画祭でも最優秀女優賞を受賞してきた彼女ですが、本作でも、第57回台湾アカデミー賞(金馬奨)で最優秀主演女優賞にノミネートされ、リン・ボーホンとともに主演カップルでのノミネートとなりました。

「恋は盲目」をテーマのひとつに、「恋の約束と固執」を描いた本作は高い評価を受け、世界中の映画祭で数々の賞を受賞しました。

また、台湾アカデミー賞とも呼ばれる金馬奨で、新人監督作品ながら最優秀主演男優賞や最優秀主演女優賞を含む6部門でノミネートされるなど、台湾国内でも本作の突飛な設定やエキセントリックなビジュアル、そして主演ふたりのラブリーでスタイリッシュな演技も相俟って大きな話題を呼びました。

※執行監督とは、日本の映画界にはない肩書きで、主に撮影現場で指導、指揮をする人のこと。

映画『恋の病 〜潔癖なふたりのビフォーアフター〜』のポスタービジュアル

冒頭に掲載した、この度解禁されたポスタービジュアルでは、ジンが万引きを重ねてしまうスーパーマーケットを背景に、重度の潔癖症ならではの完全武装のふたりが切り取られています。

他人から理解されることを諦め、ひとりぼっちで生きていくことを覚悟していた時に、突如、究極の理想の相手が現れ、「思いもしなかった… 私を理解できる人がいるなんて!」と歓喜し、潔癖症という共通点の一方で、お互いの得意不得意なことを補い合えることに気付いた「凸凹で偏人なふたり」のキャッチが添えられたビジュアルとなっています。

スポンサーリンク

映画『恋の病 〜潔癖なふたりのビフォーアフター〜』の作品情報

【日本公開】
2021年(台湾映画)

【原題】
怪胎

【監督・脚本】
リャオ・ミンイー

【キャスト】
リン・ボーホン、ニッキー・シエ

映画『恋の病 〜潔癖なふたりのビフォーアフター〜』のあらすじ

重度の潔癖症の青年ボーチン。家では隅々まで徹底的に掃除し、自身も何度も手を洗いシャワーを浴びる毎日。

外出する時はもっと大変。防塵服を着て手袋とマスクをするほどの完全武装!そのため彼は一般的な社会生活が送れず、他人から見るとまさに“偏人”でした。

ある日、いつもの完全武装で電車に乗っていると、同じ車両に同じような完全武装をした女性ジンを発見し、ふたりは運命的な出会いを果たします。

彼女も重度の潔癖症で、さらに屋外に4時間以上いると肌に発疹が出るアレルギー体質の上、スーパーマーケットで万引きを重ねてしまう窃盗症まで持ち合わせていました。

「自分は一生、他人と隔絶してひとりぼっちで生きていくのだ」と運命に縛られていたふたりが、天の采配で出会い、清らかな恋愛がスタートします。

それは「他人から疎外される」という恐れのない安心感に満ちた唯一無二の関係でした。

何の希望もない暗黒の日々が次第に色づいてゆきます。

しかし、この運命的な関係は突然破綻を迎えます。

ボーチンからこの厄介な症状が消えてしまったのです。永遠にこの関係は続くと信じ合えていたふたりでしたが、次第にすれ違っていき…。

スポンサーリンク

まとめ

参考:映画『怪胎』公式インスタグラム

本国で潔癖症&不器用な男と、潔癖症&窃盗症の女が運命的な出会いを果たす突飛な設定とエキセントリックなビジュアルの話題を呼んだ『怪胎(英題:i WEiRDO)』が日本上陸します。

凸凹で偏人なふたりが繰り広げる予測不能な恋のドンデン返しに期待が高まりますね。

映画『恋の病 〜潔癖なふたりのビフォーアフター〜』は、2021年8月20日(金)よりシネマート新宿・心斎橋ほかにて全国順次ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『アイネクライネナハトムジーク』今泉力哉監督のプロフィール。過去作の評価解説も

映画『アイネクライネナハトムジーク』は、9月20日(金)より全国ロードショー! 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎。 伊坂 …

新作映画ニュース

映画『おろかもの』キャスト主演女優の笠松七海は高校生の洋子役を熱演【演技評価とプロフィール】

映画『おろかもの』は2020年劇場公開予定 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、2020年「田辺・弁 …

新作映画ニュース

映画『カオス・ウォーキング』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。トム・ホランド&デイジー・リドリーの新感覚SF

『ボーン・アイデンティティー』ダグ・リーマン監督最新作! 巨大宇宙船、エイリアンとの戦い、謎に満ちた星──壮大なスケールと映画史上初の設定によるエキサイティングなストーリーで、映画ファンを驚愕と歓喜の …

新作映画ニュース

映画『夢みるように眠りたい』リマスター版あらすじ/上映館/公開日。林海象デビュー作品がスクリーンで蘇る!

34年の時を経て、幻のフィルムがスクリーンによみがえる。 1986年に公開された林海象監督のデビュー作『夢みるように眠りたい』。 34年の間、眠っていた幻のフィルム『夢みるように眠りたい』がデジタルリ …

新作映画ニュース

ジュディ・デンチ映画『ヴィクトリア女王 最期の秘密』公開日情報。予告編とビジュアル解禁

©2017 FOCUS FEATURES LLC. ヴィクトリア女王と英領インドからイギリスへとやってきた若者アブドゥルとの交流を、壮観の映像美でユーモラスに綴る、愛すべき珠玉の人間ドラマ! ジュディ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学