Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

【中国映画祭電影2019】柳島克己トークイベントリポート。『駐在巡査 宝音(ボヤン)』の撮影秘話を語る

  • Writer :
  • 石井夏子

百花繚乱の魅力を放つ最新中国映画、厳選6本を一挙上映する中国映画祭「電影2019」が2019年3月6日(水)に開幕。

そして3月7日(木)には、ヤン・ジン監督の映画『駐在巡査 宝音(ボヤン)』がジャパン・プレミア上映されました。

内モンゴルの人民警察官を描いた本作の撮影監督は、北野武監督作品などで知られる柳島克己。

上映後に行われた、柳島氏による質疑応答イベントの様子をお伝えします。

スポンサーリンク

柳島克己トークイベント

中国映画に初参加した経緯

本作ではじめて中国映画に参加することになった経緯を問われた柳島氏。

「元オフィス北野の市山(尚三)さんの紹介でした。元々はヤン・ジン監督が日本で撮影するというお話があったものの、いろいろな事情で延びてしまって、そのうち内モンゴルで撮影するということに。何人かの撮影スタッフを連れて行こうと思ったのですが、2ヶ月ほど待ってもなかなか撮影日程が決まらず、一度スタッフをバラしたのです。それでも監督がどうしても来てほしいというので向かったのがクランクイン3日前でした。監督にも現地で初めて会いました」

何度もとん挫しながらも実現したのが撮影開始3日前、と驚きの舞台裏を披露しました。

ロケハンも行かず、数カ所以外は、初めて行く場所での撮影だったという本作。

2ヶ月前に脚本をもらっていたのですが、現地に行ったら内容が随分変わっていて…。日本語に翻訳されたものもない中での撮影でした」と続けました。

内モンゴルについての感想

撮影場所となった内モンゴルについては「モンゴルの南にある中国の自治区。だいたい日本の3倍くらいの広さで、その西の方、モンゴルとの国境地帯の800人くらいの町をベースに撮影しました。僕が行ったのは9月23日。向こうは10月でも雪が降ったり、天気がよければ溶けてしまったりするのでつながりが大変でした」と明かしました。

さらに柳島氏はこう続けます。

「ひょっとしたら寝泊まりはテントかもしれないと少し期待もしてましたが、ちゃんとしたホテルでした(笑)。ただ撮影場所までそこから3時間、往復6時間かかる。はじめは珍しくて楽しかったですが、それが毎日続くとだんだんしんどくなってきました。それと現場にはいつも山羊とラクダと馬がいて、とても風が強く乾燥しているので、乾燥した動物のフンが風に乗って転がってくるんです。ホテルで顔を洗うと耳の中までグリーンになってるような気がして(笑)」

話を聞くだけでは微笑ましいエピソードですが、実際に体験したら笑いごとではいられませんね。

今後の作品づくり

また、これからの作品づくりについてはこう語りました。

「この作品は1年4ヶ月前くらいに撮ったんですが、実はヤン・ジン監督から去年もオファーがあって、今度はパキスタンで撮ると。僕らは“日本映画”というくくり方をするところがあるのですが、例えば東南アジアの国々も一国だけでは撮れないので、いろいろな国で撮ったり合作や一緒に出資することが多い。去年、日中映画共同製作協定が結ばれて、これからは中国と一緒に物語をつくっていくということが増えていくのではないかと思います。日本のスタイルを通そうとすると問題もあるでしょうが、全部受け入れるのでもなく、その辺のさじ加減をコントロールしていけば全然問題はないのではないでしょうか」

実体験を踏まえて持論を述べる柳島氏の眼差しは、国を越えた広い世界を見据えていました。

なお、中国映画祭「電影2019」は東京では3月7日で終了、3月9日と3月10日は会場を大阪の梅田ブルク7に移して行われます。

柳島克己プロフィール

写真学校を卒業後、1972年に三船プロダクションに契約社員として入社。

1982年からフリーの助手となり、1987年に初めて映画の撮影を担当します。

『3-4×10月』(1990)『あの頃、いちばん静かな海。』(1990)『ソナチネ』(1993)ほか、北野武監督作品を16本担当

その他に深作欣二監督『バトル・ロワイアル』(2000)、行定勲監督『GO』(2001)、滝田洋二郎監督『阿修羅城の瞳』(2005)、西川美和監督『ディア・ドクター』(2009)、『夢見るふたり』(2012)、西谷弘監督『真夏の方程式』(2013)、森義隆監督『聖の青春』(2016)などがあります。

スポンサーリンク

映画『駐在巡査 宝音(ボヤン)』の作品情報

【原題】
片警宝音

【監督】
ヤン・ジン(杨瑾)

【撮影監督】
柳島克己

【キャスト】
ボヤンネメフ(宝音尼木胡)、バダマー(巴徳瑪)

【作品概要】
殺伐としたモンゴルの砂漠の風景を壮大に撮りあげたのは、北野武監督作品などで撮影を務める柳島克己です。

中国では2018年12月19日に公開。

映画『駐在巡査 宝音(ボヤン)』のあらすじ


©Haining Blue Hometown Production Co., Ltd

ウラド放牧民族の宝音(ボヤン)は人民警察として、1672㎡にも及ぶ広範囲の地域をバイクに乗って見回っています。

仕事といえば放牧民たちの間のいざこざを解決したり、鉱石工場で働く人たちの登録など穏やかな案件ばかり。

そんな宝音の日常は静かに流れますが、外地から来た女性が殺されるという事件をきっかけに、平穏な日々が少しずつ変化していき…。

スポンサーリンク

まとめ

ヤン・ジン監督の映画『駐在巡査 宝音(ボヤン)』にて、撮影監督を務めた柳島克己

3月7日(木)のジャパン・プレミア上映後に、柳島氏への質疑応答イベントが開催されました。

中国映画に初めて参加した柳島氏は、撮影までの経緯や、内モンゴルでの撮影エピソードを語って下さいました。

柳島氏の、これからの作品作りにも目が離せません。

中国映画祭「電影2019」は東京では2019年3月7日で終了、3月9日と3月10日は会場を大阪の梅田ブルク7に移して行われます。

関連記事

新作映画ニュース

タリーと私の秘密の時間|女優シャリーズ・セロンのカラオケ美人ママ映像&画像解禁!

『マイレージ、マイライフ』ジェイソン・ライトマン監督が、『アトミック・ブロンド』シャーリズ・セロンと再タッグ! 映画『タリーと私の秘密の時間』は、8月17日(金)TOHOシネマズ シャンテほか、全国ロ …

新作映画ニュース

映画『パヴァロッティ 太陽のテノール』日本公開日/上映館/キャスト。実在のオペラ歌手の生涯を捉えたドキュメンタリー!

歌と人生で世界を照らしたひと。 歌を愛し、人生を愛し、パスタを愛した―。 (C)2019 Polygram Entertainment, LLC – All Rights Reserved. <神の声 …

新作映画ニュース

【東京国際映画祭2020情報】オープニングは武正晴『アンダードッグ』/クロージングは『HOKUSAI』

第33回東京国際映画祭の顔 【オープニング】【クロージング】の2作品が決定!! 2020年10月31日(土)から11月9日(月)に開催の第33回東京国際映画祭。 本年度のオープニング作品とクロージング …

新作映画ニュース

ジャック・オーディアール映画が第44回セザール賞にもノミネート!話題の西部劇『SISTERS BROTHERS』とは

『SISTERS BROTHERS(原題)』が第44回セザール賞にて4冠 2019年7月にTOHOシネマズシャンテ他全国ロードショーされる映画『SISTERS BROTHERS(原題)』。 ジャック・ …

新作映画ニュース

映画『ブレッドウィナー』劇場公開日は12月20日に決定!世界各国で評価されたアニメの内容とは

家族のために髪を切り“少年”になった勇気ある少女の物語。 第90回アカデミー賞長編アニメ映画賞ノミネートをはじめ、アヌシー国際アニメーション映画祭観客賞・審査員特別賞・最優秀音楽賞受賞、アニメ界のアカ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学